ドラマ「七人の秘書」第3話 感想│医師になりたかったパク・サランの過去

こんにちは。

はるき ゆかです。

 

ドラマ「七人の秘書」第3話の感想です。

今回は、闇の秘書軍団の病院長秘書パク・サランが大活躍!

そして、サランの過去についても少し明らかになります。

今回もスカッとしました!

ドラマ「七人の秘書」第3話の感想 はじめに

あらすじ

 慶西大学病院の病院長秘書 パク・サラン(シム・ウンギョン)は、内科医・三好麻里(松本若菜)が、患者から現金の入った菓子折りを受け取ったと疑われ、謹慎処分になったことを知る。まったく身に覚えがない…と落ち込む麻里とともにラーメン店「萬」に向かったサランは、患者の信頼も厚く次期内科部長候補に挙げられるほど優秀な麻里が、出世争いに巻き込まれ、はめられたのだと断言する。あろうことか現金が入っていた菓子折りは、病院長・西尾忠彦(大和田伸也)の指示で、サランが発注したものだった…!
西尾が息子の西尾直哉(忍成修吾)を内科部長にするために麻里を失脚させようとしたのではないかと考えた東都銀行 常務秘書・望月千代(木村文乃)らは、西尾を追い込むネタを仕入れるための作戦を開始。東京都知事秘書・風間三和(大島優子)がセッティングした直哉との合コンに、千代、東都銀行 頭取秘書・照井七菜(広瀬アリス)、警視庁 警務部長秘書・長谷不二子(菜々緒)の4人で乗り込むことに!
一方、息子の出世に加え、自身も医師会会長の座を狙う西尾は、財務大臣・粟田口十三(岸部一徳)と密会をしていた…。この様子を盗聴していたサランは、夜な夜な遊び歩くだけの直哉を昇進させるために麻里を陥れるなどあってはならないと、親子で医療界に君臨しようと企てる西尾への怒りに打ち震える。西尾が悪事に手を染める決定的な証拠を何としても手に入れようと、院長室に忍び込んだサランだが…?
大病院に巣くう悪事を明らかにして麻里を救うため、秘書軍団が密かに立ち上がる――!

[引用元]TV朝日「七人の秘書」公式サイトSTORY

登場人物

望月千代/木村文乃
「東都銀行」常務秘書。派遣の秘書。元銀座のクラブのNo.1。

照井菜々/広瀬アリス
「東都銀行」頭取秘書。正社員。おっとりした性格。千代の仕事ぶりに触発される。

長谷不二子/菜々緒
「警視庁」警務部長秘書。警察組織という男社会を生き抜く。空手の有段者。

パク・サラン/シム・ウンギョン
「慶西大学病院」病院長秘書。韓国で生まれ育った韓国と日本のハーフ。SEのエキスパート。ハッカーの才能もあり。

風間三和/大島優子
東京都知事秘書。ホテルオーナーの令嬢で、バイリンガル。人知れず闇を抱える。

粟田口十三/岸部一徳
財務大臣。政財界の大物。単身で政治の世界に飛び込み一代で今の地位を築く。

鰐淵五月/室井滋
家政婦。元政治家の伝説の秘書。刑務所に入った経験あり。

萬敬太郎/江口洋介
ラーメン店「萬」店主で司法書士の資格も持つ。影の秘書軍団の元締め。元政治家秘書。

陥れられる内科医・三好麻里

三好麻里医師(松本若菜)は、慶西大学病院の優秀な内科医。

そんな彼女が患者からどうしてもと渡された菓子折りの中に、知らないうちにお金が入れられていました。

今までも、受け取っていたという噂があると院長に指摘されますが、三好先生には覚えがありません。

潔白を主張しますが、謹慎を言い渡されてしまいます。

名医として名高い三好医師の不正?

三好先生は、東都銀行の霧島頭取(小林隆)の主治医でもあります。

そして、患者さんからもとても評判がいいのです。

三好先生は、次期内科部長だと言われています。

 

パク・サラン(シム・ウンギョン)は、三好先生は院長に陥れられたのだと言います。

院長は、三好先生ではなく自分の息子を内科部長にしたいのです。

 

サランは、三好先生をラーメン店「萬」に連れていき、話を聞きます。

そして、その日の「闇の秘書軍団」のお食事代をもってもらい、萬(江口洋介)が、いつもの…

「ここからは引き取らせてもらおうか」←これ、きめのセリフ!

院長の息子・直哉とコンパ

院長の息子・直哉(忍成修吾)は、医師としては無能で、夜の街で遊んでばかりいます。

さらに、サランに「もっとまともな日本語話せよ」とパワハラまで!

 

そして、都知事秘書の風間三和(大島優子)が、出会い系サイトでコンパ相手を募り、まんまと引っかかって来る直哉。

ここで、元銀座のナンバーワンホステスだった千代(木村文乃)が実力を発揮!

直哉は、千代に見覚えがあるくらい銀座で遊びまわっているようで…。

千代、不二子(菜々緒)、菜々(広瀬アリス)と共に、コンパで、三好先生のことについて聞き出そうしますが、なかなか聞き出すことが出来ず…。

 

その頃、五月(室井滋)は雀荘でマージャンをしていました。

ある「出会い」を求めて。

病院長親子の不正を暴け!

慶西大学病院院長の西尾忠彦(大和田伸也)は、財務大臣の粟田口(岸部一徳)の紹介された佐山厚生大臣と三人で料亭で密会していました。

サランが盗聴に成功

サランは、先に料亭の部屋に向かい、盗聴器を仕掛けています。

この密会の話は、萬とサランに筒抜けです。

 

粟田口は、狡猾で用心深いのだと萬は言います。

萬は、粟田口にかなり詳しいようです。

 

すると、またある人物が密会に参加してきて…。

 

それが誰なのかは、不二子の手によって明かされます。

それは、橋口医学進英予備校の校長でした。

これは、完全に何やら不正のにおいがします…。

医師として無能すぎる直哉

直哉は、急患も無視して自分はVIP専門だからと言ったり、自分が夜の街の遊びで使ったお金も経費で落とそうとします。

サランがそれを断ると、「俺は医者なんだ!人の命を救ってんだぞ。お前は秘書だろ!」と物凄く憎たらしい顔をして言います。

サランは、階段から直哉を突き落とそうとしますが、不二子に寸でのところで止められます。

そして、「絶対に懲らしめてやる」と決意を改にするのです。

 

忍成修吾さん、こういう演技、本当にうまい!

本気で憎たらしくなるw

サランが院長室に忍び込んで

サランは、こっそり院長室に忍び込んで、ある極秘資料を手に入れます。

そのとき、突然、院長親子が部屋に戻ってきて…。

危うく見つかるところでしたが、慶西大学病院の若い医師に助けられます。

院長とその息子の不正には、慶西大学病院の医師たちも不信感を持っているのです。

一原前頭取の死

一原前頭取の死について疑問を持っているフリーライターがいます。

謎のフリーライター

菜々がそのフリーライター・黒木につかまり、「一原頭取は本当に自宅で亡くなったのか?」と聞かれ、それには「本当です」と言うのですが、慶西大学病院のことを口を滑らせてしまい…。

病院での不正な金銭授受について調べ上げた黒木は、それを記事にします。

 

そして、この記事によって三好医師は不当解雇され、院長は辞職することになりました。

しかし、院長は粟田口の口利きで、厚労省にポストを用意されているのです。

 

三好先生が、このまま不当解雇されてしまうなんて許せません!

大逆転勝利!

サランが院長室に忍び込んで手に入れた極秘書類は、慶西大学医学部の不正入試資料でした。

そして、慶西大学病院の会議中、萬が司法書士として、不当解雇された三好先生の件で…と、やって来ます。

不当解雇の証言者

そこに萬と共にやって来たのは、五月が待っていた雀荘での「ある出会い」。

ロマンスグレーの素敵な男性でしたが、この男が院長に頼まれて、三好先生の菓子折りにお金を入れて渡していた張本人だったのです。

裏口入学のリスト

サランが見つけた慶西大学医学部の裏口入学リストから、さらに、ハッキングして過去のリストも手に入れました。

そこには、院長の息子・直哉の名前が!

 

院長と橋口医学進英予備校の校長が手を組んで、金持ちの親に裏口入学を斡旋していたようです。

千代が働いていた銀座のクラブに院長と校長がよく来ていて、受験の話ばかりしていたとのこと。

医師たちの反乱

全てが白日の下にさらされ、醜い親子喧嘩を繰り広げる西尾親子。

医師たちはそれを見て、「私たちが告発します!」と言い、全医師が手をあげます。

院長は、「私を誰だと思っているんだ!」と怒りますが…。

「あなたは誰でもありませんよ。院長を辞職したのですから、ただの初老男性です!」と萬に言われます。

 

このシーン、すっきりしたー!!

サランの過去

サランは、本当は医師になりたかったようです。

父親も優秀な医師だったようで、今も日本に住んでいます。

サランは韓国では母子家庭だということもあって家が貧しく、医大に行くことが出来なかったのです。

 

そして、サランは日本へ。

そのときに、萬敬太郎に助けられたようで…。

彼に出会っていなければ、どうなっていたかわからないとサランは言います。

ここも、本作「七人の秘書」の気になるポイントの一つですね。

女優 広瀬アリスについて

[引用元]https://gensun.org/

広瀬アリス・プロフィール

  • 別名義 広瀬晶
  • 生年月日 1994年12月11日
  • 出生地 静岡県
  • 身長 165㎝
  • 血液型 AB型
  • 職業 ファッションモデル・女優
  • ジャンル テレビドラマ・映画・CM
  • 活動期間 2008年~
  • 著名な家族 広瀬すず(妹)
  • 趣味・特技 バスケットボール、ハンドボール、編み物、乗馬、漫画を読むこと。
  • 事務所 フォスタープラス
  • 公式サイト 広瀬アリス公式サイト

[参考サイト]Wikipedia

「七人の秘書」では照井菜々役を好演

本作では、おっとりとした銀行頭取秘書の照井菜々を好演しています。

前回第2話から『闇の秘書軍団』に加入。

 

妹は、人気女優の広瀬すずさん。

インスタグラムなどでも仲の良さそうなpicがpostされていますね。

広瀬アリスさんは、モデル出身でスタイルも抜群です。

そのスタイルと目鼻立ちのはっきりとした美人で名前もアリスなので、ハーフと間違えられることが多いようです。

しかし、アリスは、芸名です。

 

女優としても大活躍ですが、バラエティなどにも出演されることも多く、とても性格の良さがにじみ出る人柄のようです。

 

役によっては、髪をバッサリ切る覚悟もある潔い心意気も持つ広瀬アリスさん。

これからも、活躍が期待される女優さんです!

ドラマ「七人の秘書」第3話の感想 最後に

ドラマ「七人の秘書」第3話の感想でした。

結局、悪事が暴かれた院長親子。

そして、最後、会議室から出ていくとき、萬さんに言われて「お得意」の裏口から出ていったのは、笑えました!

 

しかし、三和以外の「闇の秘書軍団」は萬さんになぜ借金をしているのでしょうか?

そこも本作「七人の秘書」の気になるところですね。

 

以下の記事で、第3話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

ドラマ「七人の秘書」第2話 感想│菜々が闇の軍団に加入!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA