ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第5話 感想|主演:綾瀬はるか・高橋一生 日高は犯人じゃない?

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第5話の感想です。

今回は、見どころが盛りだくさんでした。

第一の殺人の目撃者が虚偽の証言をしていたこと、陸が入れ替わりを知ったこと、そして歩道橋の彼女とは?!

ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第5話の感想 はじめに

あらすじ

彩子(綾瀬はるか)は周囲から話を聞くうちに、日高(高橋一生)という人間がわからなくなっていた。彼の評判はサイコ・キラーとは程遠いものばかりなのだ。もしかして彼は誰かを守るために殺人を犯しているのか? それとも、そもそも犯人ではないのか──。

そんな日高<彩子>を訪ねて、陸(柄本佑)が突然やって来た。陸は同居人である彩子<日高>の最近の行動を不審に思い、偶然見てしまった彼女が利用しているコインロッカーが気になり、中を勝手に調べたところ、日高宛の手紙を見つけたため会いに来たという。

同じ頃、コ・アース社は大騒ぎになっていた。日高社長が連続殺人の容疑者であることや事件に関する詳細など、警察が公表していない情報がSNS上に拡散され、ネガティブキャンペーンが巻き起こっていたのだ。捜査情報を漏洩したのは一体誰なのか?

一方、強引かつ不当な捜査が上司にバレて第一線からはずされていた河原(北村一輝)は、相変わらず彩子と日高のつながりを疑っていた。そのつながりを調べる過程で、ある漫画のキャラクターに行きつき…。

[引用元]TBSテレビ「天国と地獄~サイコな2人~」公式サイトあらすじ

登場人物

望月彩子/綾瀬はるか
警視庁捜査一課刑事。努力家で正義感が強いが、慌て者。ひょんなことから日高と魂が入れ替わってしまう。

日高陽斗/高橋一生

創薬ベンチャー企業「コ・アース」代表取締役社長。大手食品企業「サンライズフーズ」の御曹司。腰が低い好人物。しかし、裏の顔は猟奇殺人鬼。容疑者として追われているときに彩子と魂が入れ替わってしまい…。

渡辺陸/柄本佑

彩子の家に居候中のフリーター。清掃派遣員として働いているが、家賃や光熱費などは一切払わず、家事だけを担当。しかし、彩子の唯一の心の拠り所。

八巻英雄/溝端淳平

警視庁捜査一課の刑事。彩子のバディ。仕事が楽ならラッキーと言うゆとり世代。しかし、やるときはやる有能なタイプ。

五木樹里/中村ゆり

日高の秘書。日高と大学の同級生で、日高を絶対的に信用している。

富樫義貴/馬場徹

コ・アースの営業取締役。日高を信頼している。

湯浅和夫/迫田孝也

陸のバイト先の先輩。陸に「師匠」と慕われている。

十久河広明/吉見一豊

警視庁捜査第一課長。

新田将吾/林奏文

警視庁鑑識課。高度な鑑定で頼もしい存在。

五十嵐公平/野間口徹

警視庁捜査第一課・管理官。管理官でありながら周囲の様子をいつも気にする。

幅健太郎/谷恭輔

川原のバディ。川原を尊敬している。

日高優菜/岸井ゆきの
日高陽斗の妹で、サンライズフーズ勤務。陽斗が日高家を継がないため、優菜が跡継ぎになる。

川原三雄/北村一輝

警視庁捜査第一課主任。刑事としての能力は高いが、上の弱みを握っているという噂もあり、彩子はそのやり方を認められない。

【入れ替わり後の表記】

日高〈彩子〉=綾瀬はるか

彩子〈日高〉=高橋一生

コインロッカーに入れられたもの

彩子の同居人である陸(柄本佑)は、便利屋の仕事中、彩子〈日高〉がコインロッカーに何かを入れるのを見てしまいます。

コインロッカーを開けた陸

陸は、コインロッカーに何を入れたのかが気になり、彩子〈日高〉が入浴中にコインロッカーのカギの型を取ります。

そして、合鍵を師匠の湯浅(迫田孝也)に作ってもらうことに。



湯浅は、「知らぬが花っていうこともあるけどな」と言いますが…。

湯浅さん、いつも的確なアドバイスをする人なので、陸がちょっと心配。

コインロッカーに入っていたもの

陸は、コインロッカーを開けて中を見ます。

そこには矢印の紙が置いてあるのですが、それが落ちたことを陸は気づいていません。

この矢印の紙は彩子〈日高〉が、誰かに勝手に開けられたとき、わかるようにおいているものです。



コインロッカーの中には、「日高はるとさま」と書かれた封筒、凶器の丸い石、漫画、写真などが入っていました。

日高陽斗には何かある

日高陽斗には、「何かある」と日高〈彩子〉は考えています。

周囲の人々の日高に対する接し方が、どうしてもサイコキラーだと思えない彩子。

彩子が捜査に戻る

河原が不祥事を起こしたことで、彩子〈日高〉が捜査現場に戻ることになり、日高〈彩子〉は羨ましがります。

しかし、彩子〈日高〉が捜査するということは自分自身の捜査をするということになります。

彩子の希望的観測

日高〈彩子〉は、日高には何か理由があって殺人を犯しているか、日高自身は実は犯人ではないのではないかと思っています。

しかし、彩子〈日高〉に、それは「希望的観測」というものだと言われ、さらに『curiosity killed the cat』(好奇心は身を滅ぼす)と言って電話を切られてしまいます。

ただ、このことわざには続きがあって、『satisfaction brought it back』(その分、満足も返ってくる)です。

好奇心は身を亡ぼすが、その分、満足も得られるということ。



「きゅうりが何よ~」と小ボケをかます日高〈彩子〉、めっちゃ可愛い!

犯行を録画した動画

ただ、四方氏殺害の動画があるということは、彩子〈日高〉が犯人だと証明していることになります。

しかし、日高〈彩子〉の刑事としての勘が「日高は犯人ではない」と確信しているのです。

ある家と薬のゴミ

彩子〈日高〉は、日高〈彩子〉との電話の後、ある家に向かい、望遠鏡で覗いています。

そして、薬の飲んだ後のゴミを見て「時間がないですね…」とつぶやきます。



これは、一体何を表しているのでしょうか。

入れ替わったことを陸に告白

コインロッカーをあけた陸は、日高〈彩子〉に会いに行きます。

そして、陸は彩子が日高と「何か隠さなければいけない何かをやっているのかな?と思っている」と、日高〈彩子〉に言うのですが、とてもややこしいことになっていますw

彩子の癖を繰り出す日高〈彩子〉

同居人の彩子の癖をよく知っている陸。

目の前の日高〈彩子〉が、腕を組んで肘を指で叩く彩子の癖を繰り出しているのを見て、「えっ!?」と。

コ・アース社のネガティブキャンペーン

日高〈彩子〉と陸が会っている間に、日高の会社コ・アース社が飛んでもないことに。

五木(中村ゆり)から連絡が入った日高〈彩子〉は、陸にまた連絡するとだけ言って、去っていきます。

どうやって連絡するのか不思議に思う陸ですが、「あの人、何か彩子ちゃんみたいだな」

Φのマークは警察しか知らない

ネットにコ・アース社の日高陽斗社長は、連続殺人鬼だとかΦのマークのことなどが、ネットに書き込まれ、コ・アース社は電話が鳴りっぱなし。

しかし、Φのマークのことは警察しかしらないはずです。

一体、誰が情報漏洩し、ネットに書き込んだのは誰なのか?

バイスター社からの買収

混乱の中、コ・アース社にバイスター社から、買収の話が来ました。

ネガティブキャンペーンの翌日に買収の話が来るのは、話が早すぎます。

バニッシュワンダーの特許は九十九と共同

コ・アース社の洗浄剤、「バニッシュワンダー」は、日高がアメリカでの研究員時代に開発し、そのとき一緒に研究をしていた九十九(中尾明慶)と共同で特許を持っているのです。

同業他社に安く買い取らせ、バニッシュワンダーを別商品としてその会社から売り出すときに、特許の申請者を日高から九十九に変更すれば、莫大な利益が九十九に入るようです。

情報漏洩は八巻

八巻(溝端淳平)は、人が良いので「捜査に協力する」などと言われ、九十九に情報を漏らしてしまったようです。

八巻くん…w

九十九は、何か他に法に触れるようなことをしていないか…。

九十九はギャンブル好きで、違法賭博場に出入りしている可能性が。

日高〈彩子〉と再会する陸

日高〈彩子〉は、陸との連絡に便利屋のお仕事依頼サイトを使います。

しかし、陸は日高〈彩子〉に自分が便利屋をやっていると言っていないような気がして…。

二人が入れ替わったこと

日高〈彩子〉は、陸に日高と彩子の魂が入れ替わったことを話します。

信じてもらえるとは思っていなかった日高〈彩子〉でしたが、陸はあっさり信じてくれますw

陸の疑問が晴れていく

陸は、彩子の癖や人が変わったようになっていたこと、ずっと胸につかえていたことがすっきりします。

「入れ替わってたのか~」

そして、それは今、どうでもよくない?ということを、心配する陸w

陸が素直な人で良かった。

陸は犯行の証拠品を見ている

日高〈彩子〉は、陸に「あなたはもしかしたら殺人鬼と一緒に暮らしているかもしれないから、証拠品を見たりしたらどうなるかわかってる?すぐに部屋を出なさい」と言います。

陸は、彩子〈日高〉に血濡れの防護服を見たことを言ってしまっています。

コインロッカーの中の手紙

手紙には「明日、3時。学校の側の歩道橋で待っています」と書かれていました。

子供が書いたような文字です。



日高は、なぜこんな手紙を大事にもっているのでしょうか。

逃げるのを止めた陸

日高〈彩子〉から、逃げるように言われていた陸ですが、やはり逃げるのを止めたようです。

面倒なことに巻き込まれそうになったからといって、逃げていいのかと。

そして、陸は「俺は、彩子ちゃんを守るために生まれてきたんだと思った」と言うのです。



しかし、陸、大丈夫なのでしょうか。

自分で「俺はサンドバッグなのよ。いつかは破れる運命だ」と、不吉なことを言って…。



陸の話を聞きながら、目に涙をいっぱいためる高橋一生さんの演技が素晴らしかったです。

見た目は日高なのに、もう、彩子にしか見えない。

河原の捜査は続く

河原刑事(北村一輝)は、資料室に飛ばされてしまいましたが、今も捜査を続行しています。

日高と彩子のつながり

河原刑事は、日高と彩子が絶対どこかで繋がっていると確信しています。

その証拠を探そうと、資料を読み込んでいるのですが、まさか魂が入れ替わっているとは想像もつかないようです。

初動捜査で作られた犯人の似顔絵

一番初めの事件のときの犯人の似顔絵。

目が大きく、鷲鼻で面長、顎がしゃくれて、鼻の横に大きなほくろ。

かなり目立つ顔なので、すぐに見つかりそうですが…。



河原は、この犯人の似顔絵を証言した人間が、虚偽の証言をしたのだと気づきます。

一人目の被害者

この連続殺人の一番最初の殺人は、三年前の一ノ瀬氏殺害事件。

この目撃者で似顔絵の証言をしたのは、戸田一希という女性でした。

河原と幅は、それを突き止めたのですが…。



この女性が、あの手紙の差出人?

九十九を逮捕

九十九とバイスター社の人間が、二人で会っているところを彩子〈日高〉が盗撮し、日高〈彩子〉に送りました。

これで、九十九が特許を自分のものにしようとしているのがわかりました。

彩子が刑事になった理由

彩子が刑事になったのは、小学生の頃、上履き隠そうとしていた優等生の子のことを告発したら、優等生は庇われて「お前が間違えたんだろう。謝れ」と言われた経験から、正義の味方になろうと決めたようです。

九十九を逮捕するために、違法賭博場に潜入する彩子〈日高〉に、日高〈彩子〉が、Dolce&Gabbanaのドレスに着替えながら話したことです。

彩子が九十九を捕まえる

違法賭博場から逃げる九十九を、美しく着飾った彩子〈日高〉が客のふりをして「助けて」と言って、おびき寄せます。

他の客たちは、待ち受けていた警察に逮捕されましたが、九十九は裏口から逃げようとしていたのです。

そして、彩子〈日高〉に手錠を掛けられる九十九。



彩子〈日高〉が言っていたように、九十九はやはり日高にかなり強いコンプレックスを感じていたようですね。

歩道橋の彼女

九十九が捕まり、バニッシュワンダーの海外への販売がバイスター社の販売網を使わせてもらえることになり、何とかコ・アース社は持ちこたえます。

そのことを電話で話す日高〈彩子〉と彩子〈日高〉。

日高〈彩子〉は彩子〈日高〉に、「あなたはやってない。やったのは歩道橋の彼女。あの手紙の差出人」だと、ついに告げました。



彩子〈日高〉は、そのことについては無言のままで…。

美しい綾瀬はるか

今回は、何といっても綾瀬はるかさんのドルガバのドレス姿の美しかったこと!

スタイル抜群で、お化粧も今までよりしっかりメイクで美人度がさらにアップ。

さすが、演技派大物女優といった風情が素晴らしかったです。

ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第5話の感想 最後に

ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第5話の感想でした。

一人目の被害者の目撃者だった戸田一希という女性。

この女性と日高がもともと入れ替わっていたということなのでしょうか。

そのため、お化粧も上手で女性らしいしぐさも完璧?

中盤で、真犯人がわかるというのはなさそうですが…。

今回は、陸の男気が素敵でしたね。

次回から、陸の出番がもっと増えるといいなぁ。

次回も楽しみです!



以下の記事で、第4話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第4話の感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA