ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第2話 感想|主演:綾瀬はるか・高橋一生 太陽と月

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第2話の感想です。

2人が入れ替わって、それぞれの生活を始めることに。

そして、やはり日高が本当の殺人鬼であることが、彩子に恐怖と共に迫ってきます。

高橋一生、綾瀬はるかの演技が、とにかくすごいです!

ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第2話の感想 はじめに

あらすじ

捜査一課の刑事・彩子(綾瀬はるか)と殺人事件の容疑者・日高(高橋一生)は、階段から転げ落ちた拍子に魂が入れ替わってしまった…。

彩子<日高>は日高<彩子>に「出頭して一生を塀の中で過ごすか、それとも自分と協力して容疑を晴らすか」と二者択一を迫る。仕方なく後者を選択した日高<彩子>は、彩子<日高>の指示通り、家宅捜索が入る前に日高のマンションからダンボール箱をこっそり持ち出す。中に入っていたのは連続殺人の証拠となり得る品々だった。身体が入れ替わってさえいなければ大手柄なのだが…。

なんとか家宅捜索を乗り切った日高<彩子>は、そのまま河原(北村一輝)の事情聴取を受ける。そして、その様子を別室で見つめる彩子<日高>と八巻(溝端淳平)。八巻は彩子の雰囲気がいつもと違うことを変に思って尋ねるが、「路線変更です」と煙に巻かれてしまう。

警察は日高が犯人である確たる証拠を見つけられないまま、秘書・樹里(中村ゆり)の素早い根回しで日高<彩子>を釈放。マンションに戻った日高<彩子>は、居候の陸(柄本佑)のことを考えた。一緒に暮らしている陸なら、きっと本物の彩子ではないことに気づいてくれるはずだ。

ところがその頃、陸は彩子<日高>と仲良く食卓を囲んでいて…。

[引用元]TBSテレビ「天国と地獄~サイコな2人~」公式サイトあらすじ

登場人物

望月彩子/綾瀬はるか
警視庁捜査一課刑事。努力家で正義感が強いが、慌て者。ひょんなことから日高と魂が入れ替わってしまう。

日高陽斗/高橋一生

創薬ベンチャー企業「コ・アース」代表取締役社長。大手食品企業「サンライズフーズ」の御曹司。腰が低い好人物。しかし、裏の顔は猟奇殺人鬼。容疑者として追われているときに彩子と魂が入れ替わってしまい…。

渡辺陸/柄本佑

彩子の家に居候中のフリーター。清掃派遣員として働いているが、家賃や光熱費などは一切払わず、家事だけを担当。しかし、彩子の唯一の心の拠り所。

八巻英雄/溝端淳平

警視庁捜査一課の刑事。彩子のバディ。仕事が楽ならラッキーと言うゆとり世代。しかし、やるときはやる有能なタイプ。

五木樹里/中村ゆり

日高の秘書。日高と大学の同級生で、日高を絶対的に信用している。

富樫義貴/馬場徹

コ・アースの営業取締役。日高を信頼している。

湯浅和夫/迫田孝也

陸のバイト先の先輩。陸に「師匠」と慕われている。

十久河広明/吉見一豊

警視庁捜査第一課長。

新田将吾/林奏文

警視庁鑑識課。高度な鑑定で頼もしい存在。

五十嵐公平/野間口徹

警視庁捜査第一課・管理官。管理官でありながら周囲の様子をいつも気にする。

幅健太郎/谷恭輔

川原のバディ。川原を尊敬している。

川原三雄/北村一輝

警視庁捜査第一課主任。刑事としての能力は高いが、上の弱みを握っているという噂もあり、彩子はそのやり方を認められない。


【入れ替わり後の表記】

日高〈彩子〉=綾瀬はるか

彩子〈日高〉=高橋一生

二者択一を迫られる

魂が入れ替わってしまった彩子(綾瀬はるか)と日高(高橋一生)。

「このまま一生塀の中で過ごすか自分と協力して容疑を晴らすか」の二者択一を迫られる日高〈彩子〉。

殺人鬼を野に放ったままなのは心が痛みますが、仕方なく、容疑を晴らすことの方を選択します。

お互いのスマホを見られたくないものを消去して、交換します。

日高の家宅捜索

その日、日高〈彩子〉の家宅捜索が行われることになっていたので、証拠となるものを隠している段ボール箱を家から運び出してくるように言う彩子〈日高〉。

しかし、彩子〈日高〉が日高〈彩子〉を裏切る可能性もあります。

彩子〈日高〉は、自分が捕まる姿を見たくないから大丈夫だと言うのですが…。



このシーンの高橋一生さん、大慌てで走り回りながら、日高の豪邸を「すごっ!」と言うところ、本当に女子っぽいw

彩子だったら、絶対こんな感じだろうなと思わせる演技、すごいです。

段ボール箱は洗面台の引き出し

彩子〈日高〉から指示された証拠品を隠している場所は、洗面台の引き出しの中でした。

そこには、殺人現場で使われていた洗浄剤”サンプルQ”や三年前の官僚殺害事件の写真、Φマーク、殺人リスト…日高〈彩子〉にとっては、宝の山でした。

しかし、これが警察の手に渡ったら自分は絶対死刑にされることに気づき、愕然とします。



そして、日高〈彩子〉は、「証拠隠滅など、警察官として絶対やってはいけないことだ」と思うのですが…。

いつか元に戻ったときに、必ず日高を逮捕すると誓うのです。

日高の家宅捜索が行われる

警察が日高の住んでいる階へ昇るエレベーターに乗るのを確認して、証拠を持って、外に出ようとした日高〈彩子〉は、幅刑事(谷恭輔)と河原刑事(北村一輝)に見つかってしまいます。

そして、持ち出したカバンを調べられ…。

証拠品は宅配ボックス

すると彩子〈日高〉が、「お手伝いしようと思いまして…」と言いながら、川原刑事らの元に。

日高〈彩子〉は、河原刑事に荷物を確認されます。

そして、彩子〈日高〉は日高〈彩子〉に、証拠は宅配ボックスに入れているとこっそり耳打ちします。



本当はダメなことなのに、「見つかりませんように」と願ってしまうのはどうしてなのでしょうかw

そして、お化粧をした彩子〈日高〉は今までと全く雰囲気が違います。

綾瀬はるかさんも、本当にすごい!

日高の事情聴取

河原刑事は、殺人事件が起きた日の日高の行動を調べており(彩子のとって来た証拠もあり)、防犯カメラに映った時間や日高の姿から、1時間半の空白があることを指摘します。

しかし、日高〈彩子〉は、「散歩していた」としか答えません。

ロケーション履歴

河原刑事は、日高のスマホのロケーション履歴を確認すると言って、スマホを手に取りますが、履歴はなし。

抜かりないです、日高。

今回の事情聴取では、特に収穫なし。



職場の上司たちは、彩子〈日高〉が、あまりにも冷静沈着なので不思議に思っているようです。

特に、バディの八巻刑事は驚きを隠せません。

彩子〈日高〉は、「路線変更しようと思いまして」

しかし、八巻くんだけは、何となく怪しいと思っているようです。

ゆとりゆとりと揶揄されていますが、やはり刑事で彩子のバディなだけあります。

身体が入れ替わってからの生活

彩子〈日高〉と日高〈彩子〉は、これからプリペイド式の携帯で連絡を取り合うことになりました。

この辺りも、さすが頭脳犯の日高。

キュートな入浴シーン

身体が入れ替わっているので、お風呂に入るとき、結構大変w

日高〈彩子〉は、「絶対見ない!」と言いながらシャワーを浴びています。

めちゃくちゃキュートw

高橋一生さん、可愛いです。

陸と彩子〈日高〉

日高〈彩子〉は、陸(柄本佑)がどうしているかが気になってきました。

彩子は料理が出来ないので、全部陸が食事の用意をしてくれます。

日高〈彩子〉は、今日はどんなご飯だったのかなぁ…と思いながらコンビニ弁当を食べています。

そんな陸ですが、全く気づいていないようで、「彩子ちゃんが天使になった♡」と喜んでいますw

陸ーーーっ!!w

お互いの仕事の会議

お互い、日高〈彩子〉は社内会議、彩子〈日高〉は捜査会議に出席しています。

日高〈彩子〉は、チンプンカンプンw

彩子〈日高〉は、犯人として捜査会議がかなり興味深いようです。

そして、日高は今のところ、証拠不十分で容疑者から外されることになりそうです。

不敵な笑みを浮かべる彩子〈日高〉。

重要証拠の手袋の行方

鑑識課の新田(林泰文)から、被害者の口の中にあったパチンコ玉から検出されたカーキ色の手袋の件を聞かれた彩子〈日高〉と八巻。

八巻が正直に答えようとすると、彩子〈日高〉は「結局、日高には会えなかったんですよ」と嘘をつきます。



八巻くん、かなり彩子〈日高〉のことを不審に思い始めています。

あれだけ、日高を追及していた彩子が…。

耳を触る日高の癖を思わず出してしまった彩子〈日高〉のことも、「あんな癖あったかなぁ」と。

さらに、この手袋の話を、河原刑事に聞かれてしまい…。

実際に捕まるのは

手袋には、日高の指紋がもちろんついており、パチンコ玉に組織片が残っていたことから、かなり重要な証拠だと日高〈彩子〉は、彩子〈日高〉に言います。

少し興奮してしまった日高〈彩子〉は、彩子〈日高〉にキツイ言い方をしてしまいます。

捕まるのはあなたですから

彩子〈日高〉は、「あなたのために奔走しているのに、バカとはひどいですね。どちらにしても捕まるのはあなたですから」とめっちゃ怖い声で言われてしまいます。

そして、日高〈彩子〉は、もとに戻るしか自分の道はないと、あの歩道橋から転がり落ちたときと同じ状況を作ろうと決意します。

日高〈彩子〉はあの歩道橋に彩子〈日高〉を呼び出し、もう一度歩道橋からわざと転げ落ちますが、元に戻ることは出来ませんでした。



その日は、満月ではなかったからです。

ナッツアレルギー

彩子〈日高〉のスマホには、二人が入院していた病院からのロケーション履歴が残されていました。

たまたまそれを知った彩子〈日高〉は、日高〈彩子〉に不信感を抱き始めています。

そして、日高〈彩子〉の家に行き、彩子〈日高〉が家から持ってきた彩子お気に入りのナッツをつまみに飲んでいると、日高〈彩子〉が突然、苦しみだします。

日高は重度のナッツアレルギーだったのです。



ロケーション履歴のことで、日高〈彩子〉を信じられなくなった彩子〈日高〉は、日高〈彩子〉を自ら命を絶ったと見せかけて、殺害しようとしたのです。



さすがに、「殺人」に置いては、彩子は日高には勝てないようです。

殺人犯だと疑われた日高が、自ら命を絶つことは不自然ではありません。

自分の立場が不利だと気づいて

日高〈彩子〉は、一生元に戻れなかったら、自分の命は彩子〈日高〉に握られていると実感します。

「私、人なんて殺してないんだけど…」と涙が止まらない日高〈彩子〉。

すると、ドアチャイムが鳴り、そこに立っていたのは八巻刑事でした。

ずっと不審に思っていたことを、八巻は確認するためにやって来たのです。

そして、二人の間だけで使っていた上司のあだ名や、初めて八巻をゆとりと言った日のこと、そして彩子の職員番号…。

八巻くんは、日高と彩子が入れ替わっていることに気づいてくれたのです。



このときの高橋一生さん、圧巻の演技でした。

顔は高橋一生さんなのに、もう、綾瀬はるかさんにしか見えなかったです。

綾瀬はるかさんの迫力の怒鳴り声や闇を抱えた瞳も、高橋一生さん演じる日高そのもの。

今、私たちはすごいドラマを観ているのだと思います。

ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第2話の感想 最後に

ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第2話の感想でした。

本作は、設定や物語の展開もおもしろいですが、高橋一生さんと綾瀬はるかさんの演技が本当にすごいです。

感動。

八巻くんだけでも、2人が入れ替わっていることに気づいてくれて、日高〈彩子〉は心強いと思います。

さらに、陸も実は気づき始めているようで…。

次回も本当に楽しみ。

一週間が長いです!



以下の記事で、第1話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第1話の感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA