ドラマ「七人の秘書」第4話 感想│不二子の涙の過去

こんにちは。

はるき ゆかです。

 

ドラマ「7人の秘書」第4話の感想です。

今回は警視庁警務部秘書の不二子のターンです。

強気な不二子には、警察という男社会の中で戦っていたつらい過去があって…。

ドラマ「七人の秘書」第4話の感想 はじめに

あらすじ

 警視庁警務部長・北島剛次(木下ほうか)のもとに、警視正・山根幸四郎(金井勇太)のスマートフォンと、そのスマホでスカートの中を盗撮されたという女子高生・小杉映子(永瀬莉子)が提出した被害届が届く。山根が財務大臣・粟田口十三(岸部一徳)の後援会会長の息子だと知った北島は、粟田口に恩を売るため、この被害届をもみ消してしまう…。
そんな中、帰宅途中の映子が見知らぬ男たちに襲われる。たまたま通りかかった都知事秘書・風間三和(大島優子)は映子を助け、萬敬太郎(江口洋介)が店主のラーメン店「萬」へ連れていく。そこで映子は、警察から「被害届が出ていない」と言われたこと、それ以降誰かに見張られていることを話し始める。そっと話を聞いていた北島の秘書・長谷不二子(菜々緒)は、事件を隠蔽した警察組織に大激怒。「これ以上怖い思いをしたくない」と、泣き寝入りしようとする映子を諭し、一緒に戦うことを誓う。
映子の記憶から、盗撮に使われたのが山根のスマホだと確信した不二子は、東都銀行常務秘書・望月千代(木村文乃)ら裏仕事の仲間たちと山根を懲らしめることに…!
盗撮マニアの常習性を利用することにした秘書軍団は、表向きはクリーンな警察キャリアの山根を現行犯で捕まえる作戦を開始。三和と東都銀行頭取秘書・照井七菜(広瀬アリス)がオトリになり、山根との接触を計るが…?
“七人の秘書”たちが、卑劣な盗撮犯に鉄槌を下す――!

[引用元]TV朝日「七人の秘書」公式サイトSTORY

登場人物

望月千代/木村文乃
「東都銀行」常務秘書。派遣の秘書。元銀座のクラブのNo.1。

照井菜々/広瀬アリス
「東都銀行」頭取秘書。正社員。おっとりした性格。千代の仕事ぶりに触発される。

長谷不二子/菜々緒
「警視庁」警務部長秘書。警察組織という男社会を生き抜く。空手の有段者。

パク・サラン/シム・ウンギョン
「慶西大学病院」病院長秘書。韓国で生まれ育った韓国と日本のハーフ。SEのエキスパート。ハッカーの才能もあり。

風間三和/大島優子
東京都知事秘書。ホテルオーナーの令嬢で、バイリンガル。人知れず闇を抱える。

粟田口十三/岸部一徳
財務大臣。政財界の大物。単身で政治の世界に飛び込み一代で今の地位を築く。

鰐淵五月/室井滋
家政婦。元政治家の伝説の秘書。刑務所に入った経験あり。

萬敬太郎/江口洋介
ラーメン店「萬」店主で司法書士の資格も持つ。影の秘書軍団の元締め。元政治家秘書。

ナレーション/岩下志麻

女子高生が盗撮された

エスカレーターに乗っていた女子高生が、スマホでスカートの中を盗撮されました。

必死で追い掛けたのですが、犯人は逃げてしまいます。

しかし、犯人はスマホを落として…。

被害届が消えた

盗撮された女子高生の小杉映子(永瀬莉子)は、そのスマホを拾って、被害届を出しました。

しかし、その被害届が消えてしまったのです。

そして、学校の帰りに怪しい男に襲われて…。

そこに三和(大島優子)が現れ、助けてくれてたのですが、これは盗撮犯の男が映子を黙らせるために人を雇ってやらせたことでした。

 

なんて姑息な奴!

絶対、許せないですね…。

犯人は粟田口大臣の後援会長の息子

犯人は、自身も警察官であるとともに、粟田口財務大臣(岸部一徳)の後援会長の息子で警視正の山根幸四郎(金井勇太)でした。

被害届は、警視庁警務部長・北島剛次(木下ほうか)の元に届いていました。

北島は粟田口大臣に恩を売っておきたいと、盗撮の被害届をもみ消したのです。

三和にラーメン店「萬」に連れていかれて

映子は、被害届がいつの間にかなくなったこと、別室に呼ばれて、以前万引きで補導されたことを出して脅されたことを、萬(江口洋介)たちに話します。

今度問題起こしたら、退学になるんじゃないかとまで言われています。

 

そして、萬さんがいつもの「JK、ここからは引き取らせてもらおうかな」

恐怖で本当のことが言えない映子

不二子(菜々緒)は、警務部長の部屋に山根のスマホがあったのを見ていました。

そして、山根が広報のため、マスコミの取材を受けているところを映子に見せて、犯人はあいつ?と聞くのですが、万引きしたことを学校や両親に連絡すると脅されていたため、怖くて本当のことが言えません。

 

可愛そうに…。

逃げ出す映子に不二子は

不二子は逃げ出そうとする映子に「逃げちゃダメ。それが一生の後悔になる。悪いことをしたのはあいつなの。だから戦わなきゃダメなのよ」と言いますが、映子は不二子の手を振り切って帰ってしまいます。

 

不二子はもともと秘書ではなく、捜査一課の刑事でした。

しかし、二年前。

柔道場で稽古中、みんなの前で男性警察官を投げ飛ばしたことでプライドを傷つけられたからか、更衣室で着替えているときに襲われそうになったのです。

警察という男社会の中は、セクハラ、パワハラのオンパレードです。

 

不二子は逃げなかったのですが、それでも庶務課に異動させられてしまいました。

萬さんが不二子に初めて会ったのが、その日でした。

こんな風に、不二子も萬さんに助けられているのです。

悪党を懲らしめる!

映子が、不二子を訪ねて、ラーメン店「萬」にやって来ます。

やっと、勇気を出すことが出来たようです。

七菜と三和がおとりになって

七菜(広瀬アリス)と三和がおとりになって、山根をおびき寄せます。

そして山根が盗撮しているところを、五月(室井滋)がカメラに撮って現行犯で捕まえるのです。

しかし、五月自身が別の男に盗撮されてしまい、声を上げてしまったため、山根は逃げてしまいます…。

 

そのため、別の盗撮犯を捕まえることにw

しかし、それが功を奏したのです。

その男は、盗撮が辞められない理由は二つだと言います。

一つは、盗撮しているときのドキドキ感、もう一つは仲間に褒められたときだと。

そして、盗撮犯は絶対に画像を消さない…。

山根の画像をサランが盗む

マニアは必ず画像を保存しているなら、山根のスマホにも画像が残っているはずです。

しかし、山根のスマホには画像はなく…。

すると萬さんが「大切なデータを保存する方法は、紙に残す」と言います。

 

画像を印刷しているのではないかとにらむ秘書軍団。

警視総監と警務部長の会食

警務部長の北島は、次の警視総監との食事会に山根を呼ぶことにしたようです。

北島は不二子に、日程の調整と店の予約を依頼します。

不二子は、11/9の19:00に予約を入れます。

これは、山根のスマホのスケジュールに【S】の文字が書かれていた日と時間です。

 

不二子は、会食の日が変更になったと山根を騙します。

山根は勇んで盗撮マニアのシークレットパーティに出席するのですが、警察がそこに踏み込んで来て…。

山根は秘書軍団に案内されるまま逃げると、そこは警視総監と警務部長が会食している個室!

そして、盗撮が警視総監にバレてしまいますw

 

北島警務部長も山根が盗撮犯だと知っていたことがバレて、山根と共に懲戒免職となりました。

JKの映子を襲った犯人も捕まって、これで一安心ですね。

 

盗撮なんて、本当に卑劣な犯罪、絶対許せません。

ドラマ「七人の秘書」第4話の感想 最後に

ドラマ「七人の秘書」第4話の感想でした。

最後に、謎のフリーライター・黒木(坂口拓)が粟田口大臣の元を訪れ、写真を買ってほしいと言います。

初めは取り合わない粟田口でしたが、何枚目かの写真にある人の姿が写っているのを発見し、「全部買ってやる。ええもん見せてもろたわ」

そこに写っていたのは、萬さんでした…。

 

次回は、ついに秘書軍団の元締め・萬さんと粟田口大臣が直接対決。

楽しみです!

 

以下の記事で、第3話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

ドラマ「七人の秘書」第3話 感想│医師になりたかったパク・サランの過去

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA