ドラマ「危険なビーナス」最終回 感想|義妹の正体と『寛恕の綱』

こんにちは。

はるき ゆかです。

 

ドラマ「危険なビーナス」最終回の感想です。

いよいよ全ての謎が解き明かされます。

真犯人は一体、誰なのでしょうか。

そして、明人の行方は?

ドラマ「危険なビーナス」最終回の感想 はじめに

あらすじ

矢神家の親族会。当主・康治(栗原英雄)が亡くなり、明人(染谷将太)が戻らない今、矢神家の遺産はいよいよ康之介(栗田芳宏)の子たちに均等に分配されることになった。しかし、楓(吉高由里子)は後天性サヴァン症候群の研究記録さえ見つかれば明人を救い出せると波恵(戸田恵子)に訴え、勇磨(ディーン・フジオカ)も楓に味方する。

その時、行方を晦ましていた牧雄(池内万作)が突然現れ、それをきっかけに一族で醜い言い争いが勃発する。見かねた波恵が一同を制し、康之介に関するある重大な事実を語り、「矢神家は康治の代で終わりにします」と言い放つ。

そんななか、「母から譲り受けた貴重なものを渡さなければ明人を殺す」という犯人からのメールが届いたと親族の前で告白する伯朗(妻夫木聡)。「明人は必ず僕が救い出します!」と宣言し、矢神家を後にする伯朗―。

ついに、犯人との直接対決!!伯朗は「貴重なもの」を探し出し、明人を救うことができるのか?犯人は一体誰なのか?母の死の真相とは?そして、楓は本当に明人の妻なのか?

全ての謎が明かされ、ラストには驚愕の結末が待ち受けるー。最後の最後まで目が離せない最終回!!

[引用元]TBSテレビ「危険なビーナス」公式サイトあらすじ

登場人物

手島伯朗/妻夫木聡
主人公。獣医師。矢神家に嫁いだ母の連れ子。

矢神/吉高由里子
伯朗の弟・明人の妻?と自称する謎の美女。

矢神勇磨/ディーン・フジオカ
康之介の養子。レストランオーナー。佐代の息子。楓にアプローチしてくる。

矢神明人/染谷将太
行方不明の伯朗の異父弟。楓の夫?

矢神康治/栗原英雄
矢神家の当主。禎子の夫で明人の父。第9話で亡くなった。

蔭山元美/中村アン
伯朗の動物病院の美人看護師。勘が鋭い。伯朗に好意を持っている?

支倉百合華/堀田真由
明人の従妹。祥子と隆司の娘。明人に好意を持っている。第9話で拉致され、明人と同じ部屋に監禁されている。

君津光/結木滉星
矢神家使用人兼執事。祥子と不倫関係にあった。実は康之介の息子?

永峰杏梨/福田麻貴
康治の専属看護師。支倉隆司と不倫関係にあった。

手島一清/R-指定
伯朗の実の父。画家。フラクタル図形の画を残し、脳腫瘍で亡くなった。

矢神佐代/麻生祐未
康之介の養女。銀座のクラブのママ。勇磨の母。禎子の高校の同級生で禎子に康治を引き合わせた。

兼岩順子/坂井真紀
伯朗の叔母。憲三の妻で、伯朗の母・禎子の妹。

支倉祥子/安蘭けい
康之介の次女(後妻の子)。執事の君津と不倫関係にあった。

支倉隆司/田口浩正
祥子の夫。矢神園経営者。看護師の杏梨と不倫関係にあった。

矢神牧雄/池内万作
前当主・康之介の次男(後妻の子)。医師で脳科学者。大怪我をして入院していたが強引に退院。今は後天性サヴァン症候群の研究資料に執着している。

矢神康之介/栗田芳宏
矢神家前当主。16年前に死去。

矢神禎子/斉藤由貴
伯郎と明人の母。入浴中の事故で死亡したとされているが…。

矢神波恵/戸田恵子
矢神康之介の長女(先妻の子)。矢神家の財産を管理している。

兼岩憲三/小日向文世
伯朗の叔父。順子の夫で数学者。

矢神家の親族会が始まる

明人(染谷将太)が未だ帰らない今、康治(栗原英雄)の遺産は、康之介の子供たちが等分に分配することになりました。

牧雄が乱入

親族会に、牧雄(池内万作)が乱入してきます。

後天性サヴァン症候群の研究資料を見つかったと言って。

 

祥子は、父・康之介を毒殺したのは佐代(麻生祐未)だと思っています。

研究資料を渡す代わりに、それを白状しろと祥子は佐代に迫ります。

 

しかし、伯朗は、その資料は偽物だと言います。

伯朗の命を奪ってでも手に入れたい資料を、そんな理由で簡単に勇磨(ディーン・フジオカ)に渡すわけがないと。

 

実際、偽物でした。

これは、祥子のアイディアでした。

祥子は、とにかく佐代が自分の母を殺害したことを白状させたかったのでしょう…。

 

白状しないならと、刃物を佐代に向けて振り回す祥子。

醜態をさらす、矢神家の人々。

波恵は「いい加減になさい!」と一喝します。

波恵の昔の恋人

佐代は康之介からある話を聞いていました。

波恵(戸田恵子)が、昔、貧乏な男性と恋をしていたこと。

それが、執事の君津(結木滉星)の父親・君津修平でした。

君津の母親は波恵?

しかし、DNA鑑定の結果、君津は康之介の息子だと判明しました。

波恵の父・康之介は、波恵と修平を引き離すために、修平にある女性をあてがいました。

その女性が、康之介の愛人だったのです。

 

ものすごくややこしいし、康之介がクズすぎて…。

 

そして、幸せだった波恵の生活は、康之介によって奪われてしまったのです。

波恵は、その恨みから康之介に少しづつ毒を盛ったと言います。

そして、矢神家を根絶やしにするため、この親族会で出すお茶にそのときの毒を入れるつもりだったようです。

 

しかし、波恵は康治と伯朗(妻夫木聡)の今際の際の感動的なやりとりを見て、毒殺を思いとどまりました。

伯朗が、明人を見つけてくれるというのなら…と。

そして、明人は禎子と康治に育てられた人間なので、この矢神家の人々のような人間ではないはずだと思ったのです。

後天性サヴァン症候群の研究資料があれば

伯朗は、犯人から送られてきたメールを、親族会で公開します。

それは、明人を返してほしければ、あなたのお母さんが譲り受けた「価値あるもの」と交換しろというものでした。

 

そして、研究資料を勇磨と楓に手伝ってもらって探すという伯朗。

順子に小泉の家がまだあることを話す伯郎

伯朗は、小泉の母の実家が更地にされずにまだ残っていることを、母の妹である順子(坂井真紀)に告白します。

驚く順子に、何か大切なものを隠す場所があの家になかったか聞きます。

フラクタル図形、サヴァン症候群、そして、一枚だけはがされている一清の画『寛恕の綱』。

 

順子さんは、何も知らないようですが、以前、明人が変わった画を兼岩家に持ってきたことがあると言って…。

禎子の実家を捜索

勇磨と楓(吉高由里子)、伯朗の三人は、母の禎子の実家に「価値あるもの」を探しに行きます。

すると、なぜかあっけなく後天性サヴァン症候群の研究資料が見つかったのです。

勇磨が、天井裏から見つけたのです。

そして、すぐに犯人からのメールに「見つかった」と返信します。

すると、池田動物病院のポストに入れろという返信がすぐに送られてきます。

 

伯朗は、あまりにもあっけなく見つかったことにちょっと引っかかっていました。

そして、小泉の家にもう一度戻ることに。

兼岩憲三が小泉の家に

伯朗と楓が小泉の家に戻ると、そこには兼岩憲三(小日向文世)がいたのです。

そして、後天性サヴァン症候群の研究資料を屋根裏に置いたのも憲三でした。

憲三は、伯朗たちを帰らせ、本当に「価値のあるもの」をじっくり探すつもりだったのです。

本当に価値あるものは一清の画『寛恕の綱』

明人が兼岩家に持ってきた画は、「ウラムの螺旋」というものをもっと緻密にしたような画でした。

数学者の憲三にとっては、鳥肌が出来るほど重要なものでした。

伯朗の父・一清(R-指定)の描いた最後の画『寛恕の綱』は曖昧なところがなく、完璧な法則性を持っていました。

それは、素数の分布に法則性があることを示す人類にとって画期的な発見につながるものだったのです。

 

私には理解するのが大変ですが、そういうことですw

後天性サヴァン症候群の研究資料

兼岩は、『寛恕の綱』を探すために順子のカギを使って、小泉の家に通いました。

しかし、見つかったのは「後天性サヴァン症候群の研究資料」だけでした。

そして、矢神家の誰かが『寛恕の綱』の画を持っているはずだと思ったようです。

 

さらに、『寛恕の綱』は伯朗に、禎子の遺品として渡されるはずだと思い立ったのです。

憲三にとって明人は邪魔な存在でした。

大人になった明人なら、この画の価値に気づくかもしれないからです。

禎子殺害と牧雄を突き落としたのも憲三

『寛恕の綱』の秘密に気づいたかもしれない牧雄をエスカレーターから突き落としたのは、憲三でした。

そして、禎子殺害も。

『寛恕の綱』を小泉の家で探していた憲三を、禎子に見つかってしまったのです。

禎子は康治から、『寛恕の綱』は危険なものだと聞いていました。

 

あの画は、素数の秘密を解明するもので、世界中のセキュリティシステムを解析することが出来るようです。

そして、あの画は処分しなければいけないと言う禎子を止めようと、もみ合いになり、気づいたら禎子が倒れていました。

憲三は、そのまま禎子を浴室に運び、殺害したのです。

小泉の家に火を放つ

明人を解放してくれという伯朗に、憲三はわかったと言いながら、ガソリンを家にまき火をつけようとします。

憲三は狂ったように「あの画を見つけてくれ!明人は君なら見つけられると言ってたんだよ」と。

それを止めようとして、火をつけたライターが床に落ち、小泉の家は火に包まれます。

明人登場!

『寛恕の綱』の在りかに、突然気づいた伯朗の元に、明人が駆けつけてきます。

画より命の方が大切だろうと言って…。

燃え盛る火の中で、画もそのまま燃えてしまいます。

 

憲三も、そのまま火に包まれ…。

事の真相が明かされる

突然現れた明人。

伯朗には、訳が分かりません。

一睡もせず、夜を明かした伯朗の元に、二人の男性と明人がやって来ます。

10月に帰国していた明人

明人は康治が危篤だと聞いて、シアトルから帰国していました。

そこに、警察がやって来て、ネットに「矢神明人を拉致監禁すれば1,000万円支払う」という募集が出ているとサイバー犯罪課から連絡があったと。

警察は、その依頼人を突き止めるために、明人に実際に拉致監禁されているふりをしてほしいと頼みます。

明人は、母の死の再捜査と引き換えにその依頼を受けることにしました。

楓は潜入捜査官だった!

何となく予想していましたが、楓は潜入捜査官でした。

楓は、伯朗を騙し続けていたことを、とても申し訳なく思っているようです。

勇磨に盗聴されたのは

勇磨が「このゲーム、俺の勝ちだ!」と言ったのは、楓と明人が会っているところを盗聴したからでした。

勇磨が明人の家に入ってきたとき、ちょうど捜査会議をしているところでした。

そのため、伯朗を追い払うために勇磨が楓と一緒に出てきて「帰れ!負け犬」と言ったのです。

勇磨には、後天性サヴァン症候群の研究資料が出てきたら譲るという条件を出し、口をつぐんでいてもらったようです。

焼き鳥屋の女将さんも、捜査官でした。

 

全てを聞かされた伯朗は、明人を抱きしめ、「お前が無事でよかったよ」

どこまでも果てしなくいい人な伯朗さん。

全てお芝居でした

楓は、潜入捜査中は、その設定の人になりきるようにしているようです。

伯朗といろんな気持ちを交わし、話したことも全てお芝居だったのです。

 

しかし、伯朗との今までのやりとりを思い出し、涙をこぼす楓。

蔭山元美と楓

楓が行きつけのあの焼き鳥屋さんで飲んでいると、元美(中村アン)がやって来ます。

そして、伯朗への想いを楓にぶつけます。

さらに、伯朗と楓を側で見ていた元美は、「あれが全てお芝居だったとは思えない」と言います。

 

元美さんの勘の鋭さは最後まで健在でしたね。

しかし、元美さんは伯郎のこと好きだったようですが…。

勇磨と伯朗

今回のことで、矢神家の全てがさらけ出され、矢神家の人々の間は風通しがよくなりました。

祥子も佐代に対して敵愾心を無くし、牧雄と支倉隆司(田口浩正)も笑顔で接するようになります。

そして、明人は百合華(堀田真由)と結婚を前提に付き合うことになりました。

 

初七日のあと、矢神家を後にしようとした伯朗に、勇磨は「俺は研究資料を手に入れた。どんなビジネスが出来るか楽しみだ。お前も欲しいと思ったものは、自分から取りに行け!」と言ってくれました。

楓さんのことですね!

勇磨らしく嫌味な感じでw伯朗の背中を押してくれる勇磨。

本作の中で、初めて勇磨がいい人に見えましたw

最後の妄想は現実に

元美とディナーに向かう伯郎は、またもや妄想しています。

やはり、「僕は楓さんのことが好きなんだ」と言うと、そこにいたのは元美ではなく楓でした…という妄想w

 

しかし、今度はこの妄想が現実になりました。

レストランの個室に入ると、待っていたのは本当に楓でした。

思わず抱きしめる伯朗。

 

よかったですね。

伯郎さん、お幸せに!

ドラマ「危険なビーナス」最終回の感想 最後に

ドラマ「危険なビーナス」最終回の感想でした。

禎子さんが、危険だと知りながら『寛恕の綱』をずっと持っていたのは、一清が「この画は、伯朗との思い出の画だから持っていてほしい」と言ったからでした。

それを、明人は伯朗に話します。

 

最後は、みんなが幸せになる最終回。

元美さんは少し悲しい立場ですが、すごく元美さんらしさが出ているラストシーンでした。

勘が鋭く頭がよくて、かっこいい元美さんのままで終わるのが、本作での元美さんの役目だったのかもしれません。

 

最終回は、怒涛の謎解明でしたが、本当に素敵なドラマでした!

 

以下の記事で、第9話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

ドラマ「危険なビーナス」第9話 感想|楓の正体と研究記録の行方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA