ドラマ「恋はDeepに」第1話 ネタバレ感想とあらすじ|美しい海を守りたい!

小島

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「恋はDeepに」第1話の感想です。

本作は、かなり新しい形のラブコメです。

ディズニー映画のような、ファンタジーなラブストーリー。

第1話で、少しだけ明かされましたが、海音は人間ではないようで…。

ドラマ「恋はDeepに」第1話の感想 はじめに

登場人物

渚海音/石原さとみ
芝浦海洋大学・特任研究員。海の生き物に詳しく、何でも魚に例える。いつも明るく笑顔。優しくお人よし。頼まれると嫌と言えない性格。プラスチックごみなどで海が汚れることを嘆いている。蓮田トラストが手掛けるマリンリゾート開発阻止に動き始める。そこで蓮田倫太郎と出会い…。

蓮田倫太郎/綾野剛
巨大不動産会社・蓮田トラストの御曹司。三兄弟の次男。近寄りがたい雰囲気を持っている。子供の頃のある経験から家族と距離を置き、イギリスに留学。ロンドンでキャリアを積み重ねていたが、帰国しマリンリゾート計画を任される。兄の光太郎とは犬猿の仲。弟の榮太郎とは仲が良い。そして、リゾート開発の件で渚海音と出会い…。

宮前藍花/今田美桜

芝浦海洋大学・特任研究員。海音の良き相談相手。しっかり者で明るい性格。気遣いが出来るので、つい人を優先してしまい、自分のことは後回しに。海音の過去に何かあることを感づいているが、友達としてありのままの海音を受け入れている。

鴨居正/橋本じゅん

芝浦海洋大学鴨居研究室室長。海洋生物学の権威。物腰柔らかで優しい性格だが、観察眼、洞察力に優れ、決断も早い。数年前に妻を亡くし、今は海音と一緒に暮らしている。毎朝、海音のお弁当を作っている。

染谷醍醐/高橋努

芝浦海洋大学教授。声が大きい。元気で明るいムードメーカー。大学の授業や自分の研究で常に忙しそうに動き回っている。海音の能力をかっており、研究や雑用を手伝ってもらっている。涙もろく情に厚い。

椎木拓真/水澤紳吾

芝浦海洋大学准教授。ほとんど家に帰らず、研究室で寝泊まりしている。一年前に突然現れた海音の存在に疑いの目を向けているが…。

Mr.エニシ/福山翔大

YouTuber。なかなか再生数が伸びなかったが、やどかりとケンカする海音の動画で100万回再生を達成。再び、バズ動画を求めて海音につきまとう。

蓮田光太郎/大谷亮平

蓮田トラストの専務。蓮田家の長男で次期社長と目されている。幼少期から後継者として育てられ、東大卒業後、蓮田トラストに入社。倫太郎とは仲が悪く、倫太郎が任されたマリンリゾート開発をつぶそうと画策している。

蓮田榮太郎/渡邊圭祐

蓮田トラスト・リゾート開発本部の社員。蓮田家の三男。ゆるい仕事ぶりから社員たちに嘆かれているが、実は東大卒で出来る男。根は真面目で優しい。二人の兄が仲良くなってほしいと願っている。

鶴川優作/藤森慎吾

蓮田トラスト・広報部社員。倫太郎の同級生で親友。公私にわたる良き相棒。蓮田トラスト社内では怖れられている倫太郎に唯一、ツッコミを入れることが出来る人物。倫太郎も鶴川の前では無邪気な笑顔を見せる。

山内可憐/筧美和子

蓮田トラスト・リゾート開発本部の社員。仕事が出来て、明るくおおらか。実は専務の光太郎にひそかに恋心を抱いている。

風間みどり/松熊つる松

蓮田トラスト・リゾート開発本部の社員。勤続年数20年を超えるベテラン。情報通で、社員を見守る頼れる存在。

蓮田太郎/鹿賀丈史

蓮田トラストの社長兼会長。三兄弟の父。社運をかけるマリンリゾート開発のために倫太郎をイギリスから呼び寄せた。

あらすじ

蓮田トラストの社長(鹿賀丈史)の次男・倫太郎(綾野剛)が、ロンドンから帰国した。迎えの車の中、出勤途中の渚海音(石原さとみ)とすれ違う。

何度も同じ夢を見る

 海音は、同じ夢を何度も見ていた。海の中に巨大な建物が建てられ、逃げ惑う海の生き物たち。ある日の朝、海音はネットにニュースで蓮田トラストが「星ヶ浜海中展望タワー」の建設を計画しているという記事を見つけ、「夢じゃなかった」と青ざめる。
 一方、蓮田トラストの蓮田倫太郎は、無愛想で厳しい人物のようで、帰国してすぐに朝10:00から会議を開くと部下たちに連絡を入れていた。大騒ぎの社員たち。
 そして、倫太郎は「星ヶ浜リゾート海中展望タワー」建設の陣頭指揮を執ってほしいと父親でもある社長に言われる。後継者争いで、長男の光太郎(大谷亮平)は、倫太郎が帰って来たことで焦りを感じているようだ。二人はとても仲が悪い。

海音がTV出演

 海音は、芝浦海洋大学の特任研究員だ。そして、今日「たそがれTV」という生放送の情報番組に出演することになっている。あまり気が進まない海音だったが、この番組のスポンサーに蓮田トラストと書かれているのを見て、直接展望タワーの件を抗議しようと出演することに決めた。
 スタジオ見学に、蓮田トラストから倫太郎が来ることになっている。

ウミガメのおじさん

 TV局から、「思い出のデートスポット」について話してほしいと言われる海音。しかし、海音の口から出てきたのは、ホラー映画かと思うような「おじさんの話」だった。夜に一人で星ヶ浜を歩いていると、どこからか「苦しい、助けてくれ」という声が。するとそこには口を開けているおじさんがいた。海音は、おじさんの口に手をつっこむとビニール袋が出てきた。間違えて食べてしまったようだ。このおじさんとは、「ウミガメのおじさん」のことだった。海音は、海の生き物を擬人化して話をする癖があるのだ。YouTuber・Mr.エニシ(福山翔大)に、やどかりと話をしているところを動画にされ、それが評判を呼び、100万再生を記録した。

海音と倫太郎の出会い

 TV出演が終わり、海音は倫太郎を探していた。リゾート開発に対する抗議をするためだ。しかし、局においてある水槽を少年のような笑顔で眺める倫太郎に、海音は思わず「海が好きなんですね」と言ってしまう。怪訝な様子の倫太郎は「生放送であんなことを言われては困る」と言うが、その言葉を遮って海音はウミガメの話を続ける。
 「あまり仕事舐めない方がいいですよ」と言って、立ち去る倫太郎。迎えの車が来たと社員で親友の鶴川(藤森慎吾)が「蓮田部長、車が来ました」と言うのを聞いて、海音はこの男性が蓮田トラストの人間だと知る。
 「感じ悪い!!」 

ゆか
ゆか

倫太郎と海音の出会いのシーン。
仕事モードとプライベートがかなり違う倫太郎。本当は海の生き物が大好きなようです。
それが、仕事のことになると突然表情が険しくなってしまいます。

プライベートの倫太郎

 蓮田三兄弟が住む家に帰って来た倫太郎。家に帰ると、厳しい上司から一転、いいお兄ちゃんだ。仲のいい弟の榮太郎(渡邊圭祐)はとてもうれしそうだ。蓮田家には過去に何か悲しい思い出あるようだ。幼い頃の泣き出す榮太郎と「全部、お前のせいだ」という光太郎。そんな思い出が頭をよぎる倫太郎。
 一方、海音は鴨居室長(橋本じゅん)に、家で夢の話の続きを語る。海音には何か秘密があるようで、鴨居に匿われているという。そして、TVに出たり、あまり目立たないようにしたいという。一体、どんな秘密が?

ゆか
ゆか

海音の不思議な話し方。まるで自分も海の生き物のような感じ。
海音には何か秘密があるようです。それは一体、何なのでしょうか。

兄の策略

 兄の光太郎は、海音にリゾート開発のアドバイザーになってほしいという。リゾート開発をしたい蓮田トラストに歯に衣着せぬリゾート開発反対の海音が組めば、素晴らしい施設が出来ると光太郎は言う。おそらく、光太郎は倫太郎の仕事の邪魔をしようとしているのだ。
 海音はそのままリゾート開発本部に連れていかれ、倫太郎から社員に紹介され、建設予定の施設の模型を見せられる。

魚が暮らしにくい

 海音はその模型を見て、「なんだか、暮らしにくそうです」と言う。倫太郎は「ここはレジャーに来る場所で、暮らすわけではないんですよ」と言うと、「いえ、魚が」という海音にあきれる倫太郎。海音は、まるで自分も海の生き物のようなことを言う…。
 蓮田トラストでの仕事を終え、研究室に戻る途中で、YouTuber・Mr.エニシと偶然会ってしまい、新しい動画を撮らせてほしいと追い掛け回される。何とか、研究室に戻って来た海音は、染谷教授(高橋努)や藍花(今田美桜)に展望タワーがどれだけ海の生態系を壊してしまうかを話す。そして、「私にはあと3か月しかないので」とそのあとのことを染谷に託す。

ゆか
ゆか

あと、3か月。これは一体どういうことなのでしょうか。
この秘密を知っているのは、鴨居室長だけのようですが…。

海の中を見たことがありますか?

 蓮田トラストに出向いた海音は、「この計画は中止にすべきです。中止にする以外、我々の生活を守ることはできません」と言う。すると鶴川が「先生、それは極論ですね。リゾート開発が進めば、雇用も増えて、街もにぎわう。多くの住民が賛成しています」
 海音は、海の生き物の立場から話をする。「海の中に人間が落としたものがどれだけあるか知っていますか?展望タワーのような大きなものが海に突っ込まれたら、海は変わってしまう」と。倫太郎は、展望タワーを作ったら、海は変わる。だけど、我々は今、展望タワーを作る話をしている。「あなたは計画をつぶしたいのですか?計画をつぶしたいだけなら他でやってくれ」

ゆか
ゆか

海音は、自分を海の生き物のように話をするので、蓮田トラストの人々と話が噛み合わないw
しかし、そこに海音の秘密が隠されているようです。

 海音は去っていく倫太郎を追いかけ、「もっと海と真剣に向き合ってくれる人だと思っていました」という。倫太郎は悲しそうな目で「あなたに俺の何がわかるって言うんだ?」

倫太郎を助けた海音

 幼い頃に描いた絵を見て、倫太郎は星ヶ浜海岸にやって来る。海音もまた星ヶ浜海岸に来ていた。海に潜る倫太郎。すると岩の隙間にスキューバの器材が引っかかってしまい、身動きが取れなくなる。溺れかける倫太郎。そこにカニが海音のところにやって来て…。
 海音は、倫太郎を海から引き揚げる。気を失ったままの倫太郎。海音はそっと倫太郎にキスをする。すると倫太郎は意識を取り戻した。

ゆか
ゆか

このシーン、既視感ありますねw
人工呼吸ではなくキスで目をさますとは…。
もしかして、海音は…。

魚たちと話す海音

 海音は、魚たちと話ができる。そして、魚たちに倫太郎を助けた海音は「なぜ人間なんか助けたんだ?」と聞かれる。海音はあと3か月しかここにいられない。

「しっかりしてくれよ。君は、俺たちの最後の希望なんだから」

ドラマ「恋はDeepに」第1話の感想

海辺

一年前、突然、現れたという海音。

そして、鴨居さんに匿われている。

美男美女のラブコメは眼福なり

石原さとみさん、やっぱり、本当に美しい。

肌も目の白目wも、真っ白で選ばれし女性という感じです。

ファッションも、見どころですね。

そして、横たわる姿もまるで人魚姫…。



綾野剛さんのオンとオフのギャップ萌えもいい感じです。

海音と倫太郎の出会いのシーンで、水槽を眺める綾野剛さんの少年のような笑顔にキュンですw

ファッションも、ニットをパンツにインしているにも、パンツが短めなのも、今のトレンドですか?

スタイルのいい綾野剛さんなら、違和感ないですけどね。



そして、この蓮田三兄弟の過去には何があったのでしょうか?

光太郎が「全部お前のせいだ!」と怒っていたのは、何に怒っていたのか…。

これから、少しづつ謎が明かされていくはずですが、今からドキドキしています。



それにしても、蓮田三兄弟、全員イケメン過ぎ。

YouTuberのイメージ

YouTuberのMr.エニシ。盗撮ばっかりしてる迷惑系YouTuberですねw

再生数のためなら何でもやるタイプ。

YouTuberのイメージってこんな感じなのでしょうか。

しかし、彼が物語の流れに何か大きな役割を果たしそうです。

海音が、人間ではないということを暴いたり…とか。

海の生き物とおしゃべり

相手が誰であっても、海の話をするときの海音は、まるで自分が海の住人のような話し方をします。

朝から大量の水を飲み、スプレーでフェイスウォーターをかけまくり、食事は海藻。

そして、鴨居室長に匿われているということですし、あと3か月しか時間がない。

きっと、海音は、人魚です。

どういう経緯で、人間界にやって来たのか?

そして、鴨居さんにどんな風に保護されたのか。

人魚姫のお話と同じだとすれば、結末は悲しいものとなってしまいますが、海音はしゃべれるし、足も痛まないようです。

これは、ハッピーエンド希望!

これから、物語がどのように展開していくのか、予想もつきません。



このドラマの主演が、石原さとみさんという日本を代表する美人女優ということも大きな意味を持っているなぁと思います。

本当にうっとりするくらい可愛いです。

人魚姫でも違和感なしw

ドラマ「恋はDeepに」第1話の感想 最後に

ドラマ「恋はDeepに」第1話の感想でした。

すごくファンタジックなドラマで、次回からも楽しみです!

やっぱり、美男美女のラブストーリーは観てて違和感なくていい。

次回もすごく楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA