ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第1話 感想|主演:綾瀬はるか・高橋一生 魂が入れ替わって

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第1話の感想です。

第1話から、かなりドキドキしました。

2人の魂が入れ替わったあとのシーンの高橋一生さんと綾瀬はるかさんの演技が素晴らしかったです!

ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第1話の感想 はじめに

あらすじ

望月彩子(綾瀬はるか)は、努力家で正義感が強く、上昇志向も強いが慌てん坊な刑事。思い込んだら一直線で失敗も多いため、周囲の刑事たちからは煙たがられている。そんな彩子はある朝、出勤時間ギリギリに起床。朝からバタバタと急ぐあまり、電車内でうっかり自分だけマスクをしていないことに気付く。すると、偶然乗り合わせた男性(高橋一生)から自社製品のサンプルだというマスクを譲り受ける。

そんな中、とある殺人事件が発生。管理官が刑事たちに現場へ急行するよう指示するが、なんとその時、捜査第一課に居合わせたのは、過去の失敗で謹慎中の身であった彩子のみ。彩子は、刑事として挽回する願ってもないチャンスの到来に、「絶対に手柄を立ててやる!」と息を巻いて現場へ急ぐ。向かった先には、遺体の口内にパチンコ玉が詰められた、猟奇的殺人現場が広がっていた。しかしその猟奇的惨状の反面、掃除されたばかりのような清涼感を感じる現場に違和感を覚える彩子──。

そんな彩子の違和感を解消したのは、彩子の能天気な同居人・渡辺陸(柄本佑)。清掃現場でアルバイトをしている陸によると、匂いのない業務用の特殊洗浄剤がこの世に存在することが分かる。その洗浄剤の製造元は創薬ベンチャー企業のコ・アース社。あろうことか、そのコ・アース社、社長の日高陽斗は、なんと数日前彩子に電車内でマスクをくれたあの男だった──。

自分だけが知る重要参考人に、何か運命めいた物を感じた彩子は早速日高のもとへと会いに行く。しかし、その時はまだ、表向きは若くしてベンチャーを立ち上げた敏腕経営者・日高が、裏の顔は類まれな頭脳と知識を駆使したサイコパスな殺人鬼であることは知る由もなかった──。

[引用元]TBSテレビ「天国と地獄~サイコな2人~」公式サイトあらすじ

登場人物

望月彩子/綾瀬はるか
警視庁捜査一課刑事。努力家で正義感が強いが、慌て者。ひょんなことから日高と魂が入れ替わってしまう。

日高陽斗/高橋一生

創薬ベンチャー企業「コ・アース」代表取締役社長。大手食品企業「サンライズフーズ」の御曹司。腰が低い好人物。しかし、裏の顔は猟奇殺人鬼。容疑者として追われているときに彩子と魂が入れ替わってしまい…。

渡辺陸/柄本佑

彩子の家に居候中のフリーター。清掃派遣員として働いているが、家賃や光熱費などは一切払わず、家事だけを担当。しかし、彩子の唯一の心の拠り所。

八巻英雄/溝端淳平

警視庁捜査一課の刑事。彩子のバディ。仕事が楽ならラッキーと言うゆとり世代。しかし、やるときはやる有能なタイプ。

五木樹里/中村ゆり

日高の秘書。日高と大学の同級生で、日高を絶対的に信用している。

富樫義貴/馬場徹

コ・アースの営業取締役。日高を信頼している。

湯浅和夫/迫田孝也

陸のバイト先の先輩。陸に「師匠」と慕われている。

十久河広明/吉見一豊

警視庁捜査第一課長。

新田将吾/林奏文

警視庁鑑識課。高度な鑑定で頼もしい存在。

五十嵐公平/野間口徹

警視庁捜査第一課・管理官。管理官でありながら周囲の様子をいつも気にする。

幅健太郎/谷恭輔

川原のバディ。川原を尊敬している。

川原三雄/北村一輝

警視庁捜査第一課主任。刑事としての能力は高いが、上の弱みを握っているという噂もあり、彩子はそのやり方を認められない。

ベッキー望月「手柄を立ててやる!」

「~であるべき」「~すべき」が口癖の望月彩子(綾瀬はるか)。

ベッキー望月とあだ名をつけられていますw

川原刑事(北村一輝)曰く「風紀委員」。

そして、とにかく、手柄を立てたいと思っている警視庁捜査一課の刑事です。

少し力み気味の彩子

少し肩に力が入りすぎている感、否めない彩子。

やはり男世界の警察という組織の中では、どうしてもこんな感じになってしまうんでしょうね。

気持ちが先走ってしまうのも仕方がないのかも。

素顔も美しい綾瀬はるか

彩子は、毎日ほぼすっぴん。

すっぴんであることが、ある意味、女性刑事としての「武装」なのかも。



しかし、綾瀬はるかさん、すっぴんなのにすごくきれいです。

さすが「SK-Ⅱ」CMキャラクターを長くされているだけありますね!

彩子がいつもすっぴんなのも、サイコ殺人鬼・日高(高橋一生)にとっては、有利なことの一つです。

魂が入れ替わって中身が男になるので、普段お化粧をしない女性の方が好都合です。

素敵な人にマスクをもらう

遅刻しそうになった彩子は電車の中で、なぜか乗客から白い目で見られています。

そう、マスクをつけるのを忘れているのです。

するとそっとマスクを手渡してくる男性が…。

公務員なので受け取れないという彩子に「サンプル品ということで」という男性。

これが、シリアルキラー・日高と彩子の出会いのシーンです。

すごく感じのいい男性ですが、彩子が桜田門駅で下車したことから、「警察官」だとわかり、このときのマスクをしているのに、先ほどの感じのいい顔から一転、日高の目が怖い…。

この表情の変化も、ぞくっとします。さすが高橋一生さん!



このとき日高は、カーキ色の皮の手袋をしています。

ここ、ポイント!

陸と彩子の関係

彩子には、渡辺陸(柄本佑)という同居人がいます。

男女で一緒に暮らしているということは、恋人同士?と思いましたが、どうも違うようですね。

陸と彩子の関係は、一体どういうものなのかも気になるところです。

飄々とした柄本佑さん演じる陸、中身が日高になったら気づくのでしょうか。



ここも、見どころのひとつですね。

猟奇殺人事件が発生!

七番町「デンデン」社長殺害事件が発生。

パチンコ店やネットカフェを経営する「エンタープライズデンデン」の社長が猟奇的な殺人事件の被害者です。

ベッドの上で丸い形状のもので何度も殴られ、殺害後イスに座らされて口の中にパチンコ玉を詰め込まれた遺体。

かなりサイコな犯人です。

手のひらに奇妙なマーク

川原刑事は、鑑識課員が証拠を集めているときに、遺体の手のひらを開いて見ています。

遺体の手のひらには奇妙なマークが。

これは、以前、神奈川県警管内で起きた殺人事件の遺体にも同じものがあったようです。



これは、完全に連続殺人事件。

清涼感のある殺人現場

初めに現場に急行したのは、彩子です。

殺人現場なのに、どことなく「清涼感」を感じた彩子は、この家にある洗剤を調べます。

匂いがない洗剤は見つかりませんでした。



殺人現場がきれいに掃除されていることに着目するあたり、彩子の観察眼はかなり鋭いようです。

清掃のアルバイトをする陸

彩子は殺害現場の「清涼感」がどうしても気になるようです。

そして、匂いのない洗浄剤があるかどうかを、同居人の陸に聞きます。

その洗剤は「バニッシュワンダー」。



この洗剤は、「コ・アース社」という会社が製造販売しているものでした。

感じのいいスマートな社長

殺害現場で使われていた洗浄剤と「コ・アース社」の「バニッシュワンダー」の成分がほぼ同じだということが、鑑識の新田将吾(林泰文)の調査で判明。

そして、彩子と八巻刑事(溝端淳平)は、洗浄剤の製造元「コ・アース社」を訪ねます。

社長は日高陽斗

彩子のバディは、典型的なゆとり世代の八巻。

のんびりしていますが、性格の良さそうな八巻くん、可愛いですw



スマホで八巻刑事が調べた「コ・アース社」の社長は、彩子がマスクをもらった相手・日高陽斗でした。

怖い目と耳を触る癖

日高社長は、部下にも慕われる人格者。

営業取締役の幅(谷恭輔)や秘書の五木(中村ゆり)にも、全幅の信頼を得ているようです。



しかし、どこか目が怖い…。

これも、高橋一生さんの細かな役作りなのでしょうか。

そして、日高には耳を触る癖があるようで…。

さらに、首をゴリゴリ言わせます。

これも、ポイント!

未発表情報

日高社長は、ある「失敗」を犯してしまいます。

まだ警察が発表していない犯人しか知らない情報を、ポロリと口にしてしまいます。

そして、深夜に3時間も散歩をしていて…。

歩くことは趣味のようではありますが。



その「失敗」から、彩子は日高社長を疑い始めます。

川原刑事の捜査方法

川原刑事は、かなりの凄腕刑事のようですが、結構危ない橋も渡っているようです。

裏から手を回す川原と足で捜査する彩子

川原刑事にはつながりのある情報屋がいるようです。

また、違法捜査もバリバリやっています。

そりゃあ、手柄も立てられるというものでしょう。

しかし、仕事が出来る人ってそういうものです…。



彩子は、日高のアリバイを崩すために足を棒にして歩き回ります。

そして、ある証拠を手に入れます。

日高のボストン時代の共同研究者の男性からも、重大な証言を得ることが出来て…。

胡散臭さ満載の川原

とにかく、胡散臭さ満載の川原刑事。

北村一輝さん、本領発揮ですねw

怒ると関西弁になるのも、おもしろい!

日曜劇場は、キャストがいつも豪華なので、うまい役者さんがたくさん出演され、本当に期待大!



しかし、彩子が掴んで来たネタを横から掠め取っていくのは、川原刑事、ずるいーw

彩子は、まだ自分が日高を逮捕することをあきらめたわけではありませんが。

川原の正義感

川原刑事は、とにかく殺人犯を捕まえるために、自分の手を汚している。

自分の手を汚してでも、犯人を捕まえたいと思っているのです。

川原刑事は、彩子に「お前は、自分が上に立ちたい、手柄を立てたい…それだけだろう!」と言われてしまいます。



確かに、彩子は違法捜査はしていませんが、「手柄を立てたい」という気持ちが先走っていたかもしれませんね…。

そして、自分でつかんだ証拠を川原に手渡します。

悔しいだろうな…とは思いますが、今は日高のアリバイを崩すことが最優先。

月と太陽 魂の入れ替わり

彩子は、日高が犯人である決定的な証拠をつかみ、日高に会いに行きます。

このシーンは、二人の丁々発止のやり取りに、ドキドキします。

彩子が日高に「自首してください」と言ったときの日高の表情が、すごく怖いです…。

追い詰められた怒りの表情が、まさにサイコパス。

証拠隠滅

追い詰められた日高は、彩子が見つけた「証拠」の隠滅を図ります。

そして、歩道橋の階段で揉みあいになった二人は、一緒に足を踏み外し転落。

意識を失った二人は病院に運ばれます。

魂が入れ替わっていた!

意識を取り戻した二人は、魂が入れ替わっていました。

「こんなことが…」と驚く彩子と「なんてラッキーなんだ」と喜ぶ日高。

彩子は逮捕直前の殺人犯に、日高は刑事に。

大森一樹監督の映画「転校生」を想起させるシーンでした。



これからの物語の展開、全く想像もつかない。

本当に楽しみです!

彩子になった日高

「本当は月は太陽に、太陽は月になるはずだったんですよ。シヤカナローの花を盗んだから運命が逆になった」と、彩子になった日高は八巻に話します。

この状況で冷静な日高、やっぱり怖い。

日高になってしまった彩子の運命は、これからどうなっていくのでしょうか…。

ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第1話の感想 最後に

ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第1話の感想でした。

魂が入れ替わってしまった日高と彩子。

八巻くんが言うように、今迄の彩子はきつい感じだったのに、中身が日高になって、とてもしっとりとした優しい雰囲気になっていました。

次回からの綾瀬はるかさんと高橋一生さんの男女が入れ替わった演技、楽しみです。

すでに高橋一生さん、女性っぽいしぐさになっていましたw

第1話から、本当にわくわくしました!

次回も楽しみです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA