ドラマ「書けないッ!?~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~」第3話感想 つるつるとの戦い!

PCとノート

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「書けないッ!?~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~」第3話の感想です。

今回は、圭佑の妻・奈美が過労で倒れてしまいます。

そのため、口述筆記をお願いすることが出来ず、圭佑は一人で脚本を書かなくてはいけません。

家族みんなも応援してくれます。

つるつる男に負けずに圭佑、頑張れ!

ドラマ「書けないッ!?~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~」第3話の感想 はじめに

あらすじ

 4月期の連続ドラマ『富豪教師Q』の第2話を執筆するはずだった若手脚本家・如月翔(小越勇輝)が降板。東西テレビのプロデューサー・東海林光夫(北村有起哉)から、大至急2話も書くよう連絡を受けた吉丸圭佑(生田斗真)は、がく然…。そんな圭佑の前に、またもや不敵に笑うスキンヘッドの男(浜野謙太)が現れて…。
 メンタルクリニックの医師・米虫憲治郎(矢柴俊博)に言われたとおり、スキンヘッドの男を受け入れようと試みた圭佑だが、事態は悪化。米虫に、ベストセラー作家の妻・奈美(吉瀬美智子)や、娘・絵里花(山田杏奈)、息子・空(潤浩)までツルツルになってしまったと訴える。取り乱す圭佑に、米虫は「次にツルツル男が現れたら戦いましょう!」と提案するのだが…?

 締め切りが迫る中、如月が書いた第1稿を手直ししてとにかく第2話を完成させようと焦る圭佑の前で、突然奈美が倒れてしまう…! 病院に駆けつけた義父・篠田重幸(小野武彦)や、奈美の秘書・秦野ゆかり(野村麻純)から、なぜこんなことになったのかと激しく責め立てられた圭佑は、今後は奈美に頼らず一人で脚本を書くことを決意する。しかし、いざパソコンに向かうと再びスキンヘッドの男が現れてしまい…?

 そんな中、吉丸家にやって来た空の家庭教師で絵里花に恋する大学生・仙川俊也(菊池風磨)は、圭佑らに“ある”提案をするのだが…。

[引用元]TV朝日「書けないッ!?~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~」公式サイトSTORY

登場人物

吉丸圭佑/生田斗真
脚本家兼主夫。32歳で、ある脚本賞の佳作を受賞し、サラリーマンを辞めて専業脚本家に。売れない脚本家ではあるが、売れっ子作家の妻を支える主夫業に満足してもいる。

吉丸奈美/吉瀬美智子

圭佑の妻。ペンネームは「香坂りり子」。人気作家だが、美しく、年下夫に優しい素敵な奥様。

東海林光夫/北村有起哉

東西テレビプロデューサー。「当たってバズればいいんだよ」が口癖。

松尾めぐみ/長井短

東西テレビアシスタントプロデューサー。ちょっとやる気なし。

角隆文/小池徹平

やる気満々な監督。とにかく、元気。

八神隼人/岡田将生

注文の多い人気俳優。かなり脚本家泣かせのわがまま大物俳優。

スキンヘッドの男/浜野謙太

圭佑の分身。頭が長めの妖怪チックな謎の男。圭佑にしか見えない。圭佑の心が物体化したもの?

篠田重幸/小野武彦

奈美の父。圭佑に少し厳しめ。

篠田芳恵/梅沢昌代

奈美の母。圭佑にとっても優しい義母さん。

秦野ゆかり/野村麻純

奈美の秘書。奈美の仕事をサポートするために、家事の手伝いもしてくれる献身的な編集者。

仙川俊也/菊池風磨

浩の家庭教師。大学生。絵里花に興味津々で、絵里花に会うために家庭教師をやっているようなもの…?

吉丸空/潤浩

圭佑と奈美の息子。吉丸家で一番の「大人」な小学三年生。

吉丸絵里花/山田杏奈

奈美の娘。クールでそっけない美少女。高校二年生。

血を吸われると頭がよくなる

二番手の脚本家として、新人で新人脚本賞を受賞した如月翔が無理な設定に嫌気がさし、仕事を下りてしまいました。

如月翔が下りたので

如月翔が降りてしまったため、第二話も圭佑が書くことになります。

監督の角(小池徹平)は円形脱毛症に、プロデューサーの東海林(北村有起哉)は目の下に大きなクマが出来ています。

もちろん、圭佑もこれから一人で「富豪教師Q」を執筆しなければなりません。



ちなみに、途中で脚本家を降りた如月翔の本名は「所寛平」です。

疲れ切った角も東海林も、アシスタントプロデューサーの松尾(長井短)も、大爆笑。

そして、私も大爆笑www

寛平ちゃんやんw

止まったら、死ぬんかなwwww(←わかる人にはわかると思いますが)

血を吸われると頭がよくなる設定

そこで局で打ち合わせをしていた圭佑は、何気なく口にした「学園で神宮寺に血を吸われた生徒は成績が良くなるって言うのはどうでしょうか」

「それ、採用!」と言う東海林。

角も松尾も「おもしろいです」と言って、如月”寛平”翔が書いた第二話を、明後日までに圭佑が書き直すことになります。



毎回、締め切りがきつい…。

つるつると戦え!

圭佑は再び、米虫先生のクリニックを訪れます。

「お前は俺だ!」と言った圭佑に、つるつる男は、「………バーカ」と言っただけで、奈美も絵里花、空までがつるつる男になってしまいます。

それを米虫先生に話すと「つるつる男が次に現れたら戦いましょう!」と言います。



米虫先生によると、つるつる男は圭佑本人なので、圭佑自身が自分に勝たなければならないということです。

奈美が倒れた!

家に帰って来て、奈美(吉瀬美智子)に第二話からは一人で書くんだと話すと、奈美はとても喜んでくれます。

ゴールデンのドラマを一人で書くなんて、すごいじゃない!と。

過労と睡眠不足

コーヒーを入れていた奈美が、「圭ちゃん…」と言ったままキッチンで倒れてしまいます。

自分の仕事と圭佑の口述筆記。

睡眠不足と過労が原因です。

救急車で運ばれる奈美。

秘書の秦野ゆかり(野村麻純)も、もう我慢できず、「先生が倒れたのは圭佑さんのせいです」とはっきり言って「もう先生に手伝わせないでください!」

奈美の両親が

奈美の両親(小野武彦・梅沢昌代)も駆けつけてきて、家事もちゃんとやるって言ったじゃないかと、圭佑を責めます。

しかし、子供たちも奈美も、とても優しくて、圭佑の仕事に協力してくれます。



やはり、空(潤浩)も絵里花(山田杏奈)も、お父さんに頑張って仕事をしてほしいのです。

奈美の両親は、「子供に仕事をさせているのか!」と怒っていますが、子供たちは「今は仕方ないんだよ」と言ってくれます。

優しい奈美

病室で、奈美と二人きりになった圭佑は、改めて奈美に謝ります。

すると奈美は、「私の方こそ、ごめん。圭ちゃんは感謝されてるよ。プライドがあったって才能があったって、途中で投げ出す人よりずっと」と、優しく言ってくれます。

そして、家に帰ってPCの前に座る圭佑。

第二話を少し変えるだけなのですが、頭を悩ませていると…。

つるつる男と圭佑の罪悪感

一人で仕事をしている圭佑の前に、つるつる男が登場!

つるつる男は、人が書いた脚本に手を加えるだけってことに罪悪感を感じているんだろう?と不安をあおるようなことを言ってきます。

なぜか、手にはポップコーンw

消えろ!つるつる

メンタルクリニックの米虫先生に言われた通り、今度つるつる男が出て来たら、「戦いましょう」と言われていたので、圭佑は「消えろ!つるつる」と言います。

すると、口ごもりながらもつるつる男は「つるつるじゃない!これはスキンヘッドだ」と言って風に吹きとばされて、消えていきます。

圭佑の罪悪感は、如月翔にではなく、奈美に。

そして、圭佑はつるつる男との戦いに勝ったのです!とりあえず…。



圭佑、いい感じに自信もつけてきて、なんだかんだで自分の意見で脚本の設定やストーリーが進んでいます。

主演俳優も気分上々

主演俳優の八神隼人(岡田将生)のところに脚本を持って行くと「おもしろいじゃなーい!」とご機嫌です。

「神宮寺尊」(八神隼人の役名)が血を吸った生徒は成績が上がるという設定に大満足。

そして、「第三話はどうなるの?もうすぐLOVEが来るんじゃないの?」という誰が脚本家なのか、わからないw八神隼人のオーダーが入りました。

圭佑の仕事が順調に進み始めて

第二話の直しはなしで、圭佑の書いた脚本は第二話まで校了。

第三話はラブストーリーで、圭佑もラブストーリーは未経験ですが、やる気満々!

第三話はラブストーリー

第三話の軸になるのは、神宮寺尊とレイコ先生のラブストーリー。

しかし、生徒から好きになられる部分も入れこまなければならず…。

さらに財閥の御曹司要素も入れなくてはなりません。

吸血鬼で御曹司

吸血鬼で御曹司で、先生とも生徒とも恋に落ちる…。

さらに生徒は、一方的に好かれるという設定(未成年とのラブストーリーはSNSで叩かれやすいからw)。

これをすべて絡めて第三話を書かなければなりません。



どう考えても、すごい大変そうw

B型だと気づいた保健室の先生

保健室のレイコ先生は、成績が良くなった生徒の血液型がB型だということも気づかなければならないと言うことは、神宮寺尊が吸血鬼だと知ってしまうわけで…。

それで恋愛関係になれるものなのでしょうかw

圭佑、本当に大丈夫?

風で飛ばされたつるつる男がまた出てきそうな予感。



私的には、つるつる男好きなので、また出て来てほしいですけどもw

お父さんがんばって

空の家庭教師の仙川先生が、吉丸家にやって来ます。

何か提案があるようです。

仙川先生は意外と優秀

仙川先生は吉丸家の人々が思っていた以上に優秀な学生のようです。

吉丸家は、仙川先生をどう思ってたんだろうw

そして、前回家庭教師をしながら絵里花とカレーを作っていたときに、絵里花が仙川先生と同じ大学の同じ学部を希望していることを知り、空と絵里花のどちらも勉強を見てあげたいと言ってきました。

仙川先生の狙いは、絵里花近づくことに違いないのですがw

二人はいい子

絵里花も空も、圭佑が仕事をしてくれることをとても喜んでいます。

学校でお父さんは何の仕事してるの?と聞かれるのも、辛かったようです。

やはり、未だにお父さんが専業主夫だというのは言いづらいんですね。

今までも、いくつかの脚本を書いている圭佑ですが、小学生や高校生が見るようなドラマではなかったようです。

しかし、今回は八神隼人が出演するドラマだからみんな観ると思うというのです。

そのため、空も絵里花も圭佑に仕事を頑張ってほしいのです。

そして、奈美の身体も心配していて…。



本当にいい子供たちだなぁと思います。

きっと、両親がとてもお互いを思いあっているから、いい子に育ったのです。

仙川先生に口述筆記を

そして、絵里花に近づくための家庭教師志望だった仙川先生は、圭佑の口述筆記のお手伝いのアルバイトをすることになりました。

仙川先生自身は、あまりこの流れについて来れていないようですが…。

ドラマ「書けないッ!?~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~」第3話の感想 最後に

ドラマ「書けないッ!?~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~」第3話の感想でした。

今回は、つるつる男にも打ち勝った圭佑。

さらに、奈美が倒れてしまいましたが、これで圭佑も一人立ちして脚本家として頑張る決意も出来たようです。

仙川先生も助けてくれそう?ですしw

そして、「富豪教師Q」の撮影もスタート!

次回は、つるつる男は出てこないのでしょうかw

私、ひそかに、つるつる男ファンなんですけど。




以下の記事で、第2話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

ドラマ「書けないッ!?~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~」第2話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA