ドラマ「七人の秘書」第7話 感想│諸悪の根源・粟田口を成敗する!

こんにちは。

はるき ゆかです。

 

ドラマ「七人の秘書」の感想です。

今回は、サランに泣かされます。

そして、粟田口大臣の悪魔のような人間性がまた今日も暴かれていきます。

ドラマ「七人の秘書」第7話の感想 はじめに

あらすじ

 慶西大学病院 病院長秘書のパク・サラン(シム・ウンギョン)がラーメン店「萬」に姿を見せなくなった。連絡すら取れない状況が続き、東都銀行 常務秘書・望月千代(木村文乃)は心配でたまらない…。
そんなある日、東都銀行 頭取秘書・照井七菜(広瀬アリス)が、「萬」に大学の後輩・中川由加里(伊原六花)を連れてくる。何の前触れもなく突然、東都銀行の内定を取り消されてしまったとうなだれる由加里に、千代はその経緯を調査することを約束する。
するとそこに東京都知事秘書・風間三和(大島優子)が現れ、衝撃の事実を告げる…。知事のことで病院に連絡したら、サランが退職していたというのだ。さらに、心配になってアパートに行ってみたところ、すでに引っ越した後だったという。サランが恩人の萬敬太郎(江口洋介)にも黙って姿を消したことに、千代は大きなショックを受ける…。
翌日、人事部に探りを入れた千代は、人事担当常務・高松新(相島一之)のトップダウンで由加里の内定取り消しが決定したことを知る。さらに、由加里が父親から紹介され、衆議院議員で内閣府特命担当大臣・椎名七津子(凰稀かなめ)の選挙運動でウグイス嬢のアルバイトをしていたことが発覚。高松、七津子ともに財務大臣・粟田口十三(岸部一徳)の秘蔵っ子であることに気づいた千代は、この内定取り消しには、政治が絡んだ裏があるとにらむ。
そんな折り、頭取・霧島和夫(小林隆)と高松から、粟田口との会食をセッティングするよう指示された千代は、裏で糸を引いているのは粟田口に違いない、と確信。萬に「このままだと犠牲者が増えるばかりだから、決着をつけよう」と訴える。しかし、人を人とも思わない粟田口の非情な手口によって奈落の底に突き落とされた過去をもつ萬は、千代を制止して…?

[引用元]TV朝日「七人の秘書」公式サイトSTORY

登場人物

望月千代/木村文乃
「東都銀行」常務秘書。派遣の秘書。元銀座のクラブのNo.1。

照井菜々/広瀬アリス
「東都銀行」頭取秘書。正社員。おっとりした性格。千代の仕事ぶりに触発される。

長谷不二子/菜々緒
「警視庁」警務部長秘書。警察組織という男社会を生き抜く。空手の有段者。

パク・サラン/シム・ウンギョン
「慶西大学病院」病院長秘書。韓国で生まれ育った韓国と日本のハーフ。SEのエキスパート。ハッカーの才能もあり。

風間三和/大島優子
東京都知事秘書。ホテルオーナーの令嬢で、バイリンガル。人知れず闇を抱える。

望月一男/マキタスポーツ
千代の兄。現在、行方不明。

粟田口十三/岸部一徳
財務大臣。政財界の大物。単身で政治の世界に飛び込み一代で今の地位を築く。

鰐淵五月/室井滋
家政婦。元政治家の伝説の秘書。刑務所に入った経験あり。

萬敬太郎/江口洋介
ラーメン店「萬」店主で司法書士の資格も持つ。影の秘書軍団の元締め。元政治家秘書。

ナレーション/岩下志麻

パク・サランがいなくなった!

慶西大学病院院長秘書だったパク・サラン(シム・ウンギョン)が、突然いなくなりました。

千代(木村文乃)が、何度連絡をしても返信がありません…。

椎名七津子が内閣府特命担当大臣に

粟田口大臣(岸部一徳)は、南勝子東京都知事(萬田久子)が、自分の言いなりにならなくなったことを危惧して、今回の補欠選挙で初当選を果たした椎名七津子議員(凰稀かなめ)を自分の手中に収めようとしていました。

椎名議員は、粟田口の秘蔵っ子だと言われています。

椎名議員は、ハーバード大卒のキャリア官僚でした。

 

しかし、椎名議員の当選は、お金を使った粟田口の「力技」によるものでした。

サランが粟田口大臣の秘書になっていた

サランは、粟田口大臣の私設秘書になっていました。

既に病院には辞表を出し、アパートも引き払っています。

 

サランの目的は、一体何なのでしょうか。

お世話になった萬さんを、サランが裏切るわけがないのですが…。

東都銀行の常務・高松新

東都銀行の人事担当常務・高松新(相島一之)は、粟田口大臣とつながっているようです。

昔、可愛がってもらったと高松は言うのですが。

そして、政府のある巨大プロジェクトに東都銀行は関わっているようです。

しかし、その影で一人の女子大生に悲劇が!

東都銀行内定取り消し

七菜(広瀬アリス)の大学の後輩・中川由加里(伊原六花)が、東都銀行の内定を突然取り消しになりました。

千代が極秘で調べたところによると、これには、高松常務が関わっていることがわかります。

由加里を入行させたくない理由が、高松にはあるということです。

ウグイス嬢のアルバイト

由加里は、粟田口の秘蔵っ子である椎名七津子議員の選挙運動中、ウグイス嬢のアルバイトをしていました。

そのときのアルバイト代が12日間で120万円!!

怖くなった由加里は、慌てて返しに行きました。

それがマズかったようです。

恐怖の粟田口

由加里の内定取り消しの裏には、やはり粟田口がいたようです。

お金をバラまいて、椎名議員を当選させたのも粟田口。

千代は、粟田口を成敗しようというのですが、萬と五月は引き止めます。

粟田口は、本当に怖ろしい人間で、成敗しようとした人間はみんな消されてしまったというのです。

「ダメなものはダメだ」と萬は言うのですが…。

 

しかし、「サランは一人でもうその中に飛び込んでいるのかもしれない」と千代は言います。

粟田口の運転手は千代の兄の一男

千代の兄の一男(マキタ・スポーツ)は、今、どこにいるのかわからなくなっています。

サランが、粟田口の車を正面玄関に回したときに、運転手の顔を見たら、それは前に千代から見せてもらった写真に写っていた一男でした。

粟田口をあぶりだす!

千代は、「萬(江口洋介)と五月(室井滋)のために、敵を討つ」と言って闇の秘書軍団は立ち上がらせました。

そして、由加里の内定取り消しを撤回させ、選挙違反も全部まとめてあぶりだす!

 

五月は掃除婦さんとして、椎名議員の選挙事務所に潜入し、お金をバラまいた議員の名簿を手に入れ、不二子(菜々緒)は、東京地検特捜部の知り合いにその書類を手渡します。

三和(大島優子)と七菜は、由加里の家に行き、父親にウグイス嬢のアルバイト代を返したために、東都銀行の内定を取り消されたことを話します。

それを聞いた由加里の父はお金を受け取ったことを認め、後悔します。

由加里の父は区議会議員で、椎名議員から票の取りまとめを頼まれ、お金を受け取ってしまったのです。

 

由加里の父は千代と一緒に、椎名議員からお金を受け取った他の区議会議員にも正直に話そうと言いますが、大臣を敵に回すなんて…としり込みします。

そこに、萬が現れます。

区議会議員たちは、萬とも顔見知りで、粟田口大臣の件でいろいろとお世話になったと萬に感謝しています。

萬は、就活生・由加里を助けるために、地獄から蘇ったのだと言います。

粟田口大臣の秘書時代の萬と五月

萬と五月は同じ時期に粟田口大臣の秘書をしていました。

 

七年前、萬は、かつて粟田口大臣の優秀な秘書でした。

萬は、その頃、粟田口大臣を信じ、懸命に働いていたのです。

そんな自分が切り捨てられるとは、夢にも思っていなかったようです。

 

そして、粟田口の後援会長をしていたのが、五月の夫・鰐淵明でした。

五月の夫は、ある業者から粟田口への賄賂を受け取っていましたが、萬は「こんなものは受け取れません」と言います。

しかし、粟田口は鰐淵明に目配せをして…。

 

明は、そのお金を段ボール箱に入れて、萬の車のトランクに入れてしまいます。

五月の夫は自ら命を絶って

何も知らない萬は、翌朝、東京地検特捜部から差し押さえ請求が出ているからと、車のトランクを調べられます。

すると、そこには段ボール箱に入った札束が…。

そして、萬は逮捕されてしまうのです。

しかし、粟田口は「秘書がやったことで私は知らない」と言います。

 

そして、萬が逮捕されたのを見て、五月の夫・明は、自らの命を絶ってしまいます。

弱いものだけが泣きを見る

粟田口にとって、周囲の人間はただの「道具」でしかないのです。

そんな粟田口だけがのうのうと政治家を続けていることが許せなかった五月は、粟田口を刃物で襲い、自分も死ぬつもりでした。

五月の前科は、そのときついたものでした。

 

どうして、弱いものだけが踏みつけられなければいけないのか…。

東都銀行と粟田口

東都銀行の霧島頭取(小林隆)と高松常務、粟田口大臣、椎名議員が、料亭で会食していました。

最先端科学大学院機構建設計画

粟田口大臣は、官民共同の『最先端科学大学院機構』の建設を計画しています。

その特命大臣として、椎名議員が任命されています。

高松は、頭取を差し置いて「追加融資、いつでも言ってください」と粟田口に言います。

頭取は戸惑っている様子ですが、粟田口は「無理だったら他の銀行に回してもいいんだよ」と言って…。

 

悪の権化みたいな粟田口…。

粟田口成敗のためにサランが懐に飛び込んだ

会合が終わった頃、千代と萬が料亭で待っていました。

サランに会うためです。

 

サランが粟田口大臣の私設秘書になったのは、「お金のためだ」と言います。

そして、粟田口大臣は政治家としても人としても立派な方だと…。

サランは粟田口大臣は自分の能力を高く評価してくれると言うのです。

 

萬と五月がひどい目に遭ったことを知っているはずのサランが、本心でこんなことを言うでしょうか。

萬たちが切り捨てられたのは「負け犬だからです」というサラン。

「負け犬が何匹集まっても、ライオンに勝てないのと同じ。勝った方が正義です」

 

そう言ってサランは二人に背を向けて去っていくのですが、目には涙が。

そして、このやりとりを盗聴していた粟田口は含み笑い。

サランは、盗聴されていることを知っていたのです。

不正献金を受けた区議会議員の動画

闇の秘書軍団は、由加里の父を筆頭に、椎名議員から不正にお金を受けとった区議会議員の証言動画をネットに拡散させようとしています。

この役目はサランの役目だったので、みんなかなり苦労をしていますが、やっと動画拡散に成功したと思ったら、動画が次々と消されて…。

 

こんなことが出来るのはサランだけ。

しかし、動画は次々とネットに拡散され、ニュースとして流されていきます。

そして、またこんなことが出来るのもサランだけです。

 

非常階段でハッキングしていたサランは、議員秘書のバッヂをとって、遠くに放り投げます。

バッヂには盗聴器が仕込まれていました。

サランが謎の男に襲われて

サランの身の危険を感じ取った萬は、店を飛び出して行きます。

 

そして、非常階段にいるサランの目の前に、謎のフリーライター・黒木(坂口拓)が現れます。

黒木に襲われ、大けがをして病院に運ばれるサラン。

その連絡をしてくれたのは、千代の兄・一男でした。

一男も、粟田口の運転手として、潜入していたのです。

ドラマ「七人の秘書」第7話の感想 最後に

ドラマ「七人の秘書」第7話の感想でした。

サランを助けたのが兄の一男だと知った千代は、飛び出して一男を追いますが、一男は車で走り去ってしまいます。

粟田口は、結局、公職選挙法違反で逮捕された椎名議員も切り捨てました。

こんなことばかり繰り返していたら、誰にも信用されなくなるはず…。

 

しかし、粟田口のおかげで甘い汁をすすっている小悪党もたくさんいるのです。

 

次回はいよいよ最終回です。

闇の秘書軍団は、粟田口を成敗することが出来るのでしょうか。

 

以下の記事で、第6話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

ドラマ「七人の秘書」第6話 感想│サラン、父との涙の再会!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA