映画「愚行録」 感想|主演・妻夫木聡 人の嫌な部分を凝縮したまさに”愚行録”

こんにちは。

はるき ゆかです。



映画「愚行録」の感想です。

原作は未読です。

正直、本作は観て楽しい気持ちになれる映画ではありません。

人間誰でも嫌な部分を持ち合わせているものですが、本作はそんな人間の暗部を凝縮して、まざまざと見せつけられる映画です。

世界はこれほどまでに、悪意で溢れているものなのか。

最後の最後まで明かされていく残酷な真実_。

映画「愚行録」の感想 はじめに

あらすじ

エリートサラリーマンの夫、美人で完璧な妻、そして可愛い一人娘の田向(たこう)一家。絵に描いたように幸せな家族を襲った一家惨殺事件は迷宮入りしたまま一年が過ぎた。週刊誌の記者である田中は、改めて事件の真相に迫ろうと取材を開始する。殺害された夫・田向浩樹の会社同僚の渡辺正人。妻・友希恵の大学同期であった宮村淳子。その淳子の恋人であった尾形孝之。そして、大学時代の浩樹と付き合っていた稲村恵美。ところが、関係者たちの証言から浮かび上がってきたのは、理想的と思われた夫婦の見た目からはかけ離れた実像、そして、証言者たち自らの思いもよらない姿であった。その一方で、田中も問題を抱えている。妹の光子が育児放棄の疑いで逮捕されていたのだ_。(C)2017『愚行録』製作委員会

[引用元]Amazonプライムビデオ「愚行録」あらすじ

【監督】石川慶
【原作】貫井徳郎

登場人物

田中武志/妻夫木聡
週刊誌の記者。一年前に起こった一家殺害事件を再び追いたいと申し出る。光子の兄で、幼い頃、父親から暴力を受けていた。

田中光子/満島ひかり

娘の育児放棄で裁判中。精神鑑定を受けている。武志の妹。

田向浩樹/小出恵介

名門大学・稲大卒。一見、さわやかでイケメンで感じのいい、家族思いのエリートサラリーマン。しかし、入社した会社での配属先は希望の部署ではなかった。そして、田中武志の取材で、本性があらわになり…。

夏原(田向)友希恵/松本若菜
田向浩樹の妻。名門大学・文応大学卒。いわゆる「内部生」(文応大は幼稚舎からの一貫校)ではない。美人で感じのいい人という周囲の印象とは裏腹に本性は…。

宮村淳子/臼田あさ美

文応大卒。夏原(田向)友希恵の大学の同級生で、現在はカフェの経営者。

稲村恵美/市川由衣

田向浩樹の大学の同級生で元恋人。田向の本性を知る一人。父親の会社の社員と結婚し、子供がいるが…。

尾形孝之/中村倫也

宮村淳子の元恋人で、その後、夏原友希恵に乗り換える。

山本礼子/松本まりか

田向浩樹の会社の後輩。田向と渡辺に弄ばれる。

渡辺正人/眞島秀和

田向浩樹の会社の同期。田向と同じ稲大卒。田向浩樹と同様、配属された部署は希望通りではなかった。そのため、同期の中でも田向とは気が合った。

橘美紗子/濱田マリ

田中光子の担当弁護士。本作では数少ない人のために働く人物。

杉田茂夫/平田満

田中光子の主治医。精神科医。

武志・光子の母/山下容莉枝

田中兄妹の母。身勝手な母親。

人間、誰もが持っている暗部をえぐる

人間は、誰しも自分の幸せを第一に考えるものです。

しかし、人間はそれを記憶の外に追いやって、善人の顔をして生きています。

そうでなければ、自己嫌悪にかられて平気な顔ではいられないと思います。

幸せな田向一家

本作の中心に据えられているのは、「田向一家殺害事件」。

夫婦と一人娘の一家全員が、何者かに殺害され、未解決のまま一年が経とうとしています。

田向浩樹(小出恵介)は、通称”稲大”と呼ばれる名門大学を卒業した一流企業のエリートサラリーマン。

妻の友希恵(松本若菜)は美しく、名門文応大学を卒業した才媛で、夫婦ともご近所からは「とても感じのいいご夫婦」と言われています。

一人娘も可愛らしく、幸せを絵にかいたような一家です。

そんな幸せな家族が、何故一家全員殺害されなければならなかったのでしょうか?

週刊誌の記者・田中武志

田中武志(妻夫木聡)は、週刊「テラス」の記者ですが、いつも死んだような目をして仕事もやる気もあるのか、ないのか…。

そんな田中は、ちょうど一年ほど前に起こった「田向家一家殺害事件」について再び取材し、事件について深く掘り下げてみたいと編集長に告げます。

他の記者には、「他にやることはいくらでもあるだろう」と言われるのですが、編集長は田中の願いを聞き入れます。

実は、田中自身が「ある事件」を抱えていたのです。



本作の妻夫木聡さんは、かなり精神的に疲れ果てた記者役。

先日まで観ていたドラマは、コメディタッチのミステリーだったので、その落差がすごいです。

妻夫木聡さん演じる武志の顔を見ていると、こちらまで体がだるくなってため息が出そうになります。

武志の妹・光子

武志の妹の光子(満島ひかり)は、今、拘置所に収監されています。

自分の娘・ちひろの育児放棄をして、ちひろは衰弱しきった状態で見つかりました。

今は、病院で治療を受けていますが、助かったとしても脳に障害が残るだろうと言われています。



光子の面会に行く武志は、悲し気な目をして「ちひろのことは、俺がちゃんとするから…」と言いますが、光子は「あの子、もともと食が細いから大丈夫だよ」とまるで他人事のようです。

光子の担当弁護士の橘美沙子(濱田マリ)は、光子の様子はあまりにも普通ではないので、一度精神鑑定を受けるべきだと武志にアドバイスします。

武志は光子のことはお任せしますと橘弁護士に言って…。

田向浩樹という人間の本性

田向浩樹は、自分自身のことをとてもよくわかっているようです。

見た目もよく、女性に受けがいいタイプだということを。

そして、人をどれだけ傷つけても平気で、どこかいつも薄笑いを浮かべているのが本当にゾッとします…。

女性は本命以外は利用するもの

本作の中で、妻となった友希恵との出会いについては触れられていませんが、大学時代から付き合っていた何人もの女性は、自分の「道具」としてしか見ていません。

大学の同級生・稲村恵美(市川由衣)の証言より

田向浩樹は、就職活動のために、自分が狙っている会社の重役の娘たちに手を出し、その女性たちが自分を間に挟んで揉めていると、ものすごく意地の悪い、心にもないことを言います。



「僕は結婚したら、妻は何よりも大切にしたいし家族は幸せにしたい。こんな揉め事を起こさなかったら、君たちのどちらかが将来僕の横にいたかもしれないね」



女性を利用して、揉め事を起こさせて、最終的には女性の心を抉るような言葉を投げつける。

一体、どこが「感じのいいエリートサラリーマン」なんだか…。

そして、田向浩樹は、結局は自分の実力で就職活動を終えるのです。

ただ、いたずらに二人の女性のプライドと心を傷つけただけです。

田向浩樹は、全く悪びれた様子もなく、画面に出てくる間中、ずっと半笑いなのが、ものすごく嫌な気持ちにさせられます。

社会人になってからも

田向浩樹は、社会人になってからも、自分のような「感じのいいエリート」と結婚したがる女性が群がってくることをよくわかっていました。

同期の渡辺正人(眞島秀和)の証言より

同期入社の渡辺正人とは、一人の女子社員・山本礼子(松本まりか)を弄ぶようなことをして、二人で陰で笑いあっていました。

田向と渡辺が働いている会社の女子社員は、男子社員の「お嫁さん候補」として採用されるので、美人が多いのです。

田向は本当に「感じの悪い男」で、誰かに恨まれていても不思議ではありません。

しかし、命を奪われても仕方がないとまでは言えない、ギリギリのラインを保っています。

その巧妙さも、本当に嫌な気持ちにさせられます。



とにかく、ずっと半笑いなのが、癪に障る…。

人を貶めて、そんなにうれしいのか。

稲村恵美の復讐

田向浩樹が、このような人間だということが、田中の取材でわかりました。

しかし、田向浩樹自身も、さらに妻や娘の命まで奪われるほどの恨みをかっていたようには見えません。



そして、田向浩樹が大学時代、就職活動のために利用した女性のうちの一人・稲村恵美のある「復讐」にも、背筋が寒くなりました。

もちろん、恵美は一家殺害の犯人ではありませんが。

女性ならではの「復讐」と言えるかもしれません。

田中武志が取材で話を聞きながら、呆然とするような…。

夏原友希恵という人間の本性

のちに田向浩樹の妻になる友希恵(松本若菜)の旧姓は夏原。

見た目は清楚な美人。

しかし、心の中はかなり自己中心的で悪魔的なようです。

内部生と外部生

文応大学は、幼稚舎からエスカレーター式に大学まで行ける一貫校として知られています。

そして、内部進学の学生と大学から文応に入学した「外部生」とは立場がかなり違うようです。

内部生は内部生としかまともに付き合わず、外部生が内部生と仲良くなることを「昇格」と言います。



本作の稲大、文応というと、実在の某大学を連想してしまいますね。

特に文応大学は本作の架空の大学ですが、私の友人にも文応と同じく幼稚舎から大学までの一貫校である某大学に、大学から入学した人がいます。

いわゆる「外部生」です。

その某大学は、かなり偏差値の高い大学で私立大学ではトップクラスの大学。

たしかに、某大学も、本作の文応と同じように内部生と大学からの外部生は、くっきりと分かれていたようです。

特に幼稚舎からの内部生とは生活レベルが違いすぎ、話が合わないから付き合いづらかったそうです。

どうしても、内部生は絆が強くなりがち。

しかし、大学生ならもっと世界を広げるためには、そういうことにこだわるのも「愚行」だと思うのですが…。

夏原さんは内部生と仲良く付き合う外部生

夏原友希恵は、外部生ですが内部生と仲良く付き合っていました。

友希恵は外部生で、初めに「昇格」した人でした。

他の外部生は、夏原友希恵に取り入って内部生に自分をつないでもらおうとしてくるものもいました。



まず、友希恵が「昇格」した大きな理由に一つは、美人であったこと。

内部生に通じる華やかさがあったということです。

友希恵の実家は、ごく一般的な家庭で文応でいうなら「普通」の家柄。

しかし、彼女が内部生と仲良くできたことは美人であることだけではなかったようです…。

友希恵は、内部生の男子学生たちにある「融通」をきかせていたからです。

友希恵の悪魔的な性質

友希恵はどこか特別な雰囲気がありました。

美人だから目立つのですが、出しゃばらないのに「特別感」がある…。

現在カフェを経営している宮村淳子(臼田あさ美)は、文応出身で、友希恵とは同級生でした。

田中の取材に応じた宮村淳子と尾形孝也の証言です。

宮村淳子の証言より

宮村淳子は、夏原友希恵とは真逆のタイプでした。

ファッションや髪型、言動なども。

そんな友希恵は、淳子に憧れていると言います。

そして、淳子は内部生との合コンなどにも、誘われるようになります。

淳子は帰国子女でした。

友希恵にはない、語学力が淳子にはありました。

宮村淳子には、大学もバイトも同じ恋人・尾形孝之(中村倫也)がいます。

淳子が友希恵に誘われて合コンに向かうと、その場に尾形がいました。

二人は恋人同士だということを隠してその場をやり過ごします。

尾形孝之の証言より

合コンの後、淳子は尾形の友希恵に対する態度に怒りをぶつけます。

尾形は友希恵に、とても親密な感じで接していたのです。

淳子は、友希恵に嫉妬していたのです。

尾形孝之は、友希恵と合コンで知り合ったあと、学内で偶然会います。

友希恵は、尾形に買い物に付き合ってもらったときに、さりげなく尾形に思わせぶりなことを口にします。

「宮村さん、尾形さんの恋人ならもっと優しくすればいいのに」

そんな尾形は、隠れて夏原友希恵に会うようになります。

そして、淳子に別れを告げ…。



宮村淳子は、「夏原さんが私に憧れていた」と田中の取材では答えていましたが、尾形は逆だと言います。

むしろ、淳子は外部生から「昇格」した夏原友希恵になりたいと思っていたはずだと。

そして、あるパーティ会場で、淳子は友希恵の頬をみんなの前で叩きます。

頬を叩かれたとき、友希恵は少し笑ってから叩き返します…。

このときの夏原友希恵、怖いです。

人の恋人を奪っておいて、「ああ~夏原さん」と笑顔で迎えることが出来るとは…。

これは、一体何のために?

人のものを奪いたい?

自己顕示欲?



宮原淳子の言うように、「夏原さんならどこでどんな恨みをかっていてもおかしくない」

精神鑑定の中で

光子の精神鑑定中に、おぞましい事実が発覚します。

光子の苦しみや悲しみ、そしてみじめさ。

武志と光子の母

武志と光子の母は、二人のことが邪魔な存在だったようです。

光子へのネグレクトと武志への父からの暴力。

母は、16歳で武志を生み、持て余しているのに光子が生まれました。

さらに光子は父親から性的虐待も受けており、母に相談すると光子は「誘惑したお前が悪い」と言われて…。



現在、母親は再婚し、小学生の子供がいます。

そして、弁護士の橘に「人は前を向いていかなければならないんです。今の幸せを私は大切にしたいと思います」と言うのです。

これは、苦しめた側の言い草ではなく、苦しめられた側が言う言葉です。

子供は親を選べない…。

この母親の底知れない無責任さ、身勝手さと愚かさ。

宮村淳子からの電話

田中武志は、橘弁護士との面会中に、宮村淳子からの電話を受けます。

田中から一度取材を受けていた宮村は、思い出したことがあると言って。

「思い出したんです。夏原さんに人生壊された人」

見えていた景色が突然変わって

本作の結末は、全く予想がつかないほど衝撃的でした。

そこにつながっていくのか…。

見えていた景色が、根底からひっくり返されます。



ぜひ、映画をご覧になって、その衝撃を感じてみてください。

映画「愚行録」の感想 最後に

映画「愚行録」の感想でした。

結末が衝撃的過ぎて、思わず「え?」と声が出てしまいました。

からっぽで愚かな人間の死の理由。

自分の利益のために人を傷つけることに、あまりにも無感覚になってしまうことが、どれほど怖ろしいことなのか。

人の心は、本当に「壊れてしまう」ものだと、心していなければなりません。

くだらない愚かな自尊心と選民意識。

「人間は愚かだ」と改めて気づかされました。


映画「愚行録」はAmazonプライムビデオ、U-NEXTで観ることができます!


Amazonプライム・ビデオ





原作本は以下より購入できます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA