ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第7話 感想|主演:綾瀬はるか・高橋一生 東朔也の正体

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第7話の感想です。

今回も、物語が急展開し、謎が次々と解けて行きます。

しかし、まだ謎も多く、実際今回までの謎解きが本当に正解なのか、それも謎です。

ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第7話の感想 はじめに

登場人物

望月彩子/綾瀬はるか
警視庁捜査一課刑事。努力家で正義感が強いが、慌て者。ひょんなことから日高と魂が入れ替わってしまう。

日高陽斗/高橋一生

創薬ベンチャー企業「コ・アース」代表取締役社長。大手食品企業「サンライズフーズ」の御曹司。腰が低い好人物。しかし、裏の顔は猟奇殺人鬼。容疑者として追われているときに彩子と魂が入れ替わってしまい…。

渡辺陸/柄本佑

彩子の家に居候中のフリーター。清掃派遣員として働いているが、家賃や光熱費などは一切払わず、家事だけを担当。しかし、彩子の唯一の心の拠り所。

八巻英雄/溝端淳平

警視庁捜査一課の刑事。彩子のバディ。仕事が楽ならラッキーと言うゆとり世代。しかし、やるときはやる有能なタイプ。

五木樹里/中村ゆり

日高の秘書。日高と大学の同級生で、日高を絶対的に信用している。

富樫義貴/馬場徹

コ・アースの営業取締役。日高を信頼している。

湯浅和夫/迫田孝也

陸のバイト先の先輩。陸に「師匠」と慕われている。

十久河広明/吉見一豊

警視庁捜査第一課長。

新田将吾/林奏文

警視庁鑑識課。高度な鑑定で頼もしい存在。

五十嵐公平/野間口徹

警視庁捜査第一課・管理官。管理官でありながら周囲の様子をいつも気にする。

幅健太郎/谷恭輔

川原のバディ。川原を尊敬している。

日高優菜/岸井ゆきの
日高陽斗の妹で、サンライズフーズ勤務。陽斗が日高家を継がないため、優菜が跡継ぎになる。

川原三雄/北村一輝

警視庁捜査第一課主任。刑事としての能力は高いが、上の弱みを握っているという噂もあり、彩子はそのやり方を認められない。

【入れ替わり後の表記】

日高〈彩子〉=綾瀬はるか

彩子〈日高〉=高橋一生

第7話のあらすじ

東朔也とは誰なのか?

 彩子〈日高〉は、死亡届や身元不明遺体の中から「東朔也」という人物を探していた。そして、日高〈彩子〉も「東朔也」という名前に辿り着いたいたが、それが誰なのかがわからない。また、河原(北村一輝)も「東」という名前にまでは辿り着いたが、事件とのかかわりがつかめない。

クウシュウゴウに会った人物

 歩道橋に「9」という数字を書いてくれと頼んだ人物がクウシュウゴウ。それを依頼された人物がクウシュウゴウに実際に会った人だ。その若者を呼び出し、その人物の特徴を聞いたら、右の手のひらにほくろがあったことが判明。この辺りを通行する人、一人一人の手のひらを確認することになる八巻(溝端淳平)と陸(柄本佑)、日高〈彩子〉。
 その頃、彩子〈日高〉も、ビル火災事故の現場から出た遺体の手のひらを確認していて…。

陸の過去

 陸は便利屋を始める前、証券マンとしてバリバリ働いていた。しかし、災害ボランティアに行った際に、全く役に立たない自分に思うところあって、この仕事を始めたのだ。他人の大金を移動させるだけの仕事から、自分の手で成し遂げる仕事へ。陸の師匠の湯浅は「陸のような若者が増えるといいんだが」と言って…。

日高の父

 妹の優菜(岸井ゆきの)が、日高がずっと隠し持っていた手紙について父・日高満(木場勝己)に聞いてくれていた。日高の父もいつかその手紙のことは話さなければならない日が来ると考えていたと。日高〈彩子〉は、福岡へ飛ぶ。
 福岡に本社のある大手食品会社「サンライズフーズ」を経営する日高の父は、元々は博多ラーメンの屋台から出発した人だ。

日高の母との出会い

 父と再会した日高〈彩子〉は、記憶喪失ということになっているので、他人行儀になる日高〈彩子〉に、「何だ、水臭い!」と父に頭を叩かれる。

 あの手紙は、日高陽斗の双子の兄・東朔也から来たものだった。日高は双子だったのだ!しかし、二卵性双生児なので顔は似ていない。そして、日高と父の満は血が繋がっていない。日高の母と父の馴れ初めは、陽斗を背負って父の屋台のラーメン屋に母が毎日食べに来ていたことだった。それ以来、流行らなかった父のラーメン屋が大盛況。時代の流れにうまく乗った父は、事業拡大に成功する。その頃だった。日高の母が「陽斗には、双子の兄がいる」と言ったのは。

朔也からの手紙

 母が離婚した東家は、資産家だったらしく朔也は伸び伸びと暮らしていると母は思っていた。しかし、バブルがはじけた頃、朔也の父は「四方」という男に借金を押し付けられ、大変な状況になっていた。そのため、朔也を引き取りたいと申し出たが、成り上がりものに施しを受けたくなかったのか、朔也の父に拒否される。
 それから一か月後に、あの手紙が陽斗に届いた。

二人は乳歯を交換

 陽斗は乳歯が抜けるごとに「乳歯ケース」に入れて保存していた(幼い頃の写真にあった)。朔也と歩道橋で待ち合わせをした日も、ちょうど歯が抜け落ち、歩道橋の上でその歯を探していた。すると、やって来た朔也も同じ場所の歯がそのとき抜けて陽斗に渡す。朔也の靴のうらには陽斗の歯が。二人はそのまま歯を交換する形になった。
 その様子を、二人の母は影から見ていたのだ。

東朔也が湯浅和男?

 彩子〈日高〉は、無料・低額診察制度を受けている人のコーディネーターをしている女性に「東朔也」という人物を探しているので、居場所がわかったら連絡して欲しいと依頼していた。
 その連絡が来て、署を飛び出す彩子〈日高〉。教えられた病院に着くと、携帯が鳴り、新たな連続殺人の被害者が出たという連絡が。被害者は久米幸彦。プロセーブ警備保障の社長・久米正彦の息子だった。

 病院にたどりついた彩子〈日高〉だったが東朔也に会わず、そのまま事件現場に向かった。湯浅は本当に東朔也なのか。
 そして、大人になってからの朔也と陽斗はどのようにして再会したのか。

ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第7話の感想 

今回も、かなり物語が進展しましたね。

ほぼ、答えが出てしまったと言ってもいいくらいです。

陸は気づいていた

陸は、いろんな状況からみて、自分の師匠である湯浅が「東朔也」で、犯人だと感じていたようです。

しかし、尊敬する師匠が連続殺人鬼だとは思いたくない。

そんな思いが綯い交ぜになっている状態。

そして、最後に湯浅の右手の包帯をめくって見た陸のあの表情は一体、どんな意味を持つのでしょうか。

がっかりした感じでもなく、驚く風でもなく、少し目がいつもより鋭くなったような感じ。

病院の前まで来ていた彩子〈日高〉は、東朔也には会っていません。

状況的には、湯浅和男が東朔也でしかないのですが…。

朔也と陽斗

二人は中華料理店などで、ときどき会っていたことが河原の調べでわかります。

そして、陽斗は母の生まれ故郷である奄美大島に、兄である東朔也と行ったことがあることも五木さん(中村ゆり)によって証明されました。

民宿の主人が日高〈彩子〉に、リピーターのお客さんが「あなたのことを『東朔也』さんだと言っていた」というのも、兄と弟が逆になっているのは何故なのでしょうか。

これも、まだ回収されていない謎です。

しかし、最後に彩子〈日高〉が、殺人後に掃除をしていないためにあらゆるところに証拠が残ってしまっていて「もう、だめだ」と言います。

掃除をするのが専門の湯浅(東朔也)。

そして、東京を遠く離れた奄美大島では名前が逆。

やはり、これは、日高陽斗と東朔也が入れ替わっているということでしょうか。 

リストにはまだたくさんの名前が

おそらく、殺人リストに名前が上がっている人間が、朔也の父を陥れた人間たちだということ。

それなら、殺人はまだ続くはずですが、親子とは言え、リストにない人物の殺害は彩子〈日高〉にとっては「反則」。

血紋や足跡、他にもたくさんの証拠が残っています。

犯人が逮捕されるのも時間の問題です。

連続殺人はこれで終わりを告げることになるのでしょうか。

八巻とチワワ

最後に、現場にやって来た彩子〈日高〉を迎えた八巻が、被害者の家のチワワを抱っこしてるのが、凄惨な殺人現場に一服の清涼剤のように可愛かったですw

ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第7話の感想 最後に

ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第7話の感想でした。

今回で、おそらく犯人は朔也でその後の掃除をしていたのが日高。

久米正彦邸の前まで来ていたのに引き返して行った黒ずくめの男は朔也(湯浅)。

彩子〈日高〉が待っていたのに、来なかったのは八巻と日高〈彩子〉がいたから。

連続殺人の目的は、父を陥れた人間への復讐…。

そして、余命幾ばくもない朔也が全ての罪をかぶろうとしているのか。

あとは、細かい伏線の回収。

しかし、本当にそれですべての謎が解けたとは思えないのですが…。

次回も、楽しみです!




以下の記事で、第6話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第6話の感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA