ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第3話 感想|主演:綾瀬はるか・高橋一生 革手袋の行方

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第3話の感想です。

とうとう新たな殺人事件が起こってしまいます。

自分の身体を使って起こされてしまった事件。

彩子はショックのあまり声をなくして…。

そして「4」の赤い文字と子供の絵のようなイラスト、これは一体、事件とどんな関係があるのでしょうか。

ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第3話の感想 はじめに

あらすじ

彩子(綾瀬はるか)と日高(高橋一生)の魂が入れ替わったことに八巻(溝端淳平)が気づいた。味方ができた日高<彩子>は、藁にもすがる思いで今後どうするかを八巻に相談する。
まず急がなければいけないのは、日高が捨てた革の手袋を河原(北村一輝)ら警察よりも先に手に入れることだ。もしも手袋から日高の指紋と被害者のDNAが検出されれば、自分が捕まってしまう。
そこで、警察が手袋を見つけた段階で、八巻がこっそり別の手袋とすり替える作戦を立てる。入れ替わってもなお日高を捕まえることを諦めない彩子。しかし、彩子<日高>はそんな日高<彩子>の考えなど見抜いていたようで…。
警察では、河原が拾得物の中から革手袋を集めていた。そして、集まった大量の手袋を鑑識部屋に持ち込むと、そこにはなぜか彩子<日高>の姿が。鑑識の新田(林泰文)を手伝いに来たというが、はたして真の狙いは…。
そんな中、「太陽と月の入れ替わり伝説」に出てくるシヤカナローという花を見つければ、自分も元に戻れるかもしれないと考えた日高<彩子>は、その伝説が言い伝えられている奄美大島へと渡る。そして、その奄美で日高に纏わる意外な足跡をつかむ。

[引用元]TBSテレビ「天国と地獄~サイコな2人~」公式サイトあらすじ

登場人物

望月彩子/綾瀬はるか
警視庁捜査一課刑事。努力家で正義感が強いが、慌て者。ひょんなことから日高と魂が入れ替わってしまう。

日高陽斗/高橋一生

創薬ベンチャー企業「コ・アース」代表取締役社長。大手食品企業「サンライズフーズ」の御曹司。腰が低い好人物。しかし、裏の顔は猟奇殺人鬼。容疑者として追われているときに彩子と魂が入れ替わってしまい…。

渡辺陸/柄本佑

彩子の家に居候中のフリーター。清掃派遣員として働いているが、家賃や光熱費などは一切払わず、家事だけを担当。しかし、彩子の唯一の心の拠り所。

八巻英雄/溝端淳平

警視庁捜査一課の刑事。彩子のバディ。仕事が楽ならラッキーと言うゆとり世代。しかし、やるときはやる有能なタイプ。

五木樹里/中村ゆり

日高の秘書。日高と大学の同級生で、日高を絶対的に信用している。

富樫義貴/馬場徹

コ・アースの営業取締役。日高を信頼している。

湯浅和夫/迫田孝也

陸のバイト先の先輩。陸に「師匠」と慕われている。

十久河広明/吉見一豊

警視庁捜査第一課長。

新田将吾/林奏文

警視庁鑑識課。高度な鑑定で頼もしい存在。

五十嵐公平/野間口徹

警視庁捜査第一課・管理官。管理官でありながら周囲の様子をいつも気にする。

幅健太郎/谷恭輔

川原のバディ。川原を尊敬している。

川原三雄/北村一輝

警視庁捜査第一課主任。刑事としての能力は高いが、上の弱みを握っているという噂もあり、彩子はそのやり方を認められない。


【入れ替わり後の表記】

日高〈彩子〉=綾瀬はるか

彩子〈日高〉=高橋一生

革手袋の行方

警察は、犯行があったとき日高が身に着けていた手袋を探しています。

もし見つかってその手袋から被害者のDNAと日高の指紋が検出されたら、日高〈彩子〉が捕まってしまいます。

八巻にすり替えを頼む

八巻(溝端淳平)は、日高と彩子の魂が入れ替わっていることを知っています。

そして、とにかく日高〈彩子〉が捕まらないように二人で策を練っています。

河原(北村一輝)が日高の手袋を見つけたら、同じブランドの同じ色の同じ型の手袋を手に入れて、実物と入れ替えてほしいと、日高〈彩子〉は八巻に頼みます。

そうでなければ、日高の魂を持った彩子が永遠に殺人を続け、それを自分で捜査し証拠隠滅も図ることが出来るという状況を作ってしまえるということです。



八巻、がんばれ。

電車で出会う二人

日高〈彩子〉と彩子〈日高〉が、偶然、電車の中で出会います。

そして、日高〈彩子〉がスマホで手袋の検索をしていると、「手袋のブランド、お教えしましょうか」と彩子〈日高〉がささやいてきます。

彩子〈日高〉は、「見つからなければいいですね」と不敵な笑みを浮かべます。

日高〈彩子〉は「これは罠だ」と思い、いつか魂が元に戻たらきっと逮捕してやると決意をあらたにするのでした。



こういうところが、彩子のいいところ。

いつも、前向きです。

僕の手袋を五木さんに調べてもらう

日高〈彩子〉は、秘書の五木さん(中村ゆり)に、自分の手袋のタグを切ってしまったのでどこのブランドのものかわからなくなったと嘘をつきます。

そして、五木さんにその手袋を探してもらうことになります。

有能すぎる秘書の五木さんは、ネットで調べて見つけてくれました。

その画像を八巻に送り、これを手に入れて、警察が手袋を見つけたらすり替えるようにと指示を出す日高〈彩子〉。

八巻は、周りは警察官だらけなのに、そんなこと出来ないと言いますが、それ以外方法はないのです。



八巻、がんばれ!

日高の手袋を大捜索

日高の手袋があるトラックの上に落とされ、運ばれていたことを彩子自身だったときの彩子からの情報で知った河原。

その手袋が見つかれば、日高を逮捕できると言い、上からもどうしてこの手袋が日高のものだとわかったのか聞かれますが、それはあとで話すので、とにかく手袋を大捜索してほしいと言って、かなり大掛かりな捜索が始まります。

関係各所から届いたカーキの革手袋。

なかなかの量です。

彩子〈日高〉も手袋のすり替えをしようと

鑑識課に忍び込んだ八巻は、彩子〈日高〉自身が、手袋のすり替えをしようとしていることがわかったと日高〈彩子〉に連絡をします。

しかし、彩子〈日高〉が手袋を回収してしまったら、永遠に捕まえられなくなるので、絶対八巻自身の手ですり替えるんだと日高〈彩子〉は言います。

翌日、彩子〈日高〉と新しい手袋を手に入れた八巻も、鑑識課の手伝いをしていると、3枚だけ手袋が届けられます。

そして、その3枚の中に、日高の手袋と同じものが!

小学生の男の子が、あとで警察に届けようとして持っていた手袋が届けられたのです。



しかし、八巻は右と左を間違えてすり替えてしまいました…。

もし、もう片方が見つかったら、すり替えがバレてしまいます!

そして、河原はそのもう片方の手袋をまだ諦めていないようです。

彩子〈日高〉からの連絡

彩子〈日高〉から、日高〈彩子〉に連絡があり、手袋が見つかったと。

しかし、期間限定の珍しいものなのに、それは自分のものではなかったと言う彩子〈日高〉。

もしかして、すり替えがバレたのでしょうか。

しかし、八巻が魂の入れ替わりを知っていることは知らないはずなので…。



ただ、彩子〈日高〉は、何か感づいているようです。

奄美大島へ

日高〈彩子〉は、シヤカナローの花を求めて奄美大島へ向かいます。

シヤカナローの花や「太陽と月の伝説」について、博物館の人に聞きますが、「伝説は伝説ですからね」と言われ、手がかりがなかなか見つかりません。

丸い石のある砂浜

博物館の中に、日高が凶器として使った丸い石のある海岸の写真がありました。

海岸に行った日高〈彩子〉は、この海岸をどこかで見たような気がします。

すると、その地域の人が「それ、持って帰っちゃだめだよ。悪いことが起こるから。ここの石持ってると呪われるって言われてるんだよ」と言います。

呪いの石

「持っていると呪われる石」

どちらかというと、日高より彩子の方が呪われてる感じですが、日高はなぜ凶器を捨てないのでしょうか。

旅館に戻って、そんなことをぼんやり考えていた日高〈彩子〉は、間違えて女風呂に入ってしまいますw

ちょっと騒ぎにはなりましたが、警察には届けないことにしてくれた旅館のご主人。

すると、旅館の共有スペースに日高の写真が!

日高は、この旅館に泊まりに来たことがあったのです。

そして、旅館のご主人によると、「緋美(あけび)」という集落に日高は行っていたようです。



この「緋美」に何か謎が隠されているのでしょうか。

サガリバナとシヤカナロー

「緋美」に行った日高〈彩子〉は、いろいろと見て回りますが、本当に何もない集落でした。

そして、旅館のご主人にシヤカナローの花について聞くと、サガリバナのことだと言われます。

しかし、冬には咲かない花なので、今は咲いていません。

もう一つの手袋

日高〈彩子〉が奄美大島へ行っている間に、もう一つの手袋が見つかりました。

これは、彩子〈日高〉が幅(谷恭輔)に手掛かりを教え、見つかったものです。

やはり、彩子〈日高〉は、日高〈彩子〉を逮捕させようとしているのでしょうか。

科捜研に手袋が

八巻からの連絡がありました。

もう一つの手袋からは日高の指紋が出て、あとは被害者のDNAが出てくれば逮捕確実です。

さらに、彩子〈日高〉には、カマを掛けられた八巻が、自分が二人の魂が入れ替わっていることを知っていることがバレています…。



八巻、めっちゃ、ヤバい!

相手は、サイコパスの殺人鬼です。

「4」とは?

彩子〈日高〉が、あの歩道橋を渡って帰って行くときに、欄干に赤いペンキで「4」と書かれていました。

すると、彩子〈日高〉の表情が変わって、「まだ終わってなかったんですね」とつぶやきます。

この「4」とは一体、何なのでしょうか。

そして、このペンキで書かれた「4」を陸(柄本佑)が、便利屋の仕事で消していました。

これは、彩子〈日高〉が頼んだのでしょうか。

それとも…。

被害者のDNAは不採取

もう一つの手袋からは、被害者のDNAが採取されませんでした。

バクテリアが付着して、DNAが取れないことがときどきあるというのです。

バクテリアを付着させたのは、彩子〈日高〉?



とりあえず、日高〈彩子〉が今すぐ逮捕されることはなくなりました。

新たな殺人事件

新たな殺人事件が起こりました。

それは、前回の被害者・田所氏と同じ犯人だと思われます。

彩子〈日高〉からの動画

日高〈彩子〉がホッとしていると、彩子〈日高〉からメールが送られてきます。

それは、殺人を録画した動画でした。

被害者は、ゴルフ場などを作って富を得た人物だったことから、逆さに吊り下げ、ゴルフボールのように頭をボコボコにするという彩子〈日高〉が写っていました。

笑いながらゴルフクラブで被害者を打ち続ける彩子〈日高〉が、はっきりとスマホの画面に映し出されています。



怖い…。

本物のサイコパスです。

あなたは私で私はあなた

彩子〈日高〉は、カメラに向かって、「これでもうあなたも殺人者。もう入れ替わってもどっちでも同じ。あなたは私で私はあなた」



魂は日高ですが、身体は彩子。

彩子は、とうとう殺人を犯してしまったことになるのでしょうか。

もし、元に戻っても、彩子の犯行だという証拠が出て来たら、魂の入れ替わりなんて誰も信じてくれないでしょう。

ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第3話の感想 最後に

ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第3話の感想でした。

とうとう新たな殺人事件が起こってしまいました。

彩子の身体で、日高が起こした殺人事件。

そして「4」という赤い文字の意味と、子供の絵のようなイラスト。

謎はますます深まっていくようです…。

一週間が本当に長いです。

次回も楽しみです!





以下の記事で、第2話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第2話の感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA