ドラマ「書けないッ!?~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~」第1話感想

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「書けないッ!?~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~」第1話の感想です。

生田斗真さんファンの私にとっては、2021年冬ドラマの中でも、特に楽しみにしていたドラマです!

売れない脚本家の吉丸圭佑が苦悩しながら、個性的なキャラクターの人々に翻弄され、笑えるドタバタコメディ。

初回はスペシャルで1時間でしたが、30分ドラマなので土曜日の夜に気軽に観れるのもいいですね。

ドラマ「書けないッ!?~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~」第1話 感想 はじめに

あらすじ

 売れない脚本家の吉丸圭佑(生田斗真)は、「香坂りり子」というペンネームで活躍中のベストセラー作家の妻・奈美(吉瀬美智子)、娘の絵里花(山田杏奈)、息子の空(潤浩)と家族4人で平穏な日々を送っている。そう、圭佑は奈美の執筆をサポートするため、家事全般、子どもたちの世話を一手に担う脚本家兼主夫なのだ。

 細々と執筆を続けながらも、どこかで「自分には大きな仕事なんてくるはずない…」と思い込んでいる圭佑に、ある日1本の電話が…。その電話の相手は、東西テレビのプロデューサー・東海林光夫(北村有起哉)。なんと、圭佑にゴールデンタイム枠で放送する連続ドラマのメインライターを依頼したいというのだ!

 翌日、さっそく東西テレビに向かった圭佑は、東海林、監督・角隆史(小池徹平)、アシスタントプロデューサー・松尾めぐみ(長井短)から、もともとメインライターに決まっていた有名脚本家がケガで降板することになったため、急きょ自分に白羽の矢が立ったことを聞かされる。さらに、ストーリーはおろか、企画内容、タイトルすら何も決まっていない状況にも関わらず、主演俳優だけは、すでにトップスターの八神隼人(岡田将生)に決定していると聞き、あ然とする圭佑…。そんな圭佑に、東海林は「時間がないから明日までに刑事ドラマでストーリー案を考えてきて!」と、いきなりのむちゃブリ!

 突然の大抜てきに大喜びする奈美を横目に、大変なことになってしまったと頭を抱える圭佑――。奈美にお尻を叩かれ、なんとか階段下の執筆スペースに向かうが……何も思い浮かばないッ!

 圭佑は忙しくなることで、愛する家族や娘・奈美のサポートができなくなるのではないか、と心配する義父母・篠田重幸(小野武彦)と芳恵(梅沢昌代)、そして絵里花目当てに毎日のようにやって来る空の家庭教師・仙川俊也(菊池風磨)らに見守られながら悪戦苦闘! しかも、どんどん追い詰められていく圭佑の前に、謎めいたスキンヘッドの男(浜野謙太)まで現れて…!?

 のんびりと穏やかに暮らしていた圭佑の生活が一変、ドタバタの毎日が幕を開ける――!

[引用元]TV朝日「書けないッ!?~脚本家吉丸圭佑の筋書きのない生活~」公式サイト

登場人物

吉丸圭佑/生田斗真
脚本家兼主夫。32歳で、ある脚本賞の佳作を受賞し、サラリーマンを辞めて専業脚本家に。売れない脚本家ですが、売れっ子作家の妻を支える主夫業に満足してもいる。

吉丸奈美/吉瀬美智子

圭佑の妻。ペンネームは「香坂りり子」。人気作家ですが、年下夫に優しい素敵な奥様。

東海林光夫/北村有起哉

東西テレビプロデューサー。「当たってバズればいいんだよ」が口癖。

松尾めぐみ/長井短

東西テレビアシスタントプロデューサー。ちょっとやる気なし。

角隆文/小池徹平

やる気満々な監督。とにかく、元気。

八神隼人/岡田将生

注文の多い人気俳優。かなり脚本家泣かせのわがまま大物俳優。

スキンヘッドの男/浜野謙太

圭佑の分身。頭が長めの妖怪チックな謎の男。圭佑にしか見えない。

篠田重幸/小野武彦

奈美の父。圭佑に少し厳しめ。

篠田芳恵/梅沢昌代

奈美の母。圭佑にとっても優しい義母さん。

秦野ゆかり/野村麻純

奈美の担当編集者。奈美の仕事をサポートするために、家事の手伝いもしてくれる献身的な編集者。

仙川俊也/菊池風磨

浩の家庭教師。大学生。絵里花に興味津々で、絵里花に会うために家庭教師をやっているようなもの…?

吉丸空/潤浩

圭佑と奈美の息子。吉丸家で一番の「大人」な小学三年生。

吉丸絵里花/山田杏奈

奈美の娘。クールでそっけない美少女。高校二年生。

圭佑にゴールデン連ドラの脚本依頼が!

吉丸圭佑(生田斗真)は、小学生の頃から脚本家になるのが夢でした。

しかし、脚本家になって三度くらいしか脚本の仕事をしていません。

圭佑は、悲しいけれど売れない脚本家なのです。

だけど楽しそうな圭佑

圭佑は、料理・洗濯・掃除と、完璧な主夫ですが、本人は主夫だとは思っておらず、あくまでも脚本家。

しかし、とても楽しそうな圭佑。

妻の奈美(吉瀬美智子)は、優しく、家事全般をやってくれる圭佑に感謝しているようです。

「未満警察・ミッドナイトランナー」のときの、厳しい教官から優しい奥様へ。

そして、相変わらずお美しい!



「あくまでも脚本家」と言ってるわりには、自分に自信がないのも、圭佑の可愛いところw

エプロン姿で家事をする姿、もがき苦しみながらも脚本家としてがんばる姿、先走って後悔する姿、つるつる男に怯える姿など、いろんな表情の生田斗真さんが観れるのはうれしいです。

突然の依頼

ある日、TV局のプロデューサー・東海林(北村有起哉)から、電話があり、ゴールデンタイムの連ドラの脚本をメイン脚本家として担当してほしいと。

どう考えても、何か怪しい…。

急いで打ち合わせに行った圭佑を待っていたのは、「キャストだけが決まっているだけで他は何も決まっていないドラマの脚本依頼」でした。

とにかく一日でドラマの設定を考えなければなりません。



やっぱり…w

しかし、売れない脚本家に断る権利はないのです…。

「映画『ダーティハリー』のような男しか出てこない刑事もの」



しかし、決まっていた脚本家が急遽降板というアクシデントはあっても、ゴールデンタイムのドラマで、こんなことって本当にあるんでしょうかw

圭佑の周囲の身勝手な人々

プロデューサーの東海林、アシスタントプロデューサーの松尾、主演俳優の八神隼人(岡田将生)。

みんな、圭佑に無理難題を押し付けてきます。

適当、やる気なし、わがまま

適当なプロデューサーと、やる気のないアシスタントプロデューサー、とにかく自分をカッコよく見せることしか頭にない俳優。

俳優さんって、どんなドラマかも決まっていない作品のオファーなんて受けるものなのでしょうかw

それも、人気俳優のはずなのに。死ぬほどわがままだしw

何が何でもバズるもの

圭佑は、家では仕事が出来ない(圭佑の仕事場は階段下のデスク)ので、外に出かけると、圭佑の目の前で発砲事件が!

突然、ハードボイルドなドラマのような展開…。

そこに颯爽と登場する刑事。

圭佑の頭に浮かんだのは…『矢神隼人主演・ウルフ刑事』



これは、圭佑の頭の中に浮かんだプロットが視覚化されたものでした。

犯人は、頭がつるつるで、その頭がちょっと長いw謎の男です。

この謎の男が、これから圭佑の頭の中で活躍してくれるようですね。

謎の男役の浜野謙太さん…おもろすぎwww



このプロットを東海林に送ったら、「これはないな」

刑事ものは嫌だ

主演の八神隼人が、「刑事ものは嫌だ」と言ってきたようです…。

女性が活躍するドラマがいいらしい。



それ、初めに言ってほしいんですけどw

つるつる男も活躍してくれたのにー。

イケメン教師は財閥の御曹司で吸血鬼

女の子が周囲にたくさんいると言えば、女子校。

次に圭佑が考えたのは、女子校のイケメン教師で財閥の御曹司という役どころ。

第1話は、とりあえずこの設定で行くことになりました。

二日で脚本に

ホッとしたのもつかの間。

この設定で、第1話の脚本を2日間で書いてくれと言われ…。

さらに、イケメン教師で財閥の御曹司で「吸血鬼でB型の血しか吸わない」という人物設定に急遽変更w

八神のアイディアだそうで…。



どんだけ、わがまま言うねんw

つるつる男が再登場!

頭を抱える圭佑の前に、またあのつるつる男が現れます。

そして、「お前ははずすぞ。このドラマ、絶対外す」と言って高笑いします。

これも、自信が持てない「圭佑の心の声」。



つるつる男、これから楽しみw

ドラマ「書けないッ!?~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~」第1話の感想 最後に

ドラマ「書けないッ!?~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~」第1話の感想でした。

出演者がとても個性的ですね。

菊池風磨さんがただの家庭教師で終わることはないと思いますので、これからどんな活躍を見せてくれるのでしょうか。

私としては、浜野謙太さんの「つるつる男」が楽しみです。

女優陣では、長井短(ながいみじか)さんがおもしろい!

劇団の女優さんでモデルもされているとか。

次回からは、才能あふれる若手脚本家の如月翔という新しいキャラクターも登場。

圭佑がまた若い才能に翻弄されるんだろうな…w

次回も、楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA