ドラマ「先生を消す方程式」第2話 感想|義澤先生が階段から突き落とされて

こんにちは。

はるき ゆかです。

 

ドラマ「先生を消す方程式」第2話の感想です。

第1話から、すごくユニークなドラマだと思っていましたが、脚本が鈴木おさむさん。

30分ドラマということもあって、のめり込んであっという間に観れてしまいます。

ドラマ「先生を消す方程式」第2話の感想 はじめに

あらすじ

 義澤経男(田中圭)に叩きのめされた剣力(高橋侃)が意気消沈する一方、頼田朝日(山田裕貴)にあおられるように、藤原刀矢(高橋文哉)が義澤を“消す方程式”を立てようと言い出す。力だけでなく、長井弓(久保田紗友)や大木薙(森田想)はあまりに行き過ぎた刀矢の発言に戸惑うが、それぞれがリーダー格の刀矢に頭が上がらず結局従うことに。
義澤は恋人の前野静(松本まりか)のもとを訪ね、ある決意を語る。義澤の脳裏には、かつて静との間に起きた衝撃の出来事が去来するが…。
刀矢たちには義澤を悪だと言う朝日だが、当の本人の前では慕うそぶりを見せる。そんな朝日に義澤は長く不登校を続ける生徒の伊吹命(秋谷郁甫)のことを相談。後日、命の家を訪ね、命を驚かせるようなことを告げる。
刀矢は力に一刻も早く義澤を消す方程式を立てるよう、プレッシャーをかける。弓は刀矢の目に狂気が宿っていることに気付きおびえてしまう。
一方、朝日に呼び出された薙は、脅迫にも近い言葉であることを命じられる。

[引用元]テレビ朝日「先生を殺す方程式」公式サイトSTORY

登場人物

義澤経男/田中圭
帝千学園に新しく赴任した数学教師。常に笑顔で生徒に接する。しかしそれが逆に生徒たちから恨みを買って…。

頼田朝日/山田裕貴
義澤が担任をする3年D組の副担任。生徒からの人気も高く、問題の多いクラスの担任となった義澤を心配するのだが…。

藤原刀矢/高橋文哉
学園トップの優等生。唯一、義澤をかばう生徒。

長井弓/久保田紗友
東大合格確実と言われる秀才。20万人以上のフォロワーがいるインフルエンサー。母は有名な医師。

大木薙/森田想
人気飲食チェーン店を経営する父を持つ。同級生の女性とに『パパ活』させてお金を稼いでいる。

剣力/高橋侃
父親は大手ゼネコン社長で、叔父は政治家。親が多額の寄付をしているので、暴力的でクラスを支配。やりたい放題。

伊吹命/秋谷郁甫
引きこもりで、不登校。都市伝説やオカルトに詳しい。

宮下加奈/榊原有那
長井弓や大木薙と友だちでいるために、『パパ活』をして稼いだ金を弓や薙に渡している。

早川京子/川瀬莉子
SNSで人気のインフルエンサー弓に憧れている。

玉木譲/田中亨
剣力に暴力を振るわれても抵抗できない。

安田町子/奥山かずさ
養護教諭。イケメン好きで、義澤にも気軽に接する。

佐倉清/手塚とおる
帝千学園校長。3年D組の担任すぐに辞めてしまうので、『評判の教師・義澤』を採用した。

前野静/松本まりか
義澤の恋人。高校教師。正義感が強く、生徒にも慕われている。義澤とは同棲中で二人とも結婚を視野に入れている。

本当の黒幕は頼田朝日

一見悪そうな生徒ではなく、優等生の藤原刀矢(高橋文哉)と副担任の頼田朝日(山田裕貴)が本当の黒幕でした…。

先生を消す方程式を立てよう

先生を消す方程式…とは、一体どういうことでしょうか。

藤原刀矢、可愛らしい顔して、怖い…。

さらに、義澤先生(田中圭)になついてる頼田朝日はもっと怖い…。

 

長井弓(久保田紗)や友大木薙(森田想)、剣力(高橋侃)の方が、どう見ても悪い子のようですが、「先生を消す」という言葉に怯えています。

人生にはまさかのことが起こる

義澤は、人生にはまさかのことが起きるものだと生徒たちに言います。

友大木薙の父が会社から追放

3年D組には、カースト制度があります。

薙は、クラスメイトに「パパ活」をやらせて、お金を稼いでいます。

そんな薙は、クラスの一番上のステージのメンバーなのですが、それは父親が人気飲食チェーンの社長だからです。

しかし、薙の父は会社から追放されることになり、資産も失ってしまいます。

 

かなり偉そうな感じでしたが、父親が権力を失うと弱いですね…。

不登校の伊吹命

義澤は、ずっと不登校の伊吹命(秋谷郁甫)の家を訪問します。

伊吹は黒魔術や死人を生き返らせる方法についての本を読んでいて、ちょっと変わっています。

そして、義澤は自分の恋人の静(松本まりか)が、植物状態でもし死んでしまったら生き返らせたいと言い、この気持ちは「大切な人を失ったものにしかわからない」と。

 

伊吹の父親は亡くなったばかりなのです。

薙を脅す頼田

頼田は、放課後、薙を呼び出し「お父さん大変だね。君は普通の人になっちゃうね。刀矢くんたちとは違うステージになってしまうね」と言います。

背中を押せ

薙は、焦ります。

そして、頼田は「義澤を消せばいいんだ」と言います。

そうすれば、刀矢くんを喜ばせることが出来ると。

頼田に、最近の殺し屋は刃物なんて使わず、後ろからそっと突き落とすんだと言われた薙は…。

突き落とされた義澤

女子生徒に音楽室に手紙で呼び出された義澤。

薙が現れ、そっと義澤に近づき、階段から突き落としました。

頭を打った義澤先生は、大量出血。

死んでしまうのでしょうか…。

傷だらけで登校

義澤先生は、傷だらけの状態で学校にやって来ます。

そして、突き落としたのが薙だとわかっているようです。

人生-友達=幸せ

と、黒板に書き、薙に自分をなくしてまで友達なんて必要ない!と言います。

 

確かに、このドラマのような友人関係なら、友達なんていらないですね。

義澤経男の恋人・静

義澤(田中圭)の恋人の静(松本まりか)は、今、植物状態となっています。

静も義澤と同じ、高校教師です。

どうして彼女はこんなことになってしまったのでしょう。

やったのは頼田?

義澤先生は、静をこんな目に合わせたのは、彼女が教えていたクラスの生徒Aくんだと言います。

そして、「犯人はあなたですよね?」と頼田に言う義澤…。

生徒Aくんが、頼田なのでしょうか。

ドラマ「先生を消す方程式」第2話 最後に

ドラマ「先生を消す方程式」第2話の感想でした。

義澤先生が、大けがを負ってしまいました。

そして、恋人の静が植物状態になっている理由も明かされました。

ラストシーンで、頼田に「やったのはあなたですよね?」と言っていましたが…。

 

かなりユニークなドラマですね。

役者さんたちの演技も、エキセントリックでおもしろい。

次回も見たくなります!

 

以下の記事で、第1話の感想を書いています

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

ドラマ「先生を消す方程式」第1話 感想|そういうの嫌いじゃないです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA