ドラマ「知ってるワイフ」第8話 感想|主演・大倉忠義 壊れ行く夫婦関係

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「知ってるワイフ」第8話の感想です。

元春は、「俺は女神様の召使い」と言ってしまったことから、沙也佳との夫婦関係に亀裂が…。

離婚届を突き付けられた元春がとった行動は?

ドラマ「知ってるワイフ」第8話の感想 はじめに

登場人物

剣崎元春/大倉忠義
あおい銀行世田谷支店に勤める銀行マン。妻と子供が二人。妻の澪とは不仲。タイムスリップ後は江川沙也佳と結婚していて…。

剣崎 澪/広瀬アリス

元春の妻。家事や育児に協力的でない元春とは不仲。タイムスリップ後は、独身で母の介護をしながら仕事をしている。

津山千晴/松下洸平

元春の同期の銀行マン。双子の父。タイムスリップ後は、独身。澪と恋人関係に。

剣崎なぎさ/川栄李奈

元春の妹。タイムスリップ後は、木田と結婚している。

木田尚希/森田甘路

居酒屋を経営。元春の親友。タイムスリップ後は、なぎさと結婚している。

篠原恭介/末澤誠也

元春の部下。樋口静香に恋をしている。

尾形恵海/佐野ひなこ

窓口課のテラー。

樋口静香/安藤ニコ

窓口課のテラー。

西徹也/マギー

元春の上司。タイムスリップ後は、元春に文句を言わなくなっている。

小谷つかさ/猫背 椿

窓口課の課長。西課長とは同期。

宮本和弘/おかやまはじめ

あおい銀行世田谷支店の支店長。

江川沙也佳/瀧本美織

西急グループの社長を父に持つ令嬢。元春の大学時代の憧れの人。タイムスリップ後は、元春の妻になっている。

小池良治/生瀬勝久

謎の男。元春をタイムスリップさせた。

建石久恵/片平なぎさ

澪の母。認知症を発症している。

第8話のあらすじ

沙也佳に「女神さまの召使いだ」と言ってしまった元春(大倉忠義)と沙也佳(瀧本美織)夫婦には、決定的な亀裂が入ってしまったようです。

どこか遠くへ

 沙也佳は「俺は女神様の召し使いだ」と言った元春の言葉が忘れられない。家を飛び出した沙也佳は「どこか遠くへ行って」と呼び出したフラワーショップの店員・上原(小関裕太)に言うが、結局は朝、一人で高級ホテルにいた。

うっかり間違いメール

 一方、交際順調な津山(松下洸平)と澪(広瀬アリス)。津山が澪と間違えて窓口係の尾形(佐野ひなこ)に間違えて澪宛てのメールを送ってしまったせいで、澪との交際が支店中に広まってしまった。

夫婦の亀裂

 今週末、頭取杯のマラソン大会が行われると支店長から発表がある。強制ではないと言いながら、ほぼ強制参加。篠原(末澤誠也)は不満げ。
 営業から戻った元春に沙也佳からスーツケースが届いていた。中には元春の私物がぎっしり詰められている。「出て行け」ということか…。
 木田はとにかく今は耐えろと元春に言う。元春のリッチな生活は、沙也佳の親が西急グループの社長だからこそだと言うのだが…。妹のなぎさ(川栄李奈)はうちの親をないがしろにしてきて我慢できるの?と言って、「離婚に一票!」と。そして、その日は津山の家に泊ることに。
 沙也佳から電話があり、「帰って来ないの?今、どこにいるの?」「帰っていいの?」「私が言ったから帰って来るの?じゃあ、帰って来なくていい!」と、さらに怒らせてしまう。

2億円の融資

 翌日、元春に沙也佳の父・西急グループの社長から銀行に電話がかかってくる。離婚のことかと怖れるが、下請け会社の融資の話だった。亀田という男性。沙也佳の父の紹介なので、銀行は大手を振って合意するが、稟議が通るまでには二週間ほどかかると言うと、亀田は急いでいると融資を急かしてくる。
 元春は、額が額なだけにきちんと調べるべきだと言うが、支店長は西急グループの社長の紹介だから大丈夫だと言って…。

二種類の嘘

 元春は、謎の男・小池(生瀬勝久)と公園で会っていた。小池に「人間には自分につく嘘と他人につく嘘がある。どっちの方が人生を狂わせると思う?」と聞かれるが、元春は答えられず…。
 その日、津山とのデートのあと、家に帰った澪は母の久恵(片平なぎさ)がずっと元春と澪が結婚している世界線の家族の絵を描いている。それを見た澪が、久恵に「剣崎主任は他の人と結婚してるの!」と声を荒げてしまう。

沙也佳の本当の姿

  上原の店でお花を注文した沙也佳は、上原に対して横柄な態度で接する。すると、上原は「沙也佳さんの中に別の沙也佳さんがいるんじゃないの?本当の沙也佳さんの姿が見たいな」と言われ、痛いところをつかれた沙也佳は慌てて上原を帰らせる。
 沙也佳は、お嬢様キャラを演じているのだ。

それぞれの恋

 ある朝、篠原は以前から想いを寄せる樋口(安藤ニコ)に思わず告白をしてしまう。突然、キスをしようとして突き飛ばされる。
 一方、年齢的に自分を卑下する窓口課の小谷課長は「どうして私は結婚できないの?」と同期の西課長(マギー)に愚痴る。小谷課長は、社内恋愛に失敗して悲しい思いをした経験があったようで…。

行内マラソン大会

 行内マラソン大会の前日、沙也佳に呼び出された元春は離婚届を突き付けられる。元春は澪と結婚している世界線でも「私のことなんて全然見てない!」と言われ、沙也佳と結婚している今の世界線でも「元くんは私のことを知ろうともしてなかった」と言われてしまう。
 小池の言葉が蘇る。「妻を変えれば人生が変わると思ったか?」

 一睡もしないまま、元春はマラソン大会に参加。具合が悪そうなのを心配する澪。津山から「離婚届書いたんだって」と知らされた澪は動揺する。そして、マラソン中、心肺停止で倒れた人がいると知った澪は引き返すが、元春は木陰で休んでいただけだった。

剣崎主任が好きです

 澪は、元春が心肺停止で倒れたと思い、引き返したときそれが勘違いだと知り、今まで抑えていた気持ちが溢れてしまう。そして「私、剣崎主任が好きです。困ったときは、いつも側にいてくれた」と告白。
 しかし、元春は「俺たちはダメだ」と言うが、澪は元春にキスを…。

「知ってるワイフ」1~7話を見逃した方は「FODプレミアム」で観ることが出来ます。
 ↓ ↓ ↓ ↓

FODプレミアム

ドラマ「知ってるワイフ」第8話の感想

とうとう、タイムスリップした世界線でも元春は結婚に失敗してしまいます。

沙也佳に離婚届を突き付けられ、そのまま書いてしまった元春。

二つの嘘

今回は、謎の男・小池さんの「嘘には二種類ある。自分につく嘘と他人につく嘘。どちらが人生を狂わせると思う?」という言葉が、心に響きました。

元春は、結局今の世界線でも、澪のことが好きなのです。

沙也佳に対しては、やはり財界の有力者の娘で「女神」と言われているみんなの憧れの人だった沙也佳とリッチな生活を手に入れたかっただけだったのかもしれません。

自分に嘘をついたままでは、幸せにはなれません。

融資話も危険

沙也佳の父親からの融資話も、かなり危険。

嫌な予感しかしません。

支店長は舞い上がってしまって西急グループの社長の紹介だから大丈夫だと言っていますが、あの亀田という男、かなり怪しい。

二億円ものお金を融資してもらうのに、二週間も待てないなんて、どう考えても会社がうまく行ってないとしか思えないです。

沙也佳の父の紹介とは言え、離婚してしまったら、沙也佳の父も責任を取ってはくれないでしょう。

いつも妻を見ていない元春

澪と結婚している世界線でも、澪に「私のことなんて全然見てない!」と言われ、沙也佳と結婚している世界線でも「女神の私しか見ていない。本当の私を見ようともしない」と言われてしまう元春。

せっかく、もう元に戻れないなら沙也佳を大切にしようと思ったはずなのに、やはり澪に未練があって…。

これから、どれだけの人を傷つけることになってしまうのか…。

津山くんはもちろん、沙也佳もそうです。

自分勝手にタイムスリップして世界を変えて、また失敗して…正直、元春はあまりにも浅はかだとしか言えません。

終盤の展開

次回の予告を見たら、津山くんが怒って元春を殴っているシーンがありました。

そりゃあ、怒りますよね。

元春、津山くんという友達まで失ってしまうのでしょうか。

支店内では、津山くんと澪がつきあってることが知れ渡っていますし、どうなってしまうのでしょうか。

ドラマ「知ってるワイフ」第8話の感想 最後に

ドラマ「知ってるワイフ」第8話の感想でした。

とうとう、絶対幸せになると決めた沙也佳との結婚が破綻。

澪に告白されて、元春はどんな答えを出すのでしょうか。

それと二億円の融資話も…。

次回は、終盤戦に入ります。楽しみです!




以下の記事で、第7話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

ドラマ「知ってるワイフ」第7話の感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA