ドラマ「ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~」第2話 ネタバレ感想とあらすじ

シュークリーム

こんにちは。

はるき ゆかです。

ドラマ「ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~」第2話の感想です。

ドラマ「ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~」第2話の感想 はじめに

花束

登場人物

九条瑠璃/栗山千明
顔もスタイルもパーフェクトな電子コミックの編集部で働いている35歳の独身女性。部下からは慕われ、仕事も完璧。通称・瑠璃姫。その外見から恋愛経験も豊富だと思われている。しかし、本当の姿は…。

間宮亮/小関裕太

見た目も中身もパーフェクトな編集者。瑠璃を突然飲みに誘い、恋愛相談をする。瑠璃が飲み過ぎた翌日、目を覚ますと隣には亮の姿が!

九条惇太/草川拓弥

瑠璃の弟。週に1回、姉の部屋を掃除しに来ている。

あらすじ

亮(小関裕太)と二人で飲みに行き、酔いつぶれた瑠璃(栗山千明)は、朝目が覚めたら隣に部下の間宮亮(小関裕太)が眠っていた。

社内恋愛指南は禁止

 亮から恋愛指南をしてほしいと言われ、ほぼ恋愛経験なしの瑠璃ですが、OKしてしまう。そして瑠璃は社内でも亮を何かというと意識してしまう。こっそり「今日、一緒に帰りましょう」と言われ、仕事に影響が出てはいけないと、会議室に亮を呼び出した瑠璃。「恋愛指南は社内では禁止」と言い渡す。恋も仕事もごちゃ混ぜにしてしまってはいけないと。
 瑠璃は恋愛に大切なのは「枷」だという。社内ではお互い話せない、触れられないことが枷となり、プライベートで燃え上がるのだと。素直に聞く亮。

ゆか
ゆか

私も社内恋愛の経験がありますが、「枷」何となくわかる気がします。
やはり、仕事と恋は切り離して考えなければ!

弟の惇太

 瑠璃は、会社帰りに亮と二人。こんなとき、何をしゃべればいいのかわからない瑠璃は、弟の惇太(草川拓弥)に電話をかけて「助けなさい!」と指示。面倒がりながらもあとをつけてアドバイスをくれ、助けてくれる惇太。そして、瑠璃と亮の後ろ姿は、それなりにカップルっぽいからと写真を撮り、瑠璃のスマホに送って来た。本当にそれっぽい。

ゆか
ゆか

なんだかんだで惇太くん、お姉ちゃんがほっとけないんですねw

夜の噴水で

 亮が、「瑠璃さん、時間ありますか?」と聞いてきた。寄っていきたいところがあると。そこは、イルミネーションの噴水。すごくロマンティックな素敵な場所。「好きな人を一度、ここに連れてきたかったんです」という亮。
 瑠璃は「あなたが振る向かせたい相手って、どんな人?」という質問をする。亮は自分から告白したことがないという。相手から告白されて、相手から振られる。それを瑠璃は「まだ本当に好きになれる人に出会ってないからよ」とアドバイスしていたが、亮は「今なら、それがわかる。いつか振り向いてくれないかなと思って二年が経った。だから本当に振り向いてほしいんです」と。
 瑠璃が「そういう風に、ちゃんと誰かを思ったり、誰かに思われたりってすごくいいな」というと「瑠璃さんも誰かをうらやましいなって思うんですね。新鮮です」という亮。そして、家まで送ると言うが、瑠璃は「女は帰り、一人で考えたいことがある。今日の最後の恋愛指南」と言う。

突然のキス

 最後の言葉に「決まった!」と思っていると、ちょっとした段差でつまづいてしまう瑠璃。思わず抱きとめた亮と偶然唇を重ねてしまう。瑠璃は「気にしないで。よくあることだから」とその場を急いで立ち去る。しかし、これは瑠璃のファーストキスだ。

ゆか
ゆか

こんなことあるんですね…。いや、ドラマですけどw
相手が、へんなおっさんじゃなくて、亮くんでよかったwww

ドラマ「ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~」第2話の感想 

マカロン

これはもう恋

何となくお決まりのパターンですが、亮の好きな人って瑠璃なのでは?

それじゃあ、あまりにも当たり前すぎるかなとも思いますが、それがラブストーリーの王道w

恋愛指南を受けるということにして、亮は瑠璃に近づいたのではないかと思うのです。

それに、亮側は今は置いといて、瑠璃は偶然のキスやこのドキドキ感。これはもう恋です。

年下男子ですが、亮くんは実は恋愛巧者。そんな気がします。

素直でさわやかで、本当にモテそうw

瑠璃のファッションがおしゃれすぎる!

初回もそうでしたが、瑠璃のファッションがすごくおしゃれ。

今回のオレンジのニットとブルーのコートとイヤリング。

スカートのチェックの色合わせが、マッチしていてすごく素敵でした。

本作は、栗山千明さんのファッションにも注目ですね!

素直で可愛い亮くん

間宮亮役の小関裕太さん。

背が高くて小顔で、口を閉じたまま笑う笑顔がちょっと少年っぽくて、カッコ可愛いw

ちょっと細かいですがw、横顔のあごのラインもすごくきれい。

前クールの「知ってるワイフ」では、瀧本美織さん演じる沙也佳に興味を持つ青年役、「おじさんと猫」では人のいい音楽教室の講師役と、連続でドラマ出演も続いていますね。



本作では、瑠璃さんの言うことを素直に聞いて、ちょっと落ち込んだり喜んだり、性格も良さそうです。

社内の女子から人気なのも、よくわかります。

これから瑠璃と亮がどんな関係性になっていくのか、楽しみです!

ドラマ「ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~」第2話の感想 最後に

ドラマ「ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~」第2話の感想でした。

思った以上にドキドキしながら観ています。

深夜の放送ですが、毎回楽しみで夜更かしするのもいいものです。

次回は物語どう発展していくのか、楽しみです!

Tverでも、次の放送までの1週間、無料で観ることが出来ますよ。




以下の記事で、第1話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってください。

【関連記事】

ドラマ「ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~」第1話の感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA