ドラマ「珈琲いかがでしょう」第1話 ネタバレ感想とあらすじ|人情珈琲・死にたがり珈琲

コーヒー

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「珈琲いかがでしょう」第1話の感想です。

中村倫也さんの優しい声と表情に癒されます。

「たこ珈琲」という変わった名前の移動珈琲店。

ドラマを観ていると、おいしい珈琲が飲みたくなります。

ドラマ「珈琲いかがでしょう」第1話の感想 はじめに

登場人物

青山一/中村倫也
移動珈琲店「たこ珈琲」の店主。穏やかな見た目とは異なり、壮絶な秘密を持つ。

垣根志麻/夏帆

誠実・丁寧・義理・人情がモットー。要領のいい後輩に出し抜かれ、心折れそうな日々を送る。

杉三平/磯村勇斗

青山の過去に深く関わる男。

人情珈琲 あらすじ

誠実・丁寧・義理・人情

 垣根志麻(夏帆)は、文房具会社の平凡なOL。しかし、お礼状は手書きで梱包も丁寧。上司はそんなことしなくていいと毎回志麻に苦情を言うが、志麻は誠実・丁寧・義理・人情がモットー。仕事もそうせずにはいられない。後輩の馬場(足立梨花)は要領が良くて、上司の受けもいい。入社時より志麻が担当していたゴマ商事の仕事も馬場にとられてしまう。
 そんなとき、いつものように一人でランチを済ませると、どこからともなくとてもいい香りが…。

たこ珈琲

 会社のビルの前のスペースで、ワゴン車のお店がたくさん出店されている。いい香りがしたのは「たこ珈琲」という名前のコーヒー店のワゴンからだった。変わった名前といい香りにつられて志麻は、ワゴンに近づく。そこには優し気な笑顔で「珈琲いかがですか」と声を掛けてくる店主・青山(中村倫也)。
 とても丁寧に一杯の珈琲を入れる青山に、志麻は思わず会社での悩みを打ち明ける。「僕は仕事に対する丁寧な姿勢、素敵だと思いますよ」と。それから、志麻は青山のお店の常連になる。

馬場さんは靴が汚い

 馬場さんはとても要領が良く、取引先の担当者にも気に入られている。適当に要領よくやることが彼女のモットー。志麻とは正反対だ。青山の珈琲もおいしいが、会社の自動販売機のコーヒーもそれなりにおいしい。そういうことだ。馬場は「特別になろうとすることは見苦しい」と志麻に嫌味を言って去って行こうとしたとき、志麻は「馬場さんの靴はいつも汚い。顔だけキレイにしててもカッコ悪い」と言ってしまう。

馬場のミス

 ある日、志麻が出社すると会社が大騒ぎになっていた。馬場がお礼状の相手の名前を間違えて送ってしまったのだ。相手の会社は大激怒。謝罪には志麻が行くことに。
 その日、たこ珈琲で珈琲を飲んでいる志麻のところに馬場がやって来て、珈琲を注文。「適当においしいと、本当においしいって違いますね」と青山の淹れた珈琲を飲んでつぶやく馬場。志麻も馬場もお互いを羨ましく又は妬ましく思い合っていたことを話し合う。たこ珈琲は、人の心を正直にするのだ。

一方、その頃、青山の過去に深く関わる杉三平(磯村勇斗)がどこかに電話をしていて…。

死にたがり珈琲 あらすじ

クレーム対応

 早野美咲(貫地谷しほり)は、クレーム対応のテレフォンオペレーターだ。いつも心を無にして仕事をしている。ある日の休日。美咲は洗濯をして布団を干し、「こんな日の昼下がりは死にたくなる」とベランダに足を掛けた…ところに、たこ珈琲のワゴン車が。そして、下を見ている美咲に青山が笑顔を向けて来た。慌てた美咲は洗ったガードルをワゴン車の上に落としてしまう。そのお詫びとして珈琲を注文する美咲。カフェオレ。

全部ベージュ

 美咲の洗濯物。全部、ベージュだった。下着も服も、シーツも布団も。そして頼んだ珈琲もカフェオレ。没個性。何か新しいことを始めてみようと思っても、結局一歩踏み出せない。
 青山は「それなら、冒険してみますか」と美咲の手を取ってワゴン車に乗せる。連れていかれた先は、インド人が経営するインド料理店。ここのカレーはおいしいのだという青山。激辛を注文した青山につられるように美咲も激辛を注文。

謝るばかりの人生

 青山とカレーを食べながら、美咲は自分の仕事が通信機器の電話オペレーターで謝ってばかりだという。子供の頃からケンカしても、謝って収まるなら謝っておけと。自分は簡単に謝れるのだという。そんな仕事辞めちゃえというインド料理店店主に、「次の仕事が見つかるかどうかわからないから、怖くて辞められない」そして、青山は「心を無にしておいた方が楽な場合がありますね」という。
 そして、食後の珈琲にカフェオレを淹れてくれた青山。ガラムマサラを一つまみいれるだけで、さっきのカフェオレとは全く違う味になった。

ほんの少し見方を変えれば

 家に帰って来て洗濯物を取り入れる美咲。少し見方を変えるだけで、人生は変わるのかもしれないと思う。
「こんな日の夕暮れは生きていてもいいかもと思ってしまう」
 まずは、靴下から変えてみよう。原色の靴下に。

命を狙われている青山?

 青山は、誰かに追われている。
 インド料理店店主は、死にたがっていた美咲のことを「幸せそうな子に見えたけどな」という。そして青山に「明日死ぬかもしれない奴、目の前にして。長く一か所にいるとヤバいぞ」

 これは、一体__?

 鍵を握るのは杉三平?

ドラマ「珈琲いかがでしょう」第1話の感想 

癒されると同時に、サスペンス要素も絡められていて、すごく面白かったです。

そして、中村倫也さんの優しい笑顔とその笑顔を繰り出すタイミングが本当に素晴らしいです。

すぐに笑顔になるのではなく、少し時間をおいて笑顔になる青山さん。

人情珈琲 感想

何かプレゼントをもらったり、通販で買い物したときに手書きのお礼状が入っていると、私はすごくうれしいです。

何だかすごくちゃんとした会社だなと思ってしまいます。

次に購入するときも、この会社にしようと思うほど。

手間をかけることで、人の心は動きます。

志麻さんの仕事ぶり、素敵だと思いますが、もしかしたら今の世の中の仕事の流れとは真逆なのかもしれません。

とにかく、早く届けることが当然になっていて…。

頼んだ翌日には届くアマ〇ンが当たり前になっていたり、スピード重視の世の中。



しかし、珈琲はきっと違う。

確かに丁寧に入れた珈琲や紅茶は、適当に入れたものとは同じ豆や茶葉でも全く味が違います。

たこ珈琲のコーヒー飲んでみたいですね。

さらに、中村倫也さんみたいな素敵なマスターだともっといい!

死にたがり珈琲 感想

とにかく、貫地谷しほりさんの演技が素晴らしい!

私も死にたいとまでは思わないけれど、あまりにも何も「ない」生活をしていると憂鬱になることがあります。

その雰囲気がすごく出ていて、笑い方や笑った後の真顔やしぐさ。

「わかるわー」と思わず言ってしまいそうでした。



自ら命を絶ってしまう人の中には、周囲には理由がわからない人もいます。

それは、死にたい気持ちと死ねる何かが合致したときに、理由なき自殺が起こる。

しかし、周囲から見ると理由がわからなくても、本人にとっては虚無が立派な理由になるのです。

そんな人たちを、たこ珈琲は救ってくれます。

ちょっとしたスパイスを加えるだけで、カフェオレと同じく、人の人生もがらりと変わるのですね。

命を狙われる青山

ふんわり、ほっこりしたあとで、なんと、青山さんが命を狙われている?!

青山さんの過去には一体、何があったのでしょうか。

杉三平の危険な感じも、怖いです。

磯村勇斗さん、笑い方がすごいサイコな感じで嫌な予感しかしません。

目の周りのクマも、危ない感じ…。

こちらの物語の展開も、目が離せません!

ドラマ「珈琲いかがでしょう」第1話の感想 最後に

ドラマ「珈琲いかがでしょう」第1話の感想でした。

こうして、毎回青山さんに癒される女性の物語が紡がれているのでしょう。

志麻さんとはどこかでまた会えるのでしょうか。

それと、青山さんを追う闇の存在も、気になりすぎます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA