ドラマ「書けないッ!?~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~」第7話 感想 全話書けない?

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「書けないッ!?~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~」第7話の感想です。

今回は、末っ子の空くんがいろいろと悩みを抱えて、解決に奔走します。

吉丸家の中では、精神的に一番「大人」な空くんですが、まだ小学4年生です。

そして、「富豪教師Q」の第9話が他の脚本家が書くことになって…。

ドラマ「書けないッ!?~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~」第7話の感想 はじめに

登場人物

吉丸圭佑/生田斗真
脚本家兼主夫。32歳で、ある脚本賞の佳作を受賞し、サラリーマンを辞めて専業脚本家に。売れない脚本家ではあるが、売れっ子作家の妻を支える主夫業に満足してもいる。

吉丸奈美/吉瀬美智子

圭佑の妻。ペンネームは「香坂りり子」。人気作家だが、美しく、年下夫に優しい素敵な奥様。

東海林光夫/北村有起哉

東西テレビプロデューサー。「当たってバズればいいんだよ」が口癖。

松尾めぐみ/長井短

東西テレビアシスタントプロデューサー。ちょっとやる気なし。

角隆文/小池徹平

やる気満々な監督。とにかく、元気。

八神隼人/岡田将生

注文の多い人気俳優。かなり脚本家泣かせのわがまま大物俳優。

スキンヘッドの男/浜野謙太

圭佑の分身。頭が長めの妖怪チックな謎の男。圭佑にしか見えない。圭佑の心が物体化したもの?

篠田重幸/小野武彦

奈美の父。圭佑に少し厳しめ。

篠田芳恵/梅沢昌代

奈美の母。圭佑にとっても優しい義母さん。

秦野ゆかり/野村麻純

奈美の秘書。奈美の仕事をサポートするために、家事の手伝いもしてくれる献身的な編集者。

仙川俊也/菊池風磨

浩の家庭教師。大学生。絵里花に興味津々で、絵里花に会うために家庭教師をやっているようなもの…?今は圭佑の口述筆記の手伝いをしている。

吉丸空/潤浩

圭佑と奈美の息子。吉丸家で一番の「大人」な小学三年生。

吉丸絵里花/山田杏奈

奈美の娘。クールでそっけない美少女。高校二年生。圭佑の実の娘ではない。

一条桜子/土村芳
脳冷却のラボで働く脚本家志望の女性。

第7話のあらすじ

「富豪教師Q」第6話

 「富豪教師Q」の第6話の放送日。今回も家族みんなでTVの前で見ている吉丸家。第6話はかなりの急展開。奈美(吉瀬美智子)は、今回の放送で実は圭佑(生田斗真)には才能があるのかもと戸惑い気味。自分自身がヴァンパイアものの小説を書いていることをまだ言い出せないでいた。

絵里花が本当の父親にメッセージを送る

 絵里花(山田杏奈)が父親の村瀬陽太郎(やついいちろう)に「会いましょう」とメッセージを送った。自分の生年月日と名前、そして母親の奈美の名前と共に。
 すると、村瀬からも返事が来た。いつもの語尾にYOをつけるメッセージではなく「会いましょう。日時を指定してください」と常識的な返事。
 絵里花は、来週の日曜日に会う決心をした。仙川(菊池風磨)もつきそいで一緒にいくことになる。

空の苦悩

 空(潤浩)は、母と姉、そしてこそこそしている圭佑の様子がどうもおかしいと気づいたようだ。一人で頭を悩ませる空。しかし、まだ小学4年生だ。何とか家族の危機を救おうとするのだが…。

一条桜子は悪女という設定で

 「富豪教師Q」は、個人視聴率は7.4%。世帯視聴率は12%を超えている。しかし、東海林P(北村有起哉)は、今一つ納得いかないようだ。脳冷却の施術をしてもらっている一条桜子(土村芳)に名前を借りた一条桜子という役の設定が問題だと思っているようだ。
 そして、東海林Pは一条桜子は「悪女」だという設定で脚本執筆を圭佑に依頼。

奈美が米虫メンタルクリニックへ

 奈美が、圭佑と同じ米虫デンタルクリニックへやって来た。米虫に夫・圭佑との間の悩みで夜、眠れないと訴える。自分と夫は同じような仕事をしている。才能は自分の方が上だと夫も信じているようだが、今同じ題材の仕事をしていて、それを夫が知ったらショックをうけるのではないかと悩んでいる。
 すると米虫は「それは逆なんじゃないですか」と言う。

 あるシーンで奈美がアドバイスしたものより、圭佑が考えて書いたものの方が、ドラマにすると面白かったのだ。奈美はそれが喜ばしいことなのに、何か心に引っかかっているようで、この感情を持て余しているのだった。

絵里花が父に会う

 絵里花は、日曜日に仙川くんにつきあってもらい、父に会いに行く。空と同級生の女の子も後をついて来ている。14時に待ち合わせなので、もうすぐ実の父がやって来る。絵里花はギリギリになって「やっぱり私のお父さんはお父さんだけ(圭佑のこと)。私の代わりに仙川くんが会って!」と店を飛び出して行く。
 時間になってやって来た村瀬に、仙川は会うことになるのだが…。

視聴率が頭打ち

 「富豪教師Q」の視聴率が頭打ちに。主演の矢神隼人(岡田将生)は「第5話のラップが俺の魅力を120%打ち出していると思う」と。矢神は、圭佑に第8話からセリフを全部ラップにしてほしいと伝えてくれと突拍子もないことを言う。
 圭佑は、あまりにもひどい提案に頭を抱えてしまう。

脳冷却の桜子ちゃんをアシスタントに

 その日、仙川は絵里花が実の父に会いに行く付き添いのため、圭佑のアシスタントが出来なかった。
 そして、圭佑は桜子に助手をお願いすることに。「富豪教師Q」に一条桜子を登場させ、失恋する切ない役にすると言っていたのに、結局は悪女でキレキャラになってしまったことを謝罪するが、桜子は「そんなことは気にしていません。私にも、そういう面ありますから」と言う。「え?」と圭佑。
 桜子に口述筆記の手伝いをしてもらっていると、東海林Pから電話が入る。第9話は別の脚本家に書いてもらうことに決まったという。やはり、一人で全話書くことは自分には無理なのか…とショックを受ける圭佑の前に、あのつるつる男が久々に登場し、圭佑を笑うのだった。

ドラマ「書けないッ!?~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~」第7話の感想

ヴァンパイア

圭佑が「富豪教師Q」全話を一人で書くことが出来なくなってしまいました。

ここまで順調に来たのに、どうしてなのでしょうか。

空が心を痛めて

姉が実の父に会いにくこと、母が何か悩んでいること、父がこそこそと誰かとメールをしていること。空は、小さな胸を痛めています。

空くん、家族のことで一人悩んでいるようですね。同級生の女の子に協力してもらっていますが、どちらもまだ小学4年生です。

特に、母の悩みは空くんには荷が重い。

絵里花はやはり父に会えなかった

実の父に会う気満々だった絵里花は、ギリギリになって会わないことに決めました。

絵里花にとって、父親はやはり圭佑だけなのです。

仙川くんに代わりに会ってもらうことにして、早々に帰って来た絵里花は、少し清々しい顔をしています。

そして、今日の夕食は自分が作ると言って、張り切っています。

絵里花ちゃん、しっかりと自分の中で心の整理がついたようです。

それにしても、仙川くん、圭佑のアシスタントをしたり(もしかしたらクビになるかも?w)、絵里花ちゃんの相談に乗って、挙句の果てには代わりに会うことになったり…大変ですw

でも、すごくいい人ですね。仙川くん。

桜子に口述筆記を頼むが…

圭佑は、脳冷却のラボで働く一条桜子に仙川くんの代わりに口述筆記をお願いします。

しかし、「富豪教師Q」に登場する一条桜子を悪女でキレキャラにすることになったので、謝罪したときに桜子が「私にもそういう面ありますから」と言ったのが、気になりますね。

今は、とても感じのいい女性ですが、どこかで豹変するのでしょうか。

何かちょっと嫌な予感が…。

そして、空くんは自分のお父さんが外で女性と会っているのを見て、またショックを受けます。

空くん、振り回されてますね。

全話書けない?

「富豪教師Q」の脚本執筆は順調にいっているはずなのですが、第9話を別の脚本家が書くことに。

ベテランの脚本家で、2時間ドラマを何本も書いている人のようです。

しかし、このベテラン脚本家が矢神隼人の無謀な注文に応えてくれるのでしょうか。

これは、圭佑だからこそ出来ることです。

「富豪教師Q」は、全10話のようですが、出来たら全部最後まで圭佑に書かせてあげてほしいです。

つるつる男が出て来ましたが、もう圭佑もそれほど怯えることもないようですし、きっと脚本家として自信が出てきたということです。

ドラマ「書けないッ!?~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~」第7話の感想 最後に

ドラマ「書けないッ!?~脚本家 吉丸家佑の筋書きのない生活~」第7話の感想でした。

今回は、空くんがいろいろと心を痛めていたようですが、うまく解決するといいのですが。

奈美のモヤモヤは、今まで自分の方が才能があると思っていたのに、圭佑にもちゃんと才能があったことがわかって、微妙な気持ちになっているということでしょうか。

次回は、いよいよ最終回です。

圭佑が最後まで「富豪教師Q」を書き上げられるのか、奈美の悩みは解決するのか、楽しみです!


以下の記事で、第6話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

ドラマ「書けないッ!?~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~」第6話の感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA