ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」第3話 感想|主演:菅野美穂・浜辺美波

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」第3話の感想です。

今回は、それぞれの恋に大きな展開が!

光と未羽の別れ、空と渉先生、ゴンちゃんと碧、漱石と沙織。

みんな、自分の本当の気持ちをつかみあぐねているようで…。

ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」第3話の感想 はじめに

あらすじ

はりきってわたる(東啓介)とのデートに向かったそら(浜辺美波)。しかし、あおい(菅野美穂)の心配通り、慣れない異性との交流で、娘・空の初デートは想定外のアクシデントに見舞われる!

おだやでは、ゴンちゃん(沢村一樹)のもとに見合い話が舞い込んだことで碧との関係に変化が。年下で美人の相手からの熱烈なアプローチとあって自信満々のゴンちゃん。しかし碧は、ゴンちゃんが結婚すれば今までのように気軽におだやに入り浸れなくなることに複雑な思いを抱いていた。さらに、恋をしていないと恋愛小説が書けない碧は、新作小説がはかどらず仕事もスランプに。碧は漱石そうせき(川上洋平)の後押しでゴンちゃんとデートすることになるが……。母・碧のデートにも、まさかの結末が待っていた!

一方で漱石はストーカー気質の恋人・沙織さおり(福原遥)の異常なまでの執着に手を焼いていた。同じ出版社でバイトまで始めた沙織は、漱石を24時間監視していて……。 そしてひかる(岡田健史)は、元家庭教師の未羽みわ(吉谷彩子)に想いを寄せながらも、年上の未羽との関係に密かに傷を抱えていた。さらに、エリート一家の中で、オタクで落ちこぼれの自分が認められていないことにコンプレックスを感じているのだが……。

そんな中、空がバイトするおだやに、ガールフレンドの一人とデート中の光が偶然訪れる。ガチャガチャで当たったビー玉を何気なく空に渡す光。その帰り、光にもらったビー玉越しに見えるサカサマの景色は、空の目にいつもより綺麗に見える……。碧と空、二人を取り巻く人間関係が少しずつ動き始めていた……。

[引用元]日本テレビ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」公式サイトSTORY

登場人物

水無瀬碧(みなせあおい)/菅野美穂
人気恋愛小説家で一人娘を持つシングルマザー。賑やかで屈託のない明るい女性。思ったことがすぐに口に出る。東京・下町のすずらん町で育ち、実家の近くにタワーマンションを購入。成功の証として。

水無瀬空(みなせそら)/浜辺美波

20歳の大学生で、非モテで筋金入りのオタク。ハードなBLやダークファンタジーを好む。メジャーな漫画から同人誌まで幅広く読み、もちろん、アニメも大好き。愛想がなくクールに見えるが、心は清く、天然な母を守ろうと思っている。タイ焼きや「おだや」でアルバイト中。

橘漱石(たちばなそうせき)/川上洋平

恋愛小説家の碧の担当編集者。雰囲気イケメンなので、女性作家の担当になることが多い。クールな見た目とは違い、仕事に対しては熱く、碧を献身的に支えている。ストーカー気質の彼女がいる。

入野光(いりのひかる)/岡田健史

立青学院大学に通う空の同級生。イケメンで陽キャ。頭もよく、パーフェクト。いろんな女子と遊んでいる。本命の相手はなし。秘密の関係を持つ年上女性はいるが、恋愛を面倒に思っている。実は隠れオタク。

ゴンちゃん/沢村一樹

碧の幼馴染。本名は小田欣次(おだごんじ)。すずらん商店街のタイ焼きや「おだや」の四代目。海外を放浪していたが、5年前に帰国し、「おだや」を継いだ。現在は父の俊一郎と共に働いている。

ケンタ/中川大輔

タイ焼きや「おだや」のアルバイト。真面目で仕事熱心。「おだや」の跡継ぎ候補。

伊藤沙織/福原遥

漱石の彼女。ストーカー気質。漱石を追って散英社でアルバイトをしている。漱石と碧の関係が気になり、水無瀬家や「おだや」に頻繁に出没。

ナオキ/大地伸永

光の大学の友人。三枚目でお調子者。

小西編集長/有田哲平
大手出版社・散英社の敏腕編集長。碧を見出した人物。

愛梨/長見玲亜

光の大学の友人。光のことが好きな女子大生。空を敵対視。

未羽/吉谷彩子

光の元家庭教師。東京の一流企業に勤めている。今も光とは関係があって…。

渉周一/東啓介

碧が通う整体院のイケメン整体師。実は碧のファン。ある日、空と運命的な出会いをして…。

初デートは鼻毛で台無し…

空(浜辺美波)は、整体院の渉先生(東啓介)との動物園初デートに向かいます。

「渉先生!」と駆け寄った空は…。

鼻毛はちょっときつい

渉先生の鼻から、鼻毛が出ているのを見つけてしまった空は、わくわくしていた気持ちが急降下。

やはり、初デートの相手の鼻から毛がでているのはショックかも。

でも、明るく「鼻毛出てるよー」って言ってみてもよかったのに。

初デートの空には、それはハードル高いか…。

つけ鼻毛?

俊一郎さん(中村雅俊)が、腰を痛めて渉先生のところに行きます。

すると、俊一郎さんは渉先生の診察台で「つけ鼻毛」を見つけます。



渉先生、わざと「つけ鼻毛」をつけて、空とのデートに行ったということでしょうか。

それは、一体、何故なのでしょうか?

入野と未羽の関係

入野光(岡田健史)の家は、兄はラサールから九州大学の医学部卒で、父親も九州大学医学部の教授というエリート一家。

親戚にも、光がどこの大学に行っているかは隠しているようです…。

立青学院大学も名門ですが、光の両親は納得がいかないようです。

帰って来なくていい

光が女の子とデートしているときに、九州の実家の母親から電話がかかってきました。

近々、法事があるようでそのことについて電話をしてきたようです。

光は前日には帰れるよと言ったのですが、母は「帰って来なくていい」と言います。

親戚に、光の大学のことを話していないので、いろいろ聞かれそうで父親が嫌がっているようです。



これは、あまりにもひどい。

そんなことを言われたら、光は永遠に実家に帰れなくなるじゃないですか。

「お母さん、身体だけは気をつけてね」と言って電話を切る光。

こんなひどいことを言われても悪態もつかず、優しくていい子なのに。

30歳の未羽は「恋なんてもういい」

光が、未羽(吉谷彩子)のマンションの前で待っていると、未羽は男性と一緒に帰って来ます。

未羽は、戸惑うことなく「この子、私の従弟なの。熊本にいたとき家庭教師をしてた」とするっと嘘をつきます。

嘘をつくときは、本当を半分入れるとうまくいくそうです…。



何だか、すごいな。



そして、今一緒にいた男性は、彼氏という関係まではいってないと言って、「お試し期間中」とのこと。

こういう女性、苦手だ…。

美人でモテるだろうからこういうことも言えてしまうのでしょうが、ちょっとあり得ない。



未羽は、もうすぐ30歳になるし、早く結婚したい、恋なんてもうどうでもいいと言います。

仕事もしんどいし、早く楽になりたい…。

「光くんも彼女いっぱいいるんでしょ?」と。

未羽は、光の気持ちを全く分かっていないのでは…。

光と未羽は割り切った関係

光と未羽の関係は、ときどき会って楽しむという遊びの関係と割り切っているようですが、それは未羽だけなんじゃないかと思います。

光がいろんな女の子と遊んでいるのは、本当は未羽が好きだから、一人に決められないのでは。

光は、チャラいようで本当はすごく純粋な男の子なのかもしれません。

未羽からのさようなら

ある日、未羽に呼び出された光は、突然「もう会わない方がいいね」と言われてしまいます。

この前会った男性と結婚することになったようです。

この男性はかなりの資産家で都内にいくつもマンションを持っている人だそうです。

「当たりくじひいちゃった」と軽くいう未羽。

そして、「私、自分と関係のあった男の後ろ姿見るの好きなの。先、行ってよ」だって。



こういう女性って、一番共感できないタイプ。

オタクな2人は息が合う

偶然、光が女の子とデートで「おだや」を訪れます。

それは、空がバイトに入っている日でした。

空がここでバイトをしていることを知らずに来た光はびっくり。

光と空

光は空に「デートどうだった?」と聞きます。

空は、「うまく行ったー」と言いますが、鼻毛のせいでがっくり来ているのが本音。

光は「じゃあ、お祝いに…」とガチャガチャのアニメキャラのチャームを、空に渡します。

光が欲しいのは「血小板」なのですが、「白血球」が当たったからくれたようです。

何のアニメなのかな…。



すごく喜んでいる空。

そして、もう一つ、ガチャガチャで出てきたビー玉ももらいます。

光がその日遊んでいた女の子は、ブランド物にしか興味がないので、空にくれたようです。

ビー玉で世界を逆さまに

光にもらったビー玉で、景色を覗くと世界が逆さまに見えました。

空は、目を輝かせて景色を眺めています。

自分の通っていた小学校を、ビー玉越しに眺めていると手が滑ってビー玉が排水溝の網目から落ちてしまい…。

謝罪する空

空は、大学の授業の休憩時間に、ビー玉をなくしてしまったことを光に謝ります。

そして、二人でお茶をすることになり、渉先生のことを話します。

鼻毛の話です。

光は、鼻毛くらいで嫌になるなんて、心が狭いよと言うのですが…。



鼻毛にはきっと何か理由があるはず。

あれは、「つけ鼻毛」だったんですから。

ゴンちゃんのお見合い

「おだや」の常連さんのおばさまたちが、ゴンちゃん(沢村一樹)にお見合いの話を持ってきます。

相手は、26歳!

初めは断っていたゴンちゃんですが、年齢を聞いてちょっとその気になったようですw

ゴンちゃんのお見合い相手はミスユニバース

ゴンちゃんのお見合い相手は、26歳でさらにミスユニバースに選ばれたこともあるすごい美人!

そりゃあ、舞い上がって当然ですね。

それも、ゴンちゃんがタイ焼きを焼いている姿に一目ぼれしたというのです。

お見合い相手の写真を見せに来た理由

ゴンちゃんは、碧にお見合い写真を見せに来ます。

すごい美人なことに驚く碧と空。

ゴンちゃんが碧のところに来たのは、碧に結婚式のスピーチをしてほしいと頼みに来たのです。

碧は「恋愛小説の女王」という有名人ですからね。

「おだや」に行きづらくなる碧

そこで空が言います。

「ゴンちゃんが結婚決まったら、母ちゃん、おだやに行きづらくなるね」

「そうか…」とがっかりする碧。

碧は、「おだや」を自分の家のリビングのように使っているからです。

それがもうできなくなるのは、きつい…。



ゴンちゃんと碧さん、お似合いなんだけどなぁ。

漱石と碧は「編集者と作家」以上の関係?

漱石(川上洋平)は、碧の原稿を読みに碧の家にやって来ます。

今回、碧の書いた小説は、あまりぐっとくるものがなく、ありふれた設定なようです。

碧は、実際に恋愛をしていないと恋愛小説を書くことが出来ないのです…。

漱石は彼女に手を焼いていて

漱石の彼女・伊藤沙織(福原遥)は、とにかく漱石のことが気になって仕方がないようです。

GPSで常に漱石がどこにいるかを確かめなければいられません。

仕事も同じ会社にアルバイトで入ってきて、仕事中も漱石に執着してしまい、漱石はこんなことばかりしていると、クビになってしまうと…。



本当に好きなんですね。

しかし、本当に好きなら、もう少し相手のことを考えなければ。

執着しすぎて、本人が一番しんどそう。

沙織、「おだや」にて

沙織は、たまたま入った「おだや」で、俊一郎さんに漱石のことを相談します。

俊一郎さん、親身に聞いてあげるいい人。



福原遥ちゃん、演技派ですね。

自分で自分の気持ちを持て余している沙織を、すごく上手に表現しています。

涙をたくさん流しながら「もう、本当に漱石のことが好きなのかどうかもわからなくなってて…」と。

漱石の提案はゴンちゃんとデート

そんな漱石は、「ボブ・ディラン」のチケットを二枚、碧のところに持って来て、ゴンちゃんと二人でデートするという条件つきで、このチケットを差し上げますと言います。

恋愛小説の題材にしようというのです。

「好きだった幼馴染の相手が、結婚してしまう」という恋愛小説?ということでしょうか。

お嫁に行くの止めませんか?

碧は、ボブ・ディランのライブのあと、こっそり母校であるすずらん小学校にゴンちゃんと忍び込み、二人で遊んでいます。

懐かしさが込み上げる碧。

そして、碧はゴンちゃんに「お嫁に行くの止めませんか?」と言ってしまいます。

「お嫁に行く」は間違っていますがw、ゴンちゃんに結婚するのを止めてほしいと言ったのです。

するとゴンちゃんは、「もう、相手の人にお見合いするって言ってしまったんだ。お前の気持ちに応えられなくてごめん」と頭を下げます。



碧さん、振られたことになるんでしょうか。

二人は、お互い気を遣わず事情も分かり合っていて、生涯の伴侶としてはぴったりのはずなのですが…。

さらに、空の父親は誰なのでしょうか。

空自身も知らないようです。

碧さんは一人で空を生んだそうです。

これから、空のお父さんが誰なのかも、明らかになっていくのでしょうか。

すずらん小学校がなくなる

空と碧、二人ともの母校であるすずらん小学校が、取り壊されることになりました。

ビー玉を失くした日

空がビー玉を落としてしまったのは、すずらん小学校の前でした。

そこには取り壊しの日の看板がかかっていて、跡地にマンションが建つようです。

空はたまらなく寂しい気持ちになり、その日は碧といっしょに寝ると言って碧の寝室にやって来ます。



空は、自分の好きな物や好きな風景がどんどんなくなっていくことが悲しいようです。

空の大好きな象印のロゴが見える部屋に、ずっと住めるように頑張ってくれる母に感謝しています。

空は自分のせいで、碧がやりたくない仕事をしているのかを心配しています。

碧は、空がいなかったら、こんなつらい仕事辞めてたと言います。

誰かのために何かすることは、素晴らしいことなのだと。



いい親子だな。

本当に友達みたいで、お互いを大切に思いあっている。

空と碧は先輩後輩

空と碧は、親子で先輩後輩の間柄です。

すずらん小学校は、二人にとってとても大切な物でした。



私が通っていた小学校も、もしかしたら廃校になるかもしれないと言われています。

子供の頃の6年間は、本当に長い。

みんな自分の心に気づかない

今回は、それぞれがみんな自分の気持ちに素直になれなかったり、本当の気持ちをつかみあぐねていたように感じました。

恋愛って、同時にお互いが恋に落ちることなんて、ものすごく低い確率。

それくらい、難しいもののはず。

うまくいかないものですね…。

ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」第3話の感想 最後に

ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」第3話の感想でした。

とうとうゴンちゃんが結婚してしまうようです。

碧は、何とか気持ちを伝えたのですが、もともとゴンちゃんは碧との結婚を「ないな」と言っていましたが、二人はとてもお似合いだと思います。

しかし、26歳のミスユニバースには碧も勝てなかったようですね…。

次回は、漱石と碧の関係に何か進展があるような内容な…。

楽しみです!



以下の記事で、第2話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」第2話の感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA