ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第4話 感想|主演:綾瀬はるか・高橋一生 日高陽斗の正体は?

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第4話の感想です。

今回は、汚職刑事・河原が失脚します。

やはり、日高の頭脳には勝てないようです。

日高の犯行の裏に、何か犯罪組織があるのか、誰かを守るために殺人を犯しているのか…。

今回も次々と繰り出される日高と彩子の駆け引きに、ドキドキしました。

ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第4話の感想 はじめに

あらすじ

日高(高橋一生)がまた猟奇殺人を犯した。人の命が無残に奪われ、その行為に自分の体を使われたことに彩子(綾瀬はるか)は言葉を失う。
翌朝、日高<彩子>は河原(北村一輝)の事情聴取を受けるが、その様子を冷静に見つめる彩子<日高>。聴取後、彩子<日高>と日高<彩子>がやり取りする様子を目撃した河原は、その光景に違和感を覚え、疑惑の目を向ける。
後日、彩子<日高>が捜査本部専用の情報のデータベース化を買って出てきた。一体その目的は?
一方、陸(柄本佑)もまた、彩子の家で発見した“血の付いた防護服”のことで頭を悩ませていた。
証拠不十分で解放された日高<彩子>だったが、コ・アース社では、会社の信頼が失墜しかかっていることを案じた秘書の樹里(中村ゆり)に詰め寄られ、おまけに、頼みの綱だった八巻(溝端淳平)は殺人鬼の彩子<日高>を恐れ、これ以上協力できないと言い出す。
今のままでは自分が殺人犯になってしまうことに絶望的な気分になる彩子。

そんな中、2人に疑いを向けた河原が、事件の目撃者情報をつかんだ様子で…。

[引用元]TBSテレビ「天国と地獄~サイコな2人~」公式サイトあらすじ

登場人物

望月彩子/綾瀬はるか
警視庁捜査一課刑事。努力家で正義感が強いが、慌て者。ひょんなことから日高と魂が入れ替わってしまう。

日高陽斗/高橋一生

創薬ベンチャー企業「コ・アース」代表取締役社長。大手食品企業「サンライズフーズ」の御曹司。腰が低い好人物。しかし、裏の顔は猟奇殺人鬼。容疑者として追われているときに彩子と魂が入れ替わってしまい…。

渡辺陸/柄本佑

彩子の家に居候中のフリーター。清掃派遣員として働いているが、家賃や光熱費などは一切払わず、家事だけを担当。しかし、彩子の唯一の心の拠り所。

八巻英雄/溝端淳平

警視庁捜査一課の刑事。彩子のバディ。仕事が楽ならラッキーと言うゆとり世代。しかし、やるときはやる有能なタイプ。

五木樹里/中村ゆり

日高の秘書。日高と大学の同級生で、日高を絶対的に信用している。

富樫義貴/馬場徹

コ・アースの営業取締役。日高を信頼している。

湯浅和夫/迫田孝也

陸のバイト先の先輩。陸に「師匠」と慕われている。

十久河広明/吉見一豊

警視庁捜査第一課長。

新田将吾/林奏文

警視庁鑑識課。高度な鑑定で頼もしい存在。

五十嵐公平/野間口徹

警視庁捜査第一課・管理官。管理官でありながら周囲の様子をいつも気にする。

幅健太郎/谷恭輔

川原のバディ。川原を尊敬している。

川原三雄/北村一輝

警視庁捜査第一課主任。刑事としての能力は高いが、上の弱みを握っているという噂もあり、彩子はそのやり方を認められない。

【入れ替わり後の表記】

日高〈彩子〉=綾瀬はるか

彩子〈日高〉=高橋一生

河原の疑問

事件の翌日、警察に呼ばれる日高〈彩子〉。

しかし、犯人の見た目は彩子なので、この四方忠義氏殺害については日高〈彩子〉が容疑者になることはあり得ません。

証拠の手袋

河原刑事(北村一輝)は、今も日高が犯人だとにらんでいます。

落とし物として届けられたカーキ色の革手袋を日高〈彩子〉に見せますが、落ち着いた日高〈彩子〉の態度にそれ以上追及が出来ません。

エレベーター前まで送るという彩子〈日高〉に、ついていく日高〈彩子〉。

その様子を見て、河原は、日高と彩子が裏で繋がっているのではないかと疑い始めます。



確かに、日高〈彩子〉が、彩子〈日高〉の胸倉をつかんでいるのを見ると、河原じゃなくても疑問が沸き起こって来ますね。

そして、彩子〈日高〉は怪しまれていることに気づいています。

警察官として

彩子は、警察官としてこのまま日高のやりたいようにさせるわけにはいかないと思っています。

彩子は、今は見た目は日高でも、本当は正義感溢れる刑事なのです。

怖がる八巻

八巻(溝端淳平)は、四方忠義氏殺害が彩子〈日高〉の犯行だと知って、バディを組んでいるのが猟奇殺人鬼だと思うと、怖くてたまりません。

今まで日高〈彩子〉に協力していましたが、もう協力はできないと言ってきました。

もしかしたら、八巻が二人が入れ替わってしまったことに彩子〈日高〉が気づいているとしたら(おそらく気づいている)、八巻の命も危ないかもしれません。



ゆとり世代の八巻くんには、これはかなりのハードモード。

勘弁してよと言いたくなりますね。

科捜研の人たちの雑談

河原は、科捜研の人たちが休憩中にある雑談をしているのを偶然聞きました。

革手袋からDNAを採取しようとしたときに、ただ道に落ちていただけでバクテリアが混入することはほとんどないというのです。

河原は、それなら「わざと混入させた?」



それが出来るのは、自分と幅刑事、新田、八巻、そして彩子。

河原は、彩子が怪しいと目星をつけたようです。

彩子の苦悩

彩子は、自分の身体を使って日高が殺人を犯し、その動画もあることから、たとえ魂が元に戻っても、自分の手で日高を逮捕できないということです。

日高が逮捕されても、自分も一緒に刑務所に入ることになります。

証拠の隠蔽をさせられる可能性も

おそらく、これからも彩子〈日高〉によって殺人は繰り返されると思われます。

そして、日高〈彩子〉は彩子〈日高〉に証拠隠滅の協力をさせられることになるかもしれません。



日高〈彩子〉の警察官としての正義感は、行き場を失ってしまいます。

これまで、彩子の警察官として生きてきた人生は何だったのだろうと苦悩します。

捜査本部のデータベースを作成

彩子〈日高〉は、今回の捜査本部のデータベースを作成しますと、五十嵐管理官(野間口徹)に申し出ます。

彩子〈日高〉の目的は、何なのでしょうか。

彩子は二重人格?

彩子の同居人の陸(柄本佑)は、彩子〈日高〉の様子が今までと違うことを師匠の湯浅(迫田孝也)に相談します。

そして、あの血の付いた防護服。

すると湯浅は、「彼女さん、二重人格なんじゃないか」と。

するどい。

これは、二重人格と同じ状態と言えなくはないです。



陸は家に帰って彩子〈日高〉に確認しますが、うまくかわされてしまいます。

中身は日高ですから、人のいい陸をはぐらかすことくらいお手の物。

日高は何らかの組織の人間?

今まで殺害された三人の男性の手のひらには、Φマークが血で書かれています。

さらに、コンクリートの橋げたに赤いペンキで書かれた数字は、被害者の名前の中に入っている数字であることもわかりました。

Φマークを使っているのは海外の犯罪組織

組織的な犯罪で、手のひらにΦマークを使っているのは海外の事件だけです。

しかし、彩子〈日高〉は今ならネットでつながれますから…と言います。

さらに、日高は海外で研究員として駐在していたこともあります。



日高の後ろには、海外の犯罪組織が?

数字にまつわる殺人

一人目に殺害されたのは田所仁志。名前の仁の字に「2」という数字が入っています。

二人目に殺害されたのは四方忠義。名前に「4」という数字が入っています。

彩子〈日高〉は、「次は何なんですかね」と言いながら、お風呂の鏡にΦを書きます。

これは、何らかの組織の指示を待っているということ?

そして、合間に出てくる漫画は一体何なのでしょうか。

名前に数字が入っている人

八巻、五十嵐、五木、十久河、河原三雄、新田将吾…。

それぞれ、名前に数字が入っています。

この人たちも被害者になる可能性があるのでしょうか。

日高の会社での人望

日高〈彩子〉は、慣れない仕事にかなり疲れているようです。

そして、日高を慕う営業取締役の富樫(馬場徹)と一緒に取引先に謝罪に行くことになりました。

取引先に迷惑をかけて

コ・アース社の洗浄剤のサンプルQを配布していた企業に、警察が一社一社聞き込みを行っているようです。

そのため、会社の信用が失墜し、契約を切られた会社もあるようです。



確かに、社長があんな猟奇殺人鬼の疑いをかけられた会社の製品は取引したくないと思います。

日高は逮捕されてはいませんが、会社とはそういうものです。

警察側の気持ちになってしまう日高〈彩子〉

取引先の会社から、警察が何度も何度もしつこく来たために、迷惑していると苦情を言われます。

日高〈彩子〉は、本来謝罪するべきなのですが、中身は彩子なので逆ギレしてしまいますw

「警察だって来たくて来てるんじゃないんですよ。人、一人死んでるんですよ!」

慌てる富樫w



日高を尊敬している富樫も、日高がいつもと違うことに気がつく頃ですね。

頭を打って記憶喪失

日高は、毎日かなりの数の会議をこなしていたようです。

日高〈彩子〉は、会議でも的外れな発言が出始め、社員たちは何かおかしいと気づき始めているようです。

そこで日高〈彩子〉は、階段から落ちて頭を打って、記憶が飛んでいると秘書の五木(中村ゆり)に嘘をつきますw

五木は、これを社内で共有しますといって、一斉メールを配信します。

社員が一斉に社長室に

社長が今、記憶障害に陥っていることを知った社員たちは、大挙して社長室に押し寄せます。

そして、全員が社長を心配し、富樫に至っては「私がもっとしっかりしていれば…」とまで言う始末w



日高は、本当に社員たちに慕われているんですね。

サイコパスな猟奇殺人鬼とは、真逆です。

日高は、本当に殺人鬼なのでしょうか。

日高と彩子は繋がっている!

河原は、やはり日高と彩子は繋がっていると確信しているようです。

そして、幅刑事と共に被害者の四方氏の家の周辺に聞き込みに。

外国人留学生の証言

河原と幅は、一人の外国人留学生の証言を得ることが出来ました。

何人かの写真を見せているうちに、彩子の写真を見て、「この人、似ています」と。

そして、背格好やコート、髪の長さ、黒いバッグなど、彩子〈日高〉と酷似しています。

八巻の心配

河原が目撃者を見つけてきたことを、八巻は日高〈彩子〉に連絡してきます。

八巻は、もしかしたら彩子〈日高〉が、その目撃者の命を奪うのではないかと心配しています。

そんなことはあり得ないと思いたい日高〈彩子〉ですが、これを放置してしまったら、もう自分は完全に警察官として失格だと思います。

そして、ある計画を実行します。

日高〈彩子〉は、彩子〈日高〉に、八巻から送られてきた証拠の手袋と引き換えに「もう二度と人を殺さないと誓って」と言います。

日高〈彩子〉は、もしこの要求をのんでくれないのなら、四方氏殺害の動画を捜査一課に送るといいます。

そうなると、自分自身も破滅しますが、警察官としてこれ以上人の命が奪われることを見過ごすのが我慢できないのです。



すると彩子〈日高〉は、「そうか…だから私はあなたと入れ替わったんですよ」と言います。

これは、一体どういう意味なのでしょうか。

サイコパスな自分の殺人を止められるのが、彩子だけだということでしょうか。

河原の失敗

河原はいつものごとく、裏から手を回します。

目撃者の外国人留学生は、彩子の顔まではちゃんと見ていないと言っているのですが、面通しの際に、彩子が部屋にやって来るようにするので、「この人だ」と言ってくれと…。

この留学生は、もうすぐ在留期限が切れてしまうので、それをネタに、河原はお金を渡して彩子だと証言させようとしました。

しかし、そのときの様子が動画に撮られ、本庁に送信され、河原は証言の強要に捏造、買収…。

そして、河原は処分されることになります。



悪いことは長くは続かないということですね。

ちょっと気の毒な気もしますが、褒められた捜査の仕方ではありません。

日高〈彩子〉が留学生に撮影を依頼

この動画は、留学生に日高〈彩子〉が頼んだものでした。

日高〈彩子〉が、警察官のふりをして「河原はとんでもない汚職警官で、捕まえたいと思っています」と。

そして、留学生には日高の妹の食品会社に就職を斡旋し、そこなら就労ビザが3年間伸び、在留資格変更も可能だと話をしたのです。

留学生は、一時的な河原からのお金より、正規で就職をする方がうれしいはずです。

それで、河原とのやり取りを隠し撮りしたのです。



このときの高橋一生さん、すごく誠実な雰囲気で素敵でした。

そして、妹の優菜(岸井ゆきの)とのやり取りも、いいお兄ちゃん感がすごく出ていて、カッコ良かったです。

やっぱり、高橋一生さんって素晴らしい俳優さんですね。

ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第4話の感想 最後に

ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第4話の感想でした。

日高は、なぜ殺人を繰り返すのでしょうか。

本人が言うような、「理由も動機もなく、ただ急に殺したくなる」というサイコパスな理由はおそらく嘘でしょう。

今のところ、Φマーク、漫画、警視庁のデータベースから取り出した「殺人リスト」?などを見ても、理由があって殺害を行っているのは明白。

そして、日高と彩子の心が少しづつ引き合っているところも、次回から先の見どころです。

また、1週間が長いです!



以下の記事で、第3話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第3話の感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA