ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第3話 感想|主演・上白石萌音

雑誌

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第3話の感想です。

今回は冬ドラマのラブストーリーのいいところがたっぷり盛り込まれていました。

雪と吐く息の白さ。

子犬の着ぐるみw

本当の子犬みたいに可愛い玉森裕太くんは、反則ですw

そして、あのドS先輩・中沢さんも?

ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第3話の感想 はじめに

あらすじ

 付き合っているフリを解消したはずの潤之介 (玉森裕太) から、「俺のこと好き?」と突然質問され戸惑う奈未 (上白石萌音) 。さらに潤之介から自身の写真展の案内状を渡され、仕事中も潤之介のことが頭から離れなくなってしまう。

 一方、『MIYAVI』編集部では創刊号の校了が1週間後に迫っていた。編集部員たちが校了に向けて慌ただしくしている中、編集長の麗子 (菜々緒) から、急遽モデルで柔道家の瀬尾光希のインタビュー特集を別の人物に差し替えるよう指示が出る。光希の特集を担当していた中沢 (間宮祥太朗) は、その指示に納得がいかず「もう編集長にはついていけない」と言い出す。

 さらに、他の編集部員からも麗子への不満が続々と噴出し、麗子が辞めるか編集部員が辞めるかの二択を迫られる事態に…。

[引用元]TBSテレビ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」公式サイトあらすじ

登場人物

鈴木奈未/上白石萌音
主人公。音羽堂出版「MIYAVI」編集部の雑用係。

宝来麗子/菜々緒

音羽堂出版「MIYAVI」編集長。バリキャリ、毒舌で冷徹な超敏腕。奈未の鬼上司。潤之助の姉。

宝来潤之介/玉森裕太
カメラマン。子犬系イケメン御曹司。宝来麗子の弟。

中沢涼太/間宮祥太朗

音羽堂出版「MIYAVI」のクールな敏腕編集者。

和泉遥/久保田紗友

音羽堂出版「MIYAVI」の編集アシスタント。

尾芦一太/亜生(ミキ)

潤之介のカメラアシスタント。潤之介を尊敬している。

和田和美/秋山ゆずき

音羽堂出版「MIYAVI」の編集者。

  ◆

高橋麻美/高橋メアリージュン
「ZEAL」編集長。宝来麗子のライバル。

半田進/なだき武

「MIYAVI」の副編集長。

日置健也/犬飼貴丈

奈未の幼馴染で初恋の人。公認会計士。職場の上司の娘と婚約中。

鈴木義郎/橋爪淳

奈未の父。小説家志望だった。

鈴木多未/山之内すず

奈未の妹。

  ◆

鈴木真未/宮崎美子
奈未の母。

  ◆

香織/高橋ひとみ
潤之介と麗子の母。

  ◆

蓮見理緒/倉科カナ
潤之介の幼馴染。

  ◆

宇賀神慎一/ユースケ・サンタマリア
音羽堂出版副社長。

子犬系男子の写真展お誘い

前回、最後に「俺のこと好き?」と奈未(上白石萌音)に聞いてきた潤之介(玉森裕太)。

ドギマギする奈未ちゃんも可愛いですが、この子犬系男子は、愛らしすぎてあざとすぎて、許せんw

潤之介、可愛いが過ぎる!

写真展に来てね

潤之介の写真展は、来週から。

案内状のハガキを手渡された奈未ですが、「子犬沼」にハマりかけているので、行くべきか否か…かなり悩んでいます。

こいぬの着ぐるみ

玉森裕太くんに白いこいぬの着ぐるみを着せるとは…。

こんなに似合う大人の男が他にいるでしょうか。

可愛すぎて、逆に腹立つw



一方で、中沢さん(間宮祥太朗)は、相変わらずクールで厳しい。

これまた、カッコいいw

奈未の周りには、真逆なタイプのいい男が二人もいるんです。

そして、潤之介は中沢さんのことを「ドS先輩」と呼んでいますw

インタビュー特集の変更

「MIYAVI」の創刊号のインタビュー特集は、中沢の担当で、写真撮影も終わって記事も出来上がっています。

それを突然、変更すると言い出した宝来編集長(菜々緒)。

怒り心頭の中沢

インタビュー特集は、柔道家でモデルもしている瀬尾光希からグローバル経済アナリストの小早川佐和子(片瀬那奈)に変更することに。

中沢は、このインタビュー特集にかなり気合を入れて臨んでいたようです。

それが、校了一週間前に変更。

納得がいかないようです。



そして、中沢は「編集長が辞めるか、俺たちが辞めるかのどっちかでお願いします!」と宝来編集長に宣言してしまいます。

確かに、今まで、宝来編集長の仕掛けてきたことは、どれも大成功しています。

今回も、小早川佐和子に変更することには何か裏があるのでしょうか。

おもしろい二択ね

中沢の言葉に「おもしろい二択ね」と怖い笑顔で答える宝来麗子。

そして、小早川佐和子と一緒にジョギングに出かけてしまいます。

それに付き添った奈未は、他の編集者たちのことが気になって仕方ない様子。



宝来編集長からは、新しい編集者を調達するように言われてしまい、手も足も出ません。

どうしてこんなに余裕があるんだろう、宝来麗子。

父の会社「宝来グループ」に何か関係が?

小早川佐和子は経済アナリストなので、麗子の父親の会社のこともよく知っているようで、「お父様も、あなたに力を借りたいんじゃない?」と言うと、麗子の顔が曇って…。

何か、父との確執があるのでしょうか。



「MIYAVI」のライバル誌の編集長・高橋麻美(高橋メアリージュン)も同じ公園でジョギングをしていたようで、声を掛けてきましたが、またもや麗子に肩透かしを食らわされてしまいます。

山菜採りの業者さん扱いw

高橋メアリージュンさん、奇麗なのにおもしろいですw

合コンとは知らずに

ボイコット中の編集者の先輩たちに呼び出された奈未と和泉遥(久保田紗友)は、お店に駆けつけると、それは合コンでした。

偶然の潤之介との再会

とにかく「子犬沼」にハマらないように、潤之介とは出会わないようにしていた奈未ですが、合コンメンバーの中に潤之介が!

可愛くご飯を食べる潤之介を眺めている奈未。

ご飯の食べ方も可愛いんですねw



潤之介は、自分の個展のハガキを合コンのメンバーにも渡しているのを見て、「私だけ特別なわけないか…」

合コンが終わったら、逃げるように帰る奈未。

そのとき、奈未がぶつかりそうになったあからさまにガラの悪いバカップルに因縁をつけられます。

そして、男に頭からお茶をかけられそうになった奈未を助けてくれたのは、潤之介でした。

手をつないで逃げる二人

二人は、手をつないでバカップルから逃げ出します。

やっと少し気持ちの整理がつき始めた奈未の心に、また潤之介がするりと入り込んで来てしまいそうです。

駅まで送るという潤之介が、連絡先の交換をしようよと言うのですが、奈未は「もう関係ないんだし、それは止めましょう」と言って…。

潤之介は、奈未の言動の意味が全く分かっていないようです。



奈未は、あなたを心の中から消してしまいたいんです。

報われない恋だと知っているから。

宝来家を継ぐのはあなた

麗子が、潤之介の個展にやって来ます。

麗子は、子供の頃から勉強もよくできる優秀な女の子だったようです。

そして、お父さんの期待に応えようと麗子自身も頑張っていたのですが、宝来家では、跡継ぎは長男と決まっているようです。

そのため、潤之介はお見合いを勧められているのですが、きっと本当はカメラマンとして生きていきたいのではないでしょうか。

思い入れが強すぎた中沢

中沢は、瀬尾光希の父親のファンでもあり、インタビュー特集もずっと自分の中で温めていたものです。

宝来編集長は、気持ちが入りすぎていることを危惧しているようです。

瀬尾光希自身も、掲載中止を承諾しているということでした。

奈未と中沢が瀬尾光希の元へ

奈未は、宝来編集長に言われたことが気になり、中沢のデスクの資料を読んでみました。

すると、瀬尾光希の父親は世界選手権7連覇の偉業を達成していて、光希自身も父の記録を目標に頑張っていたようです。

そして、まだ右肩のけがは治っていないことを隠して、インタビュー特集に応じてしまったようです。

瀬尾光希と宝来編集長

宝来編集長は、瀬尾道場を訪問して光希に会って話をしていたようです。

今回「MIYAVI」の特集記事が、光希を追い詰め、それが完全復帰の妨げになるわけにはいかないと。

宝来編集長は、瀬尾光希の肩が完治していないことを見抜いていたのです。



宝来編集長、本当にすごい人ですね。

怖いだけのことあるw

客観性に欠けていた

中沢は「今回は編集長には負けたな。鈴木のおかげで客観性に欠けてたって気づいたよ」とちょっぴり奈未を褒めてくれます。

そして、預かっていた潤之介の個展のハガキ(潤之介が在廊している日にちが書かれている特別なハガキ)を、少しためらいながら渡してくれます。

中沢さん、どうしてちょっとためらったんだろう…。

もしかして…?

「おつかれさま」の一言

中沢が戻って来て、小早川佐和子のインタビューに行ってくれました。

無事、インタビュー特集の記事も出来て、創刊号の「責了」が出ました。

それぞれの編集者たちも、自分の持ち分は在宅で仕上げたようです。

これで、何とか創刊号が出せます!

みんなで飲もうと、副編集長(なだぎ武)が言って、宝来編集長も誘いますが、確か副社長(ユースケ・サンタマリア)と約束してましたよね…。

おつかれさま

宝来編集長が、みんなに「おつかれさま」と初めて言いました。

それだけで、みんなの士気が上がります。

ずっと冷静だった宝来編集長ですが、内心では多少は焦っていたはず。

それとも、絶対みんなが戻ってくることを分かっていたのかもしれません。

潤之介の個展に間に合った

奈未は、創刊号の校了が出て、みんなで飲んでいるときに潤之介の個展のハガキをそっと見ていました。

今、行けばギリギリ間に合うかも。

そして、遥が背中を押してくれます。

会場に着いたときは、すでに電気が消されていましたが、アシスタントカメラマンの尾芦くん(ミキ・亜生)が在廊していて、中に入れてくれました。

おでこにKISS

潤之介が仕事を終えて、個展会場に着いたときには、奈未は帰ったあとでした。

それを尾芦くんに聞いた潤之介は、飛び出して行きます。

雪の中を走る潤之介が、奈美を見つけます。

おそらく潤之介は、奈未の写真の感想がとても正直で、うれしかったのだと思います。

ただ写真を楽しんで撮っている潤之介に、父親へのお追従のための感想など不要です。

「どうしよう?」と言いながら、奈未を引き寄せ、おでこにキスをする潤之介。



これ、おでこっていうところが、いい!

身長差もいい感じ。

最後の手を握るところも、良き。



これから、どんな風に物語が展開していくのか、本当に楽しみです。

ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第3話の感想 最後に

ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第3話の感想でした。

冬ドラマのラブストーリーは、「雪」がとても素敵な演出をしてくれます。

今回、雪の中を走る潤之介、尾芦くんの言うように「かっけぇ」かったですw

潤之介、奈未に惚れましたねw

次回からは、ドS先輩・中沢さんと子犬系男子・潤之介が、奈未を巡って恋のバトルを繰り広げることになりそうです。

一週間、長いなぁ。

次回も楽しみです!



以下の記事で、第2話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第2話の感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA