ドラマ「極主夫道」第9話 感想|令和二年向日葵愛情物語は偽装誘拐

こんにちは。

はるき ゆかです。

 

ドラマ「極主夫道」第9話の感想です。

向日葵と龍は血の繋がっていない親子。

どうしても、二人の間には壁が出来てしまいます。

二人の壁を取り払うべく、街中を巻き込んで偽装誘拐の計画を立てた雅でしたが…。

ドラマ「極主夫道」第9話の感想 はじめに

あらすじ

龍(玉木宏)は、向日葵(白鳥玉季)が病院にいると聞いて駆けつける。向日葵はクラスメートを突き飛ばしてケガをさせてしまい、病院に来ていた。龍は、ケガをした相手とその親に謝罪。しかし、向日葵は何も言おうとしなかった。そんな向日葵を気遣い、龍はケンカの理由を聞かない。向日葵は龍に、美久(川口春奈)には内緒にしてほしいと頼む。

数日後、学校をサボっていた向日葵が酒井(古川雄大)と佐渡島(安井順平)に保護される。連絡を受けた龍は、交番まで向日葵を迎えに行く。
美久は、向日葵がクラスメートにケガをさせ、学校をサボっていたことを知って向日葵を叱る。龍がなだめると、美久は「たっちゃんは甘いと思う」と言う。

向日葵の様子を心配した美久は雅(志尊淳)に、向日葵の悩みを聞き出してほしいと頼む。
雅は、向日葵に話を聞く。向日葵は、龍と血のつながった親子ではないから悪いことをしても何も言ってもらえないし、龍にとって自分はどうでもいい存在なのではないかと打ち明ける。
向日葵の思いを知った美久は、龍がどれだけ向日葵を思っているかを証明すると向日葵に約束する。美久は雅に、龍と向日葵の心の距離を縮めるにはどうしたらいいかと相談。雅は、ある作戦を思いつき、江口(竹中直人)や町の人たちに協力してもらう。

一方、龍は雲雀(稲森いずみ)から、渡瀬一家の人間が近所をうろついていると知らされる。渡瀬一家とは、龍が以前、壊滅させたはずの組だった。雲雀は、渡瀬一家が龍を捜しに来たにちがいないと告げる。渡瀬一家が龍に報復を画策している可能性があった。手を貸すと言う雲雀に龍は、何かが起こっても自分一人で対処すると答える。
そんな中、龍を鬼の形相にさせる大事件が起こる…!

[引用元]日本テレビ「極主夫道」公式サイトSTORY

登場人物

/玉木宏
元極道で現在は専業主夫。

美久/川口春奈
龍の妻。デザイナーのキャリアウーマン。家事が苦手。

向日葵/白鳥玉季
美久の娘で連れ子。雅が好き。

/志尊淳
天雀会組員。元龍の舎弟。ゆかりが好き。

酒井タツキ/古川雄大
警察官。ネオポリスガールヲタク。

大前ゆかり/玉城ティナ
喫茶店店員。

田中 和子/MEGUMI
婦人会会長。

佐渡島 幸平/安井順平
警察官。

太田 佳世/田中道子
婦人会会員。

井田 昇/中川大輔
大城山組組員。

岡野 純片/岡久迪
大城山組組員。

遠野 誠/水橋研二
喫茶店店長。

三宅 亮/本多力
スーパーの店長。

立花 ユキ/新津ちせ
向日葵の友達。

大城山 國光/橋本じゅん
大城山組組長。

虎二郎/滝藤賢一
元・極道のクレープ屋さん。龍のライバル。

江口 雲雀/稲森いずみ
天雀会の姐さん。

江口 菊次郎/竹中 直人
天雀会会長。龍の元親分。

向日葵が友達にケガをさせた

龍(玉木宏)がキャンプに行くための車を買いに、中古車センターに行って小芝居wをしていると、向日葵(白鳥玉季)が病院にいると学校から連絡が入ります。

病院に駆けつけた龍

向日葵は何かわけがあって、友達を突き飛ばしてしまったようです。

帰り道で向日葵に「今日のことはママには黙っておいて」と言われ…。

 

そして、向日葵は、帰りにデパートに行きたいと言って、高級和菓子を買って帰ります。

向日葵は美久(川口春奈)に「私がいい子にしてるから龍が買ってくれた」と言うのですが、向日葵、何があったのでしょうか。

向日葵が学校をさぼって

向日葵が学校をさぼって駅前にいるところを補導され、警察から龍に電話がかかってきました。

怒る美久に、向日葵は「ガミガミうるさいな」と反抗的。

さらに、龍が友達にケガをさせたことを黙っていたことにも怒ります。

 

龍は向日葵のことを怒りませんが、美久はこういうときは怒ってくれないと…と言います。

やはり、龍は向日葵が実の子供ではないので遠慮があるのでしょうか。

雅が向日葵に話を聞いて

心配した美久は、雅(志尊淳)に頼んで向日葵に話を聞いてもらうことに。

向日葵が友達にケガをさせたのは、「お前のお父さん、本当のお父さんじゃないんだってな。お父さんはお前のこと邪魔だと思っているぞ」と言われ、突き飛ばしてしまったようです。

そして向日葵は「龍は、私が悪いことしても何も言わないよ。あの子の言うことが正しいのかな」と寂しそうに言います。

 

陰でその様子を見ていた美久は、「私が、龍っちゃんがどれだけ向日葵のこと思ってるか、証明してあげる」と言うのですが…。

 

しかし、難しい問題です。

美久は、龍は向日葵に遠慮しているんだと思うというのですが、それは向日葵にも言えることです。

向日葵と龍の距離を縮めるにはどうすればいいのか、美久も雅もわからず途方にくれます。

龍が壊滅させた渡瀬一家

雲雀(稲森いずみ)は、以前龍が壊滅させた渡瀬一家を街で見かけたようです。

それを龍に伝えた雲雀は、今、家出中ですw

 

そして、何かあったら、自分が責任を取ると龍は言います。

美久と雅の向日葵愛情物語

美久と雅は、龍と向日葵の間にある壁を取り払うべく、ある計画を立てます。

「令和二年向日葵愛情物語」です。

偽装誘拐

雅は、向日葵が誘拐されたことにします。

もちろん、偽装誘拐です。

犯人は、渡瀬一家という設定です。

 

婦人会の田中さん(MEGUMI)や喫茶店のマスター(水橋研二)とゆかり(玉城ティナ)にも協力してもらうことになっています。

向日葵が駅前の本屋さんにいると美久に聞いた龍は、向日葵を探します。

 

喫茶店のマスターとゆかりは、ヤ〇ザ風の男たちがやって来て、龍の居所を教えろと暴れて店をめちゃくちゃにしたと言います。(←うそw)

田中さんたちには、向日葵が金髪のいかれた感じのやせ型の男と一緒にいたと言い(←うそw)、龍は虎二郎(滝藤賢一)の元に行きますが、虎二郎は関係なさそうですw

渡瀬一家と大城山組

龍は虎二郎と一緒に、ある情報屋に会いに行きます。

「派手な情報屋・花魁のお京」(水野美紀)ですw

お京に、渡瀬一家をこの街に招いたのは大城山組だとに聞いた龍と虎二郎。

渡瀬一家は、この街の都市開発の下見に来ているとのことです。

 

ここのシーン、おもしろすぎましたw

アドリブ満載で、水野美紀さん、最高!

渡瀬一家が向日葵を誘拐?

龍は向日葵を誘拐したのが渡瀬一家だとしたら、それは自分の責任です…。

大山白組に向かおうとする龍を止め、虎二郎が「お前が捕まったら、誰が家族支えるんじゃ」と言って龍の代わりに向かいます。

 

虎二郎、カッコいい。

渡瀬一家に乗り込む龍

渡瀬一家に向日葵を誘拐されたと思った龍が、本気で渡瀬一家に乗り込もうとしていました。

雅は「あれは本気の顔だ」と言って、美久が急いで偽装誘拐だとバラそうとしていたら…。

雅が後ろから殴られ、車に残っていた向日葵は、そのまま本当に誘拐されてしまいます!

ドラマ「極主夫道」第9話の感想 最後に

ドラマ「極主夫道」第9話の感想でした。

偽装誘拐だったはずが、向日葵が本当に誘拐されてしまいます。

そして、次回はいよいよ最終回です。

 

予告では、龍が余命3ヶ月?!

そして、向日葵は無事なのでしょうか。

 

以下の記事で、第8話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

ドラマ「極主夫道」第8話 感想|火竜町に「ちぇりーぱふぇぱふぇ」開店!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA