ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第2話 感想|主演・上白石萌音

雑誌

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第2話の感想です。

潤之介の恋人のふりをすることになった奈未。

そのときの嘘から大変なことになります。

そして、今回から奈未が潤之介に淡い恋心を抱き始めます。

しかし、潤之介にはある女性の影が…。

ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第2話の感想 はじめに

あらすじ

 お見合話を断る口実として潤之介 (玉森裕太) の彼女役を引き受けた鈴木奈未 (上白石萌音) は、潤之介から「姉ちゃんに会って」と頼まれる。しかし、姉として紹介されたのはなんと鬼上司の宝来麗子 (菜々緒) だった。最悪の状況に焦った奈未はその場しのぎに麗子にいろんな嘘をついてしまい、より事態は複雑な状況に……。

 翌日、『MIYAVI』の編集部では創刊号の企画会議が行われ、中沢涼太 (間宮祥太朗) が提案した漫画家とのコラボ企画が採用された。さらに麗子の発言で人気漫画家・荒染右京に依頼することが決定する。

 何かを企んでいる様子の麗子は、前日についた“奈未の嘘”がきっかけで奈未に荒染との交渉の席につくよう命令。交渉の大役を押し付けられてしまった奈未は、潤之介にSOSを求め……。

[引用元]TBSテレビ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」公式サイトあらすじ

登場人物

鈴木奈未/上白石萌音
主人公。音羽堂出版「MIYAVI」編集部の雑用係。

宝来麗子/菜々緒

音羽堂出版「MIYAVI」編集長。バリキャリ、毒舌で冷徹な超敏腕。奈未の鬼上司。潤之助の姉。

潤之介/玉森裕太
カメラマン。子犬系イケメン御曹司。宝来麗子の弟。

中沢涼太/間宮祥太朗

音羽堂出版「MIYAVI」のクールな敏腕編集者。

和泉遥/久保田紗友

音羽堂出版「MIYAVI」の編集アシスタント。

尾芦一太/亜生(ミキ)

潤之介のカメラアシスタント。潤之介を尊敬している。

和田和美/秋山ゆずき

音羽堂出版「MIYAVI」の編集者。

  ◆

高橋麻美/高橋メアリージュン
「ZEAL」編集長。宝来麗子のライバル。

半田進/なだき武

「MIYAVI」の副編集長。

日置健也/犬飼貴丈

奈未の幼馴染で初恋の人。公認会計士。職場の上司の娘と婚約中。

鈴木義郎/橋爪淳

奈未の父。小説家志望だった。

鈴木多未/山之内すず

奈未の妹。

  ◆

鈴木真未/宮崎美子
奈未の母。

  ◆

香織/高橋ひとみ
潤之介と麗子の母。

  ◆

蓮見理緒/倉科カナ
潤之介の幼馴染。

  ◆

宇賀神慎一/ユースケ・サンタマリア
音羽堂出版副社長。

潤之介の恋人のふりをする

奈未(上白石萌音)は、潤之介(玉森裕太)に恋人のふりをしてほしいと頼まれます。

潤之介に「まず姉ちゃんを味方につけなければ」と言われ、気軽に引き受けた奈未でしたが…。

潤之介の姉は宝来麗子

潤之介に恋人として紹介された潤之介の姉は、なんと、宝来編集長でした!

お互いに打ち合わせをしたのですが、なかなか恋人のふりは難しいようです。

宝来編集長は、弟の潤之助が奈未を恋人に選んだとは少し信じられないようです。



奈未ちゃん、可愛いけどなぁw

偽装彼女としてボスとうまくやろう作戦

潤之介と奈未は「偽装彼女としてボスとうまくやろう作戦」を立てて、以下のことを遂行することに。

  • できるだけほころびが出ないように、宝来編集長と二人きりにならない。
  • ルーティーンの仕事は先手を打つ。
  • さりげなく、待ち受けで潤之介が彼氏だということをアピール。

奈未、めっちゃ頑張ってますw

カルチャー企画は漫画家とのコラボ

「MIYAVI」のカルチャー企画は、中沢(間宮祥太朗)が出した、漫画家とのコラボに決まりました。

宝来編集長の意見で、人気漫画家・荒染右京(花江夏樹)に依頼することに。

奈未が荒染右京を説得しに

荒染右京は、けん玉が趣味のようです。

そして、奈未は、潤之介の恋人として紹介されたとき「けん玉チャンピオン」ということになっていたので、宝来編集長は奈未を荒染右京のところに同行させることにしました。



「あなたに人並みの仕事をあげる」



そして、宝来編集長は「この仕事がうまくいけば、あなたを弟の彼女として親に紹介してあげてもいいのよ。でも、失敗したらもうここには来なくていい」と言い…。

雑用係だったのに、いろいろ重要な仕事を任される奈未。

しかし、仕事をクビになるわけにはいきません。

潤之介とけん玉の練習

中沢は、奈未にまず荒染右京の代表作を読めとアドバイスしてくれます。

仕事を取られた中沢ですが、奈未をフォローしてくれて、優しいです。

それに、ボス恋の間宮祥太朗さん、クールでカッコいい♡



奈未は、荒染右京のところに行って、けん玉をして来いという宝来編集長のミッションがあったことを潤之介に相談します。

潤之介は、奈未を家に呼んで、練習しようと言います。

頑張って練習する奈未ですが、「けん玉チャンピオン」には程遠く…。

そして、練習しながら、そのまま眠ってしまい、潤之介のマンションに泊ってしまいました。

ちょっと潤之介に恋心を抱き始めた奈未。

しかし、潤之介には、女性の影が…。

潤之介の撮った写真にチラッと写っていた美しい女性。

MIYAVIのターゲット

荒染右京のところに副編集長(なだぎ武)と向かう奈未。

副編集長に、交渉は俺が一人で決めるから!と言われ、ホッとします。

そして、副編集長に雑誌「MIYAVI」のターゲットについて教えてもらいます。

  • 30~40代女性。
  • ファッション、ビューティー、カルチャーで、それぞれの担当がいる。
  • 広告は、純広と言われる広告主が作った広告、タイアップ広告の二種類がある。

奈未が雑用係になった理由

奈未は、「なぜ、私が雑用係に選ばれたんですか?」と副編集長に聞きます。

面接のときの服装のセンスが良かったのに、靴(お父さんのプレゼント)だけがクソださかったから、ファッションに興味がないと思ったからだとか…。

なまじ、ファッショに興味がある雑用係は面倒なのです。



何だか、ちょっと嫌な気持ちになった奈未でしたw

けん玉チャンピオンの出番が来てしまった!

副編集長は、「お前の出番はない」と言ったのに、結局、荒染右京の前でけん玉チャンピオンの腕を見せることに…。

話が違うw

もちろん、けん玉は失敗…。

私が選ばれるのはいつもネガティブな理由

奈未は、自分が選ばれるのはいつもネガティブな理由だと言います。

「MIYAVI」の編集部に入れたのも、「ファッションセンスがないから」

潤之介にも、恋人のふりをしてほしいと頼んだのは、「恋人にはならないから。恋に発展しそうな相手にはこんなこと頼まないでしょ」と言われてしまいます。

潤之介、可愛い顔して平気でひどいこと言うなぁ…。

さらに、編集部に帰ったら、宝来編集長に「あなたは努力をしようとしていない」「人並み人並みというなら、人並みの責任を取ったら?」とクールに言われ…。



これは、可哀想すぎる。

恋人のふりをしてほしいと頼まれて、嘘も奈未がついたというよりは、潤之介が嘘をつかせただけ。

おそらく、宝来編集長は「嘘」だとわかっていたと思います。

本当の感想が荒染右京の心を動かす

奈未は、けん玉をとにかくがんばって練習して、荒染右京の代表作39巻を全て読破し、心から感動したことを伝えます。

口先だけの感想ではなく、本当の感想を聞いた荒染右京に奈未の「本当の心」が通じ、イラストの依頼にOKが出ました!

奈未は、荒染右京の心を動かしたのです。

そして、潤之介との恋人のふりも止めました…。



よかったね、奈未ちゃん。

ご褒美はパーティ

荒染右京の交渉に成功した奈未は、ご褒美に「パーティ」に連れていってもらいます。

それも、カルティエの社長も招いたパーティです…。

奈未、大丈夫かな。ちょっと心配。

「ZEAL」の編集長とのやり取り

パーティ会場には、ライバル誌「ZEAL」の高橋編集長(高橋メアリージュン)も来ていました。

高橋編集長と宝来編集長は、一緒に働いていたことがあるようです…。

この二人のやり取り、こっわ!w

カルティエの社長の心を動かすために

全ては、初めから宝来編集長の作戦でした。

奈未は、音羽堂出版の新人アシスタント。

そして、「MIYAVI」もファッション誌業界では新人で、これから新しく世界に発信する雑誌であること。

さらにカルティエの社長が荒染右京のファンであることも、宝来編集長は初めから知っていたのです。



「私、人並みになるまでもう逃げませんから!」

ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第2話の感想 最後に

ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第2話の感想でした。

それにしても、子犬系男子は、思わせぶりだなぁw

「俺のこと好き?」だなんて…。

それとも、「恋に発展しないから」と言いながら、本当は心動かされてるんじゃないの?w

おそらく、奈未みたいなタイプは潤之介の周りにはいないでしょうから。

きっと初めてのタイプ。

新鮮なはず。



次回は、内乱が勃発するようです。

宝来編集長は、怖くて意地悪っぽいけど、本質をついています。

ただのラブコメじゃなくて、ボス恋、刺さるものがありますね!



以下の記事で、第1話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第1話の感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA