スピンオフドラマ「オー!マイ・ツンデレ!恋は別冊で」あらすじと感想│中沢と遥の恋の行方

パソコン

こんにちは。

はるき ゆかです。



今回はドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」のスピンオフドラマ「オー!マイ・ツンデレ!恋は別冊で」の感想を書きました。

私の推しの間宮祥太朗くん目当てで、Paraviに加入してしまいましたw

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」ももちろん観ていましたが、スピンオフドラマを併せて観るとさらに本編のドラマも納得が行くものになります。

よろしければ、Paraviでぜひ!

スピンオフドラマ「オー!マイ・ツンデレ!恋は別冊で」感想 はじめに

赤いバラ

登場人物

中沢涼太/間宮祥太朗

和泉遥/長友紗友

和田和美/秋山ゆずき

あらすじ

まだ、奈未(上白石萌音)が入社する前の「MIYAVI」編集部。
編集部発足時の自己紹介で、遥が「MIYAVI」を世界一の雑誌にしたいと言ったことから、中沢は遥をからかい半分に「世界一」と呼ぶ。イラッとする遥。
中沢はサブカルチャーの漫画が好きなので、遥は中沢を陰で「サブカルサディスティック」と呼んでいる。

ある日、宝来編集長からバラの花を発注するように言われた遥は、撮影に使うのではなくモデルへのプレゼントのバラだと勘違いする。表紙の撮影の大切なバラだ。そのミスに気づいた遥は奈未に連絡する。そして奈未はそのミスを自分がかぶってくれた。自己嫌悪に陥る遥。その話を中沢に話す遥。「悔しかったら仕事で返せ」という中沢。

ゆか
ゆか

このシーン、遥が奈未には謝ったけれど、そのまま奈未のせいにしたのかと思ってましたが、違いました。後悔で、涙を流す遥。

一方、先輩の和田和美は中沢のことが好きで、編集部みんなに応援を頼む。和田は中沢が自分にグイグイ来てると勘違いするが、和田はとても素直に中沢にアタックする。

中沢は自転車が好きなのだが、何気なく遥が言った「中沢さん、自転車好きですよね」という言葉に反応して、「お前も好き?自転車」と言われたことから、自分も好きだと言ってしまう遥。中沢は「じゃあ、次の休み走りに行くか」
本当は、自転車に興味がない遥は、自転車店に自転車を見に行くが、高い…。
それに、遥は自転車に乗れない。中沢に乗り方を教えてもらった帰り、和田に出会う。そして、遥は和田に「私、中沢さんを誰にも渡したくない」

ゆか
ゆか

クロスバイクって、乗るの難しそう…。
乗ったことないとママチャリ乗れても乗れなさそう。
そして、遥は和田のライバルに?

そして、バレンタインデー。
編集部のみんなは、おしゃれなチョコを買って、編集部で配っている。和田は手作りで勝負するらしい。そんな遥はチョコを買うことすら忘れている。慌てて買いに走るが、どこも売り切れ。コンビニで「ブラックサンダー」を買ったが…。

中沢は義理チョコ34個もらったようだった。半田副編集長に「本命からはもらったの?」と聞かれ、口籠る中沢。「あ!和田さんでしょ」と言われた中沢は「和田さんは、人としては好きだが恋愛対象ではない」という。それを編集部の入り口で聞いてしまう和田。泣きながら、「結婚してください」と書いた手作りチョコレートケーキのプレートを自分で食べる。和田は遥に「中沢くんの好きな子って遥ちゃんだと思う」
和田に背中を押された遥は告白しに行くが、そのときちょうど中沢が奈未に告白しているのを見てしまう。

ずっと能面のような顔で仕事をする遥。

半田副編集長と中沢がオセロで勝負をしているが中沢は一向に勝てない。途中で諦めた中沢に遥は、「途中で諦めないでください!私も諦めませんから」

そして、遥は中沢が好きそうな居酒屋をセレクトして食事に誘う。OKをもらうが、編集部の先輩たちは「押してもだめなら引いてみな」作戦を考え出して…。

それから、三年後。
遥と中沢は__。

スピンオフドラマ「オー!マイ・ツンデレ!恋は別冊で」感想 

ほぼネタバレあらすじを書きましたが、可愛い遥ちゃんの恋の駆け引きと中沢さんのちょっと鈍感というか鈍感なフリというか…本編と同じくらい面白いので、ぜひおすすめです!

Paraviは、二週間お試しがあるので、ぜひ加入してこのスピンオフドラマだけでも、観てみてください!

和田さんが切ない

和田さんが、中沢さんのことが好きだったのは意外でしたが、この失恋も切ない…。

しかし、切り替えも早いので、すぐにみんながよく知る違う人とお付き合いを始めるので安心してください。

ただ、泣きながら、手作りチョコレートのプレートを食べるシーンは、一緒に泣いてしまうくらい切ないです。



世界中の恋の殆どが、うまく行かないものです。

その中から、運命の人に出会えるのは、本当に奇跡だと思います。

本編の奈未ちゃんも、ケンちゃんに失恋していますからね。

まあ、ケンちゃんの人柄の豹変ぶりはちょっとありえませんけどw

カッコ悪さをさらけ出すカッコ良さ

あるシーンで、突然、「ZEAL」の編集長・高橋麻美(高橋メアリージュン)が出てくるのですが、かなり酔っ払ってて、カッコ悪さをさらけ出しているのですが、言うことがとにかくかっこいい!

彼女も、宇賀神副社長(ユースケ・サンタマリア)に、失恋しているんでしたね…。

結局、本作の本編に出てくる仕事ができる女性たちは、みんなかっこいいし、正直。

そして、切り替えの速さが素敵です。

奈未と潤之介の恋の裏側で、こんな恋愛ドラマが繰り広げられていたとは…。

ぜひ、おすすめです!

スピンオフドラマは、初めて観たのですが、ハマりそうです。

ラストシーンがキュンとくる

三年後の遥と中沢のラストシーンが、すごく素敵です。

三年後っていうところが、またいい。

中沢さんのセリフが、女子なら誰もがキュンときます。

これは、ぜひ、ドラマで観ていただきたいシーンです。

それに、中沢さん、本編よりちょっと天然です。クールな感じも薄まっていますw

こういう男性が、本当に優しい人と言えるのかもしれないなぁと思いながら観てました。

スピンオフドラマ「オー!マイ・ツンデレ!恋は別冊で」感想 最後に

スピンオフドラマ「オー!マイ・ツンデレ!恋は別冊で」の感想でした。

もう、すでに3回観てますw

主演の人たち以外の登場人物のファンになることが多い私ですが、今回は本当にこのスピンオフドラマ良かったです!

Paravi独占配信ですので、ぜひご覧になってみてください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA