ドラマ「危険なビーナス」第4話 感想|実母の形見

こんにちは。

はるき ゆかです。

 

ドラマ「危険なビーナス」第4話の感想です。

今回から、嫌がりながらも伯朗が矢神家に関わり始めます。

そして、祥子の失踪から矢神家の人々の裏の顔が明らかになって…。

ドラマ「危険なビーナス」第4話の感想 はじめに

あらすじ

伯朗(妻夫木聡)は百合華(堀田真由)から、母の祥子(安蘭けい)が置手紙をしていなくなったと告げられる。明人(染谷将太)のケースと同じだ。一緒に探してほしいと頼まれるが、かつて母・禎子(斉藤由貴)をいじめた祥子のことを助ける気にはなれない。伯朗が断ると、百合華は「このことは楓さんには言わないで」と口止めして帰って行く。

その頃、楓(吉高由里子)は寝たきりの康治(栗原英雄)の看病を手伝うため矢神家にいた。波恵(戸田恵子)が遺産管理の今後について康治に相談すると、康治は文字盤を使い、まばたきで『あきとをまて』と返し、また眠りについてしまった。

仕事を終えた伯朗は、さすがに百合華のことが気になり、支倉家へ。祥子の手掛かりを得るため、百合華の案内で家の中を調べて回る。伯朗は、祥子の部屋で差出人不明の不審な手紙をみつける。そこには「あなたは夫に殺される」と書かれてあった。 まさか、夫・隆司(田口浩正)が祥子を……!? 隆司の部屋も調べてみると、思いもよらない物がみつかる。その時、伯朗は背後から何者かに口を塞がられ……!?

[引用元]TBSテレビ「危険なビーナス」公式サイトあらすじ

登場人物

手島伯朗/妻夫木聡
主人公。獣医師。矢神家に嫁いだ母の連れ子。

矢神楓/吉高由里子
伯朗の弟・明人の妻。謎の美女。

矢神勇磨/ディーン・フジオカ
康之介の養子。レストランオーナー。楓にアプローチしてくる。

矢神明人/染谷将太
行方不明の伯朗の異父弟。楓の夫。

矢神康治/栗原英雄
矢神家の当主。禎子の夫で明人の父。

蔭山元美/中村アン
伯朗の動物病院の看護師。

支倉百合華/堀田真由
明人の従妹。祥子と隆司の娘。明人に好意を持っている。

君津光/結木滉星
矢神家使用人兼執事。

永峰杏梨/福田麻貴
康治の専属看護師。

手島一清/R-指定
伯朗の実の父。画家。

矢神佐代/麻生祐未
康之介の養女。銀座のクラブのママ。

兼岩順子/坂井真紀
伯朗の叔母。憲三の妻で、白朗の母・禎子の妹。

支倉祥子/安蘭けい
康之介の次女(後妻の子)。

支倉隆司/田口浩正
祥子の夫。矢神園経営者。

矢神牧雄/池内万作
前当主・康之介の次男(後妻の子)。医師で脳科学者。

矢神康之介/栗田芳宏
矢神家前当主。16年前に死去。

矢神禎子/斉藤由貴
伯郎と明人の母。入浴中の事故で死亡。

矢神波恵/戸田恵子
矢神康之介の長女(先妻の子)。矢神家の財産を管理している。

兼岩憲三/小日向文世
伯朗の叔父。順子の夫で数学者。

祥子の失踪

百合華(堀田真由)の母、祥子(安蘭けい)が置手紙を残し、失踪しました。

伯朗(妻夫木聡)の元に相談に来た百合華は、祥子の失踪は決して楓(吉高由里子)には言わないでほしいと言います。

しかし、伯朗は幼い頃、祥子にあまりいい思い出がなく、協力を断ります。

楓は怪しいのか?

百合華と同様、動物病院の看護師蔭山(中村アン)も、楓はどこか怪しいと言って…。

 

楓は、私もちょっと怪しいと思いますw

あまりにも用意周到過ぎて、神出鬼没、そして落ち着きすぎています。

さらに、突然、誰にも言わずに、隆司の家にやって来たりするし…。

祥子の夫・隆司

祥子の夫・隆司(田口浩正)は、誰かに「今日行く。邪魔者は消えた」とメールを送っていました。

これは一体、どういう意味なのでしょうか。

やはり、隆司が祥子に手をかけた?

百合華に協力する伯朗

一旦は協力することを断った伯朗でしたが、やはり気になり、支倉家にやって来ます。

そして、伯朗は、祥子の部屋で、3通の手紙を見つけます。

「あなたの夫は善良ですか?」

「あなたの夫は信用できますか?」

「あなたは夫に殺される」

と、一通づつ一行だけの手紙です。

さらに、隆司の部屋には、血圧を急激に上げる昇圧剤がありました。

高血圧で薬を服用している祥子に昇圧剤を投与すると、命の危険があります。

 

やはり、隆司は祥子を殺害してしまったのか?と伯朗は思います。

すると突然、忘れ物をしたと言って隆司が帰って来ます。

そして、伯朗は、隆司に「君は矢神家とはもう関係ない」と言って追い出されてしまいます。

 

伯朗さん、やっぱりいい人だな。

 

百合華は、明人と本当に仲が良かったみたいです。

ツーショットの写真もたくさんあって、明人も自分のことを好きだと思ってくれていると感じていたようです。

 

百合華ちゃんは、いい子だなぁと、思うのですが…。

明人が言った伯朗の人柄

百合華は、明人から伯朗の人柄を、「心の真っすぐな人。嘘がつけなくて曲がったことが大嫌い。駆け引きも苦手。自分を犠牲にしてみんなに幸せになってもらいたいという人だ」と聞いていました。

そして百合華は、楓にも同じことを聞いてみた方がいいと言います。

隆司の真意

隆司が、養護施設・矢神園から自転車で抜け出し、ある家に入っていきます。

そこは、康治の看護師・杏梨(福田麻貴)の家でした。

隆司と杏梨

二人は不倫関係にあるようで、杏梨の子供は隆司になついています。

やはり、隆司にとって祥子は邪魔者だったようです…。

そして、伯朗と楓は、二人が密会しているところを目撃します。

 

隆司は祥子の行方を知らないようですが、もしものときには殺害しようと思っていたようです。

もしものときとは、杏梨との不倫関係がバレて祥子に離婚を突き付けられたときのことです。

それはすなわち、矢神園を取り上げられるということを意味します。

 

そして、楓は真実が知りたいと隆司に迫ります。

祥子は勇磨と佐代を排除したい

隆司が言うには、祥子は勇磨(ディーン・フジオカ)と佐代(麻生祐未)のことを嫌っていたようです。

財産を相続させたくないと思っているようで…。

勇磨と佐代は、多恵や祥子と違い、養子なのです。

矢神家の親族会議

楓に波恵(戸田恵子)から連絡があり、緊急の親族会議が行われることになりました。

隆司の不貞を追及するための会議のようです。

告げ口したのは勇磨

隆司の不貞を告げ口したのは、勇磨でした。

こんな不貞行為をする人間を、矢神園に置いておくのは反対だという勇磨と佐代。

二人は、隆司が不倫がバレて祥子を殺めたのではないかと言います。

 

親族会議に一応参加した伯朗は、祥子が失踪したことを親族ならもっと心配したらどうなのか?と怒ります。

すると、波恵が「もうそろそろ入ってきたら」と言い、祥子が扉を開けて会議をしている部屋に入って来たのです。

 

祥子は夫に不倫され、ただ実家に帰って来ただけだったのです。

伯朗が嘘をついた

祥子は、伯朗に、今日まで隆司がどうしていたかを聞きます。

隆司は杏梨と会っていたのですが、伯朗は「隆司さんはずっと祥子さんを探していた」と嘘をつきました。

祥子は、それを聞いて涙を流します。

そして、昔、伯朗の母・禎子(斉藤由貴)のネックレスを地下室に隠したことを告白し、伯朗に返してくれます。

百合華が一緒に祥子を探してほしいという願いを一旦断ったのは、これが原因だったのです。

 

幼い頃の伯朗が、ネックレスを盗ったのは祥子だというと、禎子は「疑ったりしたらダメ。矢神家の人は家族なんだから。家族になるには勇気がいるの。勇気を出して相手を信じなくちゃいけないの。信じ続けていれば向こうも信じてくれる。そうして家族になるの」と伯朗に言いました。

 

ステキなお母さんです。

執事の君津と祥子

伯朗に、しおらしくお礼を言う祥子でしたが、実は…。

祥子は、高血圧の自分が昇圧剤を使って隆司に殺害される可能性があったことも知っていました。

杏梨を脅す祥子

杏梨は、隆司との不倫が祥子に知られたことで辞表を提出すると言うのですが、祥子は「あなたに協力してほしいことがある」と言います。

なんと、康治につないでいる酸素を止めてほしいと…。

それは、康治の死を意味します。

杏梨は追い詰められ…。

君津と祥子

杏梨は、康治のそばにはいつも自分と君津がいるのでそれは無理だと言います。

しかし、なんと、実は祥子は君津と不倫関係にあったのです…。

 

遺産相続のことがはっきりするまで、祥子は隆司と離婚するつもりはありません。

そして、康治殺害を明日の夜、実行してと…。

 

祥子、こ、こわい。

ドラマ「危険なビーナス」第4話の感想 最後に

ドラマ「危険なビーナス」第4話の感想でした。

伯朗は、楓にも明人が自分のことをどんな人間だと言っていたかを聞きます。

すると、楓は、百合華が言ったのと同じことを言いました。

伯朗は、楓を信じてよかったと言いますが、どうなんでしょうか。

楓は、伯朗と百合華が話していたのを聞いていた可能性もあるはず…。

 

裏がある人ばかりで、本当に誰が本当のことを言っているのかわからなくなってきました!

もう、誰のことも疑いまくってしまいます…。

 

以下の記事で、第3話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

ドラマ「危険なビーナス」第3話 感想|楓を階段から突き落とした犯人は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA