ドラマ「極主夫道」第8話 感想|火竜町に「ちぇりーぱふぇぱふぇ」開店!

こんにちは。

はるき ゆかです。

 

ドラマ「極主夫道」第8話の感想です。

火竜町に新しくできたスイーツ店「ちぇりーぱふぇぱふぇ」にお客さんを奪われる火竜町のお店。

「ちぇりーぱふぇぱふぇ」の経営者・リサは元火竜町に住んでいたことがあって…。

ドラマ「極主夫道」第8話の感想 はじめに

あらすじ

龍(玉木宏)は美久(川口春奈)から、スイーツカフェのチェーン店・ちぇりーぱふぇぱふぇが近所に新しくできると聞く。美久の話によると、おいしいスイーツがあるらしく、行きたくなる龍。
ちぇりーぱふぇぱふぇが開店して以来、ゆかり(玉城ティナ)が勤める喫茶店や火竜町商店街の店には客が来なくなってしまった。ちぇりーぱふぇぱふぇは、あちこちに出店して地元の店を潰してしまうため“スイーツギャング”と恐れられていた。そのことを知った雅(志尊淳)は、ちぇりーぱふぇぱふぇと話を付けてくると意気込む。
雅は、ちぇりーぱふぇぱふぇのオーナー・リサに会いに行く。しかし、リサに理路整然とまくしたてられ、雅は圧倒されるばかり。

龍は雅に、一緒にスイーツギャングと闘ってほしいと頼まれる。そんな中、雲雀(稲森いずみ)が、大変なことが起こっていると龍と雅に伝える。店員を引き連れたリサがスーパーで酒やつまみを大量に買い込みながら、ヤクザと組んで賄賂をばらまいて火竜町を乗っ取る企みを話していたというのだ。龍は、火竜町を守るために一肌脱ぐと宣言する。
龍は、ちぇりーぱふぇぱふぇに対抗できるおいしいスイーツを作ろうと考える。そんな龍に田中(MEGUMI)が「自分の店を持ってみない?」と持ち掛ける。田中は、地域を取り仕切る影の顔役たちによる組織・八竜会を紹介すると言う。

八竜会は8つの町の婦人会会長で構成され、多くの主婦たちを動員できる力を持っていた。八竜会に、にらまれれば存在自体を消されてしまうと、江口(竹中直人)も恐れるほどだった。
龍は、八竜会の定例会議に向かった。八竜会の会長は、金竜町婦人会会長で“甘味王”とあだ名される福田。龍は、福田をはじめとした八竜会の最強主婦たちと対面し、協力を申し入れるが…。

[引用元]日本テレビ「極主夫道」公式サイトSTORY

登場人物

/玉木宏
元極道で現在は専業主夫。

美久/川口春奈
龍の妻。デザイナーのキャリアウーマン。家事が苦手。

向日葵/白鳥玉季
美久の娘で連れ子。雅が好き。

/志尊淳
天雀会組員。元龍の舎弟。ゆかりが好き。

酒井タツキ/古川雄大
警察官。ネオポリスガールヲタク。

大前ゆかり/玉城ティナ
喫茶店店員。

田中 和子/MEGUMI
婦人会会長。

佐渡島 幸平/安井順平
警察官。

太田 佳世/田中道子
婦人会会員。

井田 昇/中川大輔
大城山組組員。

岡野 純片/岡久迪
大城山組組員。

遠野 誠/水橋研二
喫茶店店長。

三宅 亮/本多力
スーパーの店長。

立花 ユキ/新津ちせ
向日葵の友達。

大城山 國光/橋本じゅん
大城山組組長。

虎二郎/滝藤賢一
元・極道のクレープ屋さん。龍のライバル。

江口 雲雀/稲森いずみ
天雀会の姐さん。

江口 菊次郎/竹中 直人
天雀会会長。龍の元親分。

ちぇりーぱふぇぱふぇ開店!

人気のスイーツのチェーン店「ちぇりーぱふぇぱふぇ」が、火竜町にも開店しました。

そのため、商店街の洋菓子店が続々お客さんを失ってしまっているようで…。

スイーツギャング・リサ

「ちぇりーぱふぇぱふぇ」が出店してきた町の洋菓子店は、次々と潰されてしまうようです。

ゆかり(玉城ティナ)が働く、喫茶店にも人が全く来なくなってしまいました。

それを聞いた雅(志尊淳)は、「ちぇりーぱふぇぱふぇ」のオーナーと話をつけてくると、意気込んで出かけていきます。

 

「ちぇりーぱふぇぱふぇ」のオーナー・リサは、若い女性ですが、ビジネスを成功させている通り、きちんとしたビジネスモデルを構築しているようです。

雅は、押され気味w

そこに龍(玉木宏)が現れ、雅は援軍を得たと思うのですが、龍はただスイーツを食べに来ただけでした…。

「ちぇりーぱふぇぱふぇ」が賄賂?

雲雀(稲森いずみ)が働いているスーパーに、リサと店員たちがやって来て、お酒やおつまみを買い込んでいます。

そして、地元のお店のことを気にする店員にリサは「いつものようのバラまいちゃえばいいのよ。やるときは容赦なくはじけばいい」と言います。

 

それを聞いた雲雀は、リサが賄賂をバラまいて、高いお金を出して看板持ちも雇い、後ろにはヤ〇ザがついているのだと思ったようですが…。

八竜会とつながる

シュークリーム

雅は、ゆかりの勤める喫茶店も、スイーツ特化型のお店に鞍替えしてはどうかと言います。

遠野店長(水橋研二)は、「喫茶店は時代と共に変わるものだから」と言ってOKします。

するとお店は大盛況。

スイーツづくり担当は龍

店長は、コーヒーに熱い想いを持っていたようで、龍のスイーツ目当てで来るお客さんに、「スイーツが目当てなら他の店に行ってくれ!」と言ってしまい…。

これで、喫茶店もまた人が入らなくなってしまいそうです。

八竜会に話をつける

田中さん(MEGUMI)は、龍が店を出す気があるなら、八竜会に話をつけると言います。

八竜会とは、この辺りの8つの街の婦人会の会長たちが集まって作った会で、主婦のトップ組織ですw

 

それは、本当の極道の世界にも知れ渡っているほどの巨大勢力です。

龍が八竜会に乗り込む

田中さんはこの八竜会の会合で、火竜町が「ちぇりーぱふぇぱふぇ」に占領されそうになっているため、龍にお店を出してもらおうと思っていることを話します。

そして、八竜会にその後ろ盾になってほしいと頭を下げます。

龍は、手土産に手作りのどら焼きを持って、八竜会の乗り込みます。

金竜会会長の甘味王・福田

金竜会会長の福田さん(石田ひかり)は、龍の作ったどら焼きを食べて、「筋は悪くない。手を貸してやろうか」と。

翌日、商店街の近くの空き地に龍に来るようにと、田中さんに言われ行ってみると、前日まで空き地だったところに和スイーツのお店「素手喧嘩」(すてごろ)が、一晩で建てられていたのです。

 

八竜会、凄すぎるw

 

8人の婦人会会長たちがそれぞれの得意な分野を担当し、立ち上げたお店でした。

特に、福田さんは、火竜町で元和菓子店を経営していた人なのです。

龍に伝授した餡子は絶品。

隠し味に醤油が使われています。

ちぇりーぱふぇぱふぇに偵察にいく美久

美久(川口春奈)は、「ちぇりーぱふぇぱふぇ」に偵察に来ました。

お店も可愛く、パフェの味も見た目も素晴らしい…。

さらに、看板持ちはお店の看板を持って立つアルバイトのことで、容赦なくはじくは鮮度の落ちた食材は容赦なく捨てるということでしたw

美久が取り込まれる?

デザイナーが本業の美久は、「ちぇりーぱふぇぱふぇ」のリサや店員たちにおだてられ、内装のデザインをすることになってしまいます。

リサは、ビジネスのためにデザイナーの友達がほしかったのだと言います。

 

あくまでも、クールにビジネスのことを考えるリサ。

彼女は、本当は仕事熱心な素晴らしい経営者なのかも。

剛拳の虎と不死身の龍が手を組む

クレープ

虎二郎(滝藤賢一)のクレープ屋さんも、「ちぇりーぱふぇぱふぇ」が開店してからお客さんが激減しているようです。

今は、敵対している場合ではないと、二人は手を組むことにしました。

二人で考えたメニュー

二人で和スイーツのメニューを考えるのですが、なかなか斬新でおしゃれ。

しかし、こんな怖い顔の二人のお店に食べに来てくれるお客さんがいるのか…と考えているとき、ゆかりが雇ってほしいとやって来ます。

すると、お店は大盛況!

生ごみ事件

ある日、朝お店に来た龍は、店の前に生ごみがまき散らされているのを見つけます。

「これは、ちぇりーぱふぇぱふぇの仕業か?」と思いますが、本当にそうなのでしょうか。

 

そして、龍は「ちぇりーぱふぇぱふぇ」のリサに話をつけにいくと言って…。

龍がリサに会いに

龍がリサに会いに行くと、ちょうどリサと美久が内装について打ち合わせをしているところでした。

龍はパフェを注文し、その味が本物だと気づきます。

スイーツ対決

龍とリサは、スイーツ対決をして、負けた方が店をたたむことに決めました。

そのジャッジは、金竜会会長・福田さんがすることに。

リサの過去

リサは、ビジネスを成功させたいこともありますが、どうしても火竜町でお店を成功させたいようです。

その理由は、リサは火竜町に住んでいたときに親に捨てられた過去があったのです。

そのため、「すてごろ」には絶対負けたくないのです。

 

そして、リサを捨てた母親は、金竜会の会長・福田さんでした…。

龍は、リサのパフェのきな粉棒を食べたときから、福田さんに教えてもらった餡子につかわれている醤油と同じ醤油が使われていることを見抜いていました。

 

そして、生ごみまき散らし事件は、リサたちは関係なく、酔った江口会長(竹中直人)の仕業だったようです…。

毎回、いろいろ問題起こしてくれますよね、江口会長w

ドラマ「極主夫道」第8話の感想 最後に

ドラマ「極主夫道」第8話の感想でした。

毎回、爆笑させてもらいながら、少しほろりとするシーンもあって、本当に魅力的なドラマです。

天雀会の会長と雲雀さんは、いい人なんですが、いつも話しをややこしくしに来ますねw

そこも、おもしろいんですが。

 

次回は、本当の親子ではない龍との心の距離に悩む向日葵ちゃん。

龍は、向日葵のことをとても大切に思っているはずなのですが…。

 

以下の記事で、第7話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

ドラマ「極主夫道」第7話 感想|ネオポリスガールのフィギュアを探せ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA