ドラマ「俺の家の話」第1話 感想|主演・長瀬智也 濃すぎる家族の全力介護が始まる!

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「俺の家の話」第1話の感想です。

おもしろくて、考えさせられて…。

長瀬智也さん、最後のドラマになるのでしょうか。

初回からとても感動しました!

ドラマ「俺の家の話」第1話の感想 はじめに

あらすじ

プロレスリングでマットに叩きつけられ、ロープへ投げ飛ばされながらも、ブリザード寿こと観山寿一(長瀬智也)は、自分の家族について思いを馳せていた。

寿一は幼少時代、重要無形文化財「能楽」の保持者である父の観山寿三郎(西田敏行)から一度も怒られたことがなかった。一緒に悪さをしても、怒られるのは弟子で芸養子となった寿限無(桐谷健太)のみ。しかし寿三郎は、初舞台以降「神童」と讃えられた寿一を褒めることもなく、それが幼い彼の心を傷つけていた。やがて反抗期を拗らせた寿一は、母の死後、家を出てプロレスラーの道へ進む。そこには、寿一が憧れていた家族の形があった。

さらに時は流れて現在。ピークを過ぎたレスラーとなった寿一の元に寿三郎危篤の知らせが飛び込んできた。急いで病院に駆け込んだ寿一は、久しぶりに会った弟の踊介(永山絢斗)と妹の舞(江口のりこ)から、一昨年に寿三郎が脳梗塞で倒れたことを聞かされる。別れの挨拶は2年前に済ませたと遺産や相続の話を始める弟妹に激昂する寿一。そして寿一は二十八世観山流宗家を継承すべく、プロレスラーを引退することを決めるのだった。

引退試合を終えた寿一を待っていたのは、寿三郎が退院したという知らせだった。一門の幹部、そして家族を前に、これまでの威厳はどこへやら、デイケアサービスで寿三郎の担当ヘルパーだった志田さくら(戸田恵梨香)と結婚すると言い出した寿三郎。呆気にとられる寿一ら家族を余所に、自身の余命とすべての遺産をさくらに相続すると告げ・・・!?

[引用元]TBSテレビ「俺の家の話」公式サイトSTORY

【脚本】宮藤官九郎

登場人物

観山寿一/長瀬智也
ブリザード寿の名前で活躍するプロレスラー。観山流宗家の長男。4歳で初舞台に上がり神童と呼ばれるが、17歳で家出。大手プロレス団体に入門。人気プロレスラーとして活躍し、結婚。武者修行の旅にでて、プエルトリコチャンピオンになるが、大けがをして、帰国後、妻から離婚を切り出される。現在は「さんたまプロレス」所属。父・寿三郎が倒れたことから実家に帰り、プロレスラーを引退。寿三郎の後を継ぐ。

観山寿三郎/西田敏行

重要無形文化財「能楽」保持者で、二十七世観山流宗家。全国に一万人以上の門弟を持つ。二年前、脳梗塞で下半身麻痺が残り、依頼のあった公演を全て断っている。その後、倒れて危篤状態に。奇跡的に復活し、介護ヘルパーの志田さくらと結婚宣言をする。

観山寿限無/桐谷健太

小学1年生から寿三郎の弟子になる。幼少期は寿一の遊び友達。寿三郎の芸養子となり、寿三郎の後を継ぐべき立場になったが、寿一に観山流を継いでもらいたいと思っている。観山流を裏から支えるなくてはならない存在。

長田舞/江口のりこ

観山家の長女で、進学塾の講師。寿一の妹。女性というだけで宗家を継げないことで寿一や踊介には劣等感がある。今も能の稽古は続けている。息子の大州が宗家を継ぐことを願っている。

観山踊介/永山絢斗

観山家の次男で、自由奔放な兄・寿一を反面教師にしている。堅実に生きることを決意し、弁護士になった。能が好きで今も稽古を続けている。自分に才能がないことをわかっている。父、寿三郎と婚約したさくらを信用していない。

O・S・D/秋山竜次
舞の夫。自称・ラッパー。現在はラーメン店を4軒経営。週に6日厨房に立つ。

長田大洲/道枝駿佑

舞の一人息子。何でも思ったことを口に出す。母に言われ、能の稽古をしているが、能の世界で生きていくかどうかはわからない。

   ◆

プリティ原/井之脇海
「さんたまプロレス」に所属するレスラー。寿一の全盛期時代のファン。寿一の引退試合でタッグを組む。

堀コタツ/三宅弘城

「さんたまプロレス」会長。試合があるときはレフェリーを行う。

長州力/長州力

「さんたまプロレス」の幹部。

スーパー多摩自マン/勝村周一朗

「さんたまプロレス」の覆面レスラー。

   ◆

ユカ/平岩紙
寿一の元妻。秀生の母。ブリザード寿の大ファンで結婚したが、アメリカ武者修行中、音信不通になった寿一に離婚を突き付ける。

観山秀生/羽村仁成

寿一の息子で小学五年生。学習障害があり、学校に馴染めない。両親の離婚後は寿一に会えるのは週に一回だけ。落ち着きがないが、能の稽古だけはじっと見ていられる。

   ◆

志田さくら/戸田恵梨香
寿三郎の介護を担当する謎の介護ヘルパー。寿三郎との結婚を快諾する。介護士ではないため、体に触れる介護は基本しない。

末広涼一/荒川良々

「あつまれやすらぎの森」のケアマネジャー。

名門の長男であるが故の苦労と寂しさ

観山寿一(長瀬智也)は、能の二十七世観山流宗家・観山寿三郎(西田敏行)の長男として生まれ、生まれたときから家を継ぐことが決められていました。

17歳のとき「どうして俺なんだ?」と父に聞くと、「そういうものだからだ」と言われ、納得がいかずに家を飛び出し、プロレスラーの道を歩むことになります。

幼い頃の寿一と父

寿一は、幼い頃から父とはほとんど口をきいたことがありませんでした。

何か注意されるときも、父親本人からではなく、弟子の人から口伝えで注意されたり、寿限無(桐谷健太)といっしょに悪さをしても、叱られるのは寿限無だけ…。

寿一は、それがとても寂しかったようです。



これが、名門の家に生まれた長男の宿命なのでしょうか。

大手プロレス団体に所属

寿一は、デビュー戦の入場のときのアナウンスの間違いで「ブルーザー寿」を「ブリザード寿」と紹介されてしまいます。

実際、そんなミスあるの?!って笑うんですけどw

しかし、それ以来寿一は「ブリザード寿」というリングネームでレスラーとして活動することになります。

父が危篤の知らせが入る

試合を終えた寿一の元に、父の寿三郎が倒れて危篤状態にあるという知らせが入ります。

連絡をくれたのは、妹の舞(江口のりこ)でもなく、弟の踊介(永山絢斗)でもなく、父の弟子で寿一の子供の頃からの遊び相手だった寿限無でした。

寿三郎は、一昨年、脳梗塞で倒れていたようです。

その頃、寿一はアメリカに武者修行に行っていたので、連絡が取れなかったようです。

その後、デイケアサービスに週2日通い、それ以外は舞と踊介、寿限無が順番で介護しに来ていたようです。



本作でも江口のりこさんがおもしろい!

何気ないセリフでも、江口のりこ調なセリフ回しがすごくいい感じです。

父親の話を兄弟でしているときに、「フェーズ」という言葉を使うと寿一は意味が分からず、何度も「…フェーズ」とつぶやくシーンも、「フェーズだよ。段階!使ってみたかったんだよ」には爆笑してしまいましたw

宮藤官九郎さんの脚本って、本題からそれたところで笑えて、その笑いが後を引く感じがすごく好きw

財産分与の話し合い

二年前に、寿三郎は舞台の上で倒れたようです。

舞も踊介も、そのときに泣くだけ泣いたので、今回の父の危篤はもう現実的な気持ちにしかならないようです。

そして、きれいごとはなしで、財産分与について話し合おうとしています。

観山流宗家の観山寿三郎は、もう、能を舞うことも出来ない、介護が必要なただのおじいちゃんになってしまったのです。

観山寿三郎は、舞台で倒れた日に「死んだ」のだと。



しかし、寿一は「親父はまだ死んでない」と言って…。

父との思い出はプロレスだけ

寿一の息子の秀生(羽村仁成)は、学習障害で多動症だと病院で診断を受けています。

教室ではじっとしていられなくて、授業中でも外に出てしまったり…。

寿一は、週に一度でも秀生の勉強を見てやろうとしていますが、なかなかうまく行かないようです。



しかし、寿一は子供の頃、父に勉強を見てもらったことがありません。

たった一つの父とのつながりは、一緒にTVでプロレスを観ることでした。

家を飛び出した寿一がプロレスラーになったのは、それが理由です。

宗家を継ぐのはなぜ俺なんだ

寿一は、財産分与の話の途中で家を飛び出し、父の病室にやって来ます。

寿三郎のスマホを持って。

もっとオリジナルな理由

寿一は自分が跡を継ぐ理由が何なのか、父に聞きたいようです。

素直だから?勘がいいから?顔が濃いから?

顔の濃さは、この際関係ないと思いますけどw

そんなことじゃなくて、もっとプロレスのチャンピオンベルトのような唯一無二の理由が欲しい。



寿一は寿三郎の枕元で「そういうもんだ」と言われたことを思い出し、子供は親に褒められたいものなんだよと言います。

寿一は、寿三郎に褒められたくてプロレスラーになって、チャンピオンになりたかったのです。

寿一の引退

寿一は、これから父の介護をして、三十八世を継ぐと眠り続ける父に告げます。

そして、プロレスは引退することに。

ブリザード寿に憧れてプロレスラーになったプリティ原(井之脇海)は「まだできますよ!」と言いますが、寿一の気持ちは決まっています。

「それなら、ブリザード寿の引退試合は俺とタッグを組んでください。最高の花道を用意しますよ!」というプリティ原。

しかし、結局、プリティ原は「ゾーン」に入ってしまって、ブリザード寿の引退試合なのに、自分が決めてしまいます…。



「ゾーン」って一体、何?w

余命一年 さくらちゃんと婚約

寿一は、寿三郎のために引退して、長くのばしていた髪を切っていると、また知らせが入ります。

寿三郎が退院したと。

悪い知らせといい知らせ

寿三郎は、悪い知らせといい知らせがあると、集まった弟子たちの前に現れます。

能の舞台に車椅子で。

寿三郎は、医師から余命半年と言われたこと。

医師は短めに言うものだから、一年だと思ってくれ。

弟子たちと子供たちは驚きますが、いい知らせはもっとびっくりでしたw



いい知らせは、寿三郎が介護ヘルパーのさくら(戸田恵梨香)と婚約したということ。

今まで、寿三郎は宗家としていろんなことを我慢して来たので、最後の一年は好きにぶちかますそうです。

そして、悪い知らせは、自分の財産は全部さくらに譲渡するということでした。

さらに、給料を二倍払うから、さくらを在宅介護ヘルパーとして雇うというのです。



しかし、さくらは介護ヘルパーなので、体に直接触れる介護はできません。

そのため、家族が介護をしなければならないのです。



さくら…ちょっと怪しいw

スマホに録画されていた

財産は、さくらに譲渡されるとしても、宗家を継ぐのは誰なのか…。

寿三郎は、一人だけ立候補したものがいると言い、おもむろにスマホを差し出すさくら。

意識がない寿三郎の枕元で、寿一が言った「俺が三十八世、継いでやるよ」と言ったのがスマホに録画されていました。

さくらの隠し撮りですw

寿三郎は「財産が欲しければ、俺に嫌われないようにちゃんと介護しろよ」と、子供たちに言います。

寿一は財産目当てではなかったけれど、借金もあるし、一銭ももらえないのか…と少し落胆しますが、父の介護を引き受けることになりました。

寿一の担当は入浴介護とOMT

子供たちが順番で、寿三郎の介護をするのですが、みんなそれぞれの仕事で忙しいようです。

そのため、寿一は「俺がやるよ。そのために帰って来たんだから」と言うと、さくらは、寿一さんには他にお願いしたいことがありますからと。

OMTとは?

入浴介護は、わかりますが、OMTとは一体何のことなのか?

OMT=おむつ交換です…。

さくらは「他人の私が出来て、何であんたが出来ないのよ」と怒りますが、家族だからこそできない…という寿一の気持ち、よくわかります。

私も父の介護をしていたとき、私に介護されるのを嫌がっていました…。

親子とは「そういうもの」です。

認知機能検査を受けた寿三郎

寿三郎は、頭はしっかりしていると思っていましたが、念のため認知機能検査を受けることになりました。

すると、少し認知機能が低下しているのがわかります。

このシーンは、辛いシーンでした。

私自身も、両親が認知機能検査を受けたとき、同席していました。

何でも知っていた自分の親が、簡単なテストを一生懸命答えようとして出来ないところを見るのは、とても辛かったことを思い出します。

そして、本人が一番情けなく、辛いこと。



特に寿三郎さんが脳梗塞で倒れているのは、うちの父と同じなので…。

そんなもんだからだよ

寿一は、赤ちゃんのとき、寿三郎に一度もおむつも変えてもらったことがなく、お風呂に入れてもらったこともないようです。

寿三郎が言うには、お能は神様に奉納するための神聖な舞だから、おむつ替えた手で舞うことなんて出来ないんだと。

寿一は「あんたがやってくれなかったことを代わりに俺がやってやるよ。なんでかわかるか?そういうもんだからだよ」



寿一、最高にカッコいいな。

ドラマ「俺の家の話」第1話の感想 最後に

ドラマ「俺の家の話」第1話の感想でした。

笑える場面もたくさんあって、考えさせられること、心がシンとなること…いろんなことを感じることが出来るドラマでした。

いいドラマだなぁ。

初回から、すごく感動しました。



一方、最後に、ネットでさくらのことを調べていた踊介が見つけたのは…。

さくらは後妻業の女?!

次回も楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA