ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第6話 感想|主演:綾瀬はるか・高橋一生 ミスターⅩと東朔也

月の満ち欠け

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第6話の感想です。

今回は、物語の展開がすごいです!

新しい登場人物も増えて、もう、考察不可ですw

ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第6話の感想 はじめに

あらすじ

 子供のラブレターのような手紙をずっと持っている彩子〈日高〉。
 その手紙の差出人が、この一連の事件の手がかりになるとにらんだ日高〈彩子〉は、秘書の五木樹里(中村ゆり)や妹の優菜(岸井ゆきの)に日高のこの手紙について何か心当たりがないか聞きていた。

 そんな中、河原(北村一輝)は、三年前の一ノ瀬正造殺害事件の目撃者として証言を得た戸田一希を探し当て、ある一人の人物に辿り着いていた。
 戸田一希は、お金に困って以前勤めていたスポーツジムの会員情報を売買しており、その会員情報の中に一ノ瀬正造氏も含まれていたのだ。会員情報を売った相手を聞き出すと、ネットでやりとりしていたハンドルネームは「∅」。
 そして、戸田が売買の相手と金銭のやりとりをした銀行情報が残っていた。その相手は「クウシュウゴウ」で本名は十和田元という男性だった。

 一方で八巻(溝端淳平)は、違法賭博で逮捕した九十九(中尾明慶)から「司法取引」を持ち掛けられ、日高が殺人を犯すのは新月の夜だと聞かされる。
 そして、その日がちょうど新月だった。

 日高〈彩子〉に、彩子〈日高〉から少し熱があると連絡があり、このご時世だから検査を受けるつもりだと。そして、日高〈彩子〉は濃厚接触者にあたるので、自宅待機していてほしいと言われます。
 しかし、それは嘘でした。八巻も九十九からの情報で、それが嘘だと気づいており、それを日高〈彩子〉に連絡してきました。
 今日、また誰かが殺害されるかもしれない…。

 日高〈彩子〉は、手がかりを見つけるために、陸(柄本佑)に彩子〈日高〉が使っているコインロッカーを探してくれと依頼する。陸は師匠の湯浅(迫田孝也)に協力してもらい、便利屋仲間を連れてきてもらい、コインロッカーを探し当てることが出来ました。

 八巻と日高〈彩子〉は、あの歩道橋に彩子〈日高〉が現れると予想し、二人で張っていた。すると、一人の男が現れ、歩道橋に落書きを始めた。「9」という文字。男を問い詰めると、池袋のガード下で40代くらいの男に金を渡され頼まれたのだという。
 夜になるまで日高が現れるのを待っていた八巻と日高〈彩子〉に、陸から連絡が入る。コインロッカーの中を開け、日高の荷物を持ち出してきたというのだ。「殺人リスト」の他に「漫画」が入っていて、それは「∅」という少年がミスターⅩという人物の指令のもと、闇に潜む悪を退治するという物語だった。ミスターⅩの指令は「数字」で出されていることもわかる。リストの中にあった名前で「9」に関係するのは「久米正彦」。
 八巻と日高〈彩子〉は、久米正彦の家に向かう。

 すると、一人の男が、久米の家に近づいて来る。しかし、八巻と日高〈彩子〉がいるのを見て、引き返して行く…。

 その日の昼間に、彩子〈日高〉は、プロセーブ総合保障の久米正彦の家に清掃業者を装い、下見に家に入りこんでいた。掃除を終えて帰った後、すぐに久米家に潜み…。

 朝方、久米家から彩子〈日高〉が出てくるのを発見する日高〈彩子〉だが、取り逃がしてしまう。
 しかし、そのあとすぐ、久米正彦は元気に妻と共に朝のウォーキングに出て来て__。

 彩子〈日高〉は、今回殺人は犯していないということ。
 しかし、あの歩道橋にやって来た彩子〈日高〉は、「9」という文字の前で「来なかった…。何かあった」とつぶやく。

 さらにまた、陸に歩道橋の落書きを消してほしいという依頼が「クウシュウゴウ」という人物から来て…。

 奄美大島で日高が名乗っていた「東朔也」、十和田元の遺品から漫画を持ち去った「東朔也」

 ”東朔也”とは一体誰なのか__。

登場人物

望月彩子/綾瀬はるか
警視庁捜査一課刑事。努力家で正義感が強いが、慌て者。ひょんなことから日高と魂が入れ替わってしまう。

日高陽斗/高橋一生

創薬ベンチャー企業「コ・アース」代表取締役社長。大手食品企業「サンライズフーズ」の御曹司。腰が低い好人物。しかし、裏の顔は猟奇殺人鬼。容疑者として追われているときに彩子と魂が入れ替わってしまい…。

渡辺陸/柄本佑

彩子の家に居候中のフリーター。清掃派遣員として働いているが、家賃や光熱費などは一切払わず、家事だけを担当。しかし、彩子の唯一の心の拠り所。

八巻英雄/溝端淳平

警視庁捜査一課の刑事。彩子のバディ。仕事が楽ならラッキーと言うゆとり世代。しかし、やるときはやる有能なタイプ。

五木樹里/中村ゆり

日高の秘書。日高と大学の同級生で、日高を絶対的に信用している。

富樫義貴/馬場徹

コ・アースの営業取締役。日高を信頼している。

湯浅和夫/迫田孝也

陸のバイト先の先輩。陸に「師匠」と慕われている。

十久河広明/吉見一豊

警視庁捜査第一課長。

新田将吾/林奏文

警視庁鑑識課。高度な鑑定で頼もしい存在。

五十嵐公平/野間口徹

警視庁捜査第一課・管理官。管理官でありながら周囲の様子をいつも気にする。

幅健太郎/谷恭輔

川原のバディ。川原を尊敬している。

日高優菜/岸井ゆきの
日高陽斗の妹で、サンライズフーズ勤務。陽斗が日高家を継がないため、優菜が跡継ぎになる。

川原三雄/北村一輝

警視庁捜査第一課主任。刑事としての能力は高いが、上の弱みを握っているという噂もあり、彩子はそのやり方を認められない。

【入れ替わり後の表記】

日高〈彩子〉=綾瀬はるか

彩子〈日高〉=高橋一生

ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第6話の感想

第6話は、物語が急展開。

新たに現れた登場人物もいて、混迷を極めていますが、おもしろいです!

封筒に入った手紙は本当に女の子からのもの?

日高が、おそらく子供の頃にもらった手紙は、ラブレターだと思われていましたが、実は女の子の手紙ではなかったのかもしれません。

ただ、彩子がちょっとがさつなためにw、ノートを破った紙でラブレターを書くタイプの女の子だったから、そう思い込んでいただけ。

五木さんも優菜も「ラブレターだったら、絶対可愛い便せんと封筒、用意する」と言っています。



確かにラブレターで、ノート破ったやつはないかもw

司法取引

今回は、九十九と八巻の間で、司法取引が行われました。

ときどき、洋画を観ていると、司法取引がなされていますが、日本では2018年から施行されているようです。

司法取引とは、一般には刑事手続において検察官の訴訟裁量を背景に被告人と検察官の間で処分上の利益と引換えに捜査あるいは公判手続における協力を得ることをいう。ただし必ずしも司法取引の定義が明確になっているわけではない。

[引用元]Wikipedia

 さすが、ずっとアメリカにいた九十九ならではといった感じです。

∅は日高の共犯者?

ドラマのラスト近くに、新月の翌朝に彩子〈日高〉が歩道橋の上で「来なかった…。何かあった」とつぶやいています。

やはり、一連の事件は日高の単独ではなく、共犯者がいたということでしょうか。



池袋のガード下の40代くらいの男性がミスターⅩ?

一旦、久米正彦の家に行こうとして、八巻と日高〈彩子〉がいるのを見て去って行った男が共犯者?

それが、「東朔也」?

奄美大島で日高が名乗っていたということは、日高は二重人格?

それとも、日高と東朔也が彩子より先に入れ替わっていた?

ミスターⅩのⅩはローマ数字の10

十和田元は自殺したことになっていますが、実際には死んでいなくて、ミスターⅩなのではないでしょうか。

XはアルファベットのXではなく、ローマ数字の「10」で、十和田元のこと?

最後に殺害されていたのは誰?

最後に口に大量の煙草を詰め込まれ、殺害されていたのは誰なのでしょうか。

彩子〈日高〉ではないので、やはり、複数犯。

あのリストにあった誰か。

複数犯は、二人だとは限りませんし…。



次回以降、十和田元と東朔也について明らかにされていくようです。

第7話は、物語の終盤に差し掛かって来ます。

ぞくぞくしますね!

「愛してる」に照れる陸

私個人的には、今回日高の声で「愛してる、陸」と彩子に言われた陸が、まんざらでもない感じが可愛かったですw

しかし、陸はいろんなことを知りすぎてしまったようです。

身の危険が及びそうで、心配です。

ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第6話の感想 最後に

ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第6話の感想でした。

今回は、物語が大きく展開しました。

謎にどんどん近づいて行っています。

次回も楽しみです!




以下の記事で、第5話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第5話の感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA