ドラマ「危険なビーナス」第9話 感想|楓の正体と研究記録の行方

こんにちは。

はるき ゆかです。

 

ドラマ「危険なビーナス」第9話の感想です。

矢神家の当主・康治が亡くなりました。

そして、矢神家の当主は康治が最後になると波恵が言って…。

ドラマ「危険なビーナス」第9話の感想 はじめに

あらすじ

伯朗(妻夫木聡)は混乱していた。母・禎子(斉藤由貴)の死の真相と、明人(染谷将太)の失踪、後天性サヴァン症候群に関する康治(栗原英雄)の研究記録。それらは関係があるのか? そして、楓(吉高由里子)は自分を裏切り、勇磨(ディーン・フジオカ)とつながっていた…。伯朗は苦しい胸の内を元美(中村アン)に吐露する。

翌朝、楓が勇磨と共に「誤解を解きたい」と動物病院にやって来る。さらに勇磨は伯朗に「手を組もう」と持ちかける。康治の研究記録を手に入れたい勇磨は、代わりに明人捜しに力を貸すと言う。楓も3人で明人を捜そうと訴えるが、楓への不信感がぬぐえない伯朗は2人を追い返す。

康治の死期がいよいよ迫り、矢神家で親族会が開かれた。遺産相続人である明人が戻ってこなければ、遺産は残る親族で均等に分配か…。一族それぞれの思惑が交錯する中、波恵(戸田恵子)が衝撃発言をする!

“楓は本当に明人の妻なのか――。” 伯朗は楓の正体を探るため、彼女の実家だという焼き鳥屋を元美と訪ねる…。

[引用元]TBSテレビ「危険なビーナス」公式サイトあらすじ

登場人物

手島伯朗/妻夫木聡
主人公。獣医師。矢神家に嫁いだ母の連れ子。

矢神/吉高由里子
伯朗の弟・明人の妻。謎の美女。

矢神勇磨/ディーン・フジオカ
康之介の養子。レストランオーナー。楓にアプローチしてくる。

矢神明人/染谷将太
行方不明の伯朗の異父弟。楓の夫。

矢神康治/栗原英雄
矢神家の当主。禎子の夫で明人の父。現在、寝たきり状態になっている。

蔭山元美/中村アン
伯朗の動物病院の看護師。勘が鋭い。

支倉百合華/堀田真由
明人の従妹。祥子と隆司の娘。明人に好意を持っている。

君津光/結木滉星
矢神家使用人兼執事。祥子と不倫関係にある。

永峰杏梨/福田麻貴
康治の専属看護師。支倉隆司と不倫関係にある。

手島一清/R-指定
伯朗の実の父。画家。脳腫瘍で亡くなった。

矢神佐代/麻生祐未
康之介の養女。銀座のクラブのママ。実は勇磨の母。

兼岩順子/坂井真紀
伯朗の叔母。憲三の妻で、白朗の母・禎子の妹。

支倉祥子/安蘭けい
康之介の次女(後妻の子)。執事の君津と不倫関係にある。

支倉隆司/田口浩正
祥子の夫。矢神園経営者。看護師の杏梨と不倫関係にある。

矢神牧雄/池内万作
前当主・康之介の次男(後妻の子)。医師で脳科学者。大怪我をして入院してたが…。

矢神康之介/栗田芳宏
矢神家前当主。16年前に死去。

矢神禎子/斉藤由貴
伯郎と明人の母。入浴中の事故で死亡したとされているが…。

矢神波恵/戸田恵子
矢神康之介の長女(先妻の子)。矢神家の財産を管理している。

兼岩憲三/小日向文世
伯朗の叔父。順子の夫で数学者。

元美に相談する伯朗

楓(吉高由里子)と勇磨(ディーン・フジオカ)が陰でつながっていました。

ショックを受けた伯朗(妻夫木聡)は、自分の病院に戻り、元美(中村アン)を思わず抱きしめてしまいます。

元美に相談

元美は、「自分の気持ちのはけ口に女性を突然抱きしめるなんて、私を何だと思ってるんですか。馬鹿にしないでください!」と怒られてしまいます…。

しかし、ちゃんと話してくれるなら、お話を聞きますと元美は言ってくれます。

 

まあ、怒られるねw

元美さんも、伯朗のこと、本気で好きなのかも。

好きだから、怒っているのです。

楓と勇磨が部屋に一緒にいたこと

伯朗は、元美に楓と勇磨が明人の部屋に一緒にいたことを話します。

そして、楓の髪が濡れていたこと…。

伯朗は、楓と勇磨が男女の関係だと勘違いしたようです。

  • 30億を超える財産とは後天性サヴァン症候群の研究記録
  • 禎子は研究記録を譲り受けたため殺害された
  • 研究記録と明人の失踪に関係がある?
  • 康治の死が近づいているので遺産相続が迫っている
  • 楓は勇磨とつながり、伯朗を裏切った

伯朗は、財産相続には関係がないため、この中で一番気になることは、楓の裏切りだと言います。

 

元美は、「自分が採用されたのは副院長(伯朗)の好みのタイプだったからですね」と、はっきり言うと伯朗は、すぐに白状してしまいますw

そして、元美に好意を持っていることは白状するけど、それは見た目だけじゃなく中身も。

仕事は今まで通りやってほしいと、伯朗は元美に謝ります。

 

どこまでも可愛い人だな、伯朗さんw

勇磨と楓がやって来た

勇磨と楓が、伯朗の動物病院を訪ねて来ます。

楓がシアトルの友人と話しているところを、勇磨に盗聴されていました。

そのとき明人(染谷将太)が行方不明だということ知られてしまったのです。

交換条件を出す勇磨

勇磨は、明人が行方不明だということを知って、後天性サヴァン症候群の研究記録を自分に渡してくれと楓に交換条件を出してきました。

楓は、これまで伯朗と調べてきたことのほとんどを勇磨に話してしまったようです。

そして、勇磨と楓は、伯朗に一緒に手を組もうと提案してきます。

この3人で組めば、楓を守ることが出来ると。

二度とここには来ないでくれ

楓は、伯朗とまた一緒に明人の行方を捜した言いますが、伯朗は「二度とここには来ないでくれ」と言って二人を追い出します。

勇磨に知られてしまったのであれば、伯朗はもう必要ないような気がしますが、楓が伯朗に固執するのはどうしてなのでしょうか。

兼岩家を訪問

伯朗は、母の禎子(斉藤由貴)の妹夫婦(小日向文世・坂井真紀)の兼岩家を訪問します。

そして、康治がもう長くないこと、楓が明人の妻ではないかもしれないことを話します。

 

兼岩家は、この事件に関して関係ないのでしょうか。

ちょっと怪しいな…と思っていたのですが。

 

伯朗は、叔母の順子に楓の実家の焼き鳥屋の場所を聞いてほしいと頼みに来たのです。

矢神家の親族会議

波恵(戸田恵子)の招集で、遺産分配のための矢神家の親族会議が始まりました。

明人がいない今、遺産は、康治、波恵、祥子(安蘭けい)、牧雄(池内万作)、勇磨、佐代(麻生祐未)で分配することになります。

楓は明人の妻ではない?

伯朗は、親族会議の席で、「楓さんは嘘をついています。楓さんは明人の妻ではない」と言います。

すると、勇磨は楓と明人が仲睦まじくしている姿の写った動画を見せ、「楓さんは明人の妻です」と。

明人を誘拐したのは佐代?

祥子は、明人を誘拐したのは佐代だと言います。

そして、佐代が祥子の母を殺害したとも。

さらには、明人に遺産の全てがいくと知って、禎子も殺害したのでは?と詰め寄ります。

 

しかし、佐代は遺産を全て明人に譲るということを遺言に書かせたのは自分だと言います。

「私なら、明人が全財産を受け継いだあと、こっそり殺します」と余裕な笑みを浮かべます。

もう一人の遺産相続人

康之介には、もう一人隠し子がいました。

それは、執事の君津(結木滉星)でした。

 

DNA鑑定をしていたのは、そういうことだったのか…。

そして、君津も遺産相続人の一人だと波恵は言います。

君津が雇われた経緯

君津は、矢神家に雇われる前、マッチングアプリを使って、年上女性専門のホストのようなことをしていました。

そのときに、マッチングアプリで君津に会いたいと言ってきたのは、波恵でした。

そして、「家で働いてみない?」と。

 

そこで近づいてきたのが、祥子でした。

 

しかし、君津は自分は矢神家の人間ではないと言います。

康之介の子供ではないと言う君津に、佐代は君津の父親の名前を聞きます。

名前を聞いて、佐代は少し顔色を変えました。

 

何か、ある!

楓の実家の焼き鳥屋へ

元美と共に、伯朗は楓の実家の焼き鳥屋へ行きました。

楓の母に、それとなく元美が楓の話をすると、いつも楓が言っている通りでした。

怪しむ元美

元美は、逆に怪しいと思ったようです。

口裏を合わせたように何もかも同じなのはおかしいと。

しかし、伯朗は楓のことを信じたいようで…。

 

元美さんの勘はあなどれないので、おそらく裏があるはず。

こっそり後をつけていた百合華

楓の実家の焼き鳥屋へ行った伯朗と楓の後をつけていた百合華は、楓の母親が店を出たのを後を追うと、何者かが後ろから襲ってきて…。

連れていかれた場所には明人がいました。

「楓さんに近づきすぎたね」と言う明人。

 

百合華まで拉致したのは一体、誰?

そして、「楓さん」と呼ぶ明人はやはり楓の夫ではない?

危篤状態に陥る康治

康治(栗原英雄)が、危篤状態に陥りました。

波恵が親族を呼び寄せます。

波恵は康治の枕元で、「矢神家は兄さんの代で終わらせます」と手に何かの小瓶を持って…。

祥子と牧雄

牧雄は、後天性サヴァン症候群の研究記録を手にしていました。

そして、それを祥子に見せ、祥子は大喜びです。

「あなたのことを初めて好きになった」

佐代と勇磨

佐代は、勇磨が楓の正体を知ったことを見抜いていました。

そして、一番大きなものを手に入れるのは俺たちだと言います。

明人が行方不明ということだけでなく、正体を知っているのだと…。

 

佐代さん、何かすごい。

勇磨のこと何でもわかっている感じです。

明人のふりをして

駆けつけた伯朗は、康治の手を握り、自分が明人のふりをして話しかけます。

康治は、昨日、うわごとのように明人の名前を読んでいたと波恵に聞かされたのです。

「母さんと三人の暮らし、楽しかったね」という伯郎に、康治は指で4を示します。

康治にとっては、自分の家族は伯朗も入れて4人だということです。

 

康治の気持ちに涙を流す伯朗。

そして、康治は永遠の眠りにつきました。

「ありがとう、お父さん」

ドラマ「危険なビーナス」第9話の感想 最後に

ドラマ「危険なビーナス」第9話の感想でした。

最後、楓に誰かからメッセージが届きます。

そこには「百合華を拉致した」とあり、やはり楓は明人の誘拐に関係していました。

さらに伯郎にも「あなたのお母さんが譲り受けた貴重なものを見つけてください。明人さんと交換します。警察に連絡したら明人さんを殺します」と、メッセージが。

 

次回はいよいよ最終回。

全ての謎が明らかにされます!

以下の記事で、第8話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

ドラマ「危険なビーナス」第8話 感想|実父の死と後天性サヴァン症候群

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA