ドラマ「極主夫道」第5話 感想|龍と美久の出会いから結婚まで

こんにちは。

はるき ゆかです。

 

ドラマ「極主夫道」第5話の感想です。

今回は、龍と美久の出会いが描かれていました。

いろんな勘違いから、結婚まで到達した二人は、やはり最強の夫婦だと思います!

ドラマ「極主夫道」第5話の感想 はじめに

あらすじ

別居状態になってしまった龍(玉木宏)と美久(川口春奈)。美久の仕事が、元極道の夫がいることでダメになってしまうかもしれない。そのことを知った龍は、自分が美久のそばにいてはいけないのではないかと迷う。そんな矢先、龍が交通事故に遭う――。
一方、龍がいなくなったと向日葵(白鳥玉季)から聞かされた美久は、帰宅。美久が龍に電話をかけても、留守番電話になるだけだった。向日葵は美久に「ママに愛想をつかして出ていったんでしょ」と言い、龍をしばらくそっとしておくことを勧める。美久は留守番電話に龍へのメッセージを入れるが、折り返しの連絡は来ない。

江口(竹中直人)は、龍を天雀会に戻すための次なる作戦を思いつく。向日葵に龍を嫌いになるようなことを吹き込んで、龍と美久を別れさせるというのだ。雅(志尊淳)は、あまりにも大人げない江口にあきれるばかり。
江口の企みを知った田中(MEGUMI)は怒り、向日葵を全力で守ると息巻く。天雀会と火竜町婦人会の間に、またしても緊張が高まる――!
雲雀(稲森いずみ)は江口の様子がおかしいと察し、雅を問い詰める。雅は雲雀の迫力に負け、すべてを白状する。
雲雀は、雅を連れて美久に会いに行く。美久は雲雀と雅に、龍が行方不明になっていることを打ち明ける。
雅は美久に「俺が必ず見つけてきます!」と言い、必死で龍を捜し始め…。

[引用元]日本テレビ「極主夫道」公式サイトSTORY

登場人物

/玉木宏
元極道で現在は専業主夫。

美久/川口春奈
龍の妻。デザイナーのキャリアウーマン。家事が苦手。

向日葵/白鳥玉季
美久の娘で連れ子。

/志尊淳
天雀会組員。元龍の舎弟。

酒井タツキ/古川雄大
警察官。

大前ゆかり/玉城ティナ
喫茶店店員。

田中 和子/MEGUMI
婦人会会長。

佐渡島 幸平/安井順平
警察官。

太田 佳世/田中道子
婦人会会員。

井田 昇/中川大輔
大城山組組員。

岡野 純片/岡久迪
大城山組組員。

遠野 誠/水橋研二
喫茶店店長。

三宅 亮/本多力
スーパーの店員。

立花 ユキ/新津ちせ
向日葵の友達。

大城山 國光/橋本じゅん
大城山組組長。

虎二郎/滝藤賢一
元・極道のクレープ屋さん。龍のライバル。

江口 雲雀/稲森いずみ
天雀会の姉御。

江口 菊次郎/竹中 直人
天雀会会長。龍の元親分。

自分が美久の側にいてはいけないと思う龍

美久(川口春奈)の仕事のために、龍(玉木宏)は自分が美久の側にいてはいけないのかも知れないと思い始めます。

龍が交通事故に

美久のことを考えながら歩いていた龍は、車にはねられてしまいます。

一旦は倒れてしまった龍ですが、さすが『不死身の龍』と異名を持つ龍。

すぐに起き上がってその場を立ち去ってしまいます。

 

8メートル飛ばされた龍は、やはりフラフラとベンチに倒れ込みしばらく気を失っていました…。

 

そりゃあ、そうでしょう!w

龍を極道の世界に戻したい江口会長

江口会長(竹中直人)は、何とかして龍を極道の世界に戻したいようです。

娘の向日葵(白鳥玉季)に、龍の悪いところをいっぱい聞かせて龍を嫌いにならせるのはどうか…とか、大人げないことを言っており、雅(志尊淳)に大反対されますw

 

江口会長、なんか極道というより普通のおじいちゃんっぽくておもろすぎるw

天雀会 vs 婦人会

田中さん(MEGUMI)を筆頭に、婦人会の皆さんは、向日葵ちゃんを守らなければ!と天雀会と対決するつもりです。

龍は、事故にあってから、スマホが壊れたからか連絡がつかず、本当に龍は美久の側を離れてしまったのはないかと向日葵や雅は心配しています。

この若い二人が、すごく落ち着いていてるのもおもしろいw

 

そして、雅は天雀会と婦人会が仲直りして、一緒に龍を探そうと提案するのですが…。

しかし、なんだかんだ言いながら、江口会長と婦人会の皆さん、一緒に喫茶店で同じテーブルに座ってお茶してるし。

天雀会と婦人会は、とりあえず龍たち家族のために仲直りすることが出来ました。

美久と龍の出会い

美久は、龍が作ってくれた食卓の椅子に薔薇の絵が書かれていることに気づきます。

10年前の美久

まだ美久が大学生だった頃、その時の恋人との間に子供が出来ました。

それが、向日葵です。

美久は、大学に通って就活しながらファミレスでアルバイトをし、一人で向日葵を産み育てることを決心します。

就職活動も向日葵のことを考えると、なかなかうまくいきません。

 

美久って今もそうですが、本当に度胸あるなぁと思います。

龍と雅がファミレスへ

龍と美久の出会いは、美久のバイト先のファミレスでした。

龍と雅が二人で食事をしに来たのです。

何かというと、美久を呼ぶ龍を、美久は不思議に思うのですが…。

同じバイトの女の子は、「美久さんに気があるんじゃないですか?」と言います。

しかし、他のバイトの人は龍たちを怖がって声をかけられそうになっても目をそらすので、自ずと美久を呼ぶことになっていたようなのです。

そして、カレイの煮つけ定食を頼んだ龍は、カレイが子持ちカレイだったのを「子持ちか!嫌いやないで」と美久に言い、美久は自分がシングルマザーだということを子持ちだと言われたと勘違いしたようです…。

さらに「結婚」と「血痕」を間違えた美久は、「子持ちだとか結婚だとか言って、人の心を弄ばないでください!」と言って怒ります。

 

美久の勘違いもすごいですがw、恋というのは『誤解から始まる』と言いますから…。

 

そして、ある日、街で偶然あったときに美久は自分の気持をはっきりと龍に伝えました。

自分は向日葵のために生きる。極道の妻にはなれませんと。

 

いや、勘違いですからw

ある雨の夜

美久がファミレスでバイトをしていたある雨の夜。

龍が店の外にずぶ濡れになって傷だらけで立っていました。

一輪のバラを手にして。

 

龍は、美久と結婚するために、「渡瀬一家を壊滅させてきます。事が終わったら、破門にしてください」と江口会長に言います。

このときの抗争が、伝説『不死身の龍』となったんですね。

そして、龍は美久に「家族になりたいねん。ええかげんちゃうで」と一輪のバラを差し出しプロポーズします。

 

一つの勘違いからここまで来るって本当にすごい!

渡瀬一家壊滅やし…w

ケジメをつける

美久は、連絡の取れない龍にメールをします。

「ちゃんとケジメをつけなくちゃね」と。

極道のケジメ

龍は、インスタに、鯛・掛け軸・お酒の画像をアップしていました。

それを見た剛剣の虎(滝藤賢一)は、これは「盃事」だと言います。

龍は、美久や向日葵と別れ、極道に戻る決意をしたというのですが…。

美久のケジメ

美久のケジメとは、自分の夫が元極道であることをクライアントに話し、今は立派な主夫業を担っていることを堂々と話すことでした。

クライアントにそれを話し、その場を離れようとした美久ですが、クライアントは「私達は、あなたのプレゼンが聞きたくてここに来たのです」と言ってくれるのです。

 

上司より、クライアントの方がよっぽど美久の実力を認めてくれているようです。

龍のケジメ

龍のケジメとは、美久との結婚式でした。

盃事だと思って、会場に乗り込んできた天雀会と婦人会(←w)は、一瞬ひるみますが、雲雀が「龍、おめでとう!驚いただろう?知ってたんだぞ!」とごまかしますw

 

みんな、いい人だなぁ。

 

江口会長は、若い頃の龍を思い出します。

しかし、雅に「いつもやることがコスい(標準語にしたらせこい・ずるいの意)」と言われてしまいます。

 

雲雀には、「このコスたこ坊主」wwwwwとまで言われてしまいます。

江口会長に対するディスリが、本当に回を追うごとに面白くなっていく!

 

なんか、いろいろ勘違いもすごいですが、龍は本当に主夫の仕事が楽しくて生きがいになっているみたいだし、美久は仕事が出来るし、本当に素敵な夫婦です。

お式も、本当に祝ってくれる人だけが集まって、いい感じ。

向日葵ちゃんも、大人でいい子。

そして、二人の結婚式のインスタを見て、虎二郎も「よかったのう」と涙を流す優しいクレープ屋のおじさんだし。

ドラマ「極主夫道」第5話の感想 最後に

ドラマ「極主夫道」第5話の感想でした。

今回は、美久と龍の出会いを中心に物語が展開しました。

みんな、結局はすごくいい人たちだなぁ。

美久の大きな勘違いから始まった二人の恋は、大きな障害を乗り越え、実を結んだのでした。

 

以下の記事で、第4話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

ドラマ「極主夫道」第4話 感想|龍が極道の世界に戻ることに?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA