ドラマ「レンアイ漫画家」 第1話 ネタバレあらすじと感想│鬼瓦のようなドSな少女漫画家

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「レンアイ漫画家」第1話の感想です。

鈴木亮平さん初のラブコメ主演とのことで、すごく楽しみにしていました。

かなりドSな漫画家先生。

鬼瓦とか言われてるのに、少女漫画家というのもおもしろいです。

ドラマ「レンアイ漫画家」第1話 感想 はじめに

赤いバラ

登場人物

刈部清一郎/鈴木亮平
天才少女漫画家。常人には理解できない思考回路を持つ天才。人付き合いが苦手。レンを引き取ることになって、その生活も変わり始める。

久遠あいこ/吉岡里帆

夢もなく、恋人もいない、お金もないアラサー。気立てがよく人がいいが、人に騙されることも多い。運命の人が現れるのを待っているが、男運も悪い。葬儀屋で働いており、初恋の相手刈部純の葬儀で、兄の清一郎に出会う。

向後達也/片岡愛之助

清一郎の担当編集者。清一郎の才能を見出し、刈部まりあというペンネームで売れっ子漫画家に育て上げた。「少女モーニング」で清一郎と唯一連絡が取れる人物。元ラガーマン。

早瀬剛/竜星涼

真面目で爽やかな元ラガーマンの一流企業に勤めるサラリーマン。社交的でおおらかな性格。あいこの疑似恋愛ミッションの初めての相手。

金條可憐/木南晴夏

「少女モーニング」の売れっ子漫画家。刈部まりあを最強のライバルだと思っている。新しい情報や流行に敏感な努力家。

二階堂籐悟/眞栄田郷敦

あいこ行きつけのカフェ・バー『2 STORY CAFE』の店長代理。仕事や恋に悩むあいこの相談相手。常にポジティブで感受性も強い。

伊藤由奈/小西桜子

『2 STORY CAFE』の店員。二階堂に好意を寄せている。ドライなようで恋愛体質で一途。

刈部レン/岩田琉聖

最愛の父・純を亡くし、清一郎と暮らすことに。レンのおかげであいこは清一郎の本質を知ることとなる。

刈部純/白石隼也

清一郎の弟。清一郎と性格は正反対の女好きだが、憎めない愛されキャラ。

金條麻央/星乃あんな

金條可憐の姪。レンの同級生。

あらすじ

初恋の人のお葬式

 葬儀社に勤める久遠あいこ(吉岡里帆)が、その日担当したのは初恋の人のお葬式。スタッフが泣くわけにはいかない。「心頭滅却」と何度も自分に言い聞かせるあいこ。亡くなったのは刈部純(白石隼也)。レン(岩田琉聖)という息子がいる。母はいないので、これからは伯父の清一郎(鈴木亮平)に育てられることになる。

遺族に怪我をさせクビ

 レンに父の話をしていたあいこに、突然「真剣に恋愛してみないか?」と迫って来た大男がいた。驚いたあいこはその男を突き飛ばしてしまう。ケガをさせてしまったので、あいこはクビになってしまう。「むかつく!あの鬼瓦」と言って悔しがるあいこだが…。新しい仕事も見つからない。
 そこに談央出版の向後(片岡愛之助)という男性がやって来る。あいこに頼みたい仕事があるという。依頼人はあの鬼瓦こと刈部清一郎(鈴木亮平)。大人気少女漫画家だ。少女漫画の金字塔「銀河天使」を描いている。しかし、あいこは、「銀河天使」を知らなかった。

銀河天使とは

 「銀河天使」は、連載11年目で江戸時代の町娘だったヒロインがタイムスリップして、過去、未来、世界中で恋をするSFラブストーリー。累計発行部数は8000万部を超え、世界中にファンがいる。

ゆか
ゆか

8000万部超えの少女漫画…。すごい。作者が実は男だとはw
しかし、あいこさん知らなかったとは…。だいぶムッとしてますね、刈部先生。

 そして、次の設定は令和の日本。そのため、逆にアイディアが湧きにくいので、向後はあいこに恋愛をしてもらい、その過程を刈部清一郎に教えてほしいという。しかし、あいこはその仕事を断る。人としてありえないと。

10年前だったら

 あいこも、10年前だったらもっと軽いノリでこんな仕事も受けることが出来たと思うのだが、もうすぐ30歳。いろんな現実を見て、前に進もうとしても足がすくむのだ。がっかりされるのも期待されるのも疲れた。
 しかし、その翌日、向後があいこのアパートを訪ねて来た。断るとしても刈部に直接言ってほしいと言うのだ。あいこは「私、漫画なんかのために恋愛するなんてできません」とはっきり断った。すると、刈部は「漫画は読者の心を揺さぶる、笑う、泣く、怒る。時には傷つける刃にもなる。俺は読者の人生を背負って漫画を描いている」
 そしてそこに顔を出したレンにも「人間は対等であるべきだ。お前もここにいたければ、俺と対等になれ」という。

ゆか
ゆか

天才の考えることは常人には理解できないというのはこういうことかな。
子供とか、女とか関係ないんですね。
令和の恋愛を知りたいなら、自分で恋愛してみるのが一番だと思うのですが…。

あいこの恋愛遍歴

 そして、まずあいこに恋愛を仕事にするのは難しいようだ。あいこはちゃんとした恋愛が出来ない。初めて付き合った人は女好き、次の人は怒ると手が付けられない乱暴な男、その次はヒモ男だったのだ。「ダメ男ホイホイ」だと友達にも言われている。
 「銀河天使」のヒロイン・みすずは、どの時代でもダメな男ばかり好きになってきたようで、まさに「ダメ男ホイホイ」。そして、今回の令和の日本ではダメ男じゃない男と恋をするんだ!と、刈部はアイディア爆発!
 刈部は「やはり、君しかいない。報酬は100万!」と。あいこは100万につられて「私、やります!」と言ってしまう。

丸の内OL

 今回のテーマは丸の内OLが、エリートサラリーマンと恋をするという設定になった。大急ぎであいこは丸の内OLに変身しなければならない。本当はこんな仕事したくはないが、久しぶりに誰かに期待されるのは気持ちいい。
 相手の男性は早瀬という男性(竜星涼)で、向後の知り合いの元ラガーマン。早瀬は、あるカフェに毎朝来るので、そこで自然な出会いをしなければ意味がない。あいこはラグビーの勉強を始める。
 翌日の朝、あいこは丸の内OL風ファッションで、カフェに向かう。早瀬が8:30にはカフェを出るので、タイムリミットは8:30だ。目星をつけた人にトライするが、どの人も違うようだ…。そして、諦めかけたそのとき、早瀬がやってくる。たまたま空いたオープンテラス席で、ラグビーの話で盛り上がり、また明日の朝、ここで待ち合わせることに。
 途中経過は、刈部に報告。

デートに誘う

 出会いの次のミッションは、「デートに誘う」だ。翌日、スポーツバーに早瀬の方から誘ってきた。
 カフェで会ったあとに、早瀬は「すっごく楽しかった」と言った。「すごく」ではなく「すっごく」だ。その「っ」にキュン。そして、カフェから出る時に飲み終わったカップを同時に手にしてキュン。道を歩いていて人とぶつかりそうになったのをかばってくれてキュン。

 そして、早瀬自身が本気であいこを好きになってきたようで…。これ以上は騙せないと刈部に告げるあいこ。刈部は「嘘もつき通せば真実になる」と言うのだが…。

早瀬に本当のことを話す

 早瀬とあいこはスポーツバーにいる。あまりにもいい人過ぎる早瀬に嘘をつき続けることが出来なかったあいこは、自分が丸の内OLではないこと、出会いも偶然ではないことを話し、謝罪する。すると、レンから電話がかかってきた。清一郎が倒れたというのだ。あいこは早瀬に「本当にすみませんでした」と言って、刈部家に向かう。首を傾げる早瀬。

ゆか
ゆか

話が途中で終わってしまって、早瀬くん、混乱しているようです。
いい人過ぎて、まさか仕事でやってるなんて思わないでしょうね…。

ぎっくり腰の刈部

 原稿の締め切り前に、ぎっくり腰になってしまった刈部。あまりにも苦しそうなので、レンくんは伯父さんが死んでしまうと思ったようだ。腰が痛い状態のままで、原稿を書くという刈部。あいこは自分のできることを手伝い、原稿は仕上がる。そして、刈部はあいこに「あの男のところへ戻れ」と言う。人生の相方かもしれないと思ったんだろ?と。
 走り出すあいこ。そして、スポーツバーにはまだ早瀬がいた。

本当のあいこちゃんを見せて

 あいこは漫画のことは言わず、早瀬に会いたくて、丸の内OLのふりをして偶然を装ってカフェで出会い、ラグビーも本当は好きではないことを告白する。早瀬はそんなあいこに「ありがとう。僕に会うためにそこまでしてくれて。これからは本当のあいこちゃんを見せて」と優しく微笑む。

 それを刈部に報告。すると今度は、「あの男と別れてこい」と言い放つ刈部。

ドラマ「レンアイ漫画家」第1話 感想 

俳優さんたちがみんな長身で、かっこいい。

みんな180㎝超。竜星涼くんの足の長さが尋常じゃないですしw

吉岡里帆ちゃんが158㎝と大きくはないので、また身長差萌えドラマになりそうですね。

ちょっと大人なラブコメ

吉岡里帆ちゃん、カピバラ顔って言われてましたが、そういわれるとそんな風に見えてくるから不思議です。

すごく可愛いカピバラですけどw

今はまだ恋愛感情が湧いていないようですが、おそらく刈部清一郎もきっとあいこが好きになって、早瀬くんも嘘をつかれていたとわかっても、怒らないくらいもうあいこちゃん好きみたいだし…。

とろとろに優しい早瀬くんとドSな漫画家先生・刈部清一郎、ちょっと恋愛を諦めかけてるアラサー女子・あいこのちょっと大人なラブコメという感じでしょうか。

刈部清一郎、今は話しかけるのも怖い感じですが、これからあいこちゃんを好きになっていくんでしょうね。

楽しみ。

漫画にかける情熱

刈部清一郎は、かなり変人ですが、漫画にかける情熱には感動します。

自分の漫画の読者への気持ちもドラマの中で話していましたが、すごく熱い。

ぎっくり腰でも、絶対に締め切りは守るし、漫画愛に溢れる刈部清一郎、かっこいいです。

どうしてあんなに変人になってしまったのか不思議ですがw

高校生の頃は、まあまあ普通だったのに。

アシスタントも置かず、全部ひとりでやってしまうし、編集者の向後にしか原稿さわらせなかったり。

また、木南晴夏さん演じるライバル漫画家・金條可憐も、刈部清一郎が男性だとは思っていないようですし、いろいろ物語の展開が楽しみです。

ドラマ「レンアイ漫画家」第1話 感想 最後に

ドラマ「レンアイ漫画家」第1話の感想でした。

鈴木亮平さんのラブコメってレアですよね。

小栗旬さん主演の「イケメンパラダイス」のとき以来でしょうか。

今回は、主演ですしドSだしw、本当に楽しみです!

FODプレミアム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA