ドラマ「七人の秘書」第2話 感想│菜々が闇の軍団に加入!

こんにちは。

はるき ゆかです。

 

ドラマ「七人の秘書」第2話の感想です。

東都銀行秘書室長からのいじめを受けた菜々は、体調を崩してしまいます。

そして、「闇の秘書軍団」が動きます!

ドラマ「七人の秘書」第2話の感想 はじめに

あらすじ

 東都銀行の秘書室長に昇進した鈴木二葉(杉田かおる)は、好き嫌いで部下を選別し、容赦なく切り捨てるなど、女帝のごとく秘書室に君臨していた。権力を振りかざし、やりたい放題の日々を送る二葉は、仕事でのミスも多く、おっとりした秘書・照井七菜(広瀬アリス)が、新頭取・霧島和夫(小林隆)に目を掛けられていることを知り、嫉妬と憎悪にかられ、嫌がらせを始める。
一方、慶西大学病院の病院長秘書でハッカーの才能をもつパク・サラン(シム・ウンギョン)は、SNSで七菜が名前や画像とともに前頭取、新頭取の愛人だとさらされているのを発見し、東都銀行の常務秘書・望月千代(木村文乃)に報告。デマだと一蹴したものの、誰がこんなことをしたのかが気に掛かる千代…。
翌日出社した千代は、SNSの悪質な書き込みに加え、仕事を干されて落ち込む七菜に手伝いを頼んだことで巻き添えに…。嫌がらせのターゲットになった2人は、二葉の指示を受けた秘書室全員から無視、存在すらないもののように扱われる通称・恐怖の『無視カゴ』に入れられてしまう。
「二葉が定年退職するまであと1カ月の我慢」と千代に励まされ、なんとか耐えようとする七菜だが、その決意を打ち砕く絶望的な知らせが…。なんと二葉が執行役員になり、定年が延長されることになったというのだ。しかも、その昇進を祝うパーティーの幹事をやらされることになった七菜は、ストレスで体調を崩してしまう。
サランは憔悴して病院に現れた七菜を見かねて、一緒にラーメン店「萬」へ…。なぜか店内に千代がいて驚く七菜だが、店長の萬敬太郎(江口洋介)から、自分をかわいがってくれていた今は亡き前頭取も常連だったことを聞き、思わずしんみり…。ラーメンを食べながら、千代と七菜が二葉の横暴なふるまいについて話し始めると、いつの間にか前頭取が急死した現場に現れたメンバーがズラリ! 混乱して逃げ出そうとする七菜を引き止めた6人は、「懲らしめてやりましょう」と“裏仕事”の作戦を開始する。
まずは二葉の弱点を見つけようと、家政婦の鰐淵五月(室井滋)が自宅への潜入を試みるのだが…?
各自の持ち場で才能を発揮する“影の仕事人”たちが、華麗な仕返しで二葉を懲らしめる!

[引用元]TV朝日「七人の秘書」公式サイトSTORY

登場人物

望月千代/木村文乃
「東都銀行」常務秘書。派遣の秘書。元銀座のクラブのNo.1。

照井菜々/広瀬アリス
「東都銀行」頭取秘書。正社員。おっとりした性格。千代の仕事ぶりに触発される。

長谷不二子/菜々緒
「警視庁」警務部長秘書。警察組織という男社会を生き抜く。空手の有段者。

パク・サラン/シム・ウンギョン
「慶西大学病院」病院長秘書。韓国で生まれ育った韓国と日本のハーフ。SEのエキスパート。ハッカーの才能もあり。

風間三和/大島優子
東京都知事秘書。ホテルオーナーの令嬢で、バイリンガル。人知れず闇を抱える。

粟田口十三/岸部一徳
財務大臣。政財界の大物。単身で政治の世界に飛び込み一代で今の地位を築く。

鰐淵五月/室井滋
家政婦。元政治家の伝説の秘書。刑務所に入った経験あり。

萬敬太郎/江口洋介
ラーメン店「萬」店主で司法書士の資格も持つ。影の秘書軍団の元締め。元政治家秘書。

秘書室の女帝・鈴木二葉

霧島頭取(小林隆)に気に入られている照井菜々(広瀬アリス)のことが、気に食わない秘書室長の鈴木二葉(杉田かおる)。

鈴木の逆鱗に触れる

霧島頭取は、菜々が前頭取から託された手紙のおかげで逆転勝利で頭取になれたことから、頭取の妻にも気に入られています。

そして、菜々は霧島頭取に妻と三人で昼食を取ろうと頭取室に呼ばれました。

それが、鈴木の逆鱗に触れたようで…。

恐怖の「無視カゴ」

このことから、菜々は鈴木室長に目をつけられ、鈴木から完全に存在を消されたような無視をされることに。

通称「無視カゴ」に入れられてしまったのです。

この「無視カゴ」のせいで、3年で5人の秘書が辞めています。

さらに、SNSで菜々と頭取が不倫関係にあるというデマが書き込まれていて、菜々はさらに窮地に追い込まれます。

 

菜々は、一切仕事をやらせてもらえなくなり、頭取秘書を外されてしまいます。

 

鈴木は、会議のコーヒーの用意を千代(木村文乃)に頼んだのですが、菜々に手伝ってくれと言ったことから、千代も一緒に「無視カゴ」に…。

さらに、社内会議でも傍若無人に振る舞う鈴木に、反感を持つ行員も多いようです。

体調を崩す菜々

菜々は、「無視カゴ」に入れられたことで体調を崩してしまいます。

千代はサラン(シム・ウンギョン)が秘書を勤める病院に菜々を連れていきます。

鈴木室長は、あと一ヶ月で定年退職するはずなので、あと少し頑張れば菜々は「無視カゴ」から解放されるはずでした。

それが、鈴木が執行役員に任命されたため、定年が延長されることに…。

さらに、菜々は鈴木の執行役員就任パーティの幹事を任されることになり、精神的に追い詰められていきます。

 

菜々は、「もう、がんばれない…」と絶望し、病院でもらった薬を飲んで命を絶とうとまで考えます。

サランがそれを見て、菜々をラーメン店「萬」に連れていきます。

ラーメンがおいしいと思う人生

ラーメン店「萬」に連れてこられた菜々は、そこで前頭取の一原(橋爪功)が亡くなった日にホテルにやって来た「闇の秘書軍団」に出会うのです。

店主の萬(江口洋介)は、「ラーメンがおいしいと思う人生を送れ。腹いっぱい食べて眠れば大抵のことは何とかなる」と菜々を慰めてくれます。

そして、この店は一原も常連だったことを知らされる菜々。

 

「ここから先は、引き取らせてもらおうか」と言う影の秘書軍団の元締め・萬。

萬も過去にはいろいろ訳ありなようですが、それもこれから描かれていくのでしょうか。

鈴木を懲らしめる!

今回も「闇の秘書軍団」が、悪を成敗してくれます。

とにかく鈴木の弱みを握ろうと、暗躍する秘書たち。

鈴木の夫は、不倫をしているようでした…。

鈴木が襲われる

ある日、鈴木のかつての部下で「無視カゴ」入りにされ、銀行を辞めたことで人生を狂わされた女性が東都銀行秘書室にやって来ます。

そして、鈴木に刃物を振りかざし、襲ってきました。

しかし、千代に取り押さえられ、鈴木は軽い怪我で済んだのですが、大袈裟に入院…。

運ばれた病院は、もちろんサランが勤める病院です。

SNS書き込みは鈴木の仕業

入院中の鈴木は、SNSに銀行の悪口をせっせと書き込みをしています。

書き込みは菜々のことだけでなく、銀行内部のいろいろな人の悪口を書いていたようです。

夫の不倫のことも書いていたようで…。

 

それを、サランがハッキングして突き止め、書き込みをしている鈴木の姿を録画し、東都銀行の全行員にメールで送信しました。

就任パーティには誰も来ない

かすり傷で入院していた鈴木は、就任パーティの日に退院しました。

そして、意気揚々とパーティに向かいますが、三和(大島優子)の実家が経営しているホテルのパーティ会場には誰もいません。

会場のスクリーンには、今まで鈴木にいじめられ、嫌がらせをされ、恨んでいる人たちからのビデオメッセージが流れます。

千代は、これだけの人が嫌な思いをさせられたのだということを、鈴木にわからせようとしたのです。

執行役員就任も白紙となりました…。

 

菜々は、就任パーティの招待状を送ったのですが、誰一人としてパーティに出席する人はいませんでした。

それは、サランが全行員に送ったSNSに書き込みをしている鈴木の姿をメールで見たからです。

鈴木の裏アカのSNSで被害に遭った人が大勢大挙して人事部を訪れます。

 

最後には、鈴木がSNSに夫の不倫を書き込んだことから、会社にバレ、夫も勤め先を辞めることになります。

さらには、離婚届まで渡されてしまうのでした。

菜々が仲間に入る

こうして、菜々は救われました。

そして、仕事料として今の貯金を全て「闇の秘書軍団」に渡します。

菜々は「私も仲間に入れてください!」と言います。

不二子(菜々緒)に「あざといおぼこ!」と言われながらも、仲間に入ることになりそうです。

ドラマ「七人の秘書」第2話の感想 最後に

ドラマ「七人の秘書」第2話の感想でした。

実際にはあまり仕事が出来ない鈴木室長のような女性が権力を持つと、こういうことってよくあるんですよね…。

私も何度かこういう人に会ったことがあります。

ちょっと勘違いしている人。

しかし、この「闇の秘書軍団」のような人たちが現れることはなく、普通はいじめられた人たちが泣く泣く辞めていくことになるわけです。

だから、こういうドラマは、本当にスカッとしますね!

 

以下の記事で、第1話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

ドラマ「七人の秘書」第1話 感想│悪を懲らしめる影の秘書軍団の活躍!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA