ドラマ「にじいろカルテ」第1話 感想|主演・高畑充希 真空の居場所

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「にじいろカルテ」の第1話感想です。

初回から、泣かされました。

ちょっと変わり者の外科医が、手術になるとカッコよくなって、前髪ぱっつんの看護師は超有能。

新しく赴任した少女のような内科医は、不治の病で…。

ドラマ「にじいろカルテ」第1話の感想 はじめに

あらすじ

 鬱蒼とした森を抜け、怪しげなバスに乗り、山奥にぽつんと佇む虹ノ村診療所にやってきた、1人の医師・紅野真空(高畑充希)。東京の大病院の救命救急の現場からやってきた彼女には“ある秘密”があったー。

 降り立った村のバス停で迎えを待っていると、まるで座敷童のような少女が真空に手招きをしていた。導かれるように、村唯一の食堂「にじいろ商店」の中へ入ると、そこにはまるで妖怪のように個性豊かな虹ノ村の村人たちが大集合していて…?

 やがて案内された診療所で、「本業は農家だ」と豪語するツナギにグラサン姿のヘンテコ外科医・浅黄朔(井浦新)と、超絶優秀ながらすぐキレる若き前髪ぱっつん看護師の蒼山太陽(北村匠海)と、真空は一つ屋根の下で暮らすことになるのだが…?

たとえ、望んでいた人生と違っても。

  愛する人の顔を忘れてしまっても。

   医者も、患者も、人間だからー。

人生、雨あり虹あり。

全然スーパーじゃないドクターたちが織り成す、笑って泣けるチーム医療成長譚が幕をあけるー!

[引用元]TV朝日「にじいろカルテ」公式サイトSTORY

登場人物

紅野真空/高畑充希
東京から山奥の虹ノ村にやって来た内科医。大病院で忙しい日々を送っていたが、ある日「ある病」に罹っていることがわかる。偶然知った虹ノ村診療所の医師募集を見つけ、応募したら採用された。家事能力はゼロ。感情は思いっきり表に出す「医者であり患者」。

浅黄朔/井浦新

虹ノ村診療所の外科医。ツナギにサングラスという医師らしくないタイプで、「本業は農家。医師は副業」と言う。天真爛漫で自由。ドラマが好き。虹ノ村診療所は朔のDIYで改築された部分が多く、それが自慢。いつもふざけているので、なぜ虹ノ村診療所にやって来たのかは不明。

蒼山太陽/北村匠海

虹ノ村診療所の看護師。前髪ぱっつんのいじられキャラ。しかし、看護師としての仕事は超優秀。ギャグは滑りがち。家事全般は全て得意。我儘な朔とは犬猿の仲だが、いいコンビ。真空には少し好意を持っている。

橙田雪乃/安達祐実

村唯一のお店で食堂「にじいろ商店」の看板娘。村のマドンナ的存在。夫である晴信とはいつもペアルックでイチャつき気味。しかし、実は「認知症」を患っており、数か月に一度全ての記憶がリセットされる。

橙田晴信/眞島秀和

雪乃の夫。「にじいろ商店」店主。村に一つしかない食堂なのに、かつ丼しかメニューはない。雪乃が好きすぎていつも雪乃の写真を撮っている。数か月に一度自分を忘れてしまう雪乃に毎回プロポーズしている。

緑川嵐/水野美紀

村役場で働くバリバリのキャリアウーマン。嘘をつけない奔放な性格。高齢者の「じじーず」にも一切容赦なし。虹ノ村を盛り上げるために日々邁進中。彼女が作るHPはなぜかダサい。突然夫に逃げられ、シングルマザーとなり、娘の日向を育てている。日出夫と3人で暮らしている。

霧ケ谷桂/光石研

村役場職員。真空を採用した人。明るく村のムードメーカー。虹ノ村の素晴らしさを全国に伝えるために、冬瓜やリンゴを東京に売り込みに行っているが、なかなかうまく行かない。

緑川日出夫/泉谷しげる

嵐の義理の父。日向の祖父。破天荒な嵐とは口喧嘩になりがち。しかし、自分の息子が嫁と子を置いて村を出ていったことを申し訳なく思っている。嵐・日向と一緒に暮らしている。「じじーず」のリーダー。

緑川日向/中野緑咲

嵐の娘で恥ずかしがりや。

霧ケ谷氷月/西田尚美

霧ケ谷の妻で、仲の良い夫婦。子供が大好きで嵐の娘の日向を始め、村の子供たちの面倒を見ている。雪乃、嵐とは幼馴染。

筑紫次郎/半海一晃

「じじーず」の1人。自由すぎる日出夫と博の間の潤滑油的存在。女の子が大好き。

白倉博/モト冬樹

日出夫の幼馴染で「じじーず」の一人。村の由緒ある洞穴を守る一族の末裔。アロハシャツとお酒が大好き。

桃井佐和子/水野久美

一人暮らしのおばあちゃん。花に囲まれた家に暮らし、真空の往診を楽しみにしている。元小学校の教師。村人はだいたい彼女の教え子。「じじーず」も頭があがらない。

雨尾結城/池田良

配達物を運んでくる「まじょたく君」。村人たちの自由なネット注文に答えてくれる虹ノ村を支える男。若干悪態をつく。

都会の救命救急センターから村の診療所へ

都会の大病院の救急救命センターで働いていた紅野真空(高畑充希)は、ある日、病院で勤務中にめまいに襲われ、倒れてしまいます。

真空の病気は「多発性筋炎」

真空自身の診断は「皮膚筋炎」。

皮膚筋炎は、「多発性筋炎」とも言われる病気で膠原病の一つで、自己免疫疾患の一種です。

少しづつ病気が進行すると、いつかは日常生活に支障をきたし、最終的には命に関わることもある病気です。

休職を命じられ…

上司の医師からは、「うちでほしいのは医者で、患者ではない」と言われ、休職を命じられます。

真空は、医師ではありますが、お金持ちではなく、奨学金の返済もあります。

どうしても働かなければなりません。



父はすでに他界しており、母一人子一人です。

病気のことは、母(永野里美)には話すことが出来ません…。

虹に引き寄せられた縁

母が働くレストランで食事をした真空は、帰り道で夕立に見舞われます。

そのとき、たまたま一緒に雨宿りをした男性が、虹ノ村という小さな村の役場の職員・霧ケ谷(光石研)でした。

雨はすぐに上がり、空を見上げると虹がかかっていました。

霧ケ谷は、虹ノ村の特産物を東京のお店に置いてもらっていて、その日、東京に来ていたのです。

虹ノ村について調べる真空

そんな霧ケ谷との出会いで、虹ノ村に興味を持った真空は、ネットで村について調べていると「内科医募集」の文字が。

真空は、病気を隠してその求人に応募してしまいます。

すると、数秒で返事が返って来て、即採用!w

戸惑いながらも、少しうれしそうな真空。



真空はこうして、虹ノ村診療所の内科医として勤務することになります。



お医者さんって、自分で自分のことを診断できてしまうので、不治の病に罹ったらすぐにわかってしまうのは辛いですね。

真空はまだ27歳です…。

虹ノ村では大歓迎

真空は、深い山の中の虹ノ村にバスで向かいます。

虹ノ村に辿り着いた真空を、村全体で大歓迎。

子供たちは歌を歌ってくれて、たくさんの人が真空が村にやって来たことを喜んでくれました。

村の人々に紹介されて

サプライズ歓迎会を催してくれたのは、虹ノ村役場の緑川嵐(水野美紀)。

嵐の娘の日向(中野碧咲)が、真空を手招きしてくれたのです。

お母さんは明るくて賑やかなのに、日向はちょっぴり恥ずかしがりやな女の子。

そこに、遅れて来たのは、ツナギにサングラスの男性と看護師らしき若い男性。

外科医の浅黄朔(井浦新)と看護師の蒼山太陽(北村匠海)です。

これから、一緒に働く虹ノ村診療所のスタッフです。

村にお店は一つだけ

虹ノ村に、お店はたった一つだけ。

「虹ノ村商店」です。

夫婦で経営しているお店で、奥さんはまるで少女のように可愛らしい女性です。

「私、橙田雪乃。ここの看板娘らしいの」と恥ずかしそうに言いますが、「らしい」というのを、少し不思議に思う真空ですが…。

雪乃(安達祐実)は若年性認知症なのです。

職場はとても可愛い小さな診療所

さっそく診療所に案内される真空。

そこは、小さなお城のような可愛い建物。

真空は大喜びです。

浅黄と蒼山

これから一緒に働く浅黄と蒼山は、あまり仲が良くないようで…w

特に、蒼山はキレやすいタイプで、浅黄の言動にイラッとくるようです。



しかし、この二人のやり取り、本当におもしろいです!

若さゆえにキレやすい蒼山くんですが、仕事には自信があって、やる気満々。

浅黄は、どこか正体不明で、なぜこの診療所に来たのかも実はよくわかっていません。

ただ、なんだかんだでいいコンビです。

真空の部屋

蒼山に案内された真空の部屋は、あたたかい雰囲気で、とても可愛いです。

真空は、あっという間にこの部屋に馴染んで、気に入ったようです。

ベッドルームはロフトになっていて、すごく可愛い!

そして、蒼山が去った後、真空は「ここにいたいな…」とつぶやきます。



真空は、いつかは病気のことも話さなければならないと思いますが、今は自分の居場所を見つけて、幸せな気持ちになりました。

虹ノ村商店で真空の歓迎会!

その日は、村の主要メンバーで、改めて真空の歓迎会が開かれました。

楽しく会食をしていると、突然の嵐が!

そして、停電してしまうのです。

「じじーず」の博さんが崖から足を滑らせて

虹ノ村の三人のおじいちゃんで結成されている「じじーず」の博さん(モト冬樹)は、お酒が大好き。

それなのに、真空先生の歓迎会にまだ来ていません。

心配した日出夫さん(泉谷しげる)が電話をかけて探しますが、行方がわかりません。

嵐のせいで雨風がひどく…。

そんな中、村の宅配便を一手に引き受けてくれている「まじょたく」くんこと雨尾くん(池田良)が、博さんが崖から落ちているのを発見!

博さんを診療所に運んで

すぐに診療所の三人が、博さんを救助に向かいます。

博さんは、意識がなく、足に大けがを負っているようです。

そして、雨で体が冷え、低体温症を起こして…。


村人総出で、博さんを助けようと奔走します。

ヒサシくんは熱中症

博さんの足の縫合をしていると、孫と二人暮らしのおばあちゃんから電話がかかってきます。

孫のヒサシくんが、お風呂でのぼせて意識がなくなってしまったようです。

体温が40℃になっています。

真空は、ヒサシくんの身体を冷やし、手早く冷静に処置をします。

さすが、大病院の救急センターの医師だっただけあります。



そして、朝が来る頃には、博さんもヒサシくんも意識を取り戻していました。

真空の告白

診療所の三人は、円陣を組んで、快哉を叫びます。

村の人たちも、診察室に入ってきて、みんなで喜び合います。

真空の涙

喜び合う村の人たちを見ていると、突然、真空が泣き出します。

そして、自分の病気のことを村の人々に打ち明けます。

「私は嘘をついていました。私は病気をかかえて生きています」と。

皮膚筋炎のことを正直に話し、「それでもここで生きていてはいけませんか?私、もうここしか行くところがないんです」と涙を流します。



村の人々は、「ずっとここにいてください!」

浅黄先生と蒼山くんは、「医者で患者か。最強じゃん!」



そして、真空は本当の自分の「居場所」を見つけたのです。

ドラマ「にじいろカルテ」第1話の感想 最後に

ドラマ「にじいろカルテ」第1話の感想でした。

初めから、もう絶対いいドラマってわかるやつやん!w

高畑充希さんは、声がいいですね。

もちろん、見た目も可愛らしいのですが、心に響く鈴を鳴らすような声。

医療系のドラマは、患者さんが助かったときの爽快感が格別です。

本作は、医師の真空が難病をかかえているということで、そちらも心配なところです。



そして、やっぱり、水野美紀さんが、おもしろすぎる。

サングラスを家の中でもかけている浅黄先生に、「西部警察か!西部警察気取りか!」って言ってましたが、アドリブっぽいですね。

西部警察って、ちょっと古いところもまた面白いwwww

次回もものすごく楽しみです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA