ドラマ「この恋あたためますか」最終回 感想│樹木がクリスマスを過ごすのは

こんにちは。

はるき ゆかです。

 

ドラマ「この恋あたためますか」最終回の感想です。

樹木は、クリスマスを新谷くんか浅羽さん、どちらと過ごすことになるのでしょうか。

そして、浅羽さんはクリスマスを好きになってくれるのでしょうか。

ドラマ「この恋あたためますか」最終回の感想 はじめに

あらすじ

新谷(仲野太賀)の想いに応えて返事をしようと思った矢先、突然現れた浅羽(中村倫也)から思いを告げられた樹木(森七菜)。

樹木、浅羽、新谷、里保(石橋静河)それぞれの気持ちが交錯し、運命のクリスマスがやってくる……。

[引用元]TBSテレビ「この恋あたためますか」公式サイトあらすじ

登場人物

井上樹木/森七菜
コンビニ「ココエブリィ」アルバイトから本社商品部スイーツ課に入社。スイーツが大好き。

浅羽拓実/中村倫也
コンビニ「ココエブリィ」社長でしたが、背任行為をしたとして社長解任。通販会社「エクサゾン」は退社している。現在「ココエブリィ」の移動コンビニカーの運営指揮を担当。

新谷誠/仲野太賀
「ココエブリィ」のDolceKitchenのパティシエ。樹木のことが好き。実家は洋菓子店。

北川里保/石橋静河
「ココエブリィ」商品部スイーツ課。浅羽の元カノ。浅羽と寄りを戻すことになったが、浅羽の本心を知り、別れることに。

上杉和也/飯塚悟志
コンビニ「ココエブリィ」上目黒店店長。恋愛についての明言をたくさん持つ。

李思涵/古川琴音
コンビニ「ココエブリィ」のアルバイト・スー。中国から来た女の子で樹木のルームメイト。漫画家志望。

碓井陸斗/一ノ瀬颯
コンビニ「ココエブリィ」のアルバイト。スーのことが好き。

三田村敦史/佐藤貴史
商品部スイーツ課課長。

土屋弘志/長村航希
商品部スイーツ課社員。

藤野恵/中田クルミ
商品部スイーツ課社員。

石原ゆり子/佐野ひなこ
コンビニ「ココエブリィ」の常連客。

都築誠一郎/利重剛
ネット通販会社「エクサゾン」営業本部長。浅羽の元上司で対立関係にある。

一岡智子/市川実日子
商品部スイーツ課課長。浅羽に課長職を解任され、社長室へ異動になるが、浅羽の社長解任を機に、スイーツ課に戻る。

神子亮/山本耕史
コンビニ「ココエブリィ」社長代行。浅羽を敵視していたが、浅羽の才能を認めている。

浅羽が本部に復帰

樹木(森七菜)は、結局、浅羽さん(中村倫也)にも新谷くん(仲野太賀)にも、まだ返事をすることが出来ていません。

家で悩んでる樹木のところに、スーちゃん(古川琴音)がココエブリィ上目黒店のみんなを引き連れて戻ってきます。

浅羽のお別れ会

浅羽さんが、明日から本社に戻ることになり、今日でココエブリィを辞めるることになりました。

そして、樹木とスーちゃんの部屋でお別れ会をすることになりました。

大慌てで部屋を片付ける樹木。

お別れ会が終わって、店長(飯塚悟志)と碓井くん(一ノ瀬颯)が酔いつぶれ、スーちゃんも買い物に出かけました。

樹木と浅羽さん二人きりになったのですが、やはり返事が出来ないままです。

 

樹木の気持ちは、本当はもう決まっているのではないでしょうか。

社内での気まずい空気

浅羽さんは移動販売部の部長として、本部に戻ってきました。

朝、新谷くんと偶然一緒になりますが、新谷くんらしくない嫌味な言い方で「何で戻って来たの?他のも選択肢あったでしょ。樹木ちゃん?」

あんなに仲が良かったのに…。

 

確かに、あの場面で浅羽さんに現れられたら、いい人な新谷くんでも嫌味の一つも言いたくなるでしょう。

樹木と新谷

樹木は新谷くんを呼び出して、クリスマスを誰と過ごしたいかの返事をするために二人でカフェに入ります。

樹木はどう答えていいのか戸惑っています。

新谷くんは「答えるために俺を呼び出したんだろ?しっかりしろよ。俺に気つかうな」と言って…。

 

「私は社長が好きです。ごめんなさい…」と、ぽろぽろと涙を流す樹木。

「樹木ちゃんの幸せが俺の幸せだから。拓兄のところへ行きな」

 

どこまでも、いい人だな。新谷くん。

駆け出す浅羽

ちょうどその頃、樹木のデスクの上にあったクリスマスケーキの企画書。

「クリスマスが嫌いな人もハッピーになれるケーキ」

浅羽さんは、子供の頃にクリスマスケーキに辛い思い出があるのです。

 

その企画書を見て、社を飛び出す浅羽さん。

それを笑顔で送り出す里保さん(石橋静河)が、素敵すぎました。

駆け寄り樹木を抱きしめる浅羽

樹木に電話をかける浅羽さん。「今、どこにいる?」

カフェを飛び出した樹木と会社を飛び出した浅羽さん。

君が日常の一部になっていた

浅羽さんと川を挟んで会えたとき、お互い逆方向に行こうとして、樹木に「君とは相性最悪だ」

しかし、駆け寄った浅羽さんは樹木を抱きしめます。

そして、「朝起きたらいつもこう思う。今日、君はどんな顔してるかな。今日は何を話そう。いつの間にか君が僕の日常の一部になってた。好きだ」

「悪いけど、社長。私の方が100万倍社長のこと好きだよ」

 

ここのキスシーンの森七菜ちゃん、すごくキュートでした!

中村倫也さんとの身長差もすごくいい感じで、可愛かったです。

樹木ちゃんのことが大好きでした

新谷くんは、上杉店長と碓井くんといっしょにカラオケで飲んでいました。

「樹木ちゃんのこと大好きでした。もうこれ以上の恋は出来ないと思います」

樹木と浅羽さんの幸せもうれしいですが、新谷くんが切なすぎる…。

「その胸の痛み、誇りに思いな。今はこの人しかいないと思うけど、人は出会っちゃうもんだから」と上杉店長。

 

何か、店長、恋愛マスター過ぎるんですけどw

移動販売カーの海外展開

エクサゾン時代の上司の都築部長(利重剛)が、ココエブリィの移動販売カーを見に来ていました。

ココエブリィの創業者の孫娘・清水香織(笹本玲奈)が声をかけたようです。

エクサゾンの海外事業部が興味を示す

エクサゾン時代、都築部長を慕っていた浅羽さん。

しかし、ココエブリィ売却を寸前で反対に転じた浅羽さんと険悪になっていました。

エクサゾンの海外事業部が、浅羽さんの移動販売カーに興味を示しているらしいのです。

 

ここに来て、浅羽さんと都築部長が反目しあっていたことも解消されました。

最終回はこうでなくちゃw

アップルクランブルチーズの開発者として

「恋する火曜日のアップルクランブルチーズ」の開発者として、新谷くんと里保さんがマスコミのインタビューを受けています。

今後のスイーツ開発について

里保さんは「これからは、移動販売に特化したスイーツを作りたいと思っています。寒い被災地ではあたたかいスイーツ。高齢者施設では低カロリー低糖質なもの。今までとは違った視点のスイーツづくりにわくわくしています」

新谷くんは「スイーツ改革が始まって仕事のやりがいを感じています。新しい世界が広がって素敵な出会いもありました。浅羽前社長に感謝しています」

 

二人とも、かっこいいな。

和解する浅羽と新谷

インタビューのあと、浅羽さんと新谷くんが二人で缶コーヒーを飲みながら話しています。

一瞬、気まずい感じになっていましたが、付き合いの長い二人。

すぐに仲直り出来ました。

 

やっぱり、新谷くんはいい男だな。

もうすぐクリスマス!

クリスマスの人形

樹木は、浅羽さんとクリスマスの買い物をしています。

ここでも、少し意見が食い違いますが、楽しそうw

クリスマスケーキをイヴまでに

樹木が考案したクリスマスケーキは、来年のクリスマスに発売予定です。

そのため、急いで作る必要はないはずなのですが、樹木は24日までに完成させようとがんばっています。

それは、もちろん、浅羽さんのため。

 

樹木は、浅羽さんのクリスマスケーキの悲しい思い出を払拭してあげたいのです。

クリスマスは24日か25日か?

浅羽さんは、25日がクリスマスだと言うのですが、普通、恋人同士が盛り上がるのは24日。

しかし、浅羽さんは25日の夜まで出張だそうで…。

樹木は結局、24日は一人で過ごし、25日にクリスマスディナー。

 

まあ、どっちにしてもクリスマスを二人で過ごせればそれで良きことですが…。

神子社長代行と一岡課長補佐

神子さん(山本耕史)は、一岡さん(市川実日子)に「クリスマスプレゼント、何がいい?」

すると、一岡さんは「クリスマスプレゼントもらうような関係じゃないけど」

「じゃあ、クリスマスプレゼントする関係になろうか?」

 

会社の食堂で、こんな話をしてても、二人はやっぱりかっこいい大人の男と女ですね。

こちらもうまくいくようで、いい感じ。

恋愛マスター・上杉店長の恋

上杉店長は、名言はきまくりの恋愛マスターなのに、仕事中にクリスマスディナーにお客さんを誘おうとしてスーちゃんに怒られています。

上杉店長の好きな人は、常連客の石原さん(佐野ひなこ)でした!

 

いや、びっくりなんですけどw

クリスマスケーキが完成

樹木のクリスマスケーキが、何とかギリギリで間に合いました。

スイーツ課のみんなにも大好評です。

これで、浅羽さんも喜んでくれそうです。

24日のサプライズ!

樹木は、24日は一人なので、少し寂しい気持ちになっていました。

仕事が終わってから、ココエブリィ上目黒店に来てため息…。

24日に浅羽さん帰国

樹木にとって、24日に浅羽さんと過ごすことが大切だったようです。

そんな樹木の気持ちをわかってくれた浅羽さんが、24日の夜中に上海出張から帰国してきてくれました。

しかし、樹木は浅羽さんに言いたいことがいっぱいあって、おしゃべりが止まりません。

 

浅羽さんはその唇を塞ぐようにキス…。

 

浅羽さん、突然スイートな人になってしまったw

樹木ちゃんに向ける笑顔や目線も、今までとは全く違っています。

こういうのすごく上手だなぁ、俳優・中村倫也!

クリスマスツリーに短冊

樹木がクリスマスツリーに短冊に願い事を書いて吊るしていた願い事の一つが、スーちゃんの漫画家デビュー。

その願い事が叶いました!

スーちゃん、漫画家デビューです。

 

そして、もう一つの願い事「シャチョーがクリスマスを好きになりますように」も、叶いましたね。

ドラマ「この恋あたためますか」最終回の感想 最後に

ドラマ「この恋あたためますか」最終回の感想でした。

樹木と浅羽さんはもちろんですが、神子さんと一岡さんも幸せそう。

そして、最後の新谷くんと里保さんも、もしかしたらこれからいい感じなのかな…という終わり方、すごくいいです!

 

浅羽さんの悲しいクリスマスの思い出が、これから樹木と共に楽しいものに書き換えられていく。

クリスマスは、恋をする人にとっては特別な日。

そして、甘いものは人を幸せにする。

樹木たちの仕事って、素晴らしい。

 

ハッピーエンドのラブストーリーは、心があたたかくなりますね。

本当の素敵なドラマでした!

 

以下の記事で、第9話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

ドラマ「この恋あたためますか」第9話 感想│俺には君が必要だ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA