ドラマ「イチケイのカラス」第1話 ネタバレあらすじと感想|イチケイのカラスになれ!

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「イチケイのカラス」第1話の感想です。

法廷ものが大好きなので期待していましたが、期待以上におもしろかったです!

頭が固い坂間千鶴が、入間みちおの影響を受けて裁判官として変わっていく姿を見れそうで楽しみです。

第1話で、既に変化がありました。

そして、『イチケイのカラス』とは一体、何を意味するのでしょうか。

ドラマ「イチケイのカラス」第1話の感想 はじめに

登場人物

入間みちお/竹野内豊
東京地方裁判所第3支部第1刑事部(イチケイ)の刑事裁判官。元弁護士。見た目は裁判官に見えないカジュアルなタイプ。しかし、観察眼鋭く、徹底的に調べ上げる探究心を持つ。学歴は高校中退なので中卒。趣味はふるさと納税。

坂間千鶴/黒木華

若くして特例判事補になったエリート。東大法学部卒。冗談が全く通じない。イチケイに来たのは、極端に事件の処理件数が少ないイチケイを立て直すため。

駒沢義男/小日向文世

イチケイの部長。有罪率99.9%と言われる日本の刑事裁判において30件の無罪判決に関わっている。

日高亜紀/草刈民代

最高裁事務総局の判事。坂間にイチケイの立て直しを依頼。

石倉文太/新田真剣佑

みちおファンを自認する元傍聴マニアの書記官。坂間に一目惚れ。

川添博司/中村梅雀

お人好しの書記官。

浜谷澪/桜井ユキ

三つ子の母親で姉御肌の書記官。

一ノ瀬糸子/水谷果穂

物怖じしない新人事務官。

城島怜治/升毅

井手の上司。

井手伊織/山崎育三郎

みちおのお目付け役として東京地検第3支部に異動してきた検事。

あらすじ

坂間千鶴(黒木華)が、イチケイにやって来た。来たそうそう、裁判所見学の中学生の質疑応答に出るが、とにかく冗談が通じない。質疑応答の場に一人の怪し気な男性(竹野内豊)がいて…。

法服を着る必要はない?

 坂間は、裁判ではなく見学の質疑応答なので、法服は着ないと言うのですが、駒沢部長(小日向文世)に「坂間さんは法服が似合いそうですね。あなたに憧れて裁判官を目指す子供たちがでるかもしれませんよ」と言われ、法服を着て質疑応答に出ることに。笑わない坂間ですが、ちょっとうれしそうだ。
 坂間は判決を下すとき一切悩まないという。99.9%の確証がなければ検察は起訴しないからだと。しかし、その怪し気な男性は「裁判官にとって大切なことは、話を聞いて聞いて聞きまくって、悩んで悩んで悩みまくって一番いい答えを出すことじゃないかな」という。
 この男性こそがイチケイの刑事裁判官・入間みちおだった。

ゆか
ゆか

坂間千鶴、ちょっと嫌味で上から目線ですね~
これから、どんどん変わっていく姿が楽しみです。

合議制の裁判で入間と坂間が組む

 裁判には、合議制と単独制があり、裁判官が3人のときと1人のときがある。今回は裁判長を入間が担当する。坂間は不満げだ。まず、大学生が議員を殴ったという、全治一か月という事件に合議制を取る必要はないと坂間は言う。坂間は、この支部の”赤字”を解消するために自分がやって来たことを2人に告げる。
 部長の「入間くんと仲良くやってくださいね」という言葉に、坂間ははっきりと「その期待には応えられません」と宣言した。

第一回公判

 被害者は代議士の江波和義(勝村政信)。被告人・長岡誠の父親・長岡洋一郎氏は元江波議員の秘書だった。長岡氏は江波氏を不正献金疑惑で東京地検特捜部がマークし始めた途端、電車に飛び込んで自殺。長岡氏はクラブの女性に貢ぐために金銭を使ったが、長岡誠は父親が濡れ衣を着せられたと逆恨みし、江波議員を呼び出し暴力行為に及んだとされている。
 しかし、誠は江波氏の方から殴りかかって来たため、殴り返したと証言した。今まで警察にも検察にも一切その話をしていない。まず、被告人は自分の父親は自殺などしていないという。遮断機の故障で踏切が降りなかったのだ。
 入間は、「まず長岡洋一郎氏が自殺か事故かをはっきりさせましょう。職権を発動します。裁判所主導で捜査を行います」
 被告人は、まず反省をしていない。罪を認めていないことが問題だと入間は言う。全員にとって「最も良い判決」を下したいというのだ。

ゆか
ゆか

政治家がからむと、だいたい不正献金で秘書が自殺というパターンが多いです。
それにしても遮断機が故障って怖すぎる。

現場検証

 現場検証を行うが、ちょうどその時刻、夕日で電車が来るのがはっきり見えない。入間は、日を改めて現場検証しましょうと言って、周囲を驚かす。苛立つ坂間。帰りにスーパーで肉を大量に購入していた。ストレス解消には肉が一番だとか。
 そして、入間と坂間は同じ裁判官官舎に住んでいることがわかった。

第二回現場検証

 長岡洋一郎氏が亡くなったのと同じ25日は、高速道路の交通量がいつもの2倍近くになり、工事現場の重機類も同じものが使われていた。そのため、騒音は110dbとなり、電車の走行音は85db。長岡洋一郎氏には電車の音が聞こえなかった可能性がある。
 次の公判では、長岡洋一郎氏が電車に飛び込むのを目撃した女性・相馬真弓(松本若菜)と江波和義議員から法廷で証言してもらうことになる。

第二回公判

 二人ともが、長岡氏が電車に自ら飛び込んだと証言。マスコミも注目し、江波議員や検察からも抗議が入り、裁判長の交代を日高判事(草刈民代)から提案される。
 12年前に、日高判事、駒沢部長、入間の間で、何かがあったようだ。それは一体…。

 入間は、長岡氏が亡くなった場所にお花を手向けていた少女のことが気になっていた。その少女は相馬奈々という名前だった。目撃者の女性・相馬真弓(松本若菜)の娘だった。少女は何かを見たのだ。

ゆか
ゆか

子供に嘘をつかせるのは辛い。
そして、12年前に入間たちの間に一体何があったのでしょうか。
これから、それが明かされていくのも楽しみ。

第三回公判

 相馬真弓が真実を話してくれたという入間。
 「長岡洋一郎氏の死は、自殺ではなく事故」だった。しかし、電車が来ていることに気づかなかったのは、長岡洋一郎氏ではなく、相馬真弓の娘・奈々だった。そして、奈々を助けるために命を投げ出したのが、長岡氏だった。真弓の勤めていた工場の取引先が江波議員の懇意にしている企業で、取引を停止することもできる。そうされたくなければ、長岡氏が自殺だったと証言しろと江波議員に脅されていたのだ。江波は、長年不正献金を受け取っていた疑いが濃厚だった。公安が捜査に入ることに。
 この事実が証明されたことにより、被告人の長岡誠は自分から江波議員を殴ったことを法廷で話し、謝罪した。入間は「これで正しい判決が下せそうです」

判決

 長岡誠は求刑通り、懲役1年6カ月。ただし執行猶予付きの判決となった。

 そして、入間は最後に坂間に「イチケイのカラスになれ、坂間千鶴」という。
 その意味とは?

ドラマ「イチケイのカラス」第1話の感想

ステーキ

おもしろかった!

法廷ものは真実が解明されるとスカッとするのが、気持ちいいですね。

頭は固いけど正義感に溢れる女性裁判官

黒木華さん演じる坂間千鶴は、頭は固いですが正義感溢れる女性裁判官です。

とにかく、イチケイの赤字を無くすためにこの支部にやって来ましたが、少しづつこの支部の人々に影響され、変わっていくんだろうなというのが、第1話にしてわかりましたw

確かに、溜まっている仕事をこなすのも大切ですが、人の一生を左右することにもなる裁判。

検察が99.9%確証がなければ起訴しないとしても、入間さんのようにしっかり調べてほしいです。

キムタク主演の「HERO」と少し似ていますが、これからどんな風に竹野内豊さんと黒木華さんが演じられるのか、すごく楽しみです。

イチケイのカラス

毎回、一話完結のようですが、「イチケイのカラス」や12年前の事件について、いろいろと謎が多いです。

坂間千鶴は、12年前の事件については全く関わっていないようですが、入間や駒沢部長らと坂間がどのようにからんでいくのかも見どころです。

今日の段階では、日高亜紀が12年前に下した判決が間違っていたような感じですね。

被告人が自ら命を絶ったのか…そんなシーンがチラッと映っていましたが。

駒沢部長が言うには、入間が日高亜紀を裁く日が来るかもしれないとのことでしたが…。

初回から、いろんな疑問を投げかけられて、次回からも楽しみでしかない感じです。

そして、「イチケイのカラスになれ」も、気になる。

個性的なイチケイのメンバー

人のいい川添書記官(中村梅雀)、元傍聴マニアの石倉書記官(新田真剣佑)、姉御肌の浜谷書記官(桜井ユキ)、物怖じしない新人事務官の一ノ瀬さん。

みんな、入間みちおがかなり変わった裁判官だということをわかっています。

もう慣れているというか諦めているとか…。

坂間・入間にこの個性的なメンバーがどう絡んでくるのかも楽しみです。

ドラマ「イチケイのカラス」第1話の感想 最後に

ドラマ「イチケイのカラス」第1話の感想でした。

思っていた以上にドキドキワクワクする法廷もの。

一般的な裁判の知識も身につきそうで、うれしいですね。

次回も楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA