ドラマ「#リモラブ~普通の恋は邪道~」第4話 感想|心の穴を埋める関係

こんにちは。

はるき ゆかです。

 

ドラマ「#リモラブ~普通の恋は邪道~」第4話の感想です。

今回は、美々先生が青林くんが檸檬だと気づきます。

そして、我孫子さんと青林くんは破局を迎え、五文字くんはさらに美々先生を好きになります。

青林くんは、いつ美々先生が草餅だと気づくのでしょうか?

ドラマ「#リモラブ~普通の恋は邪道~」第4話の感想 はじめに

あらすじ

美々(波留)と五文字(間宮祥太朗)が一緒にいる時に「檸檬」から連絡が。
その後のSNSでのやりとりで「檸檬」のエピソードに見覚えのある美々は、正体が五文字でなく、青林(松下洸平)だと知る。
「檸檬は青林だったんだ…」

そしてSNSのことで青林が我孫子(川栄李奈)に責められているところに遭遇する美々。 元気がない青林を朝鳴(及川光博)は、診察の為に富近(江口のりこ)の元へ連れていく。青林は、彼女に体だけの付き合いの男性がいたことで悩んでいた…。

一方恋愛順調な八木原(髙橋優斗)は、栞(福地桃子)の父に交際の許しをもらいに行く。
そんな中、青林の父親の菊太郎(山崎一)が、息子の彼女に会うため上京する。
しかし、既に我孫子との仲は終わっていて…。
実は青林は、「草モチ」が送ってきた写真が、社内で撮ったと察し、相手は美々ではないか?と疑問を抱き始めていた。

[引用元]フジTV「#リモラブ~普通の恋は邪道~」公式サイトSTORY

登場人物

大桜美々/波留
株式会社鐘木パルプコーポレーションの産業医。

八木原大輝/髙橋優斗
新人看護師で乙牧栞の恋人。

富近ゆり/江口のりこ
嘱託医として「鐘パル」に週2~3日勤務。

岬恒雄/渡辺大
営業部のトラブルメーカー。

我孫子沙織/川栄李奈
営業部の女子社員。青林風一の彼女。

乙牧栞/福地桃子
居酒屋「おと」の娘。八木原大輝の彼女。

五文字順太郎/間宮祥太朗
人事部。甘え上手。美々のことが好き。

青林風一/松下洸平
人事部。朝鳴から無茶ぶりされる。

朝鳴肇/及川光博
人事部。青林に無茶ぶりする。

檸檬/青林風一
オンラインゲームで知り合った顔も知らない男性だったが、実は青林。

檸檬は青林だと知った美々

檸檬さんからのメッセージで、檸檬さんが青林くん(松下洸平)だとわかってしまった美々先生(波留)。

と、言うことは五文字くん(間宮祥太朗)が檸檬ではないということも同時にわかってしまいました…。

檸檬は青林

檸檬が青林くんだとわかった美々先生は、ベットの上でゴロンゴロンしながら悶絶w

そして、翌日。

我孫子さん(川栄李奈)は、自分はセフレがいるのにw、檸檬さんである青林くん(松下洸平)が草餅さんと会話するのは許せないようです。

我孫子さんは、草餅が美々先生だと気づいてないので、美々先生に檸檬と草餅の関係についてどう思うか聞きます。

美々先生は「信じられませんよねー」と答えますが…。

 

ちょっと傷つく美々先生。

リモートで新入社員研修

新入社員のカサマエくんが、ずっとリモートの新人研修を受けていないようです。

そして、岬さん(渡辺大)は、そのことをお怒りのようです。

カサマエくんは、心身ともに不調だと産業医である美々先生に相談していたようなのですが、営業の岬さんは、さぼりに決まっている!と。

カサマエくんは、実は会社を休んで温泉に行っているのです。

美々先生と岬さんは、どうも相性が悪いようですね…。

 

こんな時代に入社するのっていろいろ大変です。

しかし、美々先生みたいな産業医のいる会社、うらやましいです。

思い悩む青林

青林くんは、どうしても我孫子さんのセフレの件が気になるようです。

まあ、普通、気になって当然ですがw

僕の彼女にはセフレがいます

青林くんは、仕事が手につかないほど落ち込んでいます。

そして、朝鳴部長(及川光博)に医務室に連れてこられます。

なぜ落ち込んでいるのかを富近先生(江口のりこ)に聞かれ、青林くんは「彼女にセフレがいます」と答えます。(友達の話として相談していますがw)

 

富近先生は、「分かり合えなくても、それでも好きかどうか考えてみたら?」と。

すごい正論!

さすが富近先生。

 

何となく、草餅さんと檸檬さんのやり取りを見ていたら、青林くんにはそういう女性は無理な気がしますが。

栞ちゃんと八木原くん

栞ちゃん(福地桃子)と八木原くん(髙橋優斗)が、正式に栞ちゃんのお父さんに挨拶に行きます。

「栞さんとお付き合いしています。きちんとご挨拶させていただこうと思っていました。お付き合いさせていただけますか?お願いします!」と二人で頭を下げます。

その日は、亡くなったお母さんの誕生日。

いい日だから、その日にお父さんに挨拶することに決めた二人でした。

五文字からの謝罪

栞ちゃんと八木原くんを見ていると、「純粋だなぁ」と五文字くん(間宮祥太朗)は感じたようです。

五文字くんは、美々先生に近づきたくて、自分が檸檬だと嘘をついてしまったことを正直に話して謝ります。

美々先生は、「檸檬のことはもういい」と言っているので、五文字くんは「僕じゃだめですかって言っちゃだめですか?」と聞きます。

 

五文字くんって自分の気持ちをちゃんと言葉にできる人なんだな。

青林くんとは正反対で、でも、どっちもいい。

 

嘘はよくなかったけど、もう、美々先生、五文字くんとつきあっちゃえばいいのに!

破局する青林と我孫子さん

我孫子さんは、本当にいろんな意味で割り切っていてさっぱりした性格の女性のようです。

引きずりまくっている青林くんとは、もう「終わり」だと踏ん切りをつけたようです。

青林と我孫子さん破局する

そんなわけで、我孫子さんと青林くんは、あっけなく破局。

我孫子さんの言葉から青林くんは、我孫子さんが自分の体が目当てだったことを知ります。

 

何だか、男女逆みたいですがw

 

やはり、基本的な物の考え方が違うと恋愛関係は維持できないのかもしれませんね。

混乱する草餅の美々先生

青林くんのお父さんが上京してきて、ホテルに泊まっています。

お父さんは彼女の我孫子さんに会いに来たのです。

GO TOでw

 

しかし、青林くんはもう我孫子さんとは別れてしまいました。

それをまだお父さんには言えないでいます。

どこまでも優しい青林くん。

 

もう、檸檬さんが青林くんだと知っている美々先生は、何だか頭の中が檸檬と青林で混乱しています。

そして、やはりこうして檸檬と草餅としてSNSでつながっているのが、一番心地よいと美々先生は思うのでした。

ぎっくり腰になったお父さん

青林くんは、お父さんに我孫子さんに振られたことを話したようです。

そして、おみやげを渡すために会社に来たお父さんは、会社のロビーでぎっくり腰になってしまいます。

警備から呼ばれた美々先生は、すぐにロビーに駆けつけ、ずっと青林くんのお父さんにつきそってくれました。

 

青林くんのお父さんは、「優しい先生だ」としみじみ…。

人の心はみんなぽっかり穴が開いている

富近先生は、人の心にはみんなぽっかり穴が開いていると言います。

本当の好き

その穴が埋まっていなくても平気な人と埋めたい人がいる。

恋人だったり、友達だったり、家族だったり、趣味など、好きな何かで埋めるのです。

本当に好きっていうのは、その穴にずっと残って出ていってくれない…それが「好き」ということ。

 

何て、名言なんでしょうか!

感動!( *´艸`)

心の穴を埋め合う関係

檸檬にとって草餅、草餅にとって檸檬。

お互いの心の穴を埋め合っている関係。

 

美々先生にとっては、青林くんなのかもしれませんが、五文字くんはこの場合、どうなってしまうのでしょうか?w

草餅は美々先生?

青林くんは、薄々草餅さんは美々先生だと気づき始めたようです。

決め手はお花の写真…。

しかし、「お花の写真なんて同じようなものでしょ」と否定する美々先生。

 

青林くんは、美々先生は社内での悪評wとは違ってすごく優しい人だと言います。

そして、「五文字の見る目は間違ってなかった!応援してますから」と…。

 

いい人すぎるぞ、青林くん。

俳優・間宮祥太朗について

間宮祥太朗[引用元]https://gensun.org/

間宮祥太朗・プロフィール

  • 本名 馬渡祥太朗
  • 生年月日 1993年6月11日
  • 出生地 神奈川県横浜市神奈川区
  • 身長 179cm
  • 血液型 O型
  • 職業 俳優
  • ジャンル 舞台・テレビドラマ・映画
  • 活動期間 2008年~
  • 事務所 トライストーン・エンタテイメント
  • 公式サイト 公式プロフィール

[引用元]Wikipedia

美々先生に恋する五文字くんを好演

本作では、主人公の美々先生に恋する五文字順太郎役を好演しています。

甘え上手で、憎めないタイプの五文字くん。

確か、NHKの朝の連続テレビ小説「半分、青い」でも、ヒロインの鈴愛(永野芽郁)の夫役で、この役も甘え上手な男性役でしたね。

 

はっきりとした顔立ちのイケメンですが、甘えん坊w

しかし、作品によっては様々な顔を見せてくれる俳優さんです。

 

ドラマ「べしゃり暮らし」で漫才師志望の高校生・上妻圭右役で主演され、とても印象に残っています。

ドラマ自体も、切なくていいドラマでした。

演出は、劇団ひとりさんです。

すごくきれいな顔立ちをされているので、しっとりしたラブ・ストーリーも観てみたいです。

ドラマ「#リモラブ~普通の恋は邪道~」第4話の感想 最後に

ドラマ「#リモラブ~普通の恋は邪道~」第4話の感想でした。

少しづつ美々先生の評判がよくなってきましたね。

五文字くんはもちろん、青林くんも、美々先生に好感を持ち始めているようです。

今回は、富近先生の名言に感動しました!

 

そして、富近先生と朝鳴部長のやりとり、めっちゃおもしろいw

二人も、何かいい感じになるといいな。

 

以下の記事で、第3話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

ドラマ「#リモラブ~普通の恋は邪道~」第3話 感想|人との関りが面倒で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA