ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」第1話 ネタバレ感想とあらすじ|私は幸せを諦めない!

PCを使う人

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」第1話の感想です。

大人のラブコメ。

これからの元夫と大豆田とわ子の関係や新しい恋の行方も楽しみです!

毎回、豪華ゲストも出そうでそれも見逃せません。

ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」第1話の感想 はじめに

乾杯

登場人物

大豆田とわ子/松たか子
しろくまハウジング社長。バツ3で子持ち。明るくお茶目でせっかち。

田中八作/松田龍平

とわ子の一番初めの元夫。レストラン「オペレッタ」のオーナー兼ギャルソン。唄の父親。優しい性格でモテる。

佐藤鹿太郎/角田晃広

とわ子の二番目の元夫。有名なファッションカメラマン。とわ子のことが今でも好きでたまらない。器が小さいと言われがち。

中村慎森/岡田将生

とわ子の三番目の元夫。とわ子の会社の顧問弁護士。エリートで理屈っぽく、口癖は「それ、いります?」

綿来かごめ/市川実日子

とわ子の親友。仕事が長続きしないが、自由に楽しく生きている女性。

松林カレン/高橋メアリージュン

しろくまハウジング営業部の責任者。とわ子を支える仕事のできる有能な部下。

六方仁/近藤芳正

とわ子の良きアドバイザー。

大豆田唄/豊嶋花

とわ子の最初の夫・八作との間に生まれた子供。常に冷静な中学三年生。

大豆田旺介/岩松了

とわ子の父。元参議院議員。このところ落選続きで現在無職。癖が強いがとわ子をあたたかく見守る。

あらすじ

大豆田とわ子の歴史

 大豆田とわ子(松たか子)は、ジャージでどこへでも行ける。商店街も歩けるし、おしゃれなパン屋へも行けるし、電車にも乗れる。
 そんなとわ子が、従妹の結婚式に招待された。お祝いのスピーチを頼まれていたが、3回の結婚と3回の離婚というとわ子の”歴史”が相手のご両親にバレて、スピーチは中止に…と言われてしまう。縁起が悪いということか。

三人の元夫

 とわ子の三人の元夫は、三番目が中村慎森(岡田将生)で弁護士、二番目が佐藤鹿太郎(角田晃広)でカメラマン、初めの夫が田中八作(松田龍平)でレストランオーナー。
 娘の唄(豊嶋花)が、祖母のPCのメールを開こうとしたら、パスワードがかかっていて開くことが出来ない。三人の元夫の誰かが設定したに違いない。と言うことは三人に会わなければならない。「初めて飼ったペットの名前は?」と三人に聞かなければならないのだ。

ゆか
ゆか

二番目と三番目の夫はちょっと仲が悪くて、初めの夫は落ち着いています。
二番目と三番目の夫はお互い嫌いで別れたわけじゃないと言います。
それなら、別れた理由は?

しろくまハウジング

 大豆田とわ子は、しろくまハウジングという小さいが信頼の注文住宅で評判のいい会社の社長だ。最近就任した。そして、この会社の顧問弁護士である中村慎森は「~っていります?」が口癖だ。今朝もミーティング前の雑談をする社員たちに「雑談っていります?」と文句を言っていた。
 三番目の夫であるこの中村慎森に、「初めて飼ったペットの名前は?」と聞くと「ベティ」。しかし、答えはベティではなかった。次に二番目の夫だった佐藤鹿太郎の行きつけの店に行き、ちょうど自転車にひかれている鹿太郎を目撃。「初めて飼ったペットの名前は?」彼は覚えていなかった。
 そして、最初の夫である田中八作が現在経営しているレストランに向かう。唄はときどき連絡を取っているようだ。とわ子はドアに挟まれただけで「初めて飼ったペットの名前は?」を聞けなかった。

親友の綿来かごめ

 家に帰ると、親友の綿来かごめ(市川実日子)が遊びに来ていた。よく電話が掛かって来るが居留守を使う怪しさはあるが、とわ子の良き相談相手である。
 かごめと話していたとわ子。とわ子の母は、24歳で離婚していて、最近亡くなった。その日が社長就任日と同じで、とても忙しい一日だった。母はお墓のことは業者とメールでやり取りしてるので、メールを見てくれと言っていた。そのため、パスワードが必要なのだ。母がお墓にこだわるということは、生きているとき幸せじゃなかったのかなととわ子は思う。そして、自分は何でも一人で出来てしまうので、一人で生きていけるけど…。この…は何だかわからない。

ゆか
ゆか

一人で生きていける人と誰かに大切にしてもらう人、どっちがいいですか?
とわ子は一人で生きていけるけど、誰かに大切にしてもらえる人になりたいと言います。
確かに、理想的。

二番目と三番目

 ランチで白いブラウスにソースを飛ばしたとわ子は、気分が悪いので海辺に向かう。そこで、ひったくりに会う。「泥棒ー!」と叫んでいるとイケメンの船長(斎藤工)に出会う。バッグを取り返してくれたのだ。名前は健正。少しいい気分で家に帰って来たとわ子を待っていたのは、二番目と三番目の夫だ。二人は仲が悪い。

船長からのお誘い

 先日海で出会った船長・健正と初めてのデート。映画を観に行く約束をした。健正の母は入院中だという。一緒に食事をしたレストランのウェイターが、妙に不愛想だった。ウェイターはとわ子に言う。「あの男は食事した後、母の入院費が足りない。お金を貸してくれって言うよ。あんたで5人目」
 淡い恋心は一瞬で終わった。

ゆか
ゆか

斎藤工さん、第1話のゲスト。船長さん、めっちゃかっこいいけど、胡散臭いw
結局、結婚詐欺師だったみたいですがw
こういう役に斎藤工さんって、贅沢だなぁ。

部下のミス

 部下がミスをしたと、とわ子に連絡が入る。徹夜で設計変更し、図面を引き終わった。無理だと思ったが出来た。そして、そのままその日の勤務が始まる。ふらふらになりながら帰るとわ子。仕事中もずっと母のことを考えていた。そして、工事現場の穴に落ちてしまう。そこに一番目の夫・田中八作が通りかかり、引き上げてくれた。そのまま八作の家に行き、お風呂に入ってうどんをごちそうになる。八作には、憎まれ口を叩き合いながらも、心を開いているとわ子。その日は、疲れていたこともあってそのまま八作の膝枕で眠ってしまう。すると、二番目と三番目の夫が八作の家にやって来た。

三人の元夫会議

 急いでキッチンの開き戸の中に隠れたとわ子。三人の元夫たちは、「三人の元夫会議」を始める。二番目と三番目の夫は、とわ子に二人とも違う形で未練たっぷりなようだ。三人で話しているのを聞いているとわ子は、突然飛び出し、「網戸が外れるといつも思います。また結婚しようかな。また恋をしようかなって。でもその相手はあなたたちではありません!ご心配なく」

 数日後、PCのパスワードが解除され、母の納骨の日。

 三人の元夫たちも立ち会ってくれた。

ゆか
ゆか

パスワード、八作の初めてのペットの名前「きんとき」だったのかなw

ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」第1話の感想

手をつなぐ夫婦

三人の元夫も、とわ子に未練がありそうで、それぞれ恋が始まりそうな予感…。

ナレーションがおもしろい

本作のナレーションを担当するのは、女優の伊藤沙莉さん。

少年のような声がすごく素敵です。

そして、ナレーションの内容も本当に面白い!

唯一無二の声だなと思います。

斎藤工の贅沢使い

今回、網戸が外れてしまったとわ子が、ちょうど「恋人がほしい」と思っていたときに現れた王子様が健正という船長さん。

それを今回のゲストの斎藤工さんが演じています。

ただの胡散臭い結婚詐欺師に斎藤工さんって、めちゃくちゃ贅沢ですねw

真っ白な船長さんの制服がカッコいいんですけど、やっぱりあからさまにすさまじい胡散臭さ!

斎藤工さんって、おもしろいことしたがりですよねw

豪華すぎるゲスト。それもちょっとしか出てこないしw

これからも、毎回豪華ゲストが出演するのでしょうか。

楽しみです!

三人の元夫たちの恋の予感

三人とも、とわ子に未練がありそうで、最後のシーンで新しい恋の予感がありそうでしたね。

中村慎森は、公園で眠っている女の子、佐藤鹿太郎は、瀧内久実さん演じるすごいきれいなモデルさんに連絡先聞かれていましたし、田中八作のお店には石橋静河さん演じる美女が来店して、見つめ合っていたし…。

この三人の元夫の誰かとよりが戻るのか、それともとわ子にも新しい恋が訪れるのか…。

いろいろ楽しみですね。

ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」第1話の感想 最後に

ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」第1話の感想でした。

私は歌手としての松たか子さんも好きなので、エンディングで歌が聴けるのもうれしいところです。

今回は初回だったので、人物紹介的なターンでしたが、これからどんどん物語の展開が加速しそうで、楽しみです!

見逃した方は、FODプレミアムで観られます!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA