ドラマ「教場Ⅱ」前編 感想|主演・木村拓哉 それぞれの生徒たちの思い

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「教場Ⅱ」前編の感想です。

前編ですが、いろんなエピソードが盛り込まれていました。

厳しい訓練はもちろん、警察学校内でのいじめや切ない恋、198期風間教場の卒業生の宮坂巡査の殉職…。

後編では、風間教官の過去も明らかに!

ドラマ「教場Ⅱ」の感想 はじめに

イントロダクション

原作は、「週刊文春ミステリーベスト10」(2013年)第1位、「このミステリーがすごい!」(2014年)第2位を獲得し、2013年にミステリー界の話題を総ざらいした長岡弘樹の『教場』シリーズ。警察小説の新境地としてベストセラーとなりシリーズ化(紙+電子の累計80万部)され、多くのファンの間で映像化が待ち望まれてきた作品の第2弾。

主人公の警察学校“最恐”の教官・風間公親(かざま・きみちか)を演じるのは、木村拓哉。数多くの大ヒット作で主演を張り、検事、総理大臣、天才外科医、そして記憶に新しい『BG~身辺警護人~』(2020年6月~7月/テレビ朝日系)で熱演したボディーガードなど、多彩な主人公を器用に演じ分けてきた木村が、他を寄せ付けることすら許さない凄みのある立ち振る舞いで、生徒たちを恐怖に震え上がらせる、冷酷無比な“教官・風間”を演じる。生徒がトラブルを抱えた途端、退校届をつきつける非情にも思える行動を取る風間だが、それは警察学校を“適性のない人間をふるい落とす場”と考えているからに他ならない。冷酷さの中に警察への強すぎる使命感を持つ、青い炎のような人物像を作り上げた前作に対し、「木村自身の新境地」という評価が多く聞かれた。

脚本を手がけるのは、『踊る大捜査線』シリーズのヒットメーカー・君塚良一。演出は、木村とは『若者のすべて』(1994年10月期/フジテレビ系)、『眠れる森』(1998年10月期・主演/フジテレビ系)、『プライド』(2004年1月期・主演/フジテレビ系)など、数ある作品で共に歩み、伝説を作ってきたレジェンド・中江功。再び集結した“木村拓哉×君塚良一×中江功”の最強タッグで珠玉の物語を紡ぎ出す。前作は、警察学校という密室を舞台に、生徒たちの抱えるさまざまな葛藤や秘密が渦巻き、次々と巻き起こる事件を乗り越え、卒業していくまでを描いた。今回も個性豊かな生徒たちが登場し、予想もつかない展開の連続となること必至。また、木村が主演を務めてきた連続ドラマのシリーズ化はあるが、単発ドラマのシリーズ化は、1988年のドラマデビューから33年を数えるキャリアの中でも今作が初となる。圧倒的な存在感を放ち、その場の空気を一変させる力と魅力を持つ、木村の初挑戦にも乞うご期待。

[引用元]フジTVドラマ「教場Ⅱ」公式サイト

登場人物

風間公親/木村拓哉
警察学校教官で、元神奈川県警捜査一課の刑事。冷静沈着で厳しく、人を寄せ付けない空気を纏っている。

 ◆

鳥羽暢照/濱田岳

白バイ警官になるのが目標。聴力が鋭い。

石上史穂/上白石萌歌

199期の生徒だった。休学中であったが復学。

忍野めぐみ/福原遥

特技はハーモニカ。女子生徒の中で浮いた存在。

漆原透介/矢本悠馬

時間感覚が他人と異なり、遅刻が多い問題児。

比嘉太偉智/杉野遥亮

剣道の国体選手だった。真面目で真っ直ぐな性格。

杣利希斗/目黒蓮

冷静で観察眼が鋭い。警察一家の中で育つ。

稲辺隆/眞栄田郷敦

鑑識課員になるのが目標。手先が器用。

伊佐木陶子/岡崎紗絵

優秀で活発。人当たりの良い優等生。

吉村健太/戸塚純貴

明るい性格のムードメーカー。

堂本真矢/高月彩良

体育会系女子で、勝ち気で負けず嫌い。

坂根千亜季/樋口日奈

人と争わない温厚な生徒。

 ◆

出馬求久/重岡大毅

風間教場199期。

浦美慶介/三浦貴大

風間教場199期。

佐久野みゆ/佐久間由衣

風間教場199期。

小嘉竜一/嘉島陸

風間教場199期。

 ◆

宮坂定/工藤阿須加

元小学校教員。風間教場卒業生。仮入校の200期の指導を行ったが…。

菱沼羽津希/川口春奈

かなりの美貌を持つ自信過剰なタイプ。198期風間教場の卒業生。

岸川沙織/葵わかな

自分の頼りない性格を直すために警察官を目指す。

枝元佑奈/富田望生

元レスリング選手。

都築耀太/味方良介

成績優秀で感情を顔に出さない。198期風間教場の卒業生。

石山光平/村井良大

明るいクラスのムービーメーカー。198期風間教場の卒業生。

 ◆

楠本しのぶ/大島優子

元インテリアコーディネーター。198期風間教場の卒業生。

日下部准/三浦翔平

元ボクサーで妻子もち。198期風間教場の卒業生。

 ◆

服部京子/佐藤仁美

副教官。

須賀太一/和田正人

副教官。

小野春江/高橋ひとみ

事務員。

 ◆

田澤愛子/松本まりか

副教官見習い。

四方田秀雄/小日向文世

学校長。

FODプレミアム

神奈川県警警察学校200期入校式

神奈川県警・警察学校の200期が仮入校を終え、入校式を迎えました。

仮入校中の指導員として、198期風間教場の卒業生の宮坂定(工藤阿須加)が指導を行いました。

警察学校は生徒をふるいにかける場

生徒たちは「警察学校は、生徒をふるいにかける場所だ」と宮坂に言われています。

風間教官(木村拓哉)に「警察学校とはどんなところだ?」と聞かれた鳥羽(濱田岳)は、宮坂に教えられた通り答えます。

すると、いきなり「警察学校に向いていないな」と言われる鳥羽。

そして、風間教官に「なぜ警察官になりたいと思ったのか?」と聞かれ、「白バイ警官になりたいので、耳を鍛えている」と答えます。



風間教官、いきなり向いてないとか…。

厳しすぎる。

突然ナイフを振り回す鳥羽

風間教官の話を聞いていた生徒たちの中で、鳥羽が突然ナイフを振りかざして、生徒の一人・稲辺(眞栄田郷敦)を指さし「さっきから何見てんだよ!」と怒鳴ります。

これは、風間教官が鳥羽に指示したもので、ナイフもイミテーションです。

そして、生徒たちに「今、何が起こったか報告しろ」と言います。

ひとりづつ、答えを求められますが、冷静に犯人を観察するもの、何もできなかったもの、元からナイフをフェイクだとわかっていたので何もしかなったもの…と様々です。

次に「初めに犯人に何と声をかけるか?」という風間教官の問いに、「ナイフを放せ」「ナイフを渡せ」「ナイフを下ろせ」など答えがでますが、正解は「持っているものを放せ」でした。

実際に犯人が持っているものがナイフかどうかわからないので、抽象的な言い回しをするのが正しいようです。



風間教官は、「自分で考えて行動しろ!ここでは手取り足取り教えるつもりはない」

鳥羽と稲辺

白バイ警官になりたい鳥羽は耳を鍛えているので、溺れている人を助けるために救助者が近づくまでの時間を水の音で時速30㎞だとわかるようです。

それを聞いていた稲辺(眞栄田郷敦)は、感心して鳥羽のことを「先輩」と呼ぶようになります。

鳥羽は30歳目前なので、他の生徒よりかなり年上なのです。

日誌のチェック

鳥羽の部屋に稲辺がやって来て、日記のチェックをし合おうと言います。

生徒たちは毎日、日記を書いて風間教官に提出するのです。

稲辺は、手先が器用なので鑑識課を目標にしていて、日記にもそれを書いています。

日記には嘘を書いてはいけないことになっているので、稲辺は本気で鑑識課員を目指しているようです。



一方、鳥羽は、部屋に蟻が入ってきて困っています。

部屋の隅に穴があってそこから入って来るようです。

鳥羽が接着剤で穴を塞ごうとすると、なぜか稲辺が必死でそれを止めるのです。

「かわいそうじゃないですか」と言っていますが、何か様子がおかしい…。

そして、鳥羽はしきりに耳を気にするしぐさをしています。

寮の外の事故の音

寮の外で、交通事故があったのではないかと吉村(戸田純貴)が騒いでいます。

耳がいい鳥羽に、何キロくらいの速度だったか聞くと、鳥羽は「30㎞同士くらいかな」と言いますが、少し様子が変です。

無断外出をしたものがいる

昨日、10時ごろに無断外出したものがいることがわかりました。

そして、ドアには3人の生徒の指紋がありました。

二人はアリバイがあり、後の一人は稲辺でした。

しかし、稲辺は10時ごろ図書室で鳥羽を見かけたと言っています。

鳥羽は蟻のことが気になって図書室で調べていました。

須賀副教官(和田正人)は、稲辺のアリバイを証明することができるか?と鳥羽に聞きます。

鳥羽は、稲辺を見ていないので、アリバイを証明することが出来ないと言います。

職務質問の講義で

翌日、職務質問の講義がありました。

靴に覚醒剤を隠している犯人に職務質問をするという設定です。

犯人役に鳥羽、警官役に稲辺。

稲辺は昨日のアリバイを証明してくれなかった鳥羽に感情的になり、うまく職務質問が出来ませんでした。



風間教官が、この二人を選んだのには理由がありました。

鳥羽の耳は滲出性中耳炎で聞こえづらい

鳥羽は水難救助の練習中に耳に水が入り、滲出性中耳炎になっており、耳が聞こえづらくなっています。

風間教官は、そのことに気づいています。

日記にも音に関する記述が不自然に多い。

そして、吉村たちが騒いでいた交通事故の音についても日記を書いています。

しかし、その時間、鳥羽は図書室にいたので、交通事故の音など聞いていないのです。

図書室にいたことがバレると日記に嘘を書いたことになり、稲辺のアリバイの証明をすることが出来なかったのです。



風間教官は、鳥羽に退校届を渡し、去っていきます。

鳥羽は風間教官と須賀副教官に嘘をついたことになるからです。

稲辺は鳥羽を恨んでいた

稲辺は、鳥羽をうまく射撃練習場に呼び出します。

掃除当番を手伝ってほしいと嘘をついて。

鳥羽の耳にヘッドフォンをはりつけて

稲辺は、須賀副教官に制裁を加えられたことより、初めて友達が出来たと思っていた鳥羽に裏切られたことに傷ついていたようです。

稲辺は本当に無断外出をしていなかったのです。

稲辺は捕まえた蟻を鳥羽の耳に放ち、滲出性中耳炎の膿を蟻に食いちぎらせようとしました。

その日以来、稲辺は姿を消しました。



一人退校するたびに、事務員の小野さん(高橋ひとみ)が、ピンセットで机の上の名札を小さなビニール袋に入れるシーン、印象的ですね。

ひとり、またひとり。

199期石上史穂が復学

稲辺がいなくなり、そのあとに199期で休学していた石上史穂(上白石萌歌)が復学してきました。

石上はなぜ休学していたのでしょうか。

その理由もこれから明かされていくでしょう。

警察学校内でのいじめ

警察学校内でも、やはりいじめはあるようです。

忍野めぐみ(福原遥)は、二人の女子生徒からいじめを受けていました。

忍野は顔が可愛くて華奢なので、嫉妬されているようです。

ハーモニカの音

風間教官は、忍野がいじめにあっていることを気づいているようです。

忍野が吹くハーモニカの音色が美しいのは、ユダヤ人にバイオリンの名奏者が多いことと同じなのかもしれないと言って…。



本当に、生徒たちのちょっとした変化も見逃さない風間教官。

怖いようで、実は本当の意味での優しさを持っている人です。

忍野を助けてくれた堂本

器楽室にいた忍野の元に、彼女をいじめている女子生徒二人がやってきます。

本当に、大人げないいじめ方…。

典型的な、可愛い子に嫉妬する醜い女子。

そこに、堂本真矢(高月彩良)がやって来て、いじめをしている二人を追い出してくれました。

備品の紛失が増えて

このところ、木琴のマレットやファーストミット、PCのマウスなど、備品の紛失が増えています。

どれも古いもので、持っていても仕方がないようなものです。

風間教官に忍野が紛失届を提出すると、警察学校内での備品の紛失は規律が乱れている証拠。

忍野自身で、なぜこんなに備品が紛失するのかを調べてみろと風間教官に言われます。



ここでも、風間教官はすでにその理由を知っているようです。

忍野、強くなれ!

堂本は、忍野が華奢でか弱いからいじめられるのかもしれないと言って、筋トレに付き合ってくれます。

堂本さん役の高月彩良さん、カッコいいですね。

宝塚の男役の方みたいです。

救護訓練の脈拍

授業で、救護訓練が行われます。

脈拍を図るのですが、風間教官は訓練する生徒をあらかじめ決めていました。

坂根千亜季(樋口日奈)と、そして坂根に残りの三人を選ばせました。

その三人は、備品の紛失届を出した三人です。



今まで盗まれた備品は、全て坂根が触れたものばかりでした。

人は緊張すると脈拍が上がります。

そして、クラス全員の脈拍で最も脈拍が高かった人が、犯人だということです。

犯人は堂本だった

忍野は、風間教官から脈拍の記入された用紙を預かり、それを見て犯人が誰なのかに気づいたようです。

犯人は堂本でした。

そして、忍野は自分を励ましてくれた堂本を庇います。



忍野は風間教官から、退校届を渡されてしまいます。

勿論、堂本は即退学です。



何だか、切ないですね…。

犯人は男子生徒だとばかり思っていたら、あんなに正義感が強くて優しい堂本さんだったとは。

堂本さんは、坂根さんのことが好きだったのです…。

おそらく、自分の気持ちを伝えることが出来ないと思った堂本さんは、坂根さんが触れたものを手元に置いておきたかった…。

警察学校を無事卒業して警察官になっていたら、堂本さんはきっと素晴らしい警察官になっていたはずです。



堂本さんが辞めてしまったら、忍野さんはこれから一人で頑張らなければならないということです。

宮坂定の死

漆原(矢本悠馬)は、時間の感覚が他の人と違うようです。

遅刻が多く、いつも焦っています。

それが、その日は特にパニック状態になるほど慌てていました。

校内を走り回る漆原

漆原は外泊から戻って以来、授業にも身が入らず、挙動不審。

副教官たちは、薬物中毒を疑っていますが…。

しかし、風間教官にはわかっていました。

漆原が必死で走り回っていたのは、警察学校内の掲示板を見ていたのです。

宮坂定巡査殉職

漆原が遅刻しそうになっているところを、信号機故障のため交通整理中の宮坂が見つけます。

指導員をしていたときから気にかけていた漆原に、横断歩道を渡らせていたら、車が宮坂につっこできたのです。



宮坂定巡査、殉職。

ドラマ「教場Ⅱ」前編 感想 最後に

ドラマ「教場Ⅱ」前編の感想でした。

忍野さんと堂本さんのことは、原作では確か上に書いた通りだったと思うのですが、似顔絵の裏に描いてあったハーモニカを吹く絵は忍野さん。

ドラマでは堂本さんが好きだったのは忍野さんと言うことになったのかもしれませんね。

ここの考察は他の方の意見も聞きたいところです。

風間教官も「気持ちを伝えられたのか?」と聞いていましたし…。

いずれにしても、切ないエピソードでした。

明日の後編もかなりいろんなことが起こりそうで、風間教官の過去についても語られるようです。

明日も、楽しみです!

「教場Ⅱ」前編を見逃した方は、FODプレミアムから観れます!

FODプレミアム



以下の記事で、後編の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

ドラマ「教場Ⅱ」後編感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA