ドラマ「七人の秘書」最終回 感想│最凶の黒幕・粟田口との決戦が幕を開ける!

こんにちは。

はるき ゆかです。

 

ドラマ「七人の秘書」最終回の感想です。

いよいよ最終回です。

闇の秘書軍団は、粟田口財務大臣を懲らしめることが出来るのでしょうか。

今回は前回、第7話の続きです。

ドラマ「七人の秘書」最終回 はじめに

あらすじ

 病院を辞め、財務大臣・粟田口十三(岸部一徳)の秘書になったパク・サラン(シム・ウンギョン)が、裏で自分の悪事をかぎ回っていることに気づいた粟田口は、手下として丸め込んだフリーライター・黒木瞬介(坂口拓)を使ってサランを襲う。階段から突き落とされ負傷したサランを救ったのは、運転手として粟田口のもとに潜入している東都銀行 常務秘書・望月千代(木村文乃)の兄・一男(マキタスポーツ)だった。
翌朝、お見舞いに来た家政婦・鰐淵五月(室井滋)とサランの前に、警視庁 警務部長秘書・長谷不二子(菜々緒)、東京都知事秘書・風間三和(大島優子)が現れ、仕事をクビになったと告げる。そのころ東都銀行では、千代も頭取・霧島和夫(小林隆)からクビを宣告されていた…。突然解雇された理由が、何者かが裏仕事中の秘書軍団の写真をそれぞれのボスに送り付けていたことだと知ったラーメン店「萬」の店主・萬敬太郎(江口洋介)は、自分たちの存在が完全にバレていて、動きを封じるために先手を打たれたと考える。
そんな中、ニュース画面を見つめる千代の目に飛び込んできたのは、粟田口のもとに駆け寄る一男の姿! SPに取り押さえられ、粟田口襲撃の罪で留置場に入れられた一男に面会しに行った千代と萬は事件の真相を聞かされて…?
粟田口への怒りに燃える七人だが、クビを免れた東都銀行 頭取秘書・照井七菜(広瀬アリス)以外の秘書たちは、職探しのため裏稼業の解散を決意。千代は銀座の高級クラブに返り咲くのだが…?

七人の秘書VS最凶の黒幕・粟田口――。最終決戦の幕が上がる!

[引用元]テレビ朝日「七人の秘書」公式サイトSTORY

登場人物

望月千代/木村文乃
「東都銀行」常務秘書。派遣の秘書。元銀座のクラブのNo.1。

照井菜々/広瀬アリス
「東都銀行」頭取秘書。正社員。おっとりした性格。千代の仕事ぶりに触発される。

長谷不二子/菜々緒
「警視庁」警務部長秘書。警察組織という男社会を生き抜く。空手の有段者。

パク・サラン/シム・ウンギョン
韓国で生まれ育った韓国と日本のハーフ。SEのエキスパート。ハッカーの才能もあり。「慶西大学病院」病院長秘書を辞め、粟田口の私設秘書となるが…。

風間三和/大島優子
東京都知事秘書。ホテルオーナーの令嬢で、バイリンガル。人知れず闇を抱える。

望月一男/マキタスポーツ
千代の兄。現在、粟田口の運転手として潜入中。

粟田口十三/岸部一徳
財務大臣。政財界の大物。単身で政治の世界に飛び込み一代で今の地位を築く。

鰐淵五月/室井滋
家政婦。元政治家の伝説の秘書。刑務所に入った経験あり。

萬敬太郎/江口洋介
ラーメン店「萬」店主で司法書士の資格も持つ。影の秘書軍団の元締め。元政治家秘書。

ナレーション/岩下志麻

目を覚ましたサラン

粟田口大臣(岸部一徳)は、やはり椎名議員当選のために、お金をバラまいていたようです。

何人もの地方議員が、粟田口大臣の忖度のためにお金を受け取ったと告白しています。

椎名議員がバラまいたお金は、粟田口大臣が用立てたものでした。

しかし、粟田口大臣は、「私はコメントする立場にありません」と言って逃げます…。

目覚めたサラン

階段から突き落とされたサラン(シム・ウンギョン)が目を覚ましました。

サランは、千代の兄の一男(マキタ・スポーツ)に助けられました。

サランは、千代(木村文乃)が一男に会えたかどうかを気にしています。

 

千代は、今は人のことより自分のことを心配しなさいと言って…。

サラン、戻って来てくれてよかった!

千代の兄・一男と萬が再会

サランを助けたあと、一男と萬(江口洋介)は病院の中庭で再会を果たしていました。

一男が、粟田口の運転手をやっているのを知って、萬は「危険だ」と言います。

一男は萬の敵を取ろうとしています。

 

一男にとって萬はただの友達ではないのです。

10年前の萬と一男

10年前、粟田口大臣の秘書になった萬。

一男にとって、萬は自慢の友達でした。

偉くなれ!

一男は、萬に「偉くなれ!お前のような奴が偉くならないと日本は良くならない」と言います。

酔っぱらった一男は、「お前、総理大臣になれ!そしたら、千代を嫁にくれてやってもいい!」

 

そんな話をぼんやりと思い出す千代でした。

借金を抱え自殺未遂

一男は都市計画のために、経営していたラーメン店を立ち退きになり、店を続けていくために借金をしました。

闇金にまで手を出してしまった一男は、萬に借金を肩代わりしてもらったのです。

そして、電車に飛び込んで死のうとしたことがあって、それを千代が身を挺して止めたのです。

不二子と三和と千代がクビになった

不二子(菜々緒)と三和(大島優子)、そして千代が秘書をクビになりました。

それぞれのボスに、東都銀行・一原元頭取(橋爪功)が亡くなったときの闇の秘書軍団が起こした行動を撮った写真がバラまかれたのです。

粟田口の仕業

この写真をバラまいたのは、粟田口大臣です。

椎名議員の件もまた、「秘書が勝手にやったことだ」と言っています。

それをニュースで見ていた闇の秘書軍団は、粟田口に飛び掛かる一男をTVで観ました。

一男はそのまま現行犯逮捕。

萬と共に面会に行った千代は、やっと兄に会えました。

クビになった腹いせ?

一男が粟田口に飛び掛かったのは、クビになった腹いせだと報道されました。

それも、粟田口が言ったことを真に受けたマスコミが誤った情報を流したのです。

謎の男・黒川を捕まえろ!

サランを階段から突き落としたのは、謎のフリーライター・黒川(坂口拓)でした。

一男は、それをはっきりと見ていたのです。

そして、黒川は粟田口にお金で取り込まれています。

粟田口大臣に罪を着せられた萬

一男の借金の肩代わりをしてくれた萬が、逮捕されたことを知った一男は耳を疑いました。

萬が、尊敬していた粟田口に罪を着せられたことを後から知ります。

一男の借金の肩代わりをした萬のために

一男は借金の肩代わりをしてくれた萬のために、粟田口の運転手になりました。

しかし、警察に捕まってしまった一男は、千代と萬に「もう俺に関わるな」と言って…。

粟田口を大臣の座から引きずり下ろす!

千代は、一男に「サランを助けてくれてありがとう。上に立っちゃいけないカスは、私たちが引きずり下ろす!」と力強く言います。

萬は「俺たちがきっちり敵を取る。ここからは俺たちに引き取らせてくれ!」

粟田口を懲らしめるために

クビになった秘書たちは、次の仕事を探さなければなりません。

そのため、闇の秘書軍団は一旦、解散です。

七菜を残して

七菜(広瀬アリス)だけは、例の写真に写っていなかったため、クビにならずに済んでいます。

しかし、クビになっていない七菜だからこそ出来ることがあるはずです。

千代は銀座に返り咲く

元銀座のクラブのNo.1だった千代は、銀座に返り咲くことになりました。

千代の源氏名は「月子」です。

月子目当てで、粟田口と関係のある林議員と香坂氏がクラブにやって来ます。

月子は、そっと林議員に盗聴器をしかけます。

 

そこで分かったのが、銀座でしか聞けない永田町の先生方の危ない通話記録。

そして、萬は粟田口の秘書時代に書いていた日誌を持ってきます。

三和は父の会社に入社

例の写真は、三和の父親のホテルで撮られたものです。

あのとき、監視カメラは止めていたはずなのですが、古いバッテリーで動く監視カメラもあったのです。

それをサランが見つけてくれました。

 

粟田口大臣に監視カメラの画像を送ったのは、やはり、三和の父親でした。

三和はサランに父親の口座と会社の口座をハッキングしてほしいと頼み…。

「売られたら売り返す!口座番号だ!」

どこかで聞いた言い回しw

不二子は特捜部の後輩の元へ

不二子は、特捜部いる後輩・二瓶の元へ向かいます。

不二子に言われた通り、二瓶はずっと正義を貫き通し、不二子からの連絡を待っていたのです。

後輩の二瓶に会いに行った不二子は「二瓶、あんたなら正しいリーダーになれる!」と言って特捜のマル秘文書の入ったUSBを奪って去っていきます。

その後ろ姿に敬礼する二瓶くんでした。

サランはハッキング

サランは入院なんてしていられないと、慶西大学病院の医師・青井に連れられ、ラーメン店・萬に戻ってきます。

三和の父の会社・風間グループから粟田口に渡った不正献金の情報を手に入れたサラン。

このデータから、粟田口の交流関係を丸裸にするのです。

特に、最先端科学大学院機構に関連する癒着の情報が必要です。

粟田口の後援会長の遺した名簿

萬は、粟田口を成敗するためにしばらく「ラーメン店・萬」を休むことにしました。

そして、五月(室井滋)といっしょに、ある場所で穴を掘っていました。

五月の夫で粟田口の元後援会長が遺した名簿

そこには、粟田口大臣の元後援会長が遺した後援会名簿が埋められていました。

それを見つけた萬と五月は、「これを使うときが来た!」と言って…。

粟田口を中心につながる悪党たち

最先端科学大学院機構にまつわる悪党たちのデータをつなぎ合わせると、粟田口と15年前から繋がっている「鹿賀山商事」という企業が浮かび上がってきました。

この会社は、萬がはめられたときに献金を持ってきた会社です。

さらに「鹿賀山商事」は、風間グループのホテルで後援会のパーティを開いていました。

そして、6年前、林議員は格安物件を数か所購入し、鹿賀山商事に高額転売していることもわかりました。

 

ここまでわかっても、粟田口は「記憶にございません」と切り抜けるのだと萬は言います。

いろんな悪事がつかめましたが、今動いている件でなければ、使えないようです…。

人が変わった霧島頭取

今までは、うな重はうなぎよりご飯が多い方が好きだと言っていた霧島頭取(小林隆)は、まるで人が変わったように高級店の特上のうなぎを用意しろと七菜に怒ります。

 

お金で動くようになると、人って変わってしまうんですね…。

最終兵器は七菜

クビになっていない七菜は、唯一の最終兵器です。

東都銀行のデータを盗む七菜

七菜は、頭取室にお茶を運んでいたときに、つまづいてお茶を霧島頭取にお茶をぶちまけてしまいます。

しかし、それが功を奏しました。

七菜は、頭取が席を外している間に、サランに東都銀行のデータを転送することに成功しました。

本丸に乗り込む!

いよいよ萬が、粟田口大臣に会いに行きます。

粟田口は「もっと早く来るかと思っていた」と…。

 

粟田口は、闇の秘書軍団のことを全て調べ切っています。

そして、萬に「正義の味方ごっこか?」と言って、笑います。

かつての粟田口

粟田口大臣は、萬が秘書をしていた頃、自分の為ではなく国のために働く政治家でした。

しかし、今では怪物に変身していました。

粟田口は、正義感溢れる萬を歯向かってくる前に切り捨てたのです。

「弱いものは強いものに従っていればいいんだ」

さらに「国民は底辺や。底辺は底辺や!」と叫びます。

 

すると秘書の八雲が部屋に飛び込んできました。

今、粟田口が言った話全てがネットに流されていると…。

粟田口の釈明会見

粟田口大臣は、全てがネットで流れたと思っています。

今になっても、「全て私の秘書が独断でやったことです。私は何も知らない」と言います。

林代議士や鹿賀山商事も、面識はないと。

「秘書の八雲が勝手に政治資金管理団体のお金を…」

 

実は、そんなことは一切ネットには流されていません。

萬は、記者団の前で、粟田口自身の口から言わせるように仕向けたのです。

 

会見会場から逃げ出す粟田口。

すると、黒川が現れ、何とかしろという粟田口に「御意!」w

記者団は、後ずさります。

しかし、三和が得意の剣道で、打ちのめし、黒川は不二子と千代がキックで倒します。

 

カッコいいシーンでした!

無様な粟田口

粟田口は、大臣室で自分の机の下に隠れます。

闇の秘書軍団は、「秘書なめんじゃねえ!このカス!」と机をひっくり返します。

しかし、粟田口は全てが白日の下にさらされても、まだ「秘書が全てやったことです。私は何も知りません」と力なく繰り返します。

 

なんて、無様な…。

そして、闇の秘書軍団は、粟田口成敗を成功させました!

ドラマ「七人の秘書」最終回の感想 最後に

ドラマ「七人の秘書」最終回の感想でした。

最後はスカッとしましたね!

おまけで、七菜が結婚詐欺にあいそうになりますが、闇の秘書軍団は、そんなことは許しません。

 

そして、千代はやっと兄の一男に再会することが出来ました。

子供のように泣きじゃくる千代。

「お帰り!お兄ちゃん」

 

最後の最後に、ナレーションの超大物女優・岩下志麻さんが総理大臣秘書役で登場でしたね!

「七人の秘書」シリーズ化、希望!

 

以下の記事で、第7話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

ドラマ「七人の秘書」第7話 感想│諸悪の根源・粟田口を成敗する!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA