ドラマ「青のSPー学校内警察・嶋田隆平ー」第6話 感想|主演・藤原竜也 小川香里の死の真相

図書館

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「青のSPー学校内警察・嶋田隆平ー」第6話の感想です。

今回は、嶋田の恋人だった小川香里の死に関係していると疑われる岡部と嶋田が対峙します。

香里の命を奪ったのは誰なのか?

また、いじめがなくならない原因である教師間でのいじめの実態も…。

ドラマ「青のSPー学校内警察・嶋田隆平ー」第6話の感想 はじめに

あらすじ

香里(明日海りお)の死に関わっていると疑う岡部(遠藤雄弥)の居場所を突き止めた隆平(藤原竜也)。しかし、香里と自分が恋人関係だったことを涼子(真木よう子)に明かすと、なぜか岡部の足取りは再び分からなくなり、隆平は涼子に疑惑の目を向ける。

職員室では新津清(須賀健太)が、同じ1年の教師・荒井英子(たくませいこ)と古賀一成(兒玉宣勝)に仕事を押しつけられ、連日の残業で心身ともに限界を迎えていた。新津と同期で、学生時代の同級生でもある柴田(泉澤祐希)は、そんな新津を何とかして助けたいと立ち上がるが、そこには、“他学年のことに口を出さない”という教師間の暗黙のルールが。柴田に泣きつかれた隆平もまた、教師自身が解決すべき問題だと冷たく突き放すが、柴田の悲痛な叫びに、生前、教師に対する学校の態度を「やりがいの搾取」だと嘆いていた香里の姿を重ねる。さらに、香里がかつて新任の新津を荒井や古賀から守っていてことも知る。そんななか、新津が夜道でひったくりに遭い、生徒の個人情報が流出する騒ぎが起きて…。

隆平の胸に去来する香里との思い出…。2人の知られざる恋人エピソードが明らかに!
愛する人の身に起きた突然の悲劇。それを知った隆平は…!?

[引用元]フジテレビ「青のSPー学校内警察・嶋田隆平ー」公式サイトあらすじ
FODプレミアム

登場人物

嶋田隆平/藤原竜也
警視庁捜査一課刑事。住浜署生活安全課少年係・スクールポリス。赤嶺中学の音楽教師・小川香里の恋人だった。

浅村涼子/真木よう子

赤嶺中学国語教師。生徒想いの優しい先生。

三枝弘樹/山田裕貴

住浜署生活安全課少年係刑事。嶋田隆平の後輩刑事。

柴田透/泉澤祐希

赤嶺中学社会教師。浅村先生を慕っている。

阿部裕亮/音尾琢真

赤嶺中学体育教師。

一ノ瀬悟/石井正則

赤嶺中学数学教師。ロリータ趣味。

新津清/須賀健太

赤嶺中学英語教師。気が弱く、先輩教師に仕事を押し付けられる。

小川香里/明日海りお

赤嶺中学音楽教師。一年前に自宅アパートの階段から落ちて死亡している。

福島美津子/峯村リエ

赤嶺中学副校長。

尾崎賢治/升毅

教育委員長。スクールポリスを導入。

水野楓/山口紗弥加

赤嶺中学英語教師。現在妊娠三ヶ月。

木島敏文校長/高橋克実

赤嶺中学校長。赤嶺中学で起こった事件の何かを隠している。

嶋田と岡部の対決

嶋田(藤原竜也)は、三枝刑事(山田裕貴)の協力のもと、岡部(遠藤雄弥)の住所を特定。

部屋に向かうと岡部の姿はなく…。

岡部は引っ越していた

嶋田が岡部の家に行くと、岡部は既にどこかに消えてしまったようです。

浅村先生(真木よう子)に岡部を必ず見つけると話していた嶋田は、浅村先生が岡部に連絡して逃がしたのではないかと疑います。

嶋田は、岡部が恋人の小川香里(明日海りお)の死に関係していたら、岡部の命を奪うとまで言っています。

校長が介入

嶋田は、翌日も岡部の部屋を訪ねます。

部屋の電気がついているのを見て、急いで部屋に向かいます。

すると、不動産屋業者が入居希望のお客さんを連れて部屋を見学に来ていました。



既に、岡部は引っ越していたのです。



そのあと、校長(高橋克実)が誰かと電話をしていて、「あなたは学校を辞めてからも面倒をかけますね」と笑っていました。

岡部の突然の引っ越しには、校長が関与しているのでしょうか。

教師間のいじめ

英語の新米教師・新津(須賀健太)は、同じ学年の担任を受け持つ先生たちから過剰に仕事をふられています。

先輩教師に仕事を振られる

教師の仕事は、授業をするだけでなくいろいろな雑務も多いようです。

新津は、その雑務を先輩教師たちの代わりにやっています。

新津自身は、これも勉強だと思っているようですが、食事もまともに取れないほど常に仕事を抱えています。



先生という職業は、本当に大変ですね。

友達に何人か教師をしている人がいるのですが、特に中学は大変そうです。

同期の新津を心配する柴田

社会科の教師・柴田(泉澤祐希)と新津は同期です。

いつも仕事を振られてばかりの新津を心配しています。

柴田は、新津に仕事を振る学年主任の荒井先生と古賀先生を呼び出し、「少し新津に仕事を振りすぎなんじゃないですか?」と。

荒井先生に、柴田先生は「新津先生の成長の機会を奪うつもりと?」と言われてしまいます。

この過剰な仕事の振り方も、「教師としての成長」のためだというのです。



どう見ても、いじめにしか見えませんが…。

暴力は愛情か?

古賀先生は、新津先生が柴田先生に告げ口しているのではないかと思っているようです。

そして、教室の机の除菌をさせながら、新津先生の口に雑巾を押し付けたり、お腹を殴ったり…。

荒井先生は、「教師としての成長のため」と言っていましたが、これはもう完全に幼稚ないじめでしかありません。

嶋田は民事不介入が信条

柴田先生は、嶋田に相談することにしました。

「学校は、教師の生徒のためならという気持ちに付け込んでいる。やりがいの搾取です」と柴田は、嶋田に訴えます。

しかし、嶋田は「民事と面倒ごとには不介入が俺の原則」だと言って去っていきます。



ただ、嶋田は、恋人の香里も同じことを言っていたことを思い出しています。

教師の仕事は、「嫌なら辞める」という仕事ではないようです。

個人情報が漏洩

PCとノート

学校には夜の9時までしかいられないようで、まだ仕事が残っている新津先生は、カフェに入って仕事をしていました。

新津がひったくりにあう

閉店時間まで仕事をして帰っていると、後ろから走って来たバイクに、家庭訪問の資料が入力されたUSBの入ったカバンをひったくられてしまいます。

これは、かなりデリケートな内容の個人情報です。

警察には届けたようですが、犯人はまだ見つかりません。



そして、このUSBの情報がネットに流出してしまいました。

新津先生はひったくりにあったことは、学校には黙っていたようなので、赤嶺中学の職員室は大騒ぎです。

これから、一軒一軒、生徒の家に謝りに行くことになります。

副校長(峰村リエ)は、古賀先生と一緒に新津先生に謝りに行くようにと指示するのですが、古賀は一緒に行ったことにしてくれと言って帰っていきます。



古賀先生、教師に向てないな。

責任を感じた新津は自ら命を絶とうとして

新津先生は、一緒に謝罪しに行ってくれた柴田先生に「このまま消えようかな。そうすれば学校も少しは変わるかも」と言って、肩を落として帰っていきます。

そして、翌日、さらに古賀や荒井の当たりがきつくなり、耐えられなくなった新津先生は「もう、疲れました」と言って職員室を出ていきます。



「いなくなりますので、ご安心ください。さようなら」という遺書めいたものを残し、屋上の扉の鍵を持って…。

人間らしく生きたい

屋上に上がって、今にも飛び降りそうな新津先生。

「もう嫌だ。死にたいんです」

校長は嶋田に「助けなさい!」と言いますが、嶋田は「自分を殺す分には殺人罪にはなりませんから」と。

「僕、人間らしく生きたい」という新津。

校長は「これは制度なんだから、学校に文句を言うんじゃなくて国に言うべきだ。君たちは楽をしたいだけだ。恥を知りなさい」



これは、全教師への暴言でしかありません。

すると、体育教師の阿部先生(音尾琢真)が「ほんと、青いやつってめんどくせえ」と言って、新津先生を守るように立ちはだかります。

次々と教師たちがそれに続きます。



仕方なく、校長は「みなさんの業務量を減らす方策を考えますよ」と。

柴田と新津の芝居

実は、これは柴田先生と新津先生の芝居でした。

学校を変えるために、二人で考えたことでした。

新津先生、死にたくなるほど追い詰められていたのは本当ですが、学校を変えるために一芝居うったようです。

そして、嶋田はそれをお見通しでした。

「今回は見逃すが、次は偽計業務妨害罪で告訴する」と二人のお腹にパンチ。



これで、少しは学校側も変わってくれるはずです。

小川香里の正義感があだに?

小川香里は、かなり正義感の強い女性だったようです。

不正や理不尽なことを黙って見ていることができなかったようです。

そのため、岡部のことも…。

小川先生は新津を庇って

民事不介入と言っていた嶋田ですが、やはり新津先生が少し心配なようです。

昼食の時間にも仕事をしている新津先生の横に座って、話を聞きます。

なんだかんだで、優しい嶋田さんw

新津先生は「赤嶺中学に来てから、急に古賀先生に仕事を押し付けられるようになって、それを小川先生が庇ってくれて…」

そして、小川先生は「しっかりしなさい。何でも引き受けていたら、生徒と向き合う時間が取れないよ」と励ましてくれたようです。



どんだけカッコいいの、小川先生。

しかし、この正義感の強さがあだとなったのかもしれません。

新津は自分を責める

新津先生は、ちゃんと断れない自分が悪いのはわかっていると、嶋田に言います。

雑務に追われて、授業に関する研究も出来ない新津先生は、生徒にも馬鹿にされて、授業をまともに聞いてもらえないのです。

岡部の住所を再度突き止め

嶋田は、三枝刑事を使って、岡部の新しい職場を突き止めます。

岡部は今、芸大受験の予備校の講師をしているようです。

岡部のアリバイ

岡部は、小川先生が亡くなった日、フランスにいました。

渡航履歴を調べてくれてもいいと言います。

さらに、岡部は小川先生に恨みどころか感謝していると。

普通なら刑務所行だったはずが、助けられたからです。

岡部がやったこと

岡部は、赤嶺中学の美術部員・涌井美月(米村れいあ)にセクハラどころか、強制性交等未遂罪を犯していたのです。

そして、そのとき部屋から飛び出して来た美月を目撃した浅村先生と小川先生。

岡部は合意の元だと主張しましたが、美月は否定。

このことが表沙汰になっていないのは、美月の両親が大事にしたくないと言っているので、穏便に済ませましょうと校長が言ったからです。

小川先生は反対しましたが、最終的には校長と三人で話し合い、秘密裏に処理したようですが…。

執念の追及

嶋田は、香里が犯罪を隠蔽するわけがないと怒り、浅村先生を問い詰めます。

しかし、浅村先生は「この期に及んで嘘なんてつきません」と言うのですが、まだ裏に何かがあるようです。

嶋田は、どんなことをしても、香里の死の真相を確かめると言って去っていきます。

香里が生きていたときの楽しい思い出と亡くなった日の悲しみを思い出しながら。

ドラマ「青のSPー学校内警察・嶋田隆平ー」第6話の感想 最後に

ドラマ「青のSPー学校内警察・嶋田隆平ー」第6話の感想でした。

小川香里先生の命を奪ったのは、岡部ではなかったようです。

そして、浅村先生は他に何を隠しているのでしょうか?

小川先生を殺害したのは一体誰なのでしょうか?

浅村先生がここまで庇うのは、もしかして犯人は生徒の誰か?




以下の記事で、第5話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

ドラマ「青のSPー学校内警察・嶋田隆平ー」第5話の感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA