ドラマ「35歳の少女」第7話 感想│周りは灰色の男ばかり。私はひとりだ…

こんにちは。

はるき ゆかです。

 

ドラマ「35歳の少女」第7話の感想です。

今回は、望美が結人の家を出ていくことになります。

たった一人になった望美は、どうなってしまうのでしょうか。

ドラマ「35歳の少女」第7話の感想 はじめに

あらすじ

望美のぞみ(柴咲コウ)は喧嘩別れしてしまった家族のことが内心気になりつつも、これからは結人ゆうと(坂口健太郎)のために生きようと決める。しかし、両親に挨拶させてほしいと頼む望美に、結人は家族とは縁を切ったと濁す……。

一方、家庭内別居状態が続く進次しんじ(田中哲司)は、加奈かな(富田靖子)から離婚届を突きつけられる!さらに、謎の大金を手にした達也たつや(竜星涼)は本当の父親に会いに行ったと言い……。そしてデザイナーとして就職先の見つからない愛美まなみ(橋本愛)は、鉢合わせた相沢あいざわ(細田善彦)と藤子ふじこ(大友花恋)から結婚の報告を受け荒れていた。

教師としての理想を叶えられる小学校を見つけられない結人は人知れず追い詰められていた。そんな中、アナウンサーの夢を諦め洋食屋でアルバイトを始めた望美の元に多恵たえ(鈴木保奈美)が現れる。“普通の人生”を歩もうと焦る心の内を見すかされながらも、多恵の前で強がる望美。多恵は、“結人が望美の気持ちを受け止められなくなる”と、不吉なことを言い残す。

その日、再び両親に紹介してほしいと頼まれ根負けした結人は、望美を連れて実家へ。そこで望美は、今まで知らなかった結人の家族関係を目の当たりにする……。

[引用元]日本テレビ「35歳の少女」公式サイトSTORY

登場人物

時岡望美/柴咲コウ
10歳のとき事故に遭い、25年眠り続けていた。目が覚めて、自分自身と周囲の変化に戸惑って…。今は初恋の相手広瀬結人と同棲中。

時岡多恵/鈴木保奈美
望美の母。25年間、望美の看病を続け、目覚めた望みを支える。

時岡愛美/橋本愛
望美の妹。望美が事故に遭った時は7歳だった。クールなキャリアウーマン。会社を辞め、グラフィックデザイナーを目指している。

今村進次/田中哲司
望美の父。望美が事故に遭ってから5年後、多恵と離婚。現在は再婚している。

広瀬結人/坂口健太郎
望美の初恋の人。小学校教師を退職後代行業者としてブラブラしていたが、今は再度教師を目指している。

相沢秀男/細田善彦
愛美の会社の上司で元恋人。

今村達也/竜星涼
進次の連れ子で、DVで引きこもり。

今村加奈/富田靖子
達也の母。進次の再婚相手。

林田藤子/大友花恋
愛美の元恋人の相沢の彼女。仕事が出来ないので愛美はイライラ。

今村家の現実

会社をクビになった進次(田中哲司)は、今、工事現場で働いています。

望美(柴咲コウ)に愛美(橋本愛)がひどい言い方をしてしまったことを、進次は気にしているのですが…。

離婚届を突き付けられる進次

進次は、加奈(富田靖子)に、離婚届を突き付けられてしまいます。

進次がいつまでも、前の家族の写真を持っていることが加奈には許せないのです。

しかし、進次は、どうしても写真を処分することが出来ないようです。

実の父親に会いに行った達也

達也(竜星涼)は、加奈を説得してもらうために、実の父親に会いに行きました。

実の父は事業に成功しているようなのですが、達也は200万円を渡され追い返されてしまいます。

そして、達也は「この金ででっかいことをやってやる」と言って…。

愛美の現状

パーティー会場

愛美はグラフィックデザイナーを目指して、就活をしていますが、なかなかうまく行きません。

相沢と藤子が結婚

面接の帰りに、愛美は相沢(細田善彦)と藤子(大友花恋)に偶然会ってしまいます。

二人は結婚式の日取りが決まったようです。

そして、あろうことか、藤子は愛美に招待状を渡して…。

 

こんな嫌味なことばかりやってたら、幸せになれないと思いますが。

しかし、どう見ても幸せそうです。

世の中、こんなものなんでしょうか。

婚活パーティーへ

愛美は、婚活パーティーに参加します。

そして、パーティでも飲み過ぎて、また荒れます…。

愛美は「こんなところで、本当の愛なんて見つからない!」と叫び、部屋を連れ出されてしまいます。

 

酔った愛美は、多恵(鈴木保奈美)に電話をしてくれと言って、多恵が迎えに行くことになりました。

そして、多恵は愛美に「家に帰ってきたら?」と言います。

愛美も、本当は多恵を心配しているようなのですが、素直になれないようです。

洋食屋でアルバイト

望美は、結人と初めて結ばれ、大人になりました。

アナウンサーの夢もあきらめ、洋食屋さんでアルバイトをすることになります。

アナウンサーを諦め洋食屋でバイト

望美は、洋食屋さんでのアルバイトがとてもうまく行っているようです。

ピュアな笑顔が、お客さんにも評判です。

そして、結人の仕事が決まらないので、少しでも働かなければなりません。

多恵の不吉な言葉

愛美のアルバイト先のレストランに、多恵がやって来ます。

そして、多恵は「結人くんはいつかあなたの気持ちを受け止めきれなくなる。その前に帰ってきたら?」と、不吉な言葉を望美にかけてきます。

望美は、「たとえ結人くんと別れても、ママのところには帰らない。ママの言いなりにはならない」と言います。

 

多恵の本心はどこにあるのでしょうか。

素直に寂しいから帰ってきてほしいと言えばいいのに。

正しいことを言うこと

望美は外国人のアルバイト仲間のサントスさんが、お客さんに絡まれているのを見て怒ります。

そのお客さんはサントスさんに、お箸のことを「おてもと」言って、その意味がわからなかったサントスさんに土下座しろと言って…。

望美は、そのお客さんに文句を言い、店長にももっと従業員を守ってくれと言います。

そして、望美はアルバイトをクビになってしまいます。

 

正しいことを言うとクビになる…。

理不尽な世の中です。

結人の家族関係

結人は、いくつも小学校の面接を受け、教師としての理想像を熱く語ります。

しかし、そのたびに「こんなことを言っていては、どこの小学校にも採用してくれませんよ」と言われ…。

結人の両親

結人の両親に会いたいという望美ですが、結人は両親とうまくいっていないようです。

両親とは縁を切ったというのです。

結人の母親は、結人に家に戻ってきたらというのですが、父親は寝たきりのようです…。

 

結人は、実はかなり資産家の息子なのです。

実家は豪邸。

結人の実家に挨拶に

望美は、もし結人が両親とケンカしているのなら、仲直りしてほしいと思っています。

結人の両親に紹介され、挨拶をする望美でしたが…。

結人の両親は、望美が目の前にいても、お互いを罵り合います。

 

結人は、我慢できずに望美を連れて実家を飛び出して、二人の家に帰ります。

赤ちゃんを作ろう!

望美は、私たちに赤ちゃんが出来たら、結人の両親が仲直りできるのではないかと言います。

しかし、結人はそんなに簡単なことではないと。

 

ヘルパーさんや望美の前でも、罵り合うような仲の両親の心は、そう簡単には懐柔することは出来そうにありません。

結人の仕事が決まった

結人の仕事が決まりました。

しかし、結人が学校の言うとおりにしてくれれば…という条件付きでした。

望美は、そのことに納得がいきません。

結人の理想の教師像を捨ててほしくないのです。

 

望美は、みんなの幸せを心から祈っていました。

しかし、結人は「現実はそううまくいかない。25年前のようには誰も戻れない」と言います。

家族が集合して

多恵が、進次、愛美、望美に家に集まってほしいと言います。

三人が家に集まると、すき焼きが用意されていました。

多恵が家を売ると言い出して

多恵は、愛美も望美も帰って来ないなら、この家を売ると言い出します。

愛美は多恵に「ママには愛がないのよ。ママは家族を自分の思い通りにしたいだけ」と言って、望美にも「何か言えば?」と言います。

望美は「この家が出来たとき、どんなことがあっても仲直りする方法があるって言ったよね?教えてよ」と多恵に聞きます。

確かに、家を建てた記念写真を撮った日、多恵はそう言ったのですが、そんなこと覚えていないと…。

仲直りの方法

望美は、「みんな、私が眠っている間に何してたの?」と言います。

愛美は、望美ばかり愛されていると言いますが、望美は「だったら私と変わる?」と。

そして、多恵に「苦しいときは、苦しいって言えば、みんな助けてくれたのに」

 

望美は、「みんなが無駄にした時間、私にちょうだい!」

 

自分の家族が不幸になったのは全部自分のせいのように言われた望美は、とうとう怒りを爆発させるのです。

確かに、25年間眠り続けていた望美が一番つらいはずです。

それを、あなたのせいで家族がバラバラになったと言われ続ければ、怒りが爆発しても当然です。

ドラマ「35歳の少女」第7話の感想 最後に

ドラマ「35歳の少女」第7話の感想でした。

望美は、結人さえ側にいればそれだけでよかったのに、自分の周りには、エンデの『モモ』に出てくる「人の時間を盗んで生きている灰色の男」ばかり。

望美は、「私はひとりだ」と涙を流して…。

 

次回の予告では、望美と結人の結婚式のシーンが流れましたが…。

あれは現実なのでしょうか。

「私たちはさよならを言うために出会った」と望美が言っていました。

 

愛ちゃんも何だか危ない仕事してるみたいですし、幸せな未来が想像できないのですが。

 

以下の記事で、第6話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

ドラマ「35歳の少女」第6話 感想│私にはこの人がいる。それだけでいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA