ドラマ「極主夫道」第4話 感想|龍が極道の世界に戻ることに?

PCとタブレット

こんにちは。

はるき ゆかです。

 

ドラマ「極主夫道」第4話の感想です。

今回は、物語が大きく展開していきます。

龍が極道の世界に戻るかもしれないと騒ぐ周囲の人たちと、美久の会社での立場などが描かれています。

ドラマ「極主夫道」第4話の感想 はじめに

あらすじ

龍の家に美久(川口春奈)の両親が訪ねてくる。龍(玉木宏)は、美久の母(YOU)と父(正名僕蔵)を手作りのお菓子で、もてなす。しかし、美久の父はコワモテの龍に怯えている様子。龍は美久の父に、意外なことを頼まれる。
ゆかり(玉城ティナ)への思いを募らせる雅(志尊淳)は、虎二郎(滝藤賢一)に相談。雅は虎二郎の助言に従って、ゆかりにアプローチするが…。

そんな中、美久は会社で大きな仕事を任される。美久のデザインが、ある絵画展で採用されると決まったのだ。美久の上司は取引先に対するイメージを気にして、夫が元極道だと知られないように気を付けてほしいと美久に釘を刺す。
美久は、絵画展のためのデザインを描いて社内でプレゼンすることになる。プレゼンに向けて、入念に準備を進める美久。彼女は、プレゼン当日の朝まで作業してデザインを描き上げる。

美久が出勤した後に掃除を始めようとした龍は、美久が徹夜して描いたデザイン画を忘れていったことに気付く。「このままやったら、美久が大事なシノギ失のうてまう!」と龍は、デザイン画を届けるために彼女の会社へ向かう。そんな龍の行動が、警察の酒井(古川雄大)と佐渡島(安井順平)から、江口(竹中直人)、雲雀(稲森いずみ)、雅、大城山(橋本じゅん)まで巻き込んだ大騒動になり…。
さらに、この一件で龍と美久にとんでもない危機が!?

[引用元]日本テレビ「極主夫道」公式サイトSTORY

登場人物

/玉木宏
元極道で現在は専業主夫。

美久/川口春奈
龍の妻。デザイナーのキャリアウーマン。家事が苦手。

向日葵/白鳥玉季
美久の娘で連れ子。

/志尊淳
天雀会組員。元龍の舎弟。

酒井タツキ/古川雄大
警察官。

大前ゆかり/玉城ティナ
喫茶店店員。

田中 和子/MEGUMI
婦人会会長。

佐渡島 幸平/安井順平
警察官。

太田 佳世/田中道子
婦人会会員。

井田 昇/中川大輔
大城山組組員。

岡野 純片/岡久迪
大城山組組員。

遠野 誠/水橋研二
喫茶店店長。

三宅 亮/本多力
スーパーの店員。

立花 ユキ/新津ちせ
向日葵の友達。

大城山 國光/橋本じゅん
大城山組組長。

虎二郎/滝藤賢一
元・極道のクレープ屋さん。龍のライバル。

江口 雲雀/稲森いずみ
天雀会の姉御。

江口 菊次郎/竹中 直人
天雀会会長。龍の元親分。

恋する雅

雅(志尊淳)は、喫茶店のウェイトレス・大前ゆかり(玉城ティナ)に恋をしています。

しかし、部屋が全く片付かない…。

龍に助けを求める

雅は、部屋の片づけを龍(玉木宏)に助けを求めます。

テキパキと片付け、カレーうどんまで作ってくれた龍に感謝をする雅ですが、カレーうどんのつゆを龍の服に飛ばしてしまい…。

しかし、龍は歯ブラシを使った洗濯法を駆使してばっちり汚れを落とします。

 

さすが、専業主夫!

虎二郎の恋の手ほどき

雅は虎二郎(滝藤賢一)は、恋の手ほどきを受けていました。

雑誌に載ってる占いですがw

雅のラッキーアイテムは「金のしゃちほこ」…?

 

そして、雅は全身金のしゃちほこアイテムで決めて、ゆかりの勤める喫茶店に行きます。

どうみても、ゆかりは引き気味なのですが、雅、大丈夫なのか?w

美久の両親がやって来る

突然、美久(川口春奈)の両親(正名僕蔵・YOU)から電話があり、今日遊びに行くと言われます。

龍は美久の両親をおもてなし

龍は両親に手作りのカヌレを振る舞います。

お母さんはノリノリですが、お父さんはどこか龍を怖がっています。

 

普通はちょっと怖いと思いますw

しかし、お父さんの龍の一挙手一投足に「キャッ」って言ってしまうのは一体何なんでしょうか。

 

実は、お父さんはキャッチボールをしたかったのです。

しかし、龍の剛速球で、お父さん鼻血を出してしまいます…w

でも、お父さん、龍とちゃんと仲良くなりたいと思っているようです。

美久の両親は龍がお気に入り

美久の両親は、本当に龍のことを気に入っています。

ただ、お父さんは、今まで龍のようなタイプの人とつきあったことがないので、ちょっと戸惑っているのです…。

美久の母は、「美久は龍くんに会えてよかったね。美久もいろいろ苦労したから…」としみじみ。

 

美久の過去には一体何があったのでしょうか。

気になる…。

ママさんバレーチームに入る龍

龍は地区のママさんバレーに参加しています。

龍は男ですが、れっきとした『専業主夫』なので、OKだと田中(MEGUMI)は言うのですが…。

 

OKかなぁw

来月のバレーボール大会にも出場する予定です。

龍はこの町内に必要な人

田中さんは、龍はこの街に絶対必要な人だと言います。

田中さんも、龍と美久が仲違いして離婚することにでもなったら困ると、龍と美久の離婚を絶対に阻止しなければと思っています。

 

龍は完全に町内会に馴染んでいるようですね。

主婦の方が、順応性があるのかも。

ストリートアート絵画展に美久の作品が採用

美久の作品がストリートアート絵画展に採用されたと、上司から話がありました。

元極道の妻・美久

上司は、美久に夫が元極道だということをクライアントに知られないようにしてほしいと言います。

やはり、印象が悪くなるというのです。

美久は、家でも作業しており、明け方まで仕事をしていました。

 

美久と向日葵(白鳥玉季)が家を出てから家事をしていた龍は、美久の忘れ物に気づきます。

作品を入れる丸筒を背中に背負って、自転車で爆走!

それを見た警官・酒井(古川雄大)と佐渡島(新井順平)は、それをライフルだと勘違いして…。

 

どうしても、見た目と言動があれだと、龍は勘違いされてしまうのですね…。

もう、真っ当な専業主夫になったのに。

抗争だと勘違いした人たち

龍は、美久に忘れ物を届けようとしただけなのですが、なぜか抗争だと勘違いした元天雀会の親分・江口菊次郎(竹中直人)たちは、美久の会社に乱入してきて…。

さらに、敵対していた大城山組の組長・大城山國光(橋本じゅん)らも騒ぎ出します。

完全防備をしていた大城山組は、やられる前にやるだけだと息巻いていますが…w

 

美久は、会社の上司や同僚にこの騒ぎを見られたことで恥ずかしい思いをしたようです。

向日葵は、龍は悪くないと言い、美久は仕事は会社でやると言って出ていってしまいます。

 

確かに、美久の上司、嫌そうな顔してましたね…。

龍と美久の上司の話し合い

美久の上司は、龍が元極道だということがクライアントに知れたら、美久の仕事がつぶれてしまうと言います。

そして、「あなた、その責任が取れるんですか?正直、彼女の将来を考えたらあなたは彼女の側にいない方がいい」と。

思い悩む龍は、考え事をしながら歩いていて車にはねられてしまいます…。

ドラマ「極主夫道」第4話の感想 最後に

ドラマ「極主夫道」第4話の感想でした。

美久と龍が離婚したら、極道の世界に戻って来ることを期待する天雀会の江口、龍が戻ってきたら抗争になると構える大城山組、絶対龍はこの街に必要だと思っている婦人会の主婦たち。

次回は、この三つ巴の戦いが始まります。

そして、龍と美久の出会いも明かされるようです。

車にはねられた龍、どうなってしまうのでしょうか…。

 

次回も楽しみです!

 

以下の記事で、第3話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

ドラマ「極主夫道」第3話 感想|PTA会のお楽しみ会はハロウィンパーティ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA