ドラマ「にじいろカルテ」第5話 感想|主演・高畑充希 太陽の流した涙

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「にじいろカルテ」第5話の感想です。

今回は、看護師の蒼山太陽くんが、自分が「普通」なことを悩みます。

少し屈折している太陽くんですが、彼はとても優秀な看護師で、村の人たちにとってはたった一人の「太陽くん」なのです。

ドラマ「にじいろカルテ」第5話の感想 はじめに

あらすじ

虹ノ村に超人気バラエティ番組「ぽつんと診療所」がやってくる…!テレビ取材に張り切る村人たちだが、真空(高畑充希)は病のことや、この村にいることをまだ母親に伝えられていないとこぼす。そんな中、テレビクルーのカメラマンが足から血を流していることに、太陽(北村匠海)は気づき…?

一方、佐和子(水野久美)の家で朔(井浦新)の涙を見て以来、なにか辛い過去があるのだろう…と察しつつも、本人が言うまでなにも聞かないと決めた真空と太陽。

そんなある日、真空は、畑で作業をする朔を窓からじっと眺めながら何やら考える太陽を見かける。どこか寂しげな表情で「ちょっとうらやましいなぁ」と呟く太陽に、その意味を測りかねる真空で…。

その夜、太陽の様子がおかしいことを察した朔は、妻・沙織(佐々木希)との過去を、ゆっくりと話しはじめる。「仲間だから気を遣わせるのは嫌なんだ」と無理して笑う朔。しかし、その話を聞いた太陽は、なぜかさらに辛そうに顔をゆがめ、寒空の中、診療所を飛び出してゆく…。

数日後、ついに虹ノ村が取材された「ぽつんと診療所」の放送日。にじいろ商店にいつものメンバーで集い、酒盛りをしていると…いつの間にか泥酔した太陽が、突如ブチ切れ始め…。

「あんたらには、わかんねえんだよ…!」

彼女は医者で患者。彼は辛い過去を生きる男。

――じゃあ、僕はなに?

果たして太陽の流した涙の理由とは…?

[引用元]TV朝日「にじいろカルテ」公式サイトSTORY

登場人物

紅野真空/高畑充希
東京から山奥の虹ノ村にやって来た内科医。大病院で忙しい日々を送っていたが、ある日「ある病」に罹っていることがわかる。偶然知った虹ノ村診療所の医師募集を見つけ、応募したら採用された。家事能力はゼロ。感情は思いっきり表に出す「医者であり患者」。

浅黄朔/井浦新

虹ノ村診療所の外科医。ツナギにサングラスという医師らしくないタイプで、「本業は農家。医師は副業」と言う。天真爛漫で自由。ドラマが好き。虹ノ村診療所は朔のDIYで改築された部分が多く、それが自慢。いつもふざけているので、なぜ虹ノ村診療所にやって来たのかは不明。

蒼山太陽/北村匠海

虹ノ村診療所の看護師。前髪ぱっつんのいじられキャラ。しかし、看護師としての仕事は超優秀。ギャグは滑りがち。家事全般は全て得意。我儘な朔とは犬猿の仲だが、いいコンビ。真空には少し好意を持っている。

橙田雪乃/安達祐実

村唯一のお店で食堂「にじいろ商店」の看板娘。村のマドンナ的存在。夫である晴信とはいつもペアルックでイチャつき気味。しかし、実は「認知症」を患っており、10日~2週間に一度全ての記憶がリセットされる。

橙田晴信/眞島秀和

雪乃の夫。「にじいろ商店」店主。村に一つしかない食堂なのに、かつ丼しかメニューはない。雪乃が好きすぎていつも雪乃の写真を撮っている。数か月に一度自分を忘れてしまう雪乃に毎回プロポーズしている。

緑川嵐/水野美紀

村役場で働くバリバリのキャリアウーマン。嘘をつけない奔放な性格。高齢者の「じじーず」にも一切容赦なし。虹ノ村を盛り上げるために日々邁進中。彼女が作るHPはなぜかダサい。突然夫に逃げられ、シングルマザーとなり、娘の日向を育てている。日出夫と3人で暮らしている。

霧ケ谷桂/光石研

村役場職員。真空を採用した人。明るく村のムードメーカー。虹ノ村の素晴らしさを全国に伝えるために、冬瓜やリンゴを東京に売り込みに行っているが、なかなかうまく行かない。

緑川日出夫/泉谷しげる

嵐の義理の父。日向の祖父。破天荒な嵐とは口喧嘩になりがち。しかし、自分の息子が嫁と子を置いて村を出ていったことを申し訳なく思っている。嵐・日向と一緒に暮らしている。「じじーず」のリーダー。

緑川日向/中野翠咲

嵐の娘で恥ずかしがりや。

霧ケ谷氷月/西田尚美

霧ケ谷の妻で、仲の良い夫婦。子供が大好きで嵐の娘の日向を始め、村の子供たちの面倒を見ている。雪乃、嵐とは幼馴染。

筑紫次郎/半海一晃

「じじーず」の1人。自由すぎる日出夫と博の間の潤滑油的存在。女の子が大好き。

白倉博/モト冬樹

日出夫の幼馴染で「じじーず」の一人。村の由緒ある洞穴を守る一族の末裔。アロハシャツとお酒が大好き。

桃井佐和子/水野久美

一人暮らしのおばあちゃん。花に囲まれた家に暮らし、真空の往診を楽しみにしている。元小学校の教師。村人はだいたい彼女の教え子。「じじーず」も頭があがらない。

雨尾結城/池田良

配達物を運んでくる「まじょたく君」。村人たちの自由なネット注文に答えてくれる虹ノ村を支える男。若干悪態をつく。

虹ノ村に人気バラエティ番組「ぽつんと診療所」

虹ノ村に、人気バラエティ番組「ぽつんと診療所」がやって来ることになりました。

虹ノ村は大騒ぎです。

虹ノ村診療所

もちろん、虹ノ村診療所について放送されるのですが、レポーターの女の子は「癒されますねー」としか言わず、カメラが止まると嘘みたいに笑顔がなくなりますw

このレポーター役の人、上手だなぁ。

本当にこんなもんなのかなと思ってしまいます。



真空(高畑充希)は、「この番組は東京で放送されるんでしょうか」と少し心配しています。

真空はまだ母(長野里美)に、自分の病気のことも、虹ノ村に来ていることもちゃんと話していないのです。

テレビクルーがケガをして

虹ノ村診療所の撮影が終了したとき、蒼山くん(北村匠海)があることに気づきます。

テレビクルーの一人が、足に怪我をしていたのです。

錆びた釘でひっかけたようなのですが、ケガ自体はそれほどの大ケガではないのですが、錆びた釘から破傷風になる危険性があると、蒼山くんが手当てをします。

蒼山くん、看護師として本当に優秀です。

浅黄朔の悲しい過去

蒼山くんと真空は、朔先生(井浦新)には悲しい過去があるのではないかと心配しています。

その悲しい過去のせいで、わざといつもふざけたり冗談を言っているのだとしたら、顔を見るのも辛いと。

ちょっとうらやましい

蒼山くんは、朔先生のことを「ちょっとうらやましい」と言います。

自分があまりにも普通で、自分には何もないからと。

それは、どういうことなのでしょうか。

蒼山くん、すごく優秀な看護師さんなのに。

役場の職員が脱臼

役場の職員の霧ヶ谷さん(光石研)が、同僚の職員の男性を連れて虹ノ村診療所に飛び込んできます。

火の見櫓で作業をしていて、転落したと言うのです。

その役場の職員は、左腕を脱臼しているようです。



痛がる患者を抑えている真空の腰に手を回す患者さんw

それを見た蒼山くん、さっとその場所を変わります。

優しいね、蒼山くん。

そして、やっぱり真空のことが好きなのかも。

仲間だから話しておきたい

朔先生は、虹ノ村診療所に来る前は、大学付属の総合病院の勤務医でした。

沙織(佐々木希)という女性と結婚していて、子供はいません。

ある日、ショッピングモールで爆破事件が起きました。

そのとき、トリアージ(患者を診察する順番を決めること)することになった朔先生。

そして、そのショッピングモールに、沙織が偶然居合わせていたのです。

朔先生が、救護テントの中でその爆発事件の犯人を必死で治療しているとき、沙織は現場でひっそりと亡くなってしまったのです。

朔先生が、そんな大けがではないと判断しました。



「犯人を助けている間に、妻を亡くしてしまった可哀想な医者」



その場所にいると、朔先生はずっとその他人が作った物語の中で生きていかなければなりません。

沙織の30年の人生はとても幸せなものだったのに、「可哀想な人」になってしまうのが、朔先生は我慢できなかったのです。



朔先生は、真空と蒼山くんが仲間だから、本当の気持ちを伝えておきたかったと言います。



きっと辛くて悲しくてどうしようもないはずですが、他の人から「可哀想な人」だと思われることはもっと悲しい。

走り出した太陽

その夜、蒼山くんは一人でランニングに出かけます。

走って、走って、随分遠いところまで来てしまいます。

「帰るのきっつ!」と言いながら。



朔先生は「俺、間違ったかな。太陽が辛そうにしてるから全部話したんだけど」

真空は「半分は正しい。たぶん、太陽くんが辛いのは別の理由があると思う」

「ぽつんと診療所」放送日

先日、撮影に来ていた「ぽつんと診療所」の放送日のこと。

みんなで観ようと、虹ノ村食堂に集まる村の人たち。

蒼山くんの大手柄

村の人たちの宅配便を一手に引き受けてくれている「まじょたくくん」(池田良)が、大きな荷物を運んできました。

それは、蒼山太陽くん宛の大きなシャンパンでした。

この前、テレビクルーが来たときに、足を怪我した人がいました。

その手当を、蒼山くんがしてくれたことへの御礼です。

あとから、病院に行ったそのテレビクルーの男性が、医師に「その人は命の恩人だよ」と言ったそうです。



蒼山くん、適切な処置をしたのです。

蒼山くんの悩み

シャンパンに酔った蒼山くんは、「俺は基本的には優秀なの。俺は正しい。俺は間違えないの」と言います。

「でも、それだけなの。普通なの。普通!怒られたこともないし、怒られるようなこともしない。個性がないのよ」

虹ノ村の人たちもそれぞれ、いろんなことがあります。

しかし、太陽くんには何もないと言うのです。

太陽くんは「あんたらには、わかんないんだよっ!」と言って、そのまま酔いつぶれて倒れてしまいます。

こっち側の人間

そんな太陽くんを見て、橙田晴信(眞島秀和)は「俺もどっちかっていうとこっち側の人間だから」と言い、まじょたくくんも「俺もわかります」、じじーずの次郎さん(半海一晃)も「俺もわかる」と叫びます。

次郎さんは、さっき「俺はもう死んでるのかもしれない」と言ってました。

それだけ、影が薄いということです。



確かに、私も小学生のときは、こっち側の人間でした。

何もかもが普通。

地味で影が薄いタイプでした。

そこから脱却するために中学デビューしましたがw

12時のDJ

虹ノ村診療所には、虹色放送局というものがあります。

最近は、お葬式のお知らせとかしか放送していないようですが、もっといろんな音楽を流したりして盛り上げようと、嵐(水野美紀)、氷月(西田尚美)、雪乃(安達祐実)は、考えているようです。

一番初めのDJを太陽くんに

三人は、その一番初めのDJを太陽くんにやってもらおうと思っています。

好きな音楽とか自由にかけていいようです。

太陽くんは「わかりました。でも、僕は普通ですよ。おもしろくないし」と、言うのですが…。

DJ太陽が作った曲「俺以外」

太陽くんが作った曲のタイトルは「俺以外」。

じじーずの日出夫さん(泉谷しげる)は、「昔のフォークソングみたいだな」とw

「♪俺以外、みんな死ね~。Death!Death!Death!Death!俺以外、俺以外、俺以外…」

ヘビメタで、すごいハードな曲でしたw



全然「普通」じゃないんですけど。

太陽くん、おもしろいです。

自覚ないだけで、めっちゃ、おもろいw

ドラマ「にじいろカルテ」第5話の感想 最後に

ドラマ「にじいろカルテ」第5話の感想でした。

太陽くん、自分が「普通」なことを悩んでいるようです。

地味で、個性がないと。

しかし、最後の「俺以外」で実は全然普通じゃないことがわかりましたw

ちょっと屈折してるけど、きっと太陽くんは虹ノ村診療所でその屈折を直すことができると思います。

まじょたくくん、晴信さん、次郎さんが共感してくれてるしねw




以下の記事で、第4話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

ドラマ「にじいろカルテ」第4話の感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA