ドラマ「青のSPー学校内警察・嶋田隆平ー」第1話 感想|主演・藤原竜也

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「青のSPー学校内警察・嶋田隆平ー」第1話の感想です。

「中学校内に警察がある」という荒唐無稽な設定のようで、ドラマを観ていると、とてもリアリティが感じられました。

「荒れる中学」と言われて、もう何年になるでしょうか。

真木よう子さんが、優しくて生徒思いの先生役にとてもはまっています。

ドラマ「青のSP」第1話 感想 はじめに

あらすじ

赤嶺中学3年1組の担任で、国語教師の浅村涼子(真木よう子)は、夜の繁華街の見回り中に、同級生から集団で金を奪った中学生を注意するが、反対に自らがナイフを突きつけられ窮地に。するとそこへ一人の警察官が現れ、男は相手が中学生でも容赦せず、生徒たちを恐喝と暴行の罪で現行犯逮捕し、所轄の少年係刑事・三枝弘樹(山田裕貴)に引き渡す。

翌日、学校では文科省の承認を得た学校内警察官、通称スクールポリスが試験導入されようとしていた。涼子をはじめ、水野楓(山口紗弥加)や阿部裕亮(音尾琢真)たち教師が不安を覚えるなか、校長の木島敏文(高橋克実)に紹介されて姿を見せたのは、昨晩中学生を逮捕した男・嶋田隆平(藤原竜也)。警視庁捜査一課の刑事でありながら、スクールポリスに志願した理由を尋ねる涼子に、隆平は「確かめたかったからだ、この学校の生徒に守る価値があるのか…」と意味深な言葉を告げる。

3年1組では一ノ瀬悟(石井正則)による数学の授業が行われていたが、授業態度を注意された真田一樹(中川翼)が逆上。駆けつけた隆平に器物破損と暴行罪で逮捕される。さらに、この逮捕劇がクラスの何者かによってSNSで拡散。隆平は涼子に犯人を特定するよう指示し、一方で、校内のあるうわさを耳にして…。

[引用元]フジテレビ「青のSP」公式サイトあらすじ

登場人物

嶋田隆平/藤原竜也
警視庁捜査一課刑事。住浜署生活安全課少年係・スクールポリス。

浅村涼子/真木よう子

赤嶺中学国語教師。生徒想いの優しい先生。

三枝弘樹/山田裕貴

住浜署生活安全課少年係刑事。嶋田隆平の後輩刑事。

柴田透/泉澤祐希

赤嶺中学社会教師。浅村先生を慕っている。

阿部裕亮/音尾琢真

赤嶺中学体育教師。

一ノ瀬悟/石井正則

赤嶺中学数学教師。

新津清/須賀健太

赤嶺中学英語教師。

小川香里/明日海りお

赤嶺中学音楽教師。

福島美津子/峯村リエ

赤嶺中学副校長。

尾崎賢治/升毅

教育委員長。スクールポリスを導入。

水野楓/山口紗弥加

赤嶺中学英語教師。現在妊娠三ヶ月。

木島敏文校長/高橋克実

赤嶺中学校長。

スクールポリス導入

スクールポリスとしてやって来たのは、前日夜回りをしていた浅村先生(真木よう子)が見つけたいじめの現場にいた刑事・嶋田隆平(藤原竜也)でした。

校内での犯罪行為は容赦なく

嶋田は、校内で起こった事件は君たち生徒を守るだけでなく、加害者が君たちでも容赦なく逮捕すると断言します。

生徒たちはざわつきますが、嶋田隆平は生徒を見回し、平然としています。



嶋田は、既に教師たちのプロフィールも頭に入っており、職員室で厳めしい「警視庁」と書かれたジュラルミンケースを広げています。

校長にも、何かあったときは穏便にと言われますが、「私は生徒たちにも教師であるあなたたちにも容赦はしません」ときっぱり。



何だか、ちょっとスカッとしますね。

赤嶺中学の多様な環境の生徒

校内を浅村先生に案内してもらう嶋田。

赤嶺中学は近くにタワーマンションが出来たことや、外国人労働者が増えたことからさまざまな価値観や家庭環境の生徒が通っています。

そのため、嶋田はこの学校を守る価値があるかを確認しに来たと言います。

真田が逮捕

嶋田が着任した日、授業中、数学教師の一ノ瀬先生(石井正則)に注意され、キレた生徒・真田(中川翼)が暴れだします。

授業態度が悪いせいもありましたが、一ノ瀬が、優秀な兄にコンプレックスを持っている真田を挑発し、それが暴れるきっかけとなりました。

もともと一ノ瀬は、真田に手を焼いていたようで、「排除」したかったようです。

嶋田は、すぐに真田を取り押さえ手錠をかけ、あっという間に警察に送ります。

やって来たのは、嶋田の後輩刑事の三枝(山田裕貴)でした。



三枝刑事役の山田裕貴さん。

売れてますね。

前クールで放送されていた「先生を消す方程式」の頼田朝日の印象が、まだ頭に残っていますw

逮捕の様子がネットに流されて

真田が逮捕された様子が、ネットに流されました。

生徒の誰かがスマホで撮影していたようです。

映像を流出させたのは「ブルーナイト」というハンドルネームを使っています。

ブルーナイトは、一ノ瀬が風俗店(ロリータ趣味)に通っている画像も流していました。

赤嶺中学にはある噂がある

音楽室で、モーツァルトの「レクイエム」をピアノで弾いていた生徒・奈良橋英里(長澤樹)が、嶋田に「この学校には奇妙な噂があるの」と言って…。

それは「この学校には無念の死を遂げた亡霊が出るって…」

「無念の死」とは、一体…。

警察に真田を迎えに

真田の身柄を浅村先生が迎えに行くことになりました。

彼の将来を考えたら、厳重注意で終わらせてほしいと言って…。

一ノ瀬も、それを了承しているようです。

母が迎えに来て

真田は、浅村先生の顔を見て素直に謝ります。

母親が迎えに来て、真田はとりあえず家に帰れることに…。

手錠を掛けられたことが、かなりショックだったようです。

まだ、やはり中学生。

手錠を掛けられ、警察に連行されたことは真田くんにとっては、とても怖かったと思います。



これからこんな風に嶋田刑事は生徒たちを「制圧」するつもりなのでしょうか。

しかし、嶋田刑事には何か目的があるようで…。

浅村先生と柴田先生は先輩後輩の間柄

社会科の柴田先生(泉澤祐希)と浅村先生は、中学の先輩後輩の間柄です。

浅村先生はOGとして、中学生の柴田先生を指導していたようです。

柴田先生は、浅村先生の責任感の強さを心から尊敬しているようです。

人生の中で、そんな人に出会えるのは素晴らしいことですね。

そして、同じ職場で働けるなんて、幸せなことです。



真木よう子さん、相変わらず美しいですね。

とても優しい良い先生役ですが、ちょっと天然っぽいのも可愛いです。

スクールポリスはTVのワイドショーでも話題になって

嶋田が学校内で生徒を逮捕したことは、マスコミにも知れ、大きな話題となっています。

教師たちはマスコミ対応に大忙しです。

確かに、学校内に警察がいるというのは、かなり大きなワイドショーネタになりますね。

それも、いきなり逮捕とは…。



教育委員会の会長(升毅)も、派手にやってくれたな…と言っていますが、嶋田がなぜスクールポリスに志願したのかを不思議に思っているようです。

ブルーナイトの正体

ネットに動画を流出させた「ブルーナイト」は、赤嶺中学の3年1組の生徒の中の誰かです。

浅村先生は、生徒たちに「自分から名乗り出てほしい。あとから先生の所に来て」と言いますが、生徒たちは一様にうつむくばかりです。

そして、嶋田はいろいろな場所に盗聴器を仕掛け、ブルーナイトの正体を突き止めようとします。

ネットで個人情報をさらされた男たち

ブルーナイトは、一ノ瀬先生の動画だけでなく、一か月前にもあるとんでもない動画をネット上に流していました。

何人もの人間が、顔写真だけでなく、職場や住所までさらされていました。

嶋田はその男たちのSNSの投稿に、ある共通点があることに気づきました。

その男たちは、ある国交省の役人が収賄容疑で逮捕され、それをネットで叩きまくっていたのです。

ブルーナイトは三村翔子

「ブルーナイト」は、3年1組の女子生徒・三村翔子(吉柳咲良)でした。

三村翔子には、中学受験で仲良くなったマホという友達がいました。

マホと翔子は同じ名門女子中学を受験しましたが、翔子だけが受験に失敗。

マホは、翔子に「高校受験で頑張って、一緒に勉強しよう。私待っているから」と励ましてくれたのです。

しかし、国交省の賄賂で逮捕されたのは、マホの父親でした。

マホ自身もネットに晒され、そのことで学校でもいじめにあい、それを苦にして自らの命を絶ってしまったのです。

翔子は、そのことを恨みに思い、ネットでマホの父親を叩いていた男たちの個人情報をネットに晒したのです。

その男の中に、一ノ瀬先生もいました。


しかし、嶋田はその話を聞いて大笑い。

「お前はただむしゃくしゃしてやっただけだ。友達のためなんて嘘だ。これでレポートに書ける。この中学の生徒は守る価値などないと」

翔子の成績は、ちょうどネットに個人情報を晒し始めた頃に下がり始めていたのです。

そのストレスから、翔子はやったのです。



今はスマホで簡単に個人情報を晒すことができます。

スマホは便利ですが、使い方を間違えたら、人の命を奪ってしまうこともあるのです。

心をつぶされたもの

翔子にネットに個人情報をさらされた男の一人が、刃物を持って赤嶺中学に乗り込んできました。

翔子を探しに来たのです。

嶋田は、「自分で蒔いた種だ。自分で責任を取れ」と言って、刃物を持った男のところに翔子を連れていきます。

刃物で翔子に襲い掛かって来た男を、寸でのところで警棒で叩きのめした嶋田刑事。

そして翔子に、「お前がやったことはあいつらと同じだ。心をつぶされた人間は歯止めが効かない」

「お前の親友がこれを知ったらどう思うかな」と、翔子に言い聞かせます。

ドラマ「青のSPー学校内警察・嶋田隆平ー 第1話の感想 最後に

ドラマ「青のSP-学校内警察・嶋田隆平-」第1話の感想でした。

日本には、学校内警察という制度は今のところありませんが、将来的には本当に行われるかもしれませんね。

中学は義務教育なので、退学になることはないと思っている生徒もたくさんいます。

本作の初回で、既に二人の生徒が逮捕されています。

そして、無念の死を遂げた亡霊の正体とは__。



荒唐無稽な設定のようで、案外、現実的なストーリーでした。

次回も楽しみです!




ドラマ「青のSPー学校内警察・嶋田隆平ー」第1話を見逃した方は、TverまたはFODプレミアムで観ることが出来ます。

FODプレミアム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA