ドラマ「危険なビーナス」第7話 感想|養女の秘密と深まる謎

こんにちは。

はるき ゆかです。

 

ドラマ「危険なビーナス」第7話の感想です。

今回も物語は急展開です。

禎子の死の真相は?

そして、康治と牧雄の研究していたものとは?

ドラマ「危険なビーナス」第7話の感想 はじめに

あらすじ

伯朗(妻夫木聡)と楓(吉高由里子)は小泉の家を探る中で、明人(染谷将太)が数年前に小泉の家に来て母・禎子(斉藤由貴)が亡くなったお風呂場をじっと見つめて佇んでいたこと、そして禎子が亡くなる少し前に、なぜか佐代(麻生祐未)がそこを訪れていたことを知る。

禎子と佐代はどんな関係にあったのか? 母を殺した真犯人は佐代なのか? 動物病院へ戻った伯朗と楓は、小泉の家から持ち帰ったアルバムを見て、あれこれと推理する。そんな伯朗と楓の様子を外から伺う黒服の男がいた…。

伯朗は矢神家を訪れ、寝たきりの康治(栗原英雄)から母の死の真相を聞き出そうと試みる。しかし康治は、「あきとにうらむな」という謎のメッセージを文字盤に残して、再び眠りに落ちてしまう。

康治から禎子と佐代について何も聞き出せなかった伯朗と楓は、直接佐代に話を聞こうと試みる。

一方、勇磨(ディーン・フジオカ)は密かに康治の研究室を探っていた。とある幾何学模様の画を見つけた勇磨は、それが牧雄(池内万作)の追い求める、30億の遺産よりも「価値あるもの」につながる重要な資料と考え、それをネタに楓にアプローチをかけてきて…。

[引用元]TBSテレビ「危険なビーナス」公式サイトあらすじ

登場人物

手島伯朗/妻夫木聡
主人公。獣医師。矢神家に嫁いだ母の連れ子。

矢神/吉高由里子
伯朗の弟・明人の妻。謎の美女。

矢神勇磨/ディーン・フジオカ
康之介の養子。レストランオーナー。楓にアプローチしてくる。

矢神明人/染谷将太
行方不明の伯朗の異父弟。楓の夫。

矢神康治/栗原英雄
矢神家の当主。禎子の夫で明人の父。

蔭山元美/中村アン
伯朗の動物病院の看護師。

支倉百合華/堀田真由
明人の従妹。祥子と隆司の娘。明人に好意を持っている。

君津光/結木滉星
矢神家使用人兼執事。

永峰杏梨/福田麻貴
康治の専属看護師。

手島一清/R-指定
伯朗の実の父。画家。

矢神佐代/麻生祐未
康之介の養女。銀座のクラブのママ。

兼岩順子/坂井真紀
伯朗の叔母。憲三の妻で、白朗の母・禎子の妹。

支倉祥子/安蘭けい
康之介の次女(後妻の子)。

支倉隆司/田口浩正
祥子の夫。矢神園経営者。

矢神牧雄/池内万作
前当主・康之介の次男(後妻の子)。医師で脳科学者。

矢神康之介/栗田芳宏
矢神家前当主。16年前に死去。

矢神禎子/斉藤由貴
伯郎と明人の母。入浴中の事故で死亡。

矢神波恵/戸田恵子
矢神康之介の長女(先妻の子)。矢神家の財産を管理している。

兼岩憲三/小日向文世
伯朗の叔父。順子の夫で数学者。

禎子の家に現れた男

楓(吉高由里子)と伯朗(妻夫木聡)が、禎子の実家に来たときに現れたのは、この家の管理を頼まれた男性でした。

さらに、伯朗はこのキモトという男性に、幼い頃遊んでもらったことがありました。

その男性から話を聞いた二人は…。

禎子が亡くなった場所

明人(染谷将太)は一度、この家を訪れたことがあるようです。

管理人のおじさんが言うには、ただならぬ顔で、母の禎子(斉藤由貴)が亡くなった風呂場をじっと見つめていたようです。

 

このときから、明人は母が事故死ではないことを確信していたようです。

楓の素早い動き

楓は、管理人さんを不審者だと思って捕まえたときの動きが、ものすごく素早い…。

やっぱり、楓は元CAだというのは、嘘なのではないでしょうか。

 

私は、楓はおそらく、警察関係者なのではないかとずっと思っているのですが…。

佐代が訪れた目的

佐代(麻生祐未)が、禎子の許しを得て、この家に来たことがあったようです。

何か頼みごとをされたようです。

しかし、伯朗は、母と佐代が話をしているのも見たことがないと言います。

 

佐代は一体、何の目的でこの家を訪れたのでしょうか。

楓と伯朗の推理

伯朗の動物病院に帰って、二人はアルバムを見ながらいろいろと推理しています。

佐代と禎子の関係

ほとんど会話も交わしたことがない佐代と禎子は、どんな関係だったのか?

禎子の実家に行った佐代が、借りた鍵で合鍵を作り、殺害した後鍵をしめたのではないかと伯郎は推理します。

しかし、なぜ禎子は佐代に鍵を貸したのか…それが、どうしてもわからないようです。

矢神家に行った伯朗は、波恵(戸田恵子)に佐代と禎子はどんな関係なのかを聞きますが、波恵は「適度な距離感を持った親戚だとしか思っていない」というのですが…。

佐代は康之介の妻も殺害?

今のところ、禎子を殺害したのは佐代が一番真犯人として有力です。

さらに祥子(安蘭けい)が言うには、佐代は康之介の妻も毒殺したと…。

そうなると、佐代はかなりの悪女ということになります。

 

そして、そんな話をしている二人を監視する怪しい男がいました。

一体、誰?

「あきとにうらむな」

伯朗は、父の康治(栗原英雄)を見舞い、2つの質問をします。

  • 小泉の家を見ました。母は殺されたのですか?
  • 母を殺したのは佐代さんですか?
  • 母に30億を超える「価値あるもの」を譲り渡しましたか?

すると、康治は「あきとにうらむな」という謎の言葉を残して、また眠りについてしまいます。

 

これは、「明人に恨むなと言ってくれ」という意味でしょうか。

それは禎子を殺害した人間を恨むなということ…?

池田動物病院院長登場!

今回、初めて、池田動物病院の池田院長(辻萬長)が登場します。

お茶目でユーモラスな紳士です。

院長の養子に?

池田院長は、伯朗を養子にしたいと思っているようです。

そして、蔭山元美(中村アン)と結婚して動物病院を継いでほしいと思っているようです。

本気で。

 

その日は休診日でしたが、院長は蔭山さんと食事をする予定で、動物病院に現れたようです。

蔭山さんは、外に怪しい男がここを覗いていると言って「追い払ってきます!」

 

蔭山さん、男前!w

佐代の目的

伯朗と楓は、誰かに見張られているようです。

その男を追って行くと、そこは佐代の経営する銀座のクラブでした。

 

佐代は、禎子から何か頼まれごとをしたと言って、家に行ったことがあると白状しました。

そして、自分と禎子はすごく仲が良かった、佐代は言います。

さすがに銀座のクラブのママ。

立て板に水のごとく、笑顔でいなすのが上手すぎるw

佐代さん、なかなか正体がつかめません。

古い写真

伯朗は、母のアルバムからある一枚の写真を見つけました。

それは、セーラー服姿の佐代と禎子の写真でした。

二人は同級生だったのです。

 

伯朗は、その写真を持って佐代のクラブに急ぎます。

 

伯朗と佐代は、近くのバーで二人だけで話をします。

佐代と禎子が再会したのは、同窓会でした。

 

佐代の話によると、禎子は、伯朗の父がまだ生きている間に、康治と出会っていました。

引き合わせたのは佐代です。

伯朗の実の父・一清(R-指定)が脳腫瘍のせいで、錯乱状態になることがあり、禎子はそれを佐代に相談していました。

 

そのとき既に矢神康之介の愛人だった佐代は、一清の治療について康之介に相談します。

すると、一清を康治に任せてはどうかと康之介は言いました。

その頃、康治は、「脳」の研究をしていました。

そして、禎子自身も、一清の錯乱状態がなくなるなら…と、佐代に頼んだのです。

 

しかし、ほどなくして一清は亡くなります。

康治がそのときどんな「脳」の研究をしていたのは、佐代も教えてもらえませんでした。

その治療は、一般的には認められていなかった治療法だったようで…。

 

そして、康治の研究の共同研究者に牧雄の名前がありました。

禎子は一清が生きている間に康治と出会っていた

禎子は、一清が闘病中に康治に出会っていました。

看病に疲れていた禎子に優しく寄り添った康治に、禎子の心が傾いたのかもしれないと佐代は言います。

伯朗は、「康治氏が、母を自分のものにするために、父の死をわざと早めたのかもしれない」と。

佐代は「それは、本人にしかわからない」

ただ、「禎子さんが、良心の呵責に耐えかね、自首しようとして口封じのために殺害されたということも」

 

それなら、禎子を殺害したのは、康治?

 

そして、最後に佐代は「楓さんには気をつけて」と。

親友の息子さんへの心からの助言だと言います。

 

佐代さん、今回はいつもと違ってw、禎子さんのことを心からの親友だと思っていたことがわかる表情だったので、やっぱり、楓が怪しいということなのでしょうか。

勇磨が見つけた幾何学模様の画

勇磨は、康治の研究室である画を見つけました。

フラクタル図形と呼ばれる画でした。

勇磨と楓が明人の部屋で

勇磨は、楓の住む明人に家に行かせてほしいと、電話をかけてきました。

楓と伯朗が、禎子の死の真相を調べていることを佐代から聞いたようです。

そして、このフラクタル図形が、牧雄が言う「人類の未来」なのではないかと勇磨は、思っているようです。

 

この画は、レース模様のように見えますが、手書きなのだそうです。

こんな緻密な画を、手書きでかけることなどあるのでしょうか。

 

勇磨は、牧雄が行方不明になってしまったので、この画について明人が何か知っているのではないかと言うのです。

そして、この家を調べさせてほしいと言って、勇磨は明人の家を捜索し始めます。

ドラマ「危険なビーナス」第7話感想 最後に

ドラマ「危険なビーナス」第7話の感想でした。

今回はまた、物語の展開が急でしたね。

いろんなことが明らかになり、いろんな人の本当の姿が見えて来たようです。

最後、伯朗さんの家に牧雄さんが訪ねてきて、お前の知らないことを教えてやると言い、楓を誰かが訪ねてきます。

 

それは一体誰?!

 

さらに、勇磨は、またお得意の盗聴器を明人の家にしかけています。

そして、「このゲーム、俺の勝ちだ!」とは、どういう意味なのでしょうか?

来週も楽しみです!

 

以下の記事で、第6話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

ドラマ「危険なビーナス」第6話 感想|禎子の死と明人の失踪の関係

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA