ドラマ「アノニマス~警視庁”指殺人”対策室~」最終回 感想|主演・香取慎吾 正義とは?

こんにちは。

はるき ゆかです。

ドラマ「アノニマス~警視庁”指殺人”対策室~」最終回の感想です。

いよいよ最終回です。

アノニマスの正体は、倉木セナ!

そして、万丞と対峙する倉木。

二人の考える正義とは、一体何なのでしょうか。

ドラマ「アノニマス~警視庁”指殺人”対策室~」最終回 感想 はじめに

登場人物

万丞渉/香取慎吾
警視庁指殺人対策室刑事。元捜査一課にいたがある事件により異動。

碓氷咲良/関水渚

万丞のバディ。相談者に感情移入しがち。

菅沼凛々子/MEGUMI

特定を得意とする鬼女。

四宮純一/清水尋也

指殺人対策室のデジタル担当。ホワイトハッカー。

越谷真二郎/勝村政信

指殺人対策室室長。温和な性格。室長だがネットにはそれほど詳しくない。

倉木セナ/シム・ウンギョン

捜査一課の元刑事。万丞の相棒だった。

羽鳥賢三/山本耕史

捜査一課の刑事。万丞とは不仲。

最終回 あらすじ

心神喪失状態から覚醒

 アノニマスの正体は、倉木セナ(シム・ウンギョン)だった。心神喪失状態だった倉木は、ある日、覚醒していたのだ。しかし、心神喪失状態のままを装い、警察を出し抜いた。そして、万丞(香取慎吾)の携帯に倉木からの着信があった。倉木は意識が戻ったとき、警察に裏切られたことを知る。
 その日、アノニマスの裏K察への書き込みに関して、城ケ島刑事部長(高橋克実)が会見する予定だったのだが、その場に現れなかった。倉木はこの結果を予想していたようだ。万丞は、「俺たちに任せろ」というが、「腐敗した警察に何が出来るんですか?」

裏K察への書き込み

 倉木はアノニマスとして、裏K察に警察が二年前に隠蔽した事件資料を次々とアップ。国民に「事実確認」を依頼する。このままだと警察の信頼は地に落ちる。
 倉木は心神喪失状態を装っていたが、ネットは使っていた。誰か倉木に協力している人間がいるということ。倉木は警察を、そして万丞を恨んでいるのだ。
 城ケ崎刑事部長に会見で真実を話してもらう必要があるが、刑事部長はずっと行方をくらましており、家族さえ居場所がわからない。
 羽鳥(山本耕史)から万丞に連絡があった。城ケ崎が遺体で見つかった。服毒自殺だという。

これは正義だ

 倉木は、城ケ崎のことを聞いて、「これは正義の執行です」と言う。碓氷(関水渚)は「これが『指殺人』と何が違うんですか」「あなたたち警察に正義を語る資格はない」と倉木は言う。
 倉木は世論を巻き込み、その暴走は止めることが出来なくなってくる。
 倉木と行動を共にしている人物は春川雅也(栁俊太郎)という男で、あるcyber犯罪の容疑者とされ、倉木が無実を証明し、容疑者から外した人間だった。警視庁へのハッキングも、春川の仕業のようだ。

 アノニマスは裏K察に、森本首席監査官が息子の犯罪を隠蔽したという情報を書き込んだ。森本は動画配信者に追われ、逃げる途中で車にはねられ、重体。

城ケ崎に証拠隠滅を指示した者

 城ケ崎に証拠隠滅を支持した人物を見つけるには、罪を被らされた沢登一がキーとなる。なぜ、沢登だったのか。沢登はフリーのライターだった。そして、羽鳥が沢登の所持品の中からSDカードが消えていることに気づく。SDカードの中を確認すれば、黒幕がわかる。
 城ケ崎の部屋を調べれば、SDカードが見つかる可能性が高い。それを城ケ崎の妻・涼子(筒井真理子)に頼むが、夫が最後に残した遺書(全ての責任は自分にあるという内容)が夫の意思ならそれを尊重したいと言うが、それが涼子の本心なのか。

 城ケ崎のスマホを四宮(清水尋也)が確認したところ、城ケ崎が最後に観ていたのはある動画だった。迷惑系動画配信者が、涼子と娘の個人情報を晒し、城ケ崎の家に凸している動画だった。城ケ崎が自らの命を絶ったのは、家族を守るためだったのだ。そして、最後に観ていたのは、娘の誕生日を家族で祝う城ケ崎自身が撮った動画だった。それを見た涼子と娘は涙を流し、「どうか真実を…お願いします」
 そして、万丞は城ケ崎刑事部長のデスクの裏に張り付けられていたSDカードを発見。

倉木の潜伏場所を特定

 四宮と凛々子(MEGUMI)が、倉木の潜伏を特定した。その場所に向かった万丞と碓氷。そこには倉木と春川がいた。碓氷は春川に拳銃を突き付けられ、「ここからが始まりです」と言う倉木。
 「腐敗した警察ではなく、これからはネットユーザーたちの知能で捜査する。アノニマスの正義を持って私は生まれ変わった」

 万丞は、城ケ崎刑事部長の部屋から見つけたSDカードを倉木に見せる。「あの事件の黒幕は城ケ崎刑事部長ではない。沢登は国家公安委員長・長谷部国務大臣(桜木健一)の不正献金を知り、脅していた。黒幕は警察じゃない。これがあの事件の真相だ」
 万丞は、「俺が辿り着けたのは、ネット上ではなく実際に顔を突き合わせてみて掴めた真相だ。ネット炎上のようなやり方では見えない真実もある」

お前の心にあるのは悲しみ

 万丞は、倉木に「すまなかった。気づいてやれなくて」と謝罪する。そして、「お前の心にあるのは怒りや憎しみではなく悲しみだ。万丞に拳銃を向ける倉木。万丞は、その拳銃を素手で掴む。すると、春川が「俺はお前に賭けたんだ」と言って、倉木に発砲。万丞は倉木を庇って撃たれてしまう。「やっとお前を守ってやれた」と。

ネットの未来

 万丞と倉木は、二年前と立場が逆になった。撃たれた万丞は入院中。そして、紫のヒヤシンスを持って病室を訪れる倉木。倉木は「裏K察は一旦、閉じます。でも、私はあきらめません。ネットの未来には可能性がある。私は私なりの正義を見つけます」
 倉木が去ったあと、目を開いた万丞は「俺も俺なりの正義を探し続けるよ」

ドラマ「アノニマス~警視庁”指殺人”対策室~」最終回 感想 

ヒヤシンス

時代に即した、すごくいいドラマでした。

今回も、香取慎吾さんの迫力の演技に圧倒されました。

素手で拳銃鷲掴みとか、普通、ちょっとあり得ないと思ってしまいますが、万丞さんならあり得そうw

実際に起こっている指殺人

私もSNSをいくつか使っていますが、自分の意見と違うだけで、「バカ」「あほ」とか平気で書く人がいるのには驚かされます。

そして、ものすごく汚い言葉で相手を言い負かそうとする人。

人間それぞれ、考え方が違うのに、「そういう意見もあるよね」と思っておくことが出来ない人がたまにいます。

老若男女問わず。

顔が見えない相手から攻撃されるのは、面と向かって暴言吐かれるより、ずっと恐怖を感じます。

想像力がない人は、SNSを使うべきではないと思います。

正義とは

本作は全編を通して、「正義」とは一体、何だろうと考えさせられました。

匿名の書き込みで相手を貶めることも、自分の中の正義だと思えば、どんなことも書き込めてしまう。

最終回で、万丞さんの「顔を見て話して初めて真実がつかめることもある」という言葉が胸に刺さりました。

そして、倉木の信じる正義は、ネットの可能性の中にある。

二人が対峙する場面は、すごく迫力がありました。

自分の裏K察の書き込みで、城ケ崎刑事部長を死に追いやってしまったことに倉木は涙を流します。

しかし、倉木は今もネットの力を信じています。

そして、ネットの力を使って自分の「正義」を貫こうと思っています。

パート2がありそうな予感

本作の最終回は、パート2の可能性が残された終わり方でした。

毎回、ネットの使い方について考えさせられた「アノニマス」。

これからも、まだまだネット上で起こる「指殺人」は、収まる気配がありません。

どれだけ、誹謗中傷で訴訟問題になろうとも、それが「正義」だと信じている人を止めることは出来ないのです。

また、ひどいことをつぶやいて、他の人からそれを非難されると、逆に訴えようとする流れもあり、一体、何が悪で何が善なのか、あまりにも混沌とした世界が、ネット上では続いていく予感がします。



そのため、「アノニマス」Ⅱを希望します!

ドラマ「アノニマス~警視庁”指殺人”対策室~」最終回 感想 最後に

ドラマ「アノニマス~警視庁”指殺人”対策室~」最終回の感想でした。

本当にいいドラマでした。

香取慎吾さんの迫力の演技も観れて、ネット炎上などの社会的な問題も改めて考えさせられました。

終わり方が、パート2がありそうな感じなので、期待して待ちたいと思います!




以下の記事で、第7話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

ドラマ「アノニマス~警視庁”指殺人”対策室~」第7話の感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA