ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第4話 感想|主演・上白石萌音

雑誌

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第4話の感想です。

恋も仕事も少しづつ成長していく奈未。

そして、宝来編集長も、昔は奈未みたいだったのもなんかうれしい。

いよいよ恋のライバル・蓮見莉緒が登場します。

しかし、ロマンティックな雨の中のキス。

これから二人はどうなっていくのでしょうか。

ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第4話の感想 はじめに

あらすじ

 ついに「MIYAVI」創刊号が発売され、上京してからの出来事を感慨深く振り返る奈未(上白石萌音)。改めて「MIYAVI」のページを開いた奈未は、その中の洗練されたモデルたちと比べ、ファッション業界の最先端で働いているのに最先端とは程遠い自分を痛感する。オシャレに目覚める奈未だが、そのセンスのなさに麗子(菜々緒)からは呆れられてしまう。その様子を見かねた同僚たちは、ブランドのレセプションパーティーに奈未を同行させてあげることに。しかし、そのパーティーで奈未はまた潤之介(玉森裕太)と会ってしまい複雑な気持ちに…。

そんな中、麗子は昔の上司であり、次号の「MIYAVI」で特集ページを担当する、ファッション業界のトップでクリエイティブ・ディレクターのウエクサジンコと再会する。

 後日、ジンコのスタッフミーティングの場へ顔を出した奈未は、その和気あいあいとした雰囲気に感動。さらにジンコからの誘いで、ジンコの企画を手伝うことに。すると、ジンコからなぜか副社長・宇賀神(ユースケ・サンタマリア)との会食のセッティングを頼まれ…。

[引用元]TBSテレビ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」公式サイトあらすじ

登場人物

鈴木奈未/上白石萌音
主人公。音羽堂出版「MIYAVI」編集部の雑用係。

宝来麗子/菜々緒

音羽堂出版「MIYAVI」編集長。バリキャリ、毒舌で冷徹な超敏腕。奈未の鬼上司。潤之助の姉。

宝来潤之介/玉森裕太
カメラマン。子犬系イケメン御曹司。宝来麗子の弟。

中沢涼太/間宮祥太朗

音羽堂出版「MIYAVI」のクールな敏腕編集者。

和泉遥/久保田紗友

音羽堂出版「MIYAVI」の編集アシスタント。

尾芦一太/亜生(ミキ)

潤之介のカメラアシスタント。潤之介を尊敬している。

和田和美/秋山ゆずき

音羽堂出版「MIYAVI」の編集者。

  ◆

高橋麻美/高橋メアリージュン
「ZEAL」編集長。宝来麗子のライバル。

半田進/なだき武

「MIYAVI」の副編集長。

日置健也/犬飼貴丈

奈未の幼馴染で初恋の人。公認会計士。職場の上司の娘と婚約中。

鈴木義郎/橋爪淳

奈未の父。小説家志望だった。

鈴木多未/山之内すず

奈未の妹。

  ◆

鈴木真未/宮崎美子
奈未の母。

  ◆

香織/高橋ひとみ
潤之介と麗子の母。

  ◆

蓮見理緒/倉科カナ
潤之介の幼馴染。

  ◆

宇賀神慎一/ユースケ・サンタマリア
音羽堂出版副社長。

「MIYAVI」創刊号が発売!

とうとう「MIYAVI」創刊号が発売されました!

奈未(上白石萌音)の名前も、ちゃんと載っています。

奈未は本屋さんに行くたびに、「MIYAVI」を買うほどうれしくてたまりません。

おでこにチュー

そんなウキウキな奈未ですが、潤之介(玉森裕太)の個展に行った帰り、潤之介におでこにチューされたことを思い出し、一人、石橋を叩き割っていますw

東京の人でもおでこにチューは、挨拶代わりじゃないと思います。

また、可愛い子犬系男子が奈未を惑わせています。



この子犬の着ぐるみ、しばらく毎週出してほしいなぁ。

ああ、可愛い♡

ファッショナブルにならなくちゃ

奈未は、ふと、自分はファッションの最先端で働いているのだと気づきます。

もっと、ファッショナブルにならなければと思い、翌日出社したときの奈未の服装に、編集者のみんなは驚いてしまいますw

編集アシスタントは、ファッションに興味なしと言いながら、奈未のように突然目覚める人が多いらしいです。

奈未は奈未らしいファッションで十分可愛いのに。



「泥団子は磨いても泥団子」

宝来編集長、おもしろすぎるw

音羽堂出版が合併?

「MIYAVI」は、出版業界冬の時代に、モード誌の創刊号で20万部突破は、驚異的な数字です。

しかし、宝来編集長(菜々緒)は30万部を目指しています。

副社長(ユースケ・サンタマリア)の口から、合併という言葉が出ましたが、音羽堂出版は、どこかの出版社と合併の話が出ているということでしょうか。

JIMMY CHOOのパーティ

奈未は、JIMMY CHOOのパーティに連れて行ってもらうことになりました。

業界関係者など、おしゃれな人がいっぱい。

健ちゃんはクズだった

パーティで、奈未は健ちゃん(犬飼貴丈)に偶然会います。

健ちゃんは公認会計士で、この会社の担当をしているようです。

そして、着飾った奈未を見て、「俺たち、つきあわないか?」と言います。

所長のお嬢様とは破局したのか?と思ったら、「奈未が黙ってたらわからないって」と超クズ発言。



奈未の純情を思いっきり踏みにじっておいて、二番目の女にしようとしています。



そこに、潤之介が現れて、「俺、彼氏なんで」と言って奈未をさらっていきます。

「俺の一番を二番にするとかあり得ないから」

潤之介、いいところに出て来てくれた!

ウエクサジンコ登場

ファッション業界にいて、ウエクサジンコ(高岡早紀)を知らないのはモグリだと言われるほどの人。

着物ブームの火付け役とも言われるファッションクリエイティブデザイナーです。

次号の「MIYAVI」で、特集記事をウエクサジンコにその場で依頼する宝来麗子。

「ネタバレ!」と騒ぐ奈未に「しーっ!」

ウエクサジンコはスタッフと仲がいい

お使いでウエクサジンコのところに行った奈未は、原宿をナビしてほしいと頼まれます。

タクシーの中で話をしていると、ジンコが「副社長の宇賀神さんとの食事会を設定してくれない?」と。

実は、ジンコは15年前まで宇賀神の妻でした。

伝言を預かった奈未が、副社長に伝えると来週なら空けると言われます。



宝来編集長、その話を聞いてドアに頭ぶつけてましたねw

やっぱり、副社長に恋をしているんですね、宝来編集長。

副社長、モテすぎ。



そして、奈未はジンコのスタッフが仲がいいのを見て、うらやましいと言うと、少しだけお手伝いをさせてもらえることになりました。

グランピングへ行こう!

潤之介のアシスタントカメラマンの尾芦くん(ミキ・亜生)から、遥(長友紗友)に日帰りグランピングのお誘いがありました。

遥は奈未を誘って、奈未が中沢(間宮祥太朗)を誘って4人で行こうということになります。

当日尾芦が体調不良

当日になって、尾芦くんが体調不良になったので、潤之介がピンチヒッターでやって来ます。

潤之介とは、飲み会で一緒だったことを思い出した遥。

全員、初対面ではないということです。

潤之介は中沢のことをドS先輩と呼んでいますしw

奈未と二人で食材の買い出しに行くとき、奈未との距離を測っている潤之介が可愛すぎw

小さな子供がするみたいに、手袋した手を出して♡

星を観に行かない?

4人でBBQをしていても、中沢ドS先輩は、奈未のことが気になって仕方がないようです。

そして、遥は中沢さんのことが気になるようで…。

奈未が中沢さん誘おうって言ったときは、意外そうなふりをしていましたが、たぶん遥は中沢さんに好意を持っていそうです。



潤之介も、中沢さんと遥も二人になりたそうだから、帰りに二人で星を観に行こうと誘ってくれます。

この近くに星がきれいなところがあるようです。



もう、潤之介沼にハマらないようにしている奈未ですが、難しいことは考えないことにしたようです。

そして、帰りに二人で星を観に行くことになりました。

しかし、突然、奈未の携帯が鳴って…。

星は次の火曜日に

電話は、ジンコのアシスタントのマリカからでした。

ジンコが撮影に使いたいと言っていた帯が一本、どうしても届かないので、連絡を取りたいという電話でした。

ジンコは、宇賀神との食事会中だったので、連絡が取れず…。

マリカは、自分で帯を選んで撮影に持って行きました。

激怒するジンコ

ジンコは、マリカに「こんなのでは撮影は出来ない。あなたクビよ」と言って去っていきます。

そこに宝来編集長が現れ、10年前、ジンコの下で働いていたときに感動したカラーフィルムを使ったデザインを再現して見せます。

マリカは、このジンコの作品を見てこの世界に入ったようです。



ジンコは、トップクリエイターとして恥ずかしいものは出せないと、知らないうちに誰の意見も聞かなくなっていた自分に気づきます。



本物のクリエイターって、きっと自分が間違った方向に行っていることに気づいたら、ちゃんと謝って、自分をアシストしてくれる人を大切にするものなんでしょうね。



それにしても、高岡早紀さん、いつまでもスタイル抜群できれいでカッコいい!

潤之介の幼馴染

星を観に行くことになった日、少しお天気が心配です。

そして、潤之介に連絡を取りたかった奈未は、尾芦くんに潤之介の連絡先を聞きます。

尾芦くんは、遥のことが気になっているみたいですw

潤之介の好きな人

尾芦くんが言うには、潤之介にはずっと思っている人がいて、その人は幼馴染のすごくきれいな人。

潤之介は一途にその人のことを思っているらしいです。

それが、次の「MIYAVI」のカルチャー特集の蓮見理緒(倉科カナ)でした。

雨の中のキス

星を観に行く日は土砂降りでした。

奈未は、潤之介に連絡をしましたが、返事が返って来なかったので家に帰りましたが、やはり気になって雨の中を走ります。

約束はいつものベンチ。



すると、バイクを止めてうずくまる潤之介が。

駆け寄った奈未は、潤之介に自分からキスをしました。

その頃、ちょうど蓮見理緒は潤之介に電話をかけていて、留守電に繋がります。

そして、潤之介からも奈未にキスを。

ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第4話の感想 最後に

ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第4話の感想でした。

雨に濡れた潤之介の美しい横顔に見とれてしまいました。

いよいよ、次回から蓮見理緒が登場します。

潤之介は、本当に今もずっと理緒のことが好きなのでしょうか。

帰国一番に電話を入れるということは、理緒は潤之介を一番に思っているということ。

二人はこれからどうなってしまうのでしょうか。

中沢、遥、理緒、潤之介、そして奈未。

一週間が長いです!



以下の記事で、第3話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第3話の感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA