ドラマ「先生を消す方程式」第1話 感想|そういうの嫌いじゃないです

こんにちは。

はるき ゆかです。

 

新ドラマ「先生を消す方程式」の第1話の感想です。

初っ端から「そういうの嫌いじゃないです」という怪しいセリフ。

あからさまに悪そうな生徒もいて、わくわくしますねw

ドラマ「先生を消す方程式」第1話感想 はじめに

あらすじ

 名門私立高校“帝千学園”に、ひとりの教師がやって来る。彼の名は、義澤経男(田中圭)。セレブの子息たちが多く、東大進学率も高いこの学校で、今日から3年D組の担任を務めるのだ。義澤は“ある覚悟”を胸に、強烈な笑顔を作って校門をくぐっていく。
義澤は3年D組の副担任・頼田朝日(山田裕貴)から、このクラスにはいろいろと問題があり、半年の間に3人もの教師が担任を辞めていることを教えられる。朝日によると、3年D組には父親が検察のトップで優等生の藤原刀矢(高橋文哉)をはじめ、母親が有名な女医で自らも人気インフルエンサーの長井弓(久保田紗友)、人気飲食チェーンの社長を父に持ち、自身は高校生にマッチングアプリで“パパ活”をさせている大木薙(森田想)、父親が大企業の社長で、おじが政治家だという剣力(高橋侃)ら、裕福でハイステータスな親を持つメンバーがそろっているが、やさしくて人気者の刀矢以外の3人が、親の権力を笠に着て好き勝手にやっていると話す。
義澤が教室に入ると…刀矢を除く生徒全員が自習中で、義澤の挨拶に耳を傾けようともしなかった。弓、薙、力らに反抗的な態度を取られても義澤は一向に気にすることなく、「日々笑っていれば、幸運はついてくる」と、自分が大切にしている“方程式”を笑顔で語る。
やがて、反抗的な生徒たちは義澤がどんな嫌がらせにも動じず、笑顔を絶やさないことにいら立ちを募らせていき…ついに学校一の厄介者・剣力が義澤に対して、危険な攻撃を仕掛けていく! それは義澤と生徒たちの戦いの幕が切って落とされた瞬間だった…!

[引用元]TV朝日ドラマ「先生を消す方程式」公式サイトSTORY

登場人物

義澤経男/田中圭
帝千学園に新しく赴任した数学教師。常に笑顔で生徒に接する。しかしそれが逆に生徒たちから恨みを買って…。

頼田朝日/山田裕貴
義澤が担任をする3年D組の副担任。生徒からの人気も高く、問題の多いクラスの担任となった義澤を心配するのだが…。

藤原刀矢/高橋文哉
学園トップの優等生。唯一、義澤をかばう生徒。

長井弓/久保田紗友
東大合格確実と言われる秀才。20万人以上のフォロワーがいるインフルエンサー。母は有名な医師。

大木薙/森田想
人気飲食チェーン店を経営する父を持つ。同級生の女性とに『パパ活』させてお金を稼いでいる。

剣力/高橋侃
父親は大手ゼネコン社長で、叔父は政治家。親が多額の寄付をしているので、暴力的でクラスを支配。やりたい放題。

伊吹命/秋谷郁甫
引きこもりで、不登校。都市伝説やオカルトに詳しい。

宮下加奈/榊原有那
長井弓や大木薙と友だちでいるために、『パパ活』をして稼いだ金を弓や薙に渡している。

早川京子/川瀬莉子
SNSで人気のインフルエンサー弓に憧れている。

玉木譲/田中亨
剣力に暴力を振るわれても抵抗できない。

安田町子/奥山かずさ
養護教諭。イケメン好きで、義澤にも気軽に接する。

佐倉清/手塚とおる
帝千学園校長。3年D組の担任すぐに辞めてしまうので、『評判の教師・義澤』を採用した。

前野静/松本まりか
義澤の恋人。高校教師。正義感が強く、生徒にも慕われている。義澤とは同棲中で二人とも結婚を視野に入れている。

きらいじゃないです

義澤経男(田中圭)の口癖は「きらいじゃないです」

いろいろと問題が多そうなのも、彼にとっては嫌なことではないようで…。

新任の先生なのに、不敵すぎる(*_*;

嫌がらせを受ける義経

学園の問題児、剣力(高橋侃)は顔からしてあからさまに悪そう…。

そして、父が大手ゼネコンの社長でおじさんが政治家。

学園への寄付金も多額で、校内ではやりたい放題です。

 

義経にも嫌がらせをし、それを止めた学園トップの秀才・藤原刀矢のことも殴りつけてしまいます。

このクラスは仲が良かったのに、こうなったのは「義経のせいだ」と長井弓は言います。

弓は、フォロワー数20万人のインフルエンサーで母親は有名な医師です。

また東大合格率100%だと言われるほどの秀才です。

美人ですが、小生意気な女子高生。

 

そして、床を舐めれば許してやるといわれた義経は、本当に床を舐めました。

義経はこの様子を動画に撮っていました。

 

そして、これからはパワハラを行うのは教師ではなく、生徒の方なのだと言い切ります。

今回のターゲットは剣力

義経は剣力に「私はあなたの人生に傷をつけます!」

教師でも生徒を訴えることはできます。

しかし、法廷に出るのは剣力の父親です。

父に迷惑がかかる…。

そのため、人生に傷をつけられたくなかったら、「あやまりなさい」

 

力は、謝ります…。

頼田朝日の異常性

3年D組の担任は、何人も辞めています。

ドラマ冒頭はそれは生徒に問題があるからだと思いましたが、どうも違うようです。

生徒たちを操っているのは、副担任の頼田朝日(山田裕貴)のようです。

それは、高校のときに出来た額の傷が原因なのかもしれません。

ドラマ「先生を消す方程式」第1話感想 最後に

ドラマ「先生を消す方程式」第1話の感想でした。

何となく、ちょっとユニークなタイプのドラマですね。

学園物では今までにないような展開。

これから義経先生がどのようにこのクラスを変えていくのか?

楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA