ドラマ「青のSPー学校内警察・嶋田隆平ー」第2話 感想|主演・藤原竜也

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「青のSP-学校内警察・嶋田隆平-」第2話の感想です。

今回は、生徒だけでなく教師が逮捕されます。

そして、赤嶺中学には「無念の死を遂げた亡霊が出る」という噂があって…。

ドラマ「青のSPー学校内警察・嶋田隆平ー」第2話の感想 はじめに

あらすじ

スクールポリスが導入された赤嶺中学校で、警察官の隆平(藤原竜也)が着任して早々に、生徒が逮捕されるという衝撃の事件が発生。生徒たちは動揺し、校内ではスクールポリスに対する賛否が渦巻いていた。そんななか、妊娠3カ月の英語教師・楓(山口紗弥加)の机の引き出しからネズミの死骸が発見される。どうやら校内には教師の妊娠を快く思わない人物がいるようで、楓は以前から嫌がらせを受けていたという。

普段から楓を母親のように慕う3年1組の成田千佳(田畑志真)は、犯人捜しに躍起になり、涼子(真木よう子)もまた、2組の生徒たちが担任である楓の妊娠に嫌悪感を抱き、SNSの裏アカで楓とおなかの子の不幸を願うような書き込みをしていることを知り、ショックを受ける。

やがて千佳は、楓の悪口を言っていたという大林優也(荒木飛羽)を犯人だと決めつけ、食ってかかる。しかし、これがある騒動を巻き起こし、責任を感じた楓は産休も育休もそこそこに、生徒のために働くと宣言するが…。

その頃、隆平は、理科教師の青木祐志(渋谷謙人)から、亡霊の謎について聞かされ…。

[引用元]フジテレビ「青のSPー学校内警察・嶋田隆平ー」あらすじ

登場人物

嶋田隆平/藤原竜也
警視庁捜査一課刑事。住浜署生活安全課少年係・スクールポリス。

浅村涼子/真木よう子

赤嶺中学国語教師。生徒想いの優しい先生。

三枝弘樹/山田裕貴

住浜署生活安全課少年係刑事。嶋田隆平の後輩刑事。

柴田透/泉澤祐希

赤嶺中学社会教師。浅村先生を慕っている。

阿部裕亮/音尾琢真

赤嶺中学体育教師。

一ノ瀬悟/石井正則

赤嶺中学数学教師。

新津清/須賀健太

赤嶺中学英語教師。

小川香里/明日海りお

赤嶺中学音楽教師。

福島美津子/峯村リエ

赤嶺中学副校長。

尾崎賢治/升毅

教育委員長。スクールポリスを導入。

水野楓/山口紗弥加

赤嶺中学英語教師。現在妊娠三ヶ月。

木島敏文校長/高橋克実

赤嶺中学校長。

水野先生への嫌がらせ

英語教師の水野楓(山口紗弥加)は不妊治療の末、やっと子供を授かることができました。

しかし、周囲の理解が得られていないようで…。

他の教師は、自分の仕事が増えるのが不満なようです。

ねずみの遺骸が机の引き出しに

ある日、水野先生の机の引き出しに、ハツカネズミの遺骸が入れられていました。

それを見た水野先生は、気を失ってしまいます。

水野先生は3年生の担当でもあり、産休を取ることなど父兄からも苦情が来ているようです。



おめでたいことなのに、ひどい話です。

完全にマタハラ!



そして、浅村先生(真木よう子)は、校長に直談判すると言って校長室に向かいます。

しかし、水野先生が中学三年生の担任なので、校長は「三年生は受験を控え、デリケートな時期です。さらに働き方改革もあって、他の先生に負担をかけるわけにはいかない」と言って…。

3年2組の生徒

3年2組の女子生徒は、水野先生が妊娠していることをよく思っていない生徒がいるようです。

SNSの裏サイトで、「水野先生が流産すればいいのに」と書き込んでいる女子生徒がいるようです。

そして、1組の生徒で水野先生を慕う成田千佳(田畑志真)が、ハツカネズミの遺骸を水野先生の机の引き出しに入れたのは、2組の大林優也(荒木飛羽)だと勘違いして、つかみ合いのケンカに…。

2組の女子生徒が水野先生の妊娠に拒絶反応を起こしているのは、思春期特有の女子的潔癖症だとのことです。



確かに、中学生の女子ならそういうこともあるのかも。

しかし、「流産すればいいのに」は、絶対だめ。

大林の母が怒鳴り込みに

大林優也の母が、うちの子を犯人扱いしたと、学校に怒鳴り込みに来ました。

そして、水野先生に、「うちの子が受験に失敗したらどうしてくれるの!」と。

そこに優也がやって来て、水野先生を庇います…。

そのことから、水野先生は、産休を早めに切り上げて職場復帰をすることにすると言います。

水野先生のことでトラブルが続いているので、校長は水野先生に早めに産休を取って、英語の教員免許も持っている青木先生(渋谷謙人)に授業を頼めばいいと言います。

すると、青木先生は慌てて「自分には無理だ」言って…。



水野先生に協力的だったはずなのに、どういうことでしょうか。

大林が犯人?

2組の三上真司(木村聖哉)の父親は大学の研究員で、実験でマウスを使っています。

そして、大林は三上に頼んで、マウスの遺骸を持ってきてくれとお金を渡したようです。

そして、嶋田刑事(藤原竜也)に問い詰められた大林は、自分がやったと白状し、大林は嶋田に逮捕されてしまいます。

彼は、なぜこんなことをしたのでしょうか。



しかし、嶋田刑事の逮捕の仕方が本格的過ぎて、相手は中学生なのに怖すぎるw

逮捕された大林

逮捕された大林は、反省文を書くことで許されました。

母親が怒鳴り込みに来たときには、水野先生を庇っていたのに。

何か、理由がありそうです。



大林は、裏サイトで水野先生が悪口を言われているのを知って、自分が悪者になって、悪口を言っている女子たちの同情心を集めようとしていたようです。

大林、めっちゃいい子やん!

しかし、中学生の心理って、複雑なものなんですね。

水野先生のポットに危険なハーブが

水野先生のポットに、流産を誘発するハーブが入れられていました。

それを飲んだ水野先生は、倒れてしまいます。

ポットを入れ替えたのは理科教師の青木

ポットは、給食のとき以外、職員室にしか置いていませんでした。

そのため、生徒がハーブを入れたとは考えられません。

さらに、ポットは、水野先生のポットと同じものでしたが、水野先生のものではなかったのです。

ポットをすり替えたのは、一体、誰?

ポットをすり替えたのは理科の青木先生

青木先生(渋谷謙人)は、20代の頃、世界中を放浪の旅をしており、30歳近くなって焦り、たまたま受けた教員採用試験に合格したのです。

しかし、青木は教職免許を持っておらず、友人に教職免許を借り、偽造して教育委員会に提出したのです。

そのため、水野先生に早く産休を取ってもらって、臨時教師を学校に入れてほしかったのです。

自分が、水野先生の産休が短くなると、臨時教師を入れずに自分が代わりに英語を教えることになると、再度、英語の教員免許を提出しなければならないからです。

そして、青木は退院した水野先生を襲ったのです。



嶋田刑事は、三枝刑事(山田裕貴)に頼んで青木の教職免許を教育委員会に照会してもらい、さらに青木に教員免許を貸した友人の証言もとれています。

嶋田刑事は、30歳まで青木が世界中を放浪していたことを聞いて、英語が苦手なわけがないと分かっていたのです。



嶋田刑事に現行犯逮捕された青木は、三枝刑事にパトカーに乗せられて警察へ。

階段から転げ落ちて亡くなった音楽教師

赤嶺中学には、ある噂がありました。

無念の死を遂げた人の亡霊が出るという噂です。

赤嶺中学には、自宅のアパートの階段から転げ落ちて亡くなった音楽教師がいたのです。

赤嶺中学には、何か秘密があるようです。

ドラマ「青のSPー学校内警察・嶋田隆平ー」第2話の感想 最後に

ドラマ「青のSPー学校内警察・嶋田隆平ー」第2話の感想でした。

赤嶺中学は本当に、事件が起こりがちな学校ですねw

学校内警察は、この中学には絶対必要。



次回は、「無念の死を遂げた亡霊」についての謎が解かれるようです。

以下の記事で、第1話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

「青のSPー学校内警察・嶋田隆平ー」第1話の感想

第1話を見逃した方は、FODプレミアムで観ることができます。

FODプレミアム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA