ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」第1話 感想|主演・亀梨和也 最新鋭の機器を駆使し犯人を捕まえる!

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」第1話の感想です。

全国には監視カメラが500万台あるようです。

婚約者を殺害された伏見響介は、KSBCのシステムを使って犯人を捕まえるために警察に戻ってきました。

犯人の目的は一体…。

ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」第1話の感想 はじめに

あらすじ

伏見響介(亀梨和也)は、かつて神奈川県警の捜査一課で働いていた元敏腕刑事。しかし彼は、婚約者の美保(小野ゆり子)が何者かに殺害されたことで、警察を辞めてしまう。その後は浮気調査専門の探偵事務所を開業し暮らしていた。

伏見が警察を離れてから3年。神奈川県警に、監視カメラや防犯カメラの映像データをリアルタイムで解析し、事件解決に役立てる組織「神奈川県警捜査分析センター=KSBC」が発足した。組織の統括責任者に任命されたのは、かつて捜査一課に所属していた伏見の元上司・島原(松下奈緒)。島原は伏見に、分析結果を元に捜査にあたる「特別捜査官」としてKSBCに加わってほしいとオファーする。

伏見は、自身が営む探偵事務所の仲間もKSBCの捜査官として受け入れることを条件として提示。しかし伏見が連れてきたのは、元自衛官で夫を殺害した湊川(シシド・カフカ)をはじめ、詐欺罪で逮捕された元大学教授・山崎(木村祐一)、天才ハッカーの小牧(松村北斗)ら”元犯罪者”ばかりだった。

“元犯罪者”である伏見たちの参加に、KSBCの情報分析官・長篠(趣里)らが戸惑う中、公園の駐車場で女性が襲われ、男に連れ去られる事件が発生。鋭い観察眼を持つ伏見と“元犯罪者”の仲間たちは、その能力を駆使して捜査を開始する!

[引用元]日本テレビ「レッドアイズ 監視捜査班」公式サイトSTORY

登場人物

伏見響介/亀梨和也
神奈川県警捜査一課の元敏腕刑事。KSBC(神奈川県警捜査分析センター)の特別捜査官。三年前に何者かに婚約者を殺害され、警察を辞めた。その後は、山崎、小牧、湊川と探偵事務所を開業。洞察力と行動力に優れているが、殺害された婚約者のことになると感情のコントロールが出来なくなる。

島原由梨/松下奈緒

新設されたKSBC(神奈川県警捜査分析センター)の所長。KSBCを指揮する有能なリーダー。県警捜査一課時代より、伏見の能力を高く評価しており、伏見をKSBCに招き入れた。

山崎辰二郎/木村祐一

元国立大学の犯罪心理学者。さまざまな犯罪データを記憶する優秀なプロファイラー。詐欺事件に引き込まれ、逮捕されたことがある。捉えどころのないタイプで、飄々としている。

長篠文香/趣里

KSBCのデータ解析を得意とする優秀な情報分析官。自らKSBCに志願。伏見ら「元犯罪者」たちとは捜査方針でもめることも多い。

小牧要/松村北斗

IT機器操作に長けている天才ハッカー。KSBCでは分析調査の中心人物。有名工科大学を卒業後、IT企業で勤務するが防衛省のサーバーに5回目に侵入したときに逮捕された。KSBCでは淡々と仕事をこなしているようで、心は正義感に溢れている。

湊川由美子/シシド・カフカ

身体能力に優れた元自衛官。一人息子を育てるシングルマザーでもある。息子には深い愛情を注ぐ。高校卒業後、自衛隊に入隊するが、夫からのDVにあうようになり、息子を守るためやむなく夫を殺害。そのとき逮捕したのが伏見だった。被害者に寄り添う思いやりがある女性。

長久手智亮/川瀬陽太

神奈川県警捜査一課の刑事。「足で稼ぐ」典型的なアナログ捜査を行う。そのため、KSBCに反感を抱いている。捜査一課時代から優秀な伏見が疎ましかった。

姉川保/長田成哉

長久手のバディ。KSBCの存在を内心うらやましく思っている。伏見には憧れの気持ちを抱いている。

奥州寛治/矢島健一

神奈川県警・刑事部長。島原の能力を信頼しているが、元犯罪者を引き入れたことを懸念している。KSBCの捜査システムに誇りを持っており、将来的には全国で採用されることを期待している。

湊川敢太/森島律斗

湊川の息子。母に手作りのお守りを作るなど、心優しい少年。母が仕事中は祖母に面倒を見てもらっている。

結城美保/小野ゆり子

伏見の婚約者。三年前、青いコートを着た男に刺殺される。犯人は逮捕されておらず未解決事件となっている。

大塩はるか/高橋ひかる

島原の妹。「石’s kitchen」で働いている。明るく、お姉ちゃんが大好き。忙しいお姉ちゃんをいつも心配している。

石津渉/福澤重文

はるかが働く「石’s kitchen」店主。はるかをあたたかく見守る。

青いコートの男/?

三年前、伏見の婚約者美保の命を奪った殺人鬼。犯行時、青いコートを身に着けていた。伏見は警察を辞めてからも捜査を続けているが、未だ逮捕に至っていない。

「神奈川県警捜査分析センター=KSBC」が発足

三年前、婚約者を殺害され、警察を退職した伏見響介(亀梨和也)。

今は、浮気調査専門の探偵事務所を経営しています。

事務所で雇っているのは、全て元犯罪者ばかり。

元上司・島原由梨に呼び出されて

伏見は、暴力団の組長の浮気調査中、島原由梨(松下奈緒)に呼び出されて、KSBCの部屋に連れていかれます。

全国には500万台の監視カメラがあると言われています。

その「目」で犯人を導き出し、逮捕するのがKSBCです。

島原は、このKSBCの指揮官に任命されました。

既に情報分析官は選ばれていますが、犯人逮捕の機動捜査部隊は、任命されておらず、まず白羽の矢が立ったのが伏見でした。



捜査一課時代から、洞察力、観察力に優れており、島原は伏見を高く評価しています。

伏見から出された条件

島原は伏見からの連絡を待っていました。

伏見は、KSBCの仕事を受けるにはある条件があると島原に告げます。

それは、自分の探偵事務所で働いている人間を一緒に雇ってほしいという条件でした。

伏見の事務所の調査員の三人

伏見の事務所には三人の調査員が働いています。

  • 山崎辰二郎…元大学教授の詐欺師
  • 小牧要…防衛相のサイトをハッキングして逮捕
  • 湊川由美子…元自衛官でDV夫を殺害

三人とも元犯罪者です。

山崎(木村祐一)は、元国立大学の教授で犯罪心理学者、小牧要(松村北斗)はどんなシステムも自在に操る天才ハッカー、湊川由美子(シシド・カフカ)は元自衛官で身体能力が高い。

しかし、前科者を警察で働かせるなんてあり得ないと島原たちは言いますが…。

伏見は探偵事務所で美保を殺害した犯人を捜していた

伏見が警察を辞めて、探偵事務所を設立したのは、恋人の美保(小野ゆり子)を殺害した犯人を見つけるためでした。

浮気調査を専門としてはいますが、三人の有能な調査員を雇って実際には美保殺害の犯人を見つけようとしているのです。

美保殺害犯の手がかり

伏見の事務所の壁には、美保殺害の犯人を追うための手がかりが壁一面に張られています。

何としても、伏見は犯人を自分の手で捕まえようとしています。



突然、プロポーズしようとしていた婚約者を亡くした悲しみは計り知れないものがあります。

伏見は復讐の鬼と化しているようです。

伏見の思惑

一旦、辞めた警察で仕事をすることを決意した伏見は、探偵事務所では美保殺害の犯人を追い詰めるには、限界があると考えたからでしょう。

KSBCなら最新鋭の機器と監視カメラを使って、美保殺害の犯人を見つけることが出来ます。



KSBCのシステムは、かなり有能なシステムのようです。

事件発生!

調査員三人のそれぞれの身元を確認していると、神奈川県警管内で事件発生!

若い女性が頭部を殴られ、連れ去られた映像が監視カメラに映っていました。

腕にギプスをした男

監視カメラに映っていた犯人を見た山崎は「テッド・バンディやな。この犯人の犯行は初めてやないことがわかったやろ?こいつの動きにはためらいや無駄がない。手慣れた犯行や」と分析。

小牧がテッド・バンディをPCで調べると、アメリカの大量殺人鬼で、腕にギプスをつけて相手を油断させ、犯行に及んでいた人間だということがわかります。



小牧くん、可愛らしい顔をして名うてのハッカーなんですね。

これからKSBCのシステムをうまく使いこなして、バリバリ仕事してくれそうです。

同様の犯行手口

島原の指示で同様の手口の犯行があったかを調べた情報分析官の長篠文香(趣里)は、約三ヶ月前にも同じような犯行があったことを調べ上げます。

被害者は翌日遺体は、山間部で発見されています。

そして、この事件は未解決であることがわかりました。



長篠さん、最新鋭の機器を使いこなす分析官。

カッコいいです。

本作の女優陣、みんなカッコいいですね。

被害者はモデル志望の女性

今回の事件の被害者は、モデル志望の女性でSNSでAYANEというアカウントを持っていました。

その日、TEDというハンドルネームの男と犯行現場の公園で待ち合わせをしていました。

彼女は、アマチュアカメラマンのモデルのアルバイトを、SNSで募り頻繁に行っていた女性のようです。

伏見は、この女性が着飾っているのに足元がスニーカーだったことに気づき、現場まで車でやって来たのではないかと目星をつけます。

彼女の車のナンバーから、被害者の身元を割り出すことが出来ました。

また、小牧の調べでは「TEDは、前回の犯行のとき、殺害をネット配信しているヤバい奴」ということもわかりました。

毎回夜の7時に配信しているので、今回の彼女もあと2時間後に殺害されると、山崎は言います。



ここまででも、山崎も小牧も、めちゃくちゃ優秀!

もちろん、伏見の洞察力や観察力は目も見張るものがあります。

現場に急行する伏見と湊川

前回の動画配信を見ていると、その男は青いコートを着ています。

美保を殺害した男も青いコートを着ていたのです。

五分で場所を特定しろと小牧に言い残し、伏見と湊川が現場に。

今回も遺体を山に捨てるはず

長篠は、なぜ場所がわかったの?と小牧に聞きます。

小牧は、前回の犯行も遺体を山に捨てているから今回も同じだろうと予測し、犯人の車の行き先がそこから近い南足柄方面だとわかったようです。

そして、AYANEの前にも被害者がもう一人いたようです。



小牧くん、SNSでの一般人のつぶやきも参考にしていて、さすがイマドキの若者ですね。

不審者検知システム

KSBCには「不審者検知システム」というものがあって、全身から出る微細な振動を感知して、今から犯行を行う人間がわかるというものです。

すごい…。

その微細な振動を出していたのは、犯行現場の駐車場の警備員でした。

監視カメラに女性が連れ去られるところが映っていたと通報してきた警備員です。

ライブ配信の現場は廃ホテル

山間部に入ると、監視カメラがないため、KSBCのシステムでも追跡不可能。

そして、伏見がライブ配信の画面を見て、その部屋にカード式TVがあることに気づき、現場は廃ホテルだと推理。

廃ホテルは二つあり、伏見たちが選んだホテルに犯人の車が止められていました。



すごい、観察眼!

警備員は脅されていただけ

捜査一課の長久手刑事(川瀬陽太)と姉川刑事(長田成哉)が、警備員を取り押さえますが、ライブ配信は始まっています。

警備員の男性は、犯人に脅され、おとりにされていたのです。

警備員はもう一人の被害者・ノゾミの父親でした。

伏見と湊川が突入

ギリギリのところで、伏見と湊川がライブ配信の現場に突入します。

犯人の腕には、美保を殺害した犯人と同じく傷がありました。

伏見は格闘の末、犯人を確保。

伏見は「お前が美保をやったのか!」と聞きますが、薄ら笑いを浮かべるだけの犯人。

伏見は三年前にも犯人らしき人間を見つけたとき、特別公務員暴行陵虐罪によって、警察を懲戒免職になっていました。

このまま本当の犯人かどうかわからないまま暴行を加えたら、伏見は…。

しかし、美保を殺害した犯人の腕にあった傷とこの犯人の傷は、傷の大きさが違っていました。



伏見は、美保のことになると感情がセーブできなくなるようです。

三人の採用と真犯人

やはり、今回の事件の犯人は、美保殺害の犯人ではありませんでした。

しかし、今回の事件が解決したのは、山崎、小牧、湊川の活躍があったから。

三人はKSBCに採用されることになりました。

ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」第1話の感想 最後に

ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」第1話の感想でした。

亀梨くんのアクションシーンが、かなりカッコいいです!

婚約者を殺害され、復讐に燃える伏見は、これからKSBCのシステムを使って犯人をどんな手を使ってでも捕まえると言います。

島原は、「美保さんの事件の捜査をさせるわけにはいかない。冷静でいられるわけがない」と言いますが…。



犯人は、青いコートの男以外にも実行犯がいるようです。

青いコートのかけてある部屋で、PCに向かう腕に傷のある男。

少し腕が細かったのですが、男性であることはわかりました…。

一体、犯人の目的は?

次回の展開も楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA